機動戦士ガンダム戦記 (プレイステーション3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム戦記
Mobile Suit GUNDAM Battlefield record U.C.0081
ゲーム
ゲームジャンル 部隊統率型アクションゲーム
対応機種 PlayStation 3
開発元 ベック(浪川組)
発売元 バンダイナムコゲームス
プロデューサー 稲垣浩文
メディア BD-ROM
プレイ人数 1人(オンライン時1 - 8人)
発売日 2009年9月3日
レイティング CEROA(全年齢対象)
通信機能 PlayStation Network対応
*オンライン対戦
*追加コンテンツダウンロード
その他 対応映像出力
  NTSC - 480p720p
対応音声出力
  ドルビーデジタル - 5.1ch
  リニアPCM - 2ch・5.1ch
漫画:機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-
作者 夏元雅人
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表期間 2009年8月号 - 2011年5月
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

機動戦士ガンダム戦記』(きどうせんしがんだむせんき MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE FIELD RECORD U.C.0081 )は、2009年9月3日バンダイナムコゲームスから発売されたPlayStation 3アクションゲーム

初回限定版として同日の発売となった薄型PlayStation 3とダウンロードコンテンツの購入権が本作ソフトと同梱となった『機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX』も発売された。

本項では、OVA版および漫画版についても併せて記述する。

概要[編集]

本作はPlayStation 2用ソフト『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』と同じ「ガンダム戦記」シリーズの一つであり、前作と同様プレイヤーは地球連邦軍ジオン公国軍に所属するモビルスーツ(MS)隊の隊長としてゲームを進行する形式となっている。ただし、本作の開発チームは前作『Lost War Chronicles』を手がけたチームとは別であり、特徴であったガンダムシリーズのキャラクター・MSのゲスト出演はない。また前作とは異なり、別ゲームシリーズである『機動戦士ガンダム外伝』のような、ストーリー性の強い内容となっている。

今作の主な舞台となる時代は一年戦争終結後である宇宙世紀(U.C.)0081年となっており、戦後に開発されたという設定だったMSが複数登場するのが特徴の一つとなっている。

なお、初回特典用映像としてOVA『機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル』が製作されたほか、ゲームの発売に先駆けて、雑誌『ガンダムエース2009年8月号にて夏元雅人による『機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-』が漫画化された。

あらすじ[編集]

宇宙世紀0081年。一年戦争終結から一年以上が経過していたが、地球に降下したジオン軍残党は世界各地で潜伏し散発的なゲリラ戦で連邦に対する反抗を続けていた。これに対し戦後に急速に軍縮を進めた連邦軍は局所的な戦力不足に陥りジオン残党の後手に回ると言う失態を犯してしまった。 この局面を打開する為、連邦軍はゲリラ(ジオン残党)掃討を主任務とする遊撃特務部隊…通称「ファントムスイープ隊」を結成。隊長にユーグ・クーロ大尉を迎え、地球各地のジオン残党の処理にあたらせる。一方で、エリク・ブランケ少佐を隊長とするジオン残党部隊「インビジブル・ナイツ」は、極秘作戦「水天の涙」実行のために、連邦軍に鹵獲されていたイフリート・ナハトを奪取した。

登場人物[編集]

地球連邦軍「ファントムスイープ隊」[編集]

ジオン軍の残党狩りを任務とする連邦の遊撃特務部隊。

ユーグ・クーロ
- 東地宏樹
32歳、大尉。一年戦争時の41号作戦(地球連邦軍によるキャリフォルニアベース攻略作戦)にて、自分以外の部隊員が全員死亡した中でただ一人生き残ったことから、軍の一部で「部下殺し」と揶揄されている。本人も部下を死なせてしまった事に強い罪悪感を抱き、それがトラウマになっており、部下を死なせないことが行動原理となっている。
また、41号作戦ただ一人の生き残りであったことから軍のプロパガンダに利用され、英雄として祭り上げられた過去もある。
ファントムスイープ隊結成に伴って部隊長として招聘された。当初はジムコマンドに搭乗していたが、後に名目上はデータ収集であるがRX-81ジーライン、ガンダム7号機のパイロットとなる。
シェリー・アリスン
声 - 中村千絵
24歳、中尉。北米のオーガスタ基地でテストパイロットを務めており、ガンダム7号機の開発にも一部携わっていた。実戦経験はないが、MS操縦技能を評価されてファントムスイープ隊結成時に招聘される。その正体はインビジブル・ナイツに所属するタチアナ・デーアでありオーガスタ基地の情報収集を行っていた。
漫画版では、ジオンと連邦で板ばさみになっている自分に苦悩する様子が強調され、そしてユーグに惹かれていく過程が描かれている。
オーガスタ基地を目標とした第1回目の水天の涙作戦にて、ジオンのスパイであることが露呈。その後は幽閉されていたが、アラビア半島アデン宇宙港にて、クリストの乗るイフリート・ナハトの突撃からユーグを守るためにジム・コマンドで飛び出し、クリストと相打ちになって死亡したとされている(ゴドウィン准将の計らいによるもの)が、クリストがパイプラインの中に機体を押し込んだ事で一命を取り留めた。後に、月からの帰還中のユーグに生存の一報が伝えられた。
ヒュー・カーター
声 - 家中宏
28歳、中尉。ニューヤーク出身。無能な上官を殴りつけてしまったことで、最前線部隊であるファントムスイープ隊に左遷同様で転属になった。性格はお気楽で作戦中にもよく軽口を叩き、マオに叱られている。
1年戦争時に家族が戦争に巻き込まれる形で失っており、それが原因でユーグが英雄扱いされていた当時は彼を憎んでいたが、ただの八つ当たりに過ぎない事実も理解している。そして当人と出会い、その部下となった現在は、彼が戦後の連邦軍において必要な人材であると認識している。
ニューヤーク防衛作戦にて、残存していた敵機の攻撃からユーグを庇って瀕死の重傷を負い、戦線離脱する。
ボブ・ロック
声 - 緒方賢一
45歳。『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』にも登場した人物。ファントムスイープ隊の整備長を務める古参メカニックマン。
漫画版では、RX-78系の整備を担当してきたアニー・ブレビッグとサラブレッドで対面しているが、7号機をめぐる装備方針に関してはパイロットであるユーグの適正を優先した考えから、意見対立していた。実際、その意見は間違っておらず、アニーの施したフルアーマー装備では、ユーグの7号機はまともな動きを取ることが出来ず、苦戦していた。
ゴドウィン・ダレル
声 - 大友龍三郎
50歳、准将。ファントムスイープ隊の総責任者。一見冷静で無愛想に見えるが、人情や情け深い面も併せ持っており、裏に手を回してRX-81ジーラインやガンダム7号機などの新装備を都合するなど、隊の裏方として尽力する。しかし、その手腕を快く思わない人間達も多い。
マオ・リャン
声 - 安藤麻吹
27歳、少佐。ユーグの直属の上官にあたり、情報解析やオペレーティングを担当する。
漫画版ではユーグと恋人同士であったが、とある理由で別れている。しかし想いは健在のようで、ユーグとシェリーの良好な関係に嫉妬を感じたり、機動補正プログラムを封印されたガンダム7号機で苦戦を強いられる彼の身を案じるあまり、サラブレットの艦長を務めるスチュアートと一触即発の状態に陥ったこともある。その後、辛くも帰還してきた際には、素直に安堵の表情を浮かべている。
ロブ・ハートレイ
声 - 乃村健次
40歳、中尉。補充メンバーとしてストーリー途中から合流。長い間中尉から昇進していないため、自身を「万年中尉」と揶揄するが、その実態は昇進できないのではなく、昇進して実戦部隊から離れたくないので時にはわざと問題行動を起こして昇進の話を潰していると言うもの。部下殺しと比喩されるユーグに対し差別意識等は持っておらず、信頼を置いている。
パイロットとしての腕はベテランであり、漫画版ではシェリーが消息不明になった後、アサルトアーマーに換装したジーラインのパイロットに就任している。
カマル・クマル
声 - 川田紳司
23歳、少尉。補充メンバーとしてストーリー途中から合流。インドシナ半島にて、自身が所属していた部隊が壊滅寸前であったところをファントムスイープ隊に助けられる。その後に原隊の解散が決まったことから、ファントムスイープ隊に引き抜かれてきた。
ハイメ・カルモナ
声 - 中井和哉
25歳、中尉。補充メンバーとしてストーリー途中から合流。かなりの額の借金があるらしく、戦闘中でもそれを気にする台詞を時折耳にすることができる。
スチュアート
声 - 徳山靖彦SDガンダム GGENERATION GENESIS
漫画版のみ登場。『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』にも登場した人物。
ペガサス級揚陸艦「サラブレッド」の艦長。階級は不明だが、少佐であるマオに高圧的であるのに対し、准将であるゴドウィンには低姿勢をとっている。自己保身のことしか考えない軍上層部に従い、権力を振りかざすだけの無能で、ユーグたちの上官であったゴドウィンのことも内心では嫌っている。
ジオンのスパイであったシェリーがテストパイロットを務めていたということからガンダム7号機の機動補正プログラムを封印してしまい、その結果、ユーグの搭乗するガンダム7号機を度々苦戦に追い込んでいるが、ゴドウィンが直接通信を入れて正式な許可を得ていることを伝えられた結果、渋々と従った。

ジオン公国軍「インビジブル・ナイツ」[編集]

作戦名「水天の涙」遂行のために動くジオン軍部隊。

エリク・ブランケ
声 - 内田夕夜
20歳、少佐。ジオン公国の名家の出で、アイロスやフリッツとは幼馴染。家柄の為に自分にだけ召集令状が届かず、アイロスやフリッツ達だけが軍に入ったのに異を唱え、自ら志願してジオン軍に入隊した。ゲームや漫画本編では作戦に殉じる優秀な指揮官として描かれているが、ゲーム版のCMではガンダムに遭遇して狼狽、部下に対して「お前らだけ突撃」となどと無謀な命令を出し、自らは敵前逃亡するというネタがあった。
アイロス・バーデ
声 - 浜田賢二
20歳、少尉。隊のサブリーダーを務める。エリクの頼れるパートナーとして、幼き頃から公私共にエリクを支えてきた。
フリッツ・バウアー
声 - 鳥海浩輔
20歳、少尉。落ち着いた性格のアイロスとは反対にお喋りで陽気な性格。インドシナ半島の基地防衛戦にてシェリーに撃たれ、死亡してしまう。
クリスト・デーア
声 - 小山剛志
25歳。インビジブル・ナイツの整備長を務める。エリクが幼い頃からの知り合いであり、兄貴分として慕われている。一年戦争時はパイロットであったが、ア・バオア・クー戦での負傷で足に障害を負い、その後メカニックに転向した。タチアナ・デーア(シェリー・アリスン)の兄。
アラビア半島のアデン宇宙港にて、インビジブル・ナイツを乗せたHLVを月に送り出すため、宇宙では不要となるイフリート・ナハトでユーグに特攻をかけるが、シェリーがユーグを庇って割り込み、彼女と相打ちになった。しかし、実際にはシェリーの機体を基地のパイプラインに押し込んで助けており、自身は機体と運命を共にした。
フィリーネ・イステル
声 - 藤村歩
18歳、伍長。一年戦争終結後にインビジブル・ナイツに合流した新米オペレータ。
オットー・アイヒマン
声 - 石井康嗣
42歳、大佐。インビジブル・ナイツに大きな期待を寄せている。オーガスタ基地への水天の涙作戦を確実に実行するため、基地へ向けてガウ攻撃空母で特攻をかけて戦死する。
ヒルデ・ニーチェ
声 - 伊藤静
20歳、少尉。イフリート・ナハト強奪作戦の下準備のために隊を離れていたが、作戦成功に伴い部隊に合流。
グスタ・エーベル
声 - 松原大典
19歳、少尉。士官学校でのエリクの後輩。旧インドシナ半島の防衛作戦のために補充メンバーとしてストーリー途中から合流し、以降は最後まで同行する。
ロルフ・アーレンス
声 - 前野智昭
19歳、少尉。士官学校でのエリクの後輩。マスドライバーを奪取するために月面へ攻め込む部隊に所属していたが、連邦に作戦を察知されて失敗。その後は再起を狙って潜伏し、水天の涙作戦を補佐するために補充メンバーとして部隊に合流。

水天の涙作戦[編集]

本作品のキーワードとなる「水天の涙作戦」とは、月面のマスドライバー基地から大質量弾を地球の主要な施設・都市に向けて発射する作戦。これによって地球連邦政府を威嚇し、ジオン軍に未だ継戦能力があることを知らしめ、スペースノイドの自治(ジオンの復興)に向けた会談の席に連邦政府の首脳陣を着かせるのが最終目的である。第1回目の作戦は、北米のオーガスタ基地に向けて大質量弾を発射する予定だったが、作戦を事前に察知した連邦軍が月に向けて部隊を送り込み、マスドライバー基地を奪還したことで失敗。第2回目の攻撃を確実に成功させるため、インビジブル・ナイツが月面に向かい、マスドライバー基地を再度占拠する計画が実施される。

「水天の涙」とは、まだ人類が宇宙に居住する前の時代、空から海に向かって流れ星が降ってくる現象に対して、ある島国にて付けられた名前のこと。

登場兵器[編集]

ガンダム7号機、RX-81は1990年代にメカニックデザイン企画『M-MSV』で発表された大河原邦男のデザインを本作のためにカトキハジメがリニューアル。RX-81には本作から「ジーライン」という名称が追加された。また、新規のMSとしてイフリート・ナハトが登場した。

地球連邦軍
ジオン公国軍

ダウンロードコンテンツ[編集]

追加モビルスーツ[編集]

有料ダウンロードコンテンツとして以下のモビルスーツが順次販売された。『機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX』には第1弾のフルアーマーガンダム7号機とジーライン アサルトアーマーがダウンロードできるプロダクトコードが同梱されている。

2009年9月17日配信
2009年10月15日配信
  • RX-78GP01 ガンダム試作1号機
  • RX-78GP02 ガンダム試作2号機(MLRS仕様)
  • ジーライン アサルトアーマー(アサルトキャノン)
2009年10月29日配信
  • ガーベラ・テトラ
  • リック・ディアス - ブラックカラー。
  • ジーライン スタンダードアーマー(アサルトキャノン)
2009年11月12日配信
  • ガンダム試作1号機フルバーニアン
  • ガンダムMk-II (T) - ティターンズカラー。
  • ジーライン ライトアーマー(アサルトキャノン)
2009年11月26日配信
  • リック・ディアス (QV) - レッドカラー。
  • ジーライン アサルトアーマー(ミサイルランチャー)
2009年12月3日配信
  • ガンダムMk-II - エゥーゴカラー。
  • ジーライン アサルトアーマー(ガトリングスマッシャー)

追加ミッション[編集]

フリーミッションモードの無料ダウンロードコンテンツ。ただしプレイするには一定プレイを進めていることが条件。

2009年10月22日配信
  • 連邦軍ミッション「強奪部隊追跡」(マップ:リビア砂漠)
  • ジオン軍ミッション「HLV破壊作戦(改)」(マップ:アデン基地・宇宙港)
2009年11月5日配信
  • 連邦軍ミッション「デラーズ・フリート参戦」(マップ:マスドライバー基地)
  • ジオン軍ミッション「新型モビルスーツを撃破せよ」(マップ:オーガスタ基地)
2009年11月19日配信
  • 連邦軍ミッション「エゥーゴ登場」(マップ:月面(丘隆地帯))
  • ジオン軍ミッション「ティターンズ登場」(マップ:月面(丘隆地帯))

アップデート[編集]

2009年10月15日配信
ネットワークプレイ関連の仕様の変更。
2009年11月19日配信
カスタムパーツ新規追加。ミッションプライズの新規設定。アッガイにステルス追加。。対戦ルール調整。

OVA[編集]

機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル』は、PS3『機動戦士ガンダム戦記』初回特典用に製作されたフルHDアニメーション作品。約7分。

2009年9月3日から10月31日まで期間限定配信。初回生産分に同梱されているプロダクションコードをPlayStation Storeで入力することにより7日間だけ視聴可能。宇宙世紀0079年12月31日での、ジオン軍のエリク・ブランケと連邦軍のユーグ・クーロのそれぞれのア・バオア・クー最終決戦の戦いが描かれる。劇場版『機動戦士ガンダムIII』を別視点で見た映像としても描かれており、複数機登場したビグロやガンキャノン203、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するアナベル・ガトーの母艦であったドロワも登場している。リック・ドムのビームバズーカはOVA用に新たにデザインされたもの。

キャスト[編集]

  • ユーグ・クーロ - 東地宏樹
  • エリク・ブランケ - 内田夕夜
  • クリスト・デーア - 小山剛志
  • ジオン兵士 - 白熊寛嗣阿部敦樋口智透

アニメーションスタッフ[編集]

  • 脚本・絵コンテ・監督 - 松尾衡
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 鈴木竜也
  • デザインワークス - 鈴木卓也
  • 音楽 - 甲斐政俊
  • 協力 - バンダイナムコゲームス、バンダイホビー事業部
  • プロデューサー - 稲垣浩文、梅崎淳志
  • 企画・製作 - サンライズ

登場兵器[編集]

連邦軍
ジオン軍

漫画[編集]

機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-』は、雑誌「ガンダムエース」にて連載された夏元雅人の漫画。

ゲーム本編発売から先駆ける形で2009年8月号から連載された。連邦・ジオンの各ストーリーモードを折衷した内容となっており、加えてユーグ・クーロの一年戦争時代や宇宙戦に移行してからのファントムスイープ隊の出来事などがより掘り下げられて描かれている。また、漫画版『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』の関連キャラクターが登場するなど、同作者が執筆した作品の設定を引き継いでいるのも特徴である。

単行本

出典[編集]

外部リンク[編集]