いまだにファンです!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いまだにファンです!
ジャンル バラエティ番組
構成 鈴木おさむ
ほか
ディレクター 秋山真彦
ほか
演出 嶋中一人
出演者 今田耕司
指原莉乃
製作
製作総指揮 本部純(GP)
プロデューサー 三浦大輔
佐々木聡
岩下英雅
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年4月7日 -
放送時間 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)
放送分 30分

いまだにファンです!』(いまだにふぁんです)は、テレビ朝日2019年4月7日(6日深夜)から日曜日 1:30 - 2:00(土曜日深夜)に放送されているトーク番組

概要[編集]

番組に芸能人と、その芸能人を長年ひたむきに応援し続けるファンを招きトークを行う。芸能人が人気絶頂の時はもちろん、「卒業」「引退」「結婚」そして「人気の低迷」などを経てもなぜ「いまだにファン」でいるのか?その訳を深掘りする。

ファンしか知らない芸能人の素顔や芸能人にしか救うことができなかったファンの人生など、毎回涙を誘う感動エピソードが繰り広げられている[1][2]

出演者[編集]

ゲスト[編集]

放送データ参考:[4]

放送日 ゲスト
1 2019年4月7日 細川ふみえ
2 2019年4月14日 新田恵利(元・おニャン子クラブ
3 2019年4月21日 長与千種(元・女子プロレスラー
4 2019年4月28日 高橋ジョージ(バンド 「THE 虎舞竜ボーカル
5 2019年5月5日 鶴久政治(元・チェッカーズ
6 2019年5月12日 保田圭(元・モーニング娘。
7 2019年5月19日 風見しんご
8 2019年6月2日 過去の放送の紹介
(鶴久政治、風見しんご、高橋ジョージ)
及び6月8日放送のスペシャルの内容一部
9 2019年6月8日
(15時20分 - )
《スペシャル》
西郷輝彦笠浩二(元・C-C-Bドラマー
10 2019年6月9日 山田邦子
11 2019年6月16日 スザンヌ
12 2019年6月23日 桑野信義ラッツ&スター[5]

受賞歴[編集]

・2019年5月 - 放送批評懇談会が選定する「2019年4月度ギャラクシー賞月間賞」を受賞[2]

スタッフ[編集]

  • ナレーター:近藤サト
  • 構成:鈴木おさむ樅野太紀、平岡達哉、岡伸晃、山口広太、玉置高幸、安齋友朗
  • TD:遠藤径介
  • カメラ:小島隆志
  • VE:木村雄
  • 音声:伊藤康明
  • 照明:江口義信
  • デザイン:飛田幸
  • 美術進行:寺岡悠介
  • 小道具:小柳沙季
  • ヘアメイク:川口カツラ店
  • 編集:藤河優(AZABU PLAZA
  • MA:浅井佑人(AZABU PLAZA)
  • 音効:上島光央(ラビットムーンオフィス
  • TK:中里優子(M&M)
  • 宣伝:尾木実愛(テレビ朝日)
  • デスク:北谷みづき
  • 編成:沼田真明、芝高啓介(共にテレビ朝日)
  • 制作協力:ViViA吉本興業
  • 制作スタッフ:伊勢央、菅原月、竹内佑、阿部僚介
  • アシスタントプロデューサー:笠井七海
  • ディレクター:秋山真彦、藤原藍子、内山真吾、阿部和孝、安井啓太、宮田綾子
  • 演出:嶋中一人
  • プロデューサー:三浦大輔(ViViA)、佐々木聡(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、岩下英雅(ViViA)
  • ゼネラルプロデューサー:本部純
  • 制作著作:テレビ朝日

脚注[編集]

  1. ^ いまだにファンです!”. www.tv-asahi.co.jp. テレビ朝日. 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ a b 『いまだにファンです!』タレントとファンとの関係性を浮き彫りにギャラクシー月間賞 | ORICON NEWS”. web.archive.org (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  3. ^ 2019年4月はHKT48メンバー。
  4. ^ いまだにファンです! [テレビ朝日 | Monju TVLink]”. Monju TVLink | テレビに関する便利な機能や情報が満載!. 2019年5月23日閲覧。
  5. ^ 11回番組末尾の次回予告より

外部リンク[編集]



テレビ朝日 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)
前番組 番組名 次番組
いまだにファンです!
-