シェキナベイベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェキナベイベー
内田裕也シングル
B面 Satisfied
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPロックンロール
時間
レーベル avex entertainment
作詞・作曲 秋元康(作詞)
斉門(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
内田裕也 シングル 年表
アニー FOR A CHEEK TIME(Annie For A Cheek Time)
1985年
シェキナベイベー
(2014年)
はなまるぴっぴはよいこだけ/183の日本トレビアンROCK'N ROLL[注 1]
2015年
テンプレートを表示

シェキナベイベー」は、日本ミュージシャン内田裕也の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、斉門により作曲され、内田裕也feat.指原莉乃名義でリリースされている。2014年6月11日に内田の14作目のシングルとしてavex entertainmentから発売された。

背景とリリース[編集]

本曲は、指原主演映画『薔薇色のブー子』の主題歌として制作された。タイトルの「シェキナベイベー」は、内田が尾藤イサオとのコンビで1964年に制作・発表したアルバム『ロック・サーフィン・ホット・ロッド』(東芝音楽工業)に収録した「ツイスト・アンド・シャウト」にて歌詞中の“Shake it up Baby”を歌った際のフレーズで、後にグッチ裕三のモノマネで広がって内田自身を代表するフレーズとなったものから採用された。

内田にとっては1985年に発表した「アニー FOR A CHEEK TIME(Annie For A Cheek Time)」(ワーナー・パイオニア)以来、29年ぶりとなるシングル盤リリースであり[1]、女性歌手とのデュエットコラボレーションという形式を採るのも初めてである[1]

2019年4月28日の横浜スタジアムで『指原莉乃 卒業コンサート 〜さよなら、指原莉乃〜』を最後に内田裕也への追悼のメッセージが流れた。その後、ゲストとして内田裕也扮する松本人志ダウンタウン)がPVの撮影にも使われたバイクに乗り登場した[2] その裏側に密着した模様は、2019年5月5日のワイドナショーフジテレビ)で放送された。

シングル収録トラック[編集]

CD
全作詞: 秋元康、全作曲: 斉門、全編曲: 野中“まさ”雄一
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「シェキナベイベー」(内田裕也feat.指原莉乃)秋元康斉門
2.「Satisfied」(内田裕也)秋元康斉門
3.「シェキナベイベー (off vocal ver.)」秋元康斉門 
4.「Satisfied (off vocal ver.)」秋元康斉門 
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「シェキナベイベー (Music Video)」   

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 内田裕也と183ファミリーバンド名義

出典[編集]

  1. ^ a b 内田裕也&さしこ 53歳差デュエット「シェキナベイベー」 スポーツニッポン 2014年4月23日閲覧
  2. ^ 指原莉乃卒コン、松本人志登場で「シェキナベイベー」”. 日刊スポーツ. 2019年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]