森内貴寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森田貴寛から転送)
移動先: 案内検索
森内貴寛
Taka
More from One OK Rock..jpg
オール・タイム・ロウスリーピング・ウィズ・サイレンスネック・ディープと行った「Back To The Future Hearts Tour」のフロリダ州オーランドのCFEアリーナ公演でオープニングアクトを務めた。
基本情報
出生名 森内貴寛
生誕 1988年4月17日(28歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ロック
職業 ボーカリスト
シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
オルガン
キーボード
活動期間 2003年 -
レーベル 日本の旗 A-Sketch
(2007年4月25日 - 現在)
アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ・レコード
(2015年9月25日 - 現在)
事務所 アミューズ
共同作業者 ONE OK ROCK
公式サイト ONE OK ROCK オフィシャルウェブサイト

森内貴寛(もりうちたかひろ、Taka1988年4月17日 - )は、日本ボーカリストロックバンドONE OK ROCKのボーカル。 バンドの楽曲の多くで作詞・作曲を手がける。 歌手森進一森昌子夫妻(2005年離婚)の長男。1歳違いと6歳違いの弟がいる。

略歴[編集]

2001年

2003年

  • 9月15日、NEWS結成メンバー9人のうちの一人に抜擢される。
  • 11月7日、『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソングを含むシングル『NEWSニッポン』(セブンイレブン限定発売のインディーズ版)でCDデビュー。
  • 12月 、学業に専念するとの理由でNEWSの活動を休止[1]。のちに事務所を自主退所するとともに同グループを脱退。

2004年

2005年

  • 3月、慶應義塾湘南藤沢高等部一年終了時、音楽の道に進むため自主退学。
  • 4月、両親(森進一、森昌子)が離婚。
  • 5月、ONE OK ROCK加入。

2006年

  • 7月26日、芸能事務所アミューズと契約。インディーズから再CDデビュー。

人物[編集]

幼少期[編集]

家の中に常に父親の楽曲が流れている環境で育った[2]
小学生時代は、勉強嫌いだが活発で、イベントでは中心になって頑張るタイプだった[3]
小学校6年間と中学1年の1学期まで地元のサッカーチームに入っていた。中学でもサッカー部に在籍したが、レベルが激変したことにショックを受け退部[4]。また喉の保全に万全を期していた父親に辞めさせられたとの発言もある[5]

アイドル時代[編集]

レッスンは週1回土曜日のみ参加、学業に差し障りがあったら辞めさせるという父親からの条件付き[6]
NEWS結成メンバーに選抜されるが、3ヶ月後、「学業に専念する」との理由で活動を休止、まもなく自主退所する。
またこの時期、共通の友人とともにRIZE金子ノブアキと食事をする機会があり、ライブに誘われる。後日、ライブハウスで初めてRIZEのライブを見て感動、ロックに目覚め、バンドをやりたいという思いが生まれる[7]

バンド時代[編集]

2005〜 2010[編集]

高校を1年で中退後、自活をはじめ、飲食店で厨房周りのアルバイトをしながら[8]、大阪の音楽学校に定期的に通ってギターやパソコンを習う[9]
同時にSFC時代の友人二人とエレクトーン+クリアギター+ヴォーカルの3人編成のバンド「CoM(Chivalry of Music)」を組み、マルーン5のカバーなど、R&Bやバラード曲中心のライブ活動をはじめる。
そのライブを、ONE OK ROCKを組んだばかりのToruが共通の友人を介して見に訪れ、Takaの声と歌唱力に衝撃を受け、その場でヴォーカルに勧誘。日に何度も届くメールの他、次のライブにもバイト先にも現れるToruの熱意に押し切られる形で承諾[10]
しかし練習に参加して、自分が本来求めていたバンド像(初めてライブハウスで見た時のRIZE)に近いものを感じ、スタジオに通うようになる。
やがて並行していたすべての音楽活動を終わらせ、ONE OK ROCKに賭ける決意を固め、スタジオの前で「俺はこのバンドで一生やっていこうと思ってる。おまえらはどうだ?」とメンバー全員の意思確認を取る[11]
結成当時は、Toruとともにライブハウスに売り込みに行っても以前の経歴(アイドル出身)による偏見などから断られることも多かった[12]が、その悔しさが原動力になり、ハイエースに機材を積んで自分たちで運転し、日本中のライブハウスを回るようになり[13]、徐々に会場も大きくなっていった。
2007年4月のメジャーデビューからまる2年後の2009年4月、Alex(G.)が脱退[14]。それに伴う活動休止を経て、残った4人で活動を再開[15]した翌年の2010年、結成5年目に、武道館公演[16]を敢行。応援してくれていた母親はもちろん、衝突の多かった父親も招待し、両親への謝罪と感謝の気持ちをストレートに歌った『Nobody's Home』を演奏した。

2011〜2015[編集]

結成当初から他のメンバーに「絶対世界へ連れて行くから」と言い切っていた[17]が、その言葉通り、2012年のアジア3都市[18]を皮切りに、13年にはヨーロッパ・アジアツアー[19]、14年には北米のワープド・ツアー'14に参加、北米[注 1]から南米[注 2]、ヨーロッパは前年の4カ国から10カ国へとロシアまで範囲を広げ[注 3]、大型バスに寝泊まりし国から国へ移動して10日に9本ペースのライブをこなすツアーを敢行した[20]
また2013年から海外レコーディングの準備を始め、自ら何度も渡米して[注 4]何人ものプロデューサーにコンタクトを取り話を聞いた[21]。2014年はメンバー全員で渡米しレコーディングに3ヶ月を費やし、ワープド・ツアー、浜スタ2デイズを挟んで、さらに秋にまた渡米して数曲録った。
こうして結成10年目の2015年2月、全曲US録音の7thアルバム『35xxxv』をリリース。オリコン週間チャートでCDとしては初の1位を[22]、World Music Awardsで初登場4位を記録した。

2016〜[編集]

以降の活動はONE OK ROCKの項目に詳しい。

ソロ参加の仕事・イベント[編集]

参加作品一覧[編集]

発売日 アーティスト アルバムタイトル 曲名
2011年6月29日 ALLY & DIAZ ALLY & DIAZ Let Life Be with Taka (ONE OK ROCK) & サイプレス上野
2013年3月20日 シンプル・プラン Summer Paradise feat. Taka from ONE OK ROCK(シングル)
2013年3月27日 シンプル・プラン Get Your Heart On! (Japan Tour Edition) Summer Paradise feat. Taka from ONE OK ROCK(アルバム)
2013年11月13日 Pay money To my Pain gene Voice P.T.P feat. Taka from ONE OK ROCK
2014年8月20日 GROWN KIDS First words Bottle Rocket feat. Taka(ONE OK ROCK) & Megan Joy
2015年2月17日 Against The Current GRAVITY Dreaming Alone Feat. Taka from ONE OK ROCK
2016年4月28日 野田洋次郎RADWIMPS)/ Taka(ONE OK ROCK) 配信のみの熊本地震被災地支援曲[27] バイ・マイ・サイ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Los Angeles/US,New York/US,Toronto/Canada,Philadelphia/US
  2. ^ Santiago/チリ、Buenos Aires/アルゼンチン、São Paulo/ブラジル、Lima/ペルー、Mexico City/メキシコ
  3. ^ Frankfurt/ドイツ、Paris/フランス、Zurich/スイス、Milan/イタリア、Munich/ドイツ、Cologne/ドイツ、Berlin/ドイツ、Copenhagen/デンマーク、Stockholm/スウェーデン、Hamburg/ドイツ、Amsterdam/オランダ、Antwerp/ベルギー、London/イギリス、St Petersburg/ロシア、Moscow/ロシア
  4. ^ 通訳兼コーディネーターとしてアメリカ人の友人であるジャミールと2人で
  5. ^ 細美武士(the HIATUS)ホリエアツシ(ストレイテナー)と

出典[編集]

  1. ^ NEWSのプロフィールORICON STYLE
  2. ^ 『bridge』VOL.71 spring2012 p31より引用
  3. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2012年6月号p67-76
  4. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2012年6月号p67-76
  5. ^ 『bredge』VOL.71spring2012p32より引用
  6. ^ http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2005/06/13_01/image/01.jpg
  7. ^ 『Rollingstone』2015年3月号p24-31
  8. ^ スペースシャワーTV「モンスターロック」かき氷対決 2011年8月18日
  9. ^ 『musica』2012年9月号 p24-25
  10. ^ ONE OK ROCK('06年12月号) | web Rooftop
  11. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年9月号p79
  12. ^ 音楽ナタリーONE OK ROCKインタビュー
  13. ^ 『音楽と人』2015年3月号p39
  14. ^ ナタリー - ONE OK ROCKのギタリストAlex脱退、4人で活動再開
  15. ^ ナタリー - ONE OK ROCK、秋の全国ツアーで本格活動再開
  16. ^ “This is my own judgment” TOUR
  17. ^ 「結成当初から森ちゃん(Taka)は(武道館や東京ドームやワールドツアーに)『連れてくから』『大丈夫だから』ってずっと言ってた」(Ryota)『ロッキング・オン・ジャパン』2011年11月号p133-136
  18. ^ “Start Walking The World”TOUR
  19. ^ “Who are you??Who are we??” TOUR
  20. ^ http://ro69.jp/news/detail/107768
  21. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2015年3月号p51
  22. ^ ONE OK ROCK、アルバム「35xxxv」デビュー以来初のオリコン1位http://www.musicman-net.com/artist/44536.html
  23. ^ http://www.livefans.jp/report/pc/999
  24. ^ http://www.rollingstonejapan.com/music/oneonone/taka-one-ok-rock-x-twenty-one-pilots/2/
  25. ^ http://okmusic.jp/#!/news/66842
  26. ^ [1]
  27. ^ RADWIMPS野田洋次郎、Takaと歌う「バイ・マイ・サイ」で被災地支援 音楽ナタリー 2016年4月28日

関連項目[編集]

  • 森進一 -Takaの父、歌手。
  • 森昌子 -Takaの母、歌手。
  • MY FIRST STORY - Takaの弟、hiroがボーカルを務めるロックバンド。
  • NEWS -Takaが以前所属していたアイドルグループ。

外部リンク[編集]