Vans

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vans
種類
子会社
業種 アパレル
設立 1966年3月16日(The Van Doren Rubber Company として)
本社 コスタメサ, カリフォルニア州, アメリカ合衆国
事業地域
全世界
製品
親会社 VF Outdoor
ウェブサイト vans.com
Footnotes / references
[1]
Vansの主力商品である「オールドスクール」シューズ(マリンブルー)

Vans(バンズ、ヴァンズ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州コスタメサに本拠を置く及び関連アパレル製品ブランド。

概要[編集]

1966年に、ポール・ヴァン・ドーレン英語版を中心として、その弟のジェームズ・ヴァン・ドーレン、及びゴードン・リーとセルジュ・デリーアによって、カリフォルニア州アナハイムにてデッキシューズのメーカー兼ショップとして創業した。

主力商品のスニーカーは、スケートボードの愛好家にも人気を博している。また、BMXスノーボード用のシューズでも知られており、過去にはダニエル・フランク(長野オリンピック)、ダニー・キャスとドリアーヌ・ヴィダル(ソルトレークシティオリンピック)、ユーリ・ポドラドチコフソチオリンピック)がVansのシューズを履いてオリンピックのスノーボード種目でメダルを獲得している[2]

1995年から2019年まで開催されていたワープド・ツアーのスポンサーでもあった。また、サーフィン、スノーボード、BMX、モトクロスチームのスポンサーにもなっている。

2004年6月にアメリカの大手アパレルメーカーのVFコーポレーション英語版に買収され、現在は同社のブランドのひとつとなっている。

ブランド名は「ヴァン(Van)とその仲間たち」に由来する。また、ブランドのキャッチフレーズの「OFF THE WALL」は、英語の俗語で「突拍子もない」「馬鹿げた」などを意味する。

日本においてはABCマート商標権を獲得しており、ナショナルブランドとして独占販売を行っている。ABCマートが販売するものは、同じシリーズであってもアメリカ本社で企画されたものとはデザインなどに差異がある。

沿革[編集]

1944年、当時14歳の少年であったポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)は、学校が好きではないことに気付き中学校を退学する。ポールの母親のレナは、学校に行かずかといって働くこともしないポールのことをよく思わず、アメリカの靴メーカーであるランディーズ (Randy's) で働くよう言った。ポールはランディーズで清掃と靴の製造に従事し、昇進を重ね34歳で副社長となり、ランディーズはアメリカで最大の靴メーカーのひとつとなった。

さらに、ポールはカリフォルニア州ガーデングローブにあるランディーズの業績の悪い工場の復活に、ポールと彼の弟のジェームズ・ヴァン・ドーレン、そしてゴードン・リーとともに乗り出す。ガーデングローブ工場で働き始めてからわずか8か月後、その工場は本社が存在するマサチューセッツ州にある工場よりも良い業績を挙げるようになった[3]。ガーデングローブで働き始めて3か月ほど経った頃、ポールは自分自身の靴ブランドを立ち上げたいと考えた。

1966年3月16日、 カリフォルニア州アナハイムの704 East Broadwayで、ポールとジェームズの兄弟、及びゴードン・リーとセルジュ・デリーアが「The Van Doren Rubber Company」の名前で、デッキシューズの工房及びショップを開業する[4]。その初日の朝に、12人の顧客がデッキシューズを購入した[2]

1970年代前半には、現在「AUTHENTIC」として知られている#44 DECK SHOESシリーズが[5]、頑丈さと分厚くグリップのあるアウトソールでカリフォルニアのスケートボーダーに人気を博した。その後1975年には#95(ERA)、1977年には#36(OLD SKOOL)と#98(SLIP-ON)、1978年にはStyle 38(SK8-HI)など、現在まで続く人気商品を世に送り出す[2]

現在使用されているスケートボードをデザインした「OFF THE WALL」ロゴのオリジナルバージョンは、1970年代にジェームズの息子であったマークによって、自分自身のスケートボードにスプレー塗装するためのステンシルとしてデザインされた。

その後も業績拡大を続けたが、1984年に経営破綻する。靴の売れ行きは好調であったが、幅広い商品展開による会社のリソースの圧迫[2]や、競争の激しさやコピー商品の登場により価格を下げることを迫られたことが原因とされている。ポールは従業員に対し、3年間は昇給できない可能性があることと、靴の品質以外の全てをコストカットする必要があることを伝え、1,200万ドルにものぼる負債の返済に尽力した。1987年、Vansは負債を全て債権者に返済した[2]。会社の業績も復調し、1991年にはNASDAQで新規株式公開を行った[2]

1990年代に入ると多くの新モデルの靴を発売し、1993年にはスノーボードブーツを発表した[2]。1995年からはワープド・ツアーのスポンサーとなった。その後も、スケートボードやサーフィンなどのイベントのスポンサードを行っている。

2004年、VFコーポレーション英語版に買収され、同社のブランドのひとつとなった[2]

2016年、創立50周年を迎え、新たなロゴを発表した[2]。「VANS」の文字の形状に変化はないが、文字の色が黒から赤に変更された[6]

主な商品[編集]

  • AUTHENTIC(オーセンティック)
  • ERA(エラ)
  • SLIP-ON(スリッポン)
  • SK8-HI(スケートハイ)
  • CHUKKA(チャッカ)
  • HALF CAB(ハーフキャブ)

イベント主催[編集]

Vansは、ワープド・ツアーをスポンサーとして1995年から[7]2019年の開催終了まで支えてきた。2017年には、ツアーの参加者に2016年のツアーで見たバンド5組と、来年のツアーで見たいバンド5組を尋ねるアンケートを行った[8]。2018年、ツアーの創設者であるKevin Lymanは、2018年の第23回が最後の開催になると発表した[9](実際には2019年にも3都市のみで開催された)。

スケートパーク[編集]

スケートボードで使用中のバンズの靴

Vansは、1998年にスケートパークをカリフォルニア州オレンジ郡のThe Outlets at Orangeにオープンした。20,000平方フィート(約1,900平方メートル)の面積を誇るパーク内には、屋内ストリートコース、深さ12フィート(約3.7m)のコンビプール、ミニランプ、屋外ストリートコース、アーケードなどのコースを備えている。パークは2009年にリニューアルされた [10]

2010年には、同社2つ目のスケートパークをカリフォルニア州ハンティントンビーチに建設した。17,500平方フィート(約1,630平方メートル)のスケートボウルと、25,000平方フィート(2,300平方メートル)のスケートプラザで構成され、Vansは20年間のリース契約で、市に年1アメリカドルを支払っている[11] [10]

ロンドンのThe Old Vic Tunnelsにも、House of Vansと呼ばれるスケートパークがある[12]

その他[編集]

1982年の映画「ファスト・タイムズ・アット・リッジモント・ハイ」では、サーファーであるジェフ・スピコリショーン・ペン)が、映画の至る所で、またポスターの中でも、VansのSLIP-ON(チェック柄)を目立つように履いている。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ Outdoor Completes Acquisition of Eagle Creek, Inc.
  2. ^ a b c d e f g h i History VANS、2021年11月8日閲覧
  3. ^ Banks, Alec & Gregory Bojorquez (2015年11月10日). “STEVE VAN DOREN”. HUMANITY Magazine. Citizen of Humanity. 2018年9月10日閲覧。
  4. ^ Connelly, Laylan (2016年3月11日). “Happy 50th, Vans: How the iconic shoe brand born in Anaheim has kept on surviving”. The Orange County Register. http://www.ocregister.com/articles/vans-707801-shoe-company.html 2016年3月12日閲覧。 
  5. ^ Vans, Inc. History”. Funding Universe. Funding Universe (2012年). 2013年8月25日閲覧。
  6. ^ Vans Logo and the History Behind the Business logomyway、2021年11月8日閲覧
  7. ^ History of Vans Members”. Vans (2013年). 2013年2月11日閲覧。
  8. ^ Cleveland.comYou can help choose the lineup for the 2017 Vans Warped
  9. ^ 2018 Vans Warped Tour: Founder Kevin Lyman reflects on 23 years of the groundbreaking festival
  10. ^ a b Fletcher, Jaimee Lynn (2014年3月22日). “Vans to open free skatepark in H.B. Saturday”. The Orange County Register: p. Local 2. http://www.ocregister.com/articles/vans-606467-park-doren.html 2014年3月22日閲覧。 
  11. ^ Fletcher, Jaimee Lynn (2012年1月28日). “H.B. OKs lease for first free Vans skate park”. The Orange County Register: p. Local 7. http://www.ocregister.com/articles/park-337460-skate-city.html 
  12. ^ Under London: Disused Tunnel Now a Subterranean Skate Park