スタン・スタージャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタン・スタージャック
プロフィール
リングネーム スタン "ザ・マン" スタージャック
スタン "ザ・クラッシャー" スタージャック
本名 ジョージ・スティピッチ
ニックネーム 狼男[1]
身長 193cm
体重 123kg(全盛時)
誕生日 1937年4月13日
死亡日 1997年6月19日(満60歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
スポーツ歴 アイスホッケー[2]
レスリング[2]
ボクシング[2]
デビュー 1958年
引退 1984年
テンプレートを表示

スタン・スタージャックStan "The Man" Stasiak、本名:George Stipich1937年4月13日 - 1997年6月19日)は、カナダケベック州モントリオール出身のプロレスラー第5代WWWF世界ヘビー級王者[3]

ヒールラファイターとして活躍し、日本では、その風貌から「狼男」などの異名を付けられた[1]。息子のショーン・スタージャックも元プロレスラーであり、WWEWCWで活動した。

リングネームの読みは「ステイジアック」が原音に近いが、本項では日本のプロレス史における慣例的な表記に則る。

来歴[編集]

少年時代からアイスホッケー、ボクシング、レスリングなどのスポーツで活動[2]。地元モントリオールのスターだったユーボン・ロバートにスカウトされ[1]1958年に同地区でデビュー。カナダ各地やアメリカ中西部を転戦してキャリアを積む。1960年代初頭にはNWAの本拠地セントルイス地区にて、ルー・テーズジョニー・バレンタインパット・オコーナーカウボーイ・ボブ・エリスなどのトップスターと対戦した[4][5]

1965年カルガリースタンピード・レスリングにてドン・レオ・ジョナサンを破り、カルガリー版のNWAカナディアン・ヘビー級王座を獲得[6]。同年より太平洋岸北西部をサーキット・エリアとするPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)に進出し、6月18日にマッドドッグ・バションからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取[7]。以降、キャリア末期までPNWを主戦場に活動、フラッグシップ・タイトルである同王座には、ムーンドッグ・メインダッチ・サベージらを下して通算7回載冠した[7]

他地区でも精力的に活動し、スタンピード・レスリングでは1968年9月16日にアーチー・ゴルディーを破り、NWAカナディアン・ヘビー級王座の後継タイトルである北米ヘビー級王座を獲得[8]1970年オーストラリアに遠征して、12月4日にキング・イヤウケアからIWA世界ヘビー級王座を奪取[9]1972年テキサスダラス地区に参戦、6月24日にレッド・バスチェンを破り、NWAテキサス・ヘビー級王座を獲得した[10]。テキサスではラフファイターの称号であるブラスナックル王座にも載冠し[11]フリッツ・フォン・エリックベアキャット・ライトブル・カリーミル・マスカラスワフー・マクダニエルらと抗争するなどヒールとしてのステイタスを高めた[12]

1973年よりWWWFに登場[13]グラン・ウィザードマネージャーに悪名を売り、チーフ・ジェイ・ストロンボートニー・ガレアなどの人気選手から勝利を収め、ブラックジャック・ランザと結託してアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した[14]。そして1973年12月1日、ペンシルベニア州フィラデルフィアにてペドロ・モラレスを破り、WWWF世界ヘビー級王座を獲得[3]。9日後の12月10日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンブルーノ・サンマルチノに敗れ短命王者に終わったものの、モラレス政権から第2次サンマルチノ政権への「橋渡し役」を担ったことで、彼の名はプロレス史に永久に刻まれることとなった[15]

その後も各地で活躍し、デトロイトではザ・シークと流血戦を展開。1975年3月にはデトロイトおよびトロントにてジャック・ブリスコNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦した[16]。主戦場の一つであるトロントでは、翌1976年1月11日にもテリー・ファンクのNWA世界ヘビー級王座に挑戦[17]したほか、1977年11月20日にはWWWF世界ヘビー級王座返り咲きを狙って新王者スーパースター・ビリー・グラハムとも対戦し[18]1978年1月8日にはニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座にも挑むなど[19]、当時の3大世界王座に再三挑戦した。

本拠地のPNWでは、1979年6月30日にロディ・パイパーを破り、パシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座への通算7回目となる最後の載冠を果たす[7]1980年は久々にダラス地区に登場し、ブルーザー・ブロディを相手にブラスナックル王座を争った[11]。その後はPNWに定着し、ベビーフェイスに転向してバディ・ローズロン・バスザ・シープハーダーズと抗争。1982年12月にはビリー・ジャック・ヘインズをパートナーにタッグ王座を獲得している[20]。PNWではカラー・コメンテーターも兼任していた。1984年に現役を引退し、トロントでセキュリティ・ガードに転身した。

1997年6月19日心不全により死去[21]。60歳没。

日本での活躍[編集]

初来日は1966年12月、東京プロレスの旗揚げ第2弾(および最終シリーズ)となる『チャンピオン・シリーズ』に外国人エースとして参戦。アントニオ猪木のUSヘビー級王座(10月の旗揚げシリーズで猪木がジョニー・バレンタインから奪取したタイトル)に連続挑戦した。

再来日となる1969年3月の国際プロレス『ワールド選抜シリーズ』では、ビル・ロビンソンIWA世界ヘビー級王座に挑戦。同シリーズではタンク・モーガンと組み、豊登&サンダー杉山のTWWA世界タッグ王座にも挑戦し反則負けを喫したが、反則絡みの判定を不服として日本組はタイトルを返上、スタージャック&モーガンと杉山&ラッシャー木村との間で王座決定戦が行われ、杉山&木村が新王者チームとなった[22]

1973年2月にはクラッシャー・スタージャック名義で全日本プロレスの『ジャイアント・シリーズ結集戦』に3度目の来日[23]。しかし、ブルーノ・サンマルチノハーリー・レイスボボ・ブラジルパット・オコーナーら大物が参加した同シリーズでは目立った活躍は果たせず、同年12月のWWWF王座奪取は関係者を驚かせた[24]

1974年4月、「元WWWF世界王者」という肩書のもと、新日本プロレスの『第1回ワールド・リーグ戦』に参加。外国人選手の招聘ルートがまだまだ脆弱だった当時の新日本にとっては大物中の大物であり、東京プロレス以来の猪木との再戦も注目された。公式戦では予選リーグを通過し決勝リーグに進出したが、戦績は振るわなかった(星野勘太郎ジート・モンゴルを下し、キラー・カール・クラップとは引き分けるも、猪木、坂口征二マサ斎藤ジ・インベーダーに敗退)[25]。新日本には1979年2月の『ビッグ・ファイト・シリーズ』にも来日しており、タイガー・ジェット・シンともタッグを組んでいる。これが通算5回目の最後の来日となった。

得意技[編集]

  • ハート・パンチ
相手の心臓部めがけて拳を叩き込むパンチ攻撃オックス・ベーカーリング禍を起こしたことで知られる。後にブライアン・アダムスも使用。

獲得タイトル[編集]

ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):2回(w / ダッチ・サベージ)[26]
スタンピード・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版):3回[6]
  • スタンピード北米ヘビー級王座:1回[8]
NWAビッグタイム・レスリング
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAブラスナックル王座(アマリロ版):1回
メープル・リーフ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ナショナル・レスリング・フェデレーション
  • NWF北米ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P177(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P109(1988年、日本スポーツ出版社)
  3. ^ a b c History of the WWE Championship”. WWE.com. 2010年4月9日閲覧。
  4. ^ The SLWC matches fought by Stan Stasiak in 1961”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  5. ^ The SLWC matches fought by Stan Stasiak in 1962”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  6. ^ a b NWA Canadian Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  7. ^ a b c d NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  8. ^ a b Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。
  9. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  10. ^ a b NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年8月13日閲覧。
  11. ^ a b c NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  12. ^ The WCCW matches fought by Stan Stasiak in 1972”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1973”. The History of WWE. 2010年10月16日閲覧。
  14. ^ The WWE matches fought by Stan Stasiak in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  15. ^ The Night Stan Stasiak Became World Champ”. Wrestling Classics. 2009年9月13日閲覧。
  16. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1975”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月16日閲覧。
  17. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月16日閲覧。
  18. ^ Superstar Billy Graham: Ring legend”. SLAM! Sports: July 4, 2000. 2010年4月24日閲覧。
  19. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1978”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月16日閲覧。
  20. ^ a b NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  21. ^ Canadian Hall of Fame: Stan Stasiak”. SLAM! Sports. 2009年9月13日閲覧。
  22. ^ TWWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月30日閲覧。
  23. ^ The AJPW matches fought by Stan Stasiak in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  24. ^ 『プロレスアルバム16 THE HEEL』P48(1981年、ベースボール・マガジン社
  25. ^ The NJPW matches fought by Stan Stasiak in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  26. ^ NWA Canadian Tag Team Title [British Columbia]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。
  27. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。
  28. ^ International Tag Team Title [Toronto]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]