ダッチ・サベージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッチ・サベージ
プロフィール
リングネーム ダッチ・サベージ
ダッチ・シュルツ
ミスター・X
ロニー・ブラウン
本名 フランク・スチュワート
ニックネーム フライング・ダッチマン
黒い殺人鬼
身長 193cm
体重 120kg -124kg
誕生日 1935年6月9日
死亡日 2013年8月3日(満78歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州スクラントン
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ルーク・ブラウン
デビュー 1962年
引退 1981年
テンプレートを表示

ダッチ・サベージDutch Savage、本名:Frank Stewart1935年6月9日 - 2013年8月3日)は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルベニア州スクラントン出身。

1960年代から1980年代初頭にかけて、オレゴンワシントンおよびカナダバンクーバーなど太平洋岸北西部を主戦場に活躍した。

来歴[編集]

学生時代はアメリカンフットボールで鳴らし、卒業後はプロのフットボール・リーグに所属していたが[1]、膝を故障してプロレスに転向[2]。ハイスクールの友人でもあったザ・ケンタッキアンズのルーク・ブラウンのトレーニングを受け、1962年ジョージア州メイコンにてデビュー[2]

当時はルークにあやかり、ロニー・ブラウンLonnie Brown)と名乗っていた[2]。以降、ミスター・XMr. X)やダッチ・シュルツDutch Schultz)などとリングネームを変更した後、カンザスシティNWAセントラル・ステーツ地区にてダッチ・サベージDutch Savage)と改名[2]。黒いロングタイツに口髭の大型ヒールとして活動した。

1966年テキサス州西部のアマリロ地区で活動、1月12日にリッキー・ロメロからアマリロ版のNWA北米ヘビー級王座を奪取している[3]。タッグではドン・ジャーディンと組んでドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクと抗争、総帥のドリー・ファンク・シニアをはじめ、ワフー・マクダニエルジャック・ブリスコダン・ミラーヘイスタック・カルホーンとも対戦した[4]1968年AWAに参戦、クラッシャー・リソワスキーイゴール・ボディックマッドドッグ・バションドクターXビル・ワットラリー・ヘニングハーリー・レイスブラックジャック・ランザロック・ロゴウスキーレッド・バスチェンらと対戦している[5]

1960年代後半より、オレゴン州ポートランドワシントン州シアトルを拠点とするパシフィック・ノースウエスト・レスリング(PNW)および同団体と提携関係にあったカナダバンクーバーのNWAオールスター・レスリング(ASW)に進出[2]。以降、両エリアを主戦場とし、ASWではジン・キニスキードン・レオ・ジョナサンロッキー・ジョンソンらと抗争。1970年代に入るとベビーフェイスに転向し、PNWでは1970年12月から1977年8月にかけて、ムーンドッグ・メインブル・ラモスジェシー・ベンチュラロン・バスなどを破り、フラッグシップ・タイトルのNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を通算7回獲得[6]。タッグではジミー・スヌーカとのコンビで活躍した[7]。1970年代末からは、当時売り出し中だったアドリアン・アドニスロディ・パイパーリック・マーテルとも共闘し、キラー・ブルックスザ・シープハーダーズバディ・ローズエド・ウィスコスキーなどと抗争を展開している[8]

日本へは1967年5月、日本プロレスに初来日。1970年4月の再来日ではドン・レオ・ジョナサン、クリス・マルコフターザン・タイラーネルソン・ロイヤルポール・ジョーンズらと共に『第12回ワールドリーグ戦』に出場。ジャイアント馬場には敗退するも、アントニオ猪木と引き分け、坂口征二からは反則勝ちを収めるなどダークホースぶりを発揮し、外国人陣営ではジョナサンに次ぐマルコフと同点の2位の戦績を収めた。1971年の来日時はイワン・コロフと組み、7月1日に大阪府立体育会館にてBI砲インターナショナル・タッグ王座に挑戦している。1972年10月には全日本プロレスの旗揚げシリーズに、ブルーノ・サンマルチノフレッド・ブラッシー、テリー・ファンクらと共に参戦[9]。以後、1974年2月と1975年2月にも全日本プロレスに登場し、日本には通算6回来日した。

1981年の引退後は不動産業に携わりつつ、ノースウエスト地区のプロレス中継カラー・コメンテーターも担当していた[10]。晩年は牧師に転身し、教役者となって活動していた[2]

2013年8月3日、ワシントン州の病院で死去[11]。78歳没。同年4月に脳卒中に見舞われ、左半身が麻痺した状態となって闘病生活を送っていた[12][13]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAオールスター・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:7回[6]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:12回(w / Beauregard、ムーンドッグ・メイン×2、スティーブン・リトルベア、ジミー・スヌーカ×6、ジョナサン・ボイド、スタン・スタージャック)[7]
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWA北米ヘビー級王座(アマリロ版):1回[3]
  • NWA北米タッグ王座(アマリロ版):1回(w・ドン・ジャーディン)[16]
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
NWAトライステート

脚注[編集]

  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P51(2002年、日本スポーツ出版社)
  2. ^ a b c d e f Dutch Savage: Perennial All-Star”. SLAM! Sports. 2011年4月1日閲覧。
  3. ^ a b NWA North American Heavyweight Title [Amarillo]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  4. ^ The Amarillo matches fought by Dutch Savage in 1966”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  5. ^ The AWA matches fought by Dutch Savage in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  6. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  7. ^ a b NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  8. ^ The CW USA matches fought by Dutch Savage in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  9. ^ The AJPW matches fought by Dutch Savage in 1972”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  10. ^ Wrestler Profiles: Dutch Savage”. Online World of Wrestling. 2011年4月1日閲覧。
  11. ^ ダッチ・サベージ氏が死去 日刊スポーツ 2013年8月7日
  12. ^ Dutch Savage dead at age 78”. SLAM! Sports. 2013年8月10日閲覧。
  13. ^ Dutch Savage suffers stroke”. Wrestling Observer. 2013年8月10日閲覧。
  14. ^ NWA Canadian Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  15. ^ NWA World Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月1日閲覧。
  16. ^ NWA North American Tag Team Title [Amarillo]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  17. ^ NWA United States Tag Team Title [Mid-South/Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]