アニメ☆7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アニメ☆7」(あにめ☆せぶん)とは2008年10月から2009年3月まで日本テレビ系列(NNS)29局で、毎週月曜の19時00分 - 20時00分(JST)に放送されていた読売テレビ制作のアニメ番組枠である。

2005年10月から2008年9月まで放送した本枠の前身である「月曜19時アニメアワー」についても、本項目で併せて記述する。

概要[編集]

旧名称の「月曜19時アニメアワー」という名称は、読売テレビのプロデューサーで同局制作のアニメを担当する諏訪道彦2007年5月21日公開分の 自身の日記 でこの放送枠のことを言及した際に用いられたものである。以後も不定期に放送される劇場版『名探偵コナン』の宣伝番組などでこの名称が使用されたことがあるが「19時」の部分を「7時」と表記する場合もあり、はっきりとは統一されていない。

結界師』が放送されていた頃には、『結界師』の放送後に『結界師』と『コナン』の各キャラクター数名のコラボレーションアニメが放送されていた。このアニメの後は、そのままステブレレスで『コナン』を開始していた。この以前にも、『ガンバリスト!駿』の藤巻駿と『コナン』のコナンが共演する同様のアニメが放送されていたことがある。なお、『ヤッターマン』の1月から9月放送分までは19時01分から放送開始となり『コナン』とのコラボレーションアニメは廃止されていた。

番組枠の統合[編集]

2005年10月に当時放送されていた『ブラック・ジャック』と『コナン』が名目上1つの番組枠に統合されたのが本枠の始まりである。ただし、放送形態は従来通り前半30分が『ブラック・ジャック』および『ブラック・ジャック21』、後半の30分が『コナン』という構成で新聞などの番組表も作品ごとに分かれたままだったことから、表向きは統合前と全く変わりはなかった。

2006年10月からは『ブラック・ジャック』シリーズに代わり『結界師』がスタート。しかし、2007年9月10日をもってこの時間帯での放送を終了し深夜枠へ移行する。10月から12月まではこの放送枠を「秋のミステリーアワー」と題し[1]、『コナン』および『金田一少年の事件簿』を放送した。

「アニメ☆7」へ[編集]

2008年1月からは前半の放送枠で『ヤッターマン』のリメイク版の放送がスタート。そして同年10月からは「アニメ☆7」の名称を本枠の正式名称として放送上で用いるようになり、2作品とも統合されて1時間のアニメ枠となった。それにともないGコードEPGも統一され、視聴率の算定でも一つの番組として扱われるようになった。この他「部屋を明るくして画面からはなれてくださいね」との警告テロップも、最初に「コナンからのお願い」として表示するだけになった。『ヤッターマン スペシャル』の放送時はヤッターマンからのお願いとなっていた。

また11月からは2作品の放送順を入れ替え、前半に『コナン』、後半に『ヤッターマン』が編成された。この放送順の入れ替えにより『ヤッターマン』は放送開始時刻が19時30分頃(実際には19時30分よりも少し早く開始する)となり、先に放送される『コナン』の番組最後に発表される「Next conan's HINT」やエンドクレジットも『ヤッターマン』終了後に流れた。

放送枠の終了[編集]

日本テレビは、2009年4月改編で、平日19時台に生放送バラエティ番組サプライズ』を放送することになったため、本枠は同年3月で終了、同年4月以降、『コナン』は土曜18:00 - 18:30、『ヤッターマン』は日曜7:00 - 7:30に放送枠が移動となり、本枠は半年で解消され、読売テレビとしては月曜19時台の1時間アニメ枠が確立した1995年4月から実に14年間の歴史に幕を降ろした。ただし、テレビ大分に関しては、『コナン』移転先の時間帯に、主系列FNN・FNSのキー局であるフジテレビの音楽番組『ミュージックフェア』を放送しており、それを優先するため、『コナン』については日曜9:30 - 10:00に遅れネットを行う事となり、2011年4月以降は1時間スペシャルを除き土曜18:30 - 19:00で放送されている[2]

これに伴い、月曜19時台の制作権は日本テレビに返上され、1986年1月から中断期を含めて23年3か月に亘って放送してきた読売テレビ制作の月曜19時台のアニメ枠が幕を閉じて、さらに日本テレビ系列の19時台からアニメ枠が姿を消した。これにより1973年4月開始以来、読売テレビ制作枠月曜夜36年間続いていた歴史に幕を閉じた。

その後[編集]

2013年4月の改編で、前述のように日曜7時枠に移っていたアニメ枠(『宇宙兄弟』を放送中)が、『コナン』の前枠である土曜17:30 - 18:00の枠に再移動することになったため、放送枠は異なるものの読売テレビの1時間アニメ枠が再度形成されることになり[3] 、以降現在に至るまでNTV土曜夕方にはYTVアニメが継続している。なお、これに対しテレビ大分は引き続き日曜朝7時枠で放送されている[4][5]

一方、テレビ東京では当枠が廃枠になったのに伴い、月曜の19時台にアニメ枠を2本編成していたが、2013年4月の改編で19:00の『たまごっち! ゆめキラドリーム』と、19:30の『アイカツ!』が、それぞれ木曜の18:30と18:00に移動し、代わって水曜深夜からバラエティ番組YOUは何しに日本へ?』が拡大移動(18:30 - 19:54)したため、ついに在京民放の月曜19時台から完全にアニメ放送がなくなった[6]

放送された番組[編集]

月曜19時アニメアワー[編集]

前半枠
後半枠
  • 名探偵コナン(1996年1月 - 2008年10月)
その他
  • 金田一少年の事件簿(2007年11月)
    2007年10月 - 同年12月の1時間枠「秋のミステリーアワー」内にてスペシャル版を放送。

アニメ☆7[編集]

前半枠
後半枠
  • ヤッターマン リメイク版(2008年11月 - 2009年3月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この名称は放送でも使用された。
  2. ^ 1時間スペシャルについては放送枠を確保できないため、別の時間帯での放送となる。
  3. ^ “宇宙兄弟:テレビアニメ好評で土曜夕方枠に昇格”. 毎日新聞デジタル. (2013年1月31日). http://mantan-web.jp/2013/01/31/20130130dog00m200028000c.html 2013年1月31日閲覧。 
  4. ^ 土曜17:30 - 18:00には『FNNスーパーニュースWEEKEND』をネットしており、当番組を優先するため。
  5. ^ そのため本来日曜7:00 - 7:30に放送のトーク番組は日時を差し替えて放送。
  6. ^ 国産アニメ不在となるのは、1963年11月 - 1965年1月に放送された劇場用アニメ分割放送枠『ピーコック劇場』(NET系列)を除けば、『ビッグX』(TBS系列。TBS唯一の月曜19時台アニメ)開始前の1964年7月以来、実に49年弱ぶりの事。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

読売テレビをはじめとする日本テレビ系列 月曜19:00 - 19:58枠
前番組 番組名 次番組
ブラック・ジャック
※19:00 - 19:30
【月曜19時アニメアワー内で継続】
名探偵コナン
※19:30 - 20:00
【月曜19時アニメアワー内で継続】
月曜19時アニメアワー
(2005年10月10日 - 2008年9月)

アニメ☆7
(2008年10月 - 2009年3月)
【この番組まで読売テレビ制作のアニメ枠】
サプライズ
【月曜日は日本テレビ制作】
読売テレビをはじめとする日本テレビ系列 月曜19:58 - 20:00枠
名探偵コナン
※19:30 - 20:00
【月曜19時アニメアワー内で継続】
月曜19時アニメアワー

アニメ☆7
【この番組まで読売テレビ制作】
世界まる見え!テレビ特捜部
※19:58 - 20:54
【2分拡大、この番組から日本テレビ制作】