DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DOCUMENTARY of AKB48
No flower without rain
少女たちは涙の後に何を見る?
監督 高橋栄樹
製作 窪田康志
新坂純一
秋元伸介
北川謙二
吉田立
ナレーター 伊藤歩
出演者 AKB48
SKE48
NMB48
HKT48
JKT48
SNH48
前田敦子
平嶋夏海
城恵理子
音楽 大坪弘人
主題歌 After rain」AKB48
編集 村上雅樹
製作会社 AKS
東宝
秋元康事務所
ノース・リバー
NHKエンタープライズ
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2013年2月1日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億円(推定)
前作 DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
次作 DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?
テンプレートを表示

DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』(ドキュメンタリー オブ エーケービーフォーティエイト ノー フラワー ウィズアウト レイン しょうじょたちはなみだのあとになにをみる?)は、 2013年2月1日に公開された日本映画

解説[編集]

AKB48ドキュメンタリー映画3作目。2012年の1年間を扱っている。監督は前作に引き続き高橋栄樹。女優の伊藤歩がナレーションを担当した。主題歌「After rain」は、映画用の書き下ろしである。キャッチコピーは、ポスターの顔にもなっているAKB48グループ総監督高橋みなみの座右の銘である「努力は必ず報われる」を取り入れた「努力が報われるかどうかは、わからない。でも、努力しなければ何も始まらない。」。

「AKB48不動のエース」と呼ばれた初期メンバー前田敦子の卒業と、AKB48の念願だった東京ドーム公演を軸に、渡辺麻友松井珠理奈島崎遥香の3人による前田卒業後の次期センター争い、そしてAKB48グループの不文律となっている恋愛禁止条例などをテーマに描く。前田と同じ初期メンバーだが恋愛禁止のルールを破ったためAKB48を活動辞退した平嶋夏海と、AKB48グループ次期エース候補と注目されながらも学業優先を理由に卒業したNMB48チームMのセンター城恵理子の、その後の様子が描かれた。

映画のラスト近くのインタビュー中に、板野友美が2013年内に卒業することを発表した。このインタビューの内容は、公開直前までの試写では編集中という理由で伏せられていた[1]

日本全国119スクリーンで公開され、初日3日間で興収8,780万3,600円、動員動員6万8,213人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となった[2]。最終興行収入は推定3億円[3]

スタッフ[編集]

  • 監督:高橋栄樹
  • 企画:秋元康
  • 製作:窪田康志AKS)、新坂純一(東宝)、秋元伸介(秋元康事務所)、北川謙二(ノース・リバー)、吉田立(NHKエンタープライズ
  • プロデューサー:古澤佳寛、磯野久美子(秋元康事務所)、松村匠(AKS)、牧野彰宏(AKS)、関山幹人
  • スーパーバイジングプロデューサー:石原真NHK
  • ラインプロデューサー:篠田学(秋元康事務所)、橋本淳司
  • 音楽:大坪弘人
  • 主題歌:AKB48After rain」(You, Be Cool! / KING RECORDS
  • 撮影:角田真一、村上拓、堂前徹之、阿部一孝、二階堂悠紀、眞田慧子、遠山雅之、森元敏博、黒木秀一朗、藪田健志、松本綾佳、服部将之、小林光、市川喬章、和田英理香
  • 撮影&ステディカム:木村太郎
  • 録音:久連石由文
  • 編集:村上雅樹
  • ナレーション:伊藤歩
  • 製作協力:KRK PRODUCE、パイプライン
  • 製作:AKS東宝、秋元康事務所、ノース・リバー、NHKエンタープライズ
  • 配給:東宝映像事業部

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 板野友美が、映画本編でAKB48卒業を発表!舞台挨拶でファンへ心境を語る (CINEMA TRIBUNE、2013年2月2日)
  2. ^ R指定テディベア映画まさかの返り咲き!『テッド』が再びトップ!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年2月5日
  3. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社2014年、 198頁。

参考文献[編集]

  • 劇場パンフレット

関連項目[編集]

  • 桜の花びらたち - 2006年2月1日にインディーズレーベルからリリースされたAKB48の1stシングルで、春定番となっている“桜ソング”の1作目。2008年2月27日にはリメーク版「桜の花びらたち2008」がメジャー8枚目のシングルとしてリリースされ、2012年8月15日リリースのアルバム『1830m』には卒業した前田敦子に贈られた「桜の花びら~前田敦子 solo ver.~」と改題したソロバージョンが収録された。映画では東京ドーム公演の舞台裏で前田がしゃがみ込みながら「桜の花びら」を口ずさむ映像があり、特報にも使われた。
  • UZA - 2012年10月31日にリリースされたAKB48メジャー28枚目のシングル。映画では渡辺麻友が当初センターだったことと、それを外された経緯が語られ、外された直後の渡辺の茫然とした表情の映像が公開された。
  • DOCUMENTARY of AKB48 AKB48+10+1 - 映画公開前日の2013年1月31日深夜にNHK総合にて放映された、連動テレビドキュメンタリー第3弾。前作『DOCUMENTARY of AKB48 AKB48+1』と同様、AtoZ形式で2012年の活動を振り返る構成。ナレーションも保村真が再起用された。インフルエンザ予防接種では終始無表情の渡辺麻友や島崎遥香、余裕の笑顔の松井珠理奈、そして注射怖さに子供のように泣きじゃくる12期研究生の平田梨奈といったメンバー達のさまざまな表情が捉えられ、また、島崎が“ぽんこつ”という項目でピックアップされるなどした。

外部リンク[編集]