山崎賢人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「山﨑賢人」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
やまざき けんと
山﨑 賢人
生年月日 (1994-09-07) 1994年9月7日(23歳)
出生地 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
身長 178cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2009年 -
活動内容 2010年:俳優デビュー『熱海の捜査官
事務所 スターダストプロモーション 制作2部
公式サイト スターダストプロモーション制作2部
主な作品

テレビドラマ
熱海の捜査官』(2010年)
35歳の高校生』(2013年)
チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(2014年)
デスノート』(2015年)
まれ』(2015年)
好きな人がいること』(2016年)
陸王』(2017年)
トドメの接吻』(2018年)


映画
L・DK』(2014年)
ヒロイン失格』(2015年)
orange』(2015年)
オオカミ少女と黒王子』(2016年)
四月は君の嘘』(2016年)
一週間フレンズ。』(2017年)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年)
羊と鋼の森』(2018年)

山﨑 賢人(やまざき けんと、1994年9月7日[1] - )は、日本俳優である。東京都出身。スターダストプロモーション所属。「山」と表記されることがあるが、正しくは「山」(「たつざき」の「」)である。

来歴[編集]

  • 中学3年生のときに原宿竹下通りのサッカーショップでスカウトされ芸能活動を開始。雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動。誌上で行われた女装企画で投票結果1位を獲得[2]
  • 2010年、ドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビュー。
  • 2011年、『管制塔』で映画初主演。
  • 2016年、『ヒロイン失格』、『orange』等の話題作に次々と出演し、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
  • 2017年、アメリカの映画サイト TC Candler の『最もハンサムな顔100人』2017年版に、81位で初ランクインした。
  • 2018年、『トドメの接吻』で連続ドラマ初主演。

人物[編集]

  • 趣味は音楽鑑賞、特技はサッカー[3]
  • マンガ原作の爽やかなイケメンを演じることが多かったが、『陸王』での等身大の演技に続き、『トドメの接吻』ではクズ男のホストを演じ話題となった[4]
  • 数々の実写化映画の主演を務めている。

出演[編集]

主演作は太字で記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 里見八犬伝(2014年10月31日 - 11月17日、新国立劇場 中劇場 / 11月21日 - 23日、シアターBRAVA! / 11月26日、アルファあなぶきホール・大ホール / 11月28日、北九州ソレイユホール / 12月6日、千葉県南総文化ホール・大ホール)- 犬塚信乃
  • 里見八犬伝 (2017年4月-5月、千葉県南総文化ホール 他、全国12都市 33公演)-犬塚信乃

CM[編集]

PV[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

小説表紙[編集]

雑誌表紙[編集]

ショパン(2018年6月号)

受賞歴[編集]

2015年度

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 山崎賢人”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月3日閲覧。
  2. ^ 男の履歴書 山﨑賢人編インライフ 2014年1月15日
  3. ^ スターダストプロモーション制作2部
  4. ^ 山﨑賢人が愛の歪んだ”クズ男”を演じる!初主演となる連続ドラマ『トドメの接吻』から謎の女とのキス写真公開 iLIP 2017/11/02 UPDATE(エイベックス・エンターテイメント株式会社、2017年11月6日閲覧)
  5. ^ “山崎賢人、1月ドラマ『チーム・バチスタ4』出演「吸収して成長したい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2029838/full/ 2017年8月9日閲覧。 
  6. ^ ““2014ブレイク俳優”山崎賢人、嵐・二宮和也主演ドラマで新境地 独占コメント到着”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年2月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1331229 2017年8月9日閲覧。 
  7. ^ “人気若手俳優・山崎賢人が“水球”にチャレンジ!新ドラマ『水球ヤンキース』出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年5月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2037868/full/ 2017年8月9日閲覧。 
  8. ^ 平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」出演者発表!”. NHK (2014年9月8日). 2017年8月9日閲覧。
  9. ^ “有村架純、地上波ドラマ初主演 山崎賢人、東出昌大ら旬の俳優が集結”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年5月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2052356/full/ 2017年8月9日閲覧。 
  10. ^ “連ドラ版「デスノート」キャスト発表! 夜神月は窪田正孝、山崎賢人がL”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年5月25日). http://eiga.com/news/20150525/9/ 2017年8月9日閲覧。 
  11. ^ “桐谷美玲主演、夏の“月9”はイケメン3兄弟とひとつ屋根の下”. ORICON STYLE. (2016年5月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2071060/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  12. ^ “役所広司と初共演で親子役 「親父の背中からいろいろ感じたい」”. 毎日新聞. (2017年8月9日). https://mainichi.jp/articles/20170808/dyo/00m/200/019000c 2017年8月9日閲覧。 
  13. ^ “山崎賢人:7月期ドラマで医師役に初挑戦「皆さんに愛されるような存在に」”. MANTANWEB. (2018年5月26日). https://mantan-web.jp/article/20180525dog00m200077000c.html 2018年5月26日閲覧。 
  14. ^ “映画『管制塔』舞台挨拶に、橋本愛と山崎賢人、三木監督登壇”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2011年4月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000068889 2017年2月3日閲覧。 
  15. ^ “映画『リアル鬼ごっこ』続編3部作公開決定 ターゲットは「佐藤」から「B型」へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2008937/full/ 2017年2月3日閲覧。 
  16. ^ “山崎賢人、学園ホラー『アナザー』で橋本愛と2度目のダブル主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年5月25日). http://www.oricon.co.jp/news/88061/full/ 2017年2月3日閲覧。 
  17. ^ ジンクス!!! インタビュー: 山崎賢人、俳優業にまい進中! 「どの役にも正解がないから楽しい」”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2013年11月15日). 2017年2月3日閲覧。
  18. ^ “剛力彩芽主演『L・DK』の“ツンデレ王子”に山崎賢人”. RBB TODAY (イード). (2013年6月13日). http://www.rbbtoday.com/article/2013/06/13/109048.html 2017年2月3日閲覧。 
  19. ^ “幸田もも子「ヒロイン失格」桐谷美玲主演で映画化、劇中には変顔シーンも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年1月26日). http://natalie.mu/comic/news/136952 2017年2月3日閲覧。 
  20. ^ “まれ夫婦”土屋太鳳&山崎賢人、次は映画で恋!早くも年内再共演”. SANSPO.COM (2015年7月20日). 2015年7月20日閲覧。
  21. ^ 「まれ」夫役の山崎賢人、映画では“ドS王子”に!?”. Sponichi Annex (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  22. ^ “広瀬すず&山崎賢人『四月は君の嘘』実写映画化で初共演W主演 初のヴァイオリニスト&ピアニスト役”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2058619/full/ 2017年2月3日閲覧。 
  23. ^ 山崎賢人&斎藤工が妖怪に!劇場版「妖怪ウォッチ」実写ビジュアル初披露 - 映画.com 2016年10月5日(2016年10月5日閲覧)
  24. ^ 川口春奈&山崎賢人、旬の2人が映画「一週間フレンズ。」で胸キュンW主演”. スポーツ報知 (2016年3月2日). 2016年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  25. ^ 映画「ジョジョ」仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介!監督は三池崇史”. コミックナタリー (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。
  26. ^ “山崎賢人が「斉木楠雄のΨ難」で主演、監督は「銀魂」も手がける福田雄一”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年8月1日). http://natalie.mu/eiga/news/196418 2017年2月3日閲覧。 
  27. ^ “山崎賢人と広瀬アリスのW主演で「氷菓」実写化”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210188 2016年11月22日閲覧。 
  28. ^ “山崎賢人、ピアノ調律師役に挑戦!’16本屋大賞「羊と鋼の森」映画化”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170203/geo17020305030015-n1.html 2017年2月3日閲覧。 
  29. ^ Rihwa、ダイハツCMで高橋優「明日はきっといい日になる」をカバー”. 音楽ナタリー (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  30. ^ 山崎賢人、休日の過ごし方は「インドアもアウトドアも」”. ORICON STYLE (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  31. ^ “山崎賢人、飯豊まりえをバックハグ「どんな君も逃さない」”. モデルプレス. (2017年1月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1655858 2018年3月27日閲覧。 
  32. ^ “飯豊まりえ:十二単をまとい紫式部に 山崎賢人が平安時代にタイムトラベル”. MANTANWEB. (2017年7月20日). https://mantan-web.jp/article/20170720dog00m200014000c.html 2018年3月27日閲覧。 
  33. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表!『海街diary』が最多12部門(2/2)”. シネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]