JXホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JXホールディングス株式会社
JX Holdings, Inc.
JX GROUP logo.gif
Nippon Steel (headquarters).jpg
本社(JXビル、旧新日鐵ビル)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5020 2010年4月1日上場
大証1部(廃止) 5020 2010年4月1日  - 2013年7月12日
名証1部 5020 2010年4月1日上場
略称 JX、JXHD
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区大手町2-6-3
設立 2010年4月1日
業種 石油・石炭製品
事業内容 石油精製販売事業、石油開発事業、金属事業を行う子会社及びグループ会社の経営管理とその付帯事業
代表者 木村康代表取締役会長
松下功夫(代表取締役社長
資本金 1,000億円
発行済株式総数 24億9,548万5,929株
売上高 連結:10兆7,238億8,900万円
単独:360億1,800万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:3,278億4,400万円
単独:263億9,600万円
(2012年3月期)
純利益 連結:1,705億9,500万円
単独:43億3,700万円
(2012年3月期)
純資産 連結:2兆447億5,200万円
単独:1兆2,604億2,000万円
(2012年3月期)
総資産 連結:6兆6,904億1,900万円
単独:3兆110億4,900万円
(2012年3月期)
従業員数 連結:2万4,691人 単独:119人
(2011年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6.63%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 5.83%
みずほコーポレート銀行 2.62%
三井住友銀行 2.62%
(2011年9月30日現在)
主要子会社 JX日鉱日石エネルギー(株)
JX日鉱日石開発(株)
JX日鉱日石金属(株)
外部リンク http://www.hd.jx-group.co.jp
テンプレートを表示

JXホールディングス株式会社(ジェイエックスホールディングス、英称JX Holdings, Inc.)は、2010年4月1日に設立されたJXグループ持株会社。JXの名称は、ジャパンの「J」と未知を示す「X」から。

概要[編集]

石油精製・販売大手の新日本石油株式会社(現・JX日鉱日石エネルギー株式会社)と新日鉱ホールディングス株式会社(現・JX日鉱日石金属株式会社)が、経営統合することを目的として共同で株式移転[注釈 1]を実施し、設立された。経営統合の背景には、金融危機による景気後退や環境問題に端を発する石油製品の需要減といった当時の状況があり、規模拡大による生産力・販売力の強化が不可欠と判断されたためである[1][2]

国内石油卸1位の新日本石油と同6位の新日鉱ホールディングスとの経営統合は、業界内では1999年日本石油三菱石油とが合併して以来約10年ぶりの大型再編であった[2]。両社合わせたガソリンスタンド数は1万3千で2位のエクソンモービルの2倍以上[2]、燃料油販売量の国内占有率も約34%という圧倒的シェアをとなった[1]。また統合後の売上高約9兆円は国内産業界では日立製作所と肩を並べ、トヨタ自動車三菱商事等に次ぐ日本有数の大企業誕生となり、石油会社としても世界で売上高第8位を確保した(順位および金額はいずれも当時)[2]。なお、経営統合に伴う人事では、初代会長に新日石の西尾進路が、初代社長には新日鉱の高萩光紀がそれぞれ就任し、新日石の渡文明会長と新日鉱の清水康行会長は相談役に退いている[1]。2012年6月には、新日鉱出身でNOE副社長(旧ジャパンエナジー社長)の松下功夫がHD社長に就任し、新日石出身でNOE社長の木村康が代表権のあるNOE会長を兼務する形で、HDの代表権のある会長に就任。これにより、たすきがけどころか、社長は新日鉱側、会長が新日石側という構図は崩れなかった。中核の事業3社については、いずれも2代続けて、NOEは会長・社長ともが新日石側、NEXが新日石側、NMMが新日鉱出身者が就任している。石油会社としては規模的に大きく優っていた新日石が石油部門の実権をリードしつつ、元々は非鉄金属メーカーとして明治以来の長い伝統を持つ新日鉱側とのバランスを特にホールディングスにおいて考慮したトップ配分となっている。

当社は新日本石油の前身会社の一つである三菱石油の流れから三菱グループに属して三菱金曜会並びに三菱広報委員会に所属しているとともに、新日鉱ホールディングスが旧・日産コンツェルンの源流企業であったことから、旧日産系(日立・日産系)の会社から構成される春光懇話会のメンバーでもある。

業務提携から統合まで[編集]

  • 2006年 - 新日本石油とジャパンエナジーが開発・精製・物流・燃料電池・技術開発の分野における業務提携を締結。
  • 2008年12月4日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社の間で、経営統合の覚書を締結。
  • 2009年10月30日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社の間で、経営統合契約を締結。
  • 2009年12月25日 - 統合後のサービスステーション(ガソリンスタンド)ブランドを新日本石油の「ENEOS」に統一すると発表。
  • 2010年1月27日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社の両社が臨時株主総会開催。
  • 2010年3月29日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社の両社が上場廃止。
  • 2010年4月1日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社が共同株式移転を行い、持株会社・「JXホールディングス株式会社」を設立し、株式上場

沿革[編集]

  • 2010年4月1日 - 新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス株式会社が共同株式移転を行い、持株会社・「JXホールディングス株式会社」を設立、同時に株式上場。
  • 2010年7月1日 - 傘下の新日本石油株式会社・新日鉱ホールディングス株式会社及び両社の子会社を合併・再編し、中核事業会社として「JX日鉱日石エネルギー株式会社」・「JX日鉱日石開発株式会社」・「JX日鉱日石金属株式会社」を発足。

事業会社[編集]

中核事業会社
その他のグループ会社

企業スポーツ活動及び創作童話賞について[編集]

旧新日本石油には社会人野球チームである「新日本石油ENEOS野球部」が、一方の旧ジャパンエナジーには社会人女子バスケットチームの「JOMOサンフラワーズ」があったが、グループ内の組織再編に伴い、社会人野球チームの名称を「JX-ENEOS野球部」に、女子バスケットチームの名称を「JXサンフラワーズ」(2013年4月より「ENEOS」を冠し、「JX-ENEOSサンフラワーズ」に再改称された)にそれぞれ改称された。

また、旧ジャパンエナジーが主催してきた創作童話賞「JOMO童話賞」も同様に「JX童話賞」に改称した(2013年3月より「ENEOS」を冠し、JX-ENEOS童話賞に再改称された)。

さらに、旧ジャパンエナジーが協賛してきたJOMOウィンターカップも「JX-ENEOSウィンターカップ」として行われることになった。

なお、企業スポーツ活動・創作童話賞共に当社が所属会社となり、子会社の「JX日鉱日石エネルギー」の運営となった。一方、ウィンターカップは当社・JX日鉱日石エネルギーともども特別協賛社となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 旧新日本石油1株にJXホールディングス株1.07株、旧新日鉱ホールディングス1株にJXホールディングス株式1株が割り当てられた。

出典[編集]

  1. ^ a b c “新日石と新日鉱、統合契約 -精製能力削減がカギ-”. 読売新聞 (読売新聞社). (2009年11月2日) 
  2. ^ a b c d “新日石と新日鉱HDが経営統合”. 日刊スポーツ新聞 (日刊スポーツ新聞社). (2008年12月4日) 

外部リンク[編集]