杉浦実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦実
誕生 (1961-09-28) 1961年9月28日(56歳)
東京都府中市
ホーリーネーム カンカー・レーヴァタ
ステージ 正悟師
教団での役職 文部省次官
入信 1986年
関係した事件 ピアニスト監禁事件
判決 無罪

杉浦 実(すぎうら みのる)は、アーレフ(旧「オウム真理教」)の元幹部。ホーリーネームカンカー・レーヴァタ東京都出身。教団で省庁制が採用された後は、「文部省次官」となった。

来歴[編集]

1985年早稲田大学政治経済学部を卒業し日立製作所に勤務後、1986年8月にオウム神仙の会に入信、1987年5月10日に出家した。後に兄の杉浦茂も教団に入信した。

教団では兄とともに、オウム真理教の出版物の出版を担当していた。麻原彰晃の著書『生死を超える』では、麻原用のセンチュリーに勝手に3人で乗り込んで事故に遭うも、奇跡的に助かったという体験談を載せている[1]

1990年第39回衆議院議員総選挙には真理党候補として旧東京7区から出馬し、落選した。

1995年3月22日の教団に対する強制捜査初日に第10サティアン3階で薬物を投与され、意識が朦朧となっている信徒数名が発見され、ピアニスト監禁事件も発覚。警察は捜索立会人であった杉浦を監禁容疑で逮捕した。審理が進む中で、被害者のピアニストが杉浦の顔に見覚えが無いと証言するなど、杉浦が監禁事件に直接関与した証拠は得られなかった。1997年3月18日東京地方裁判所において一連のオウム真理教事件では初の無罪判決を得た。

教団に戻った後は長老部のメンバーとなり教団を運営した。「アーレフ」になっても幹部として留まり、教団の出版部門を担当した。

2007年7月22日に、アーレフを脱会した[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 麻原彰晃『生死を超える』 p.183
  2. ^ 「<オウム真理教>最高幹部の杉浦兄弟が脱会」毎日新聞2007年7月23日配信