ファイヤープロレスリングの登場レスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファイヤープロレスリングの登場レスラー(ファイヤープロレスリングのとうじょうレスラー)では、プロレスゲームファイヤープロレスリング』シリーズに登場する架空のレスラー・団体・人物について記載する。

なお、団体・人物名の後ろの括弧内は、モデルとなっている実在団体・人物を表記している。また、人物名の下部に表記された名前は、過去の作品において使用された名前。モデル名のみはエディット用パーツとして用意されているものの、攻略本など他媒体で名前が明らかにされなかった選手である。

連盟[編集]

  • SWASpike Wrestling Association スパイク レスリング アソシエーション)
    • 2001年、『ファイヤープロレスリングD』より始まる。SPIKEが、HWAを受け継ぐ形で発足された連合団体である。
    • 一身上の理由から、アメリカ団体WFW選手は、登録が見送られている。

女子レスラーは選手を一まとめで「女子プロレス」となる。 どの団体にも属していないフリーは上記の連盟所属の「フリーランス」、自他共に認めるトップレスラーは伝説のレスラーとして殿堂入り、「LEGEND」となる。プロレスラーではない格闘家や「ブレイジング トルネード」に登場したHWF所属選手は連盟に属していない[2]

尚、『ファイヤープロレスリングS シックスメン・スクランブル』と『ファイヤープロレスリングG』にはもう一つのHWAが存在が示唆されている。リングに描かれているロゴを囲うアルファベットが「Human Wrestling Association ヒューマン レスリング アソシエーション」となっている。

2017年、『ファイヤープロレスリングワールド』では、一身上の理由から、連盟並びにこれまでのレスラーは一切出場していない。そのため現段階で最後に登場したのは2011年、『ファイヤープロレスリングin Mobage』となる。

現在の所属団体・レスラー[編集]

VIEW JAPAN(新日本プロレス)[編集]

1972年に「東洋プロレス」を解雇されたビクトリー武蔵が設立した老舗団体「新世界プロレス」。略称は「VIP」。

キラー武蔵、ヤマダ・カンスケ、グレート花形
イナズマ謙吾、稲妻拳悟
ストロング信濃
若元二徹(レフェリー)、一徹(レフェリー)
水戸治、三田勇
真マスク・ド・パンサー
洸野将洋、河野将洋
ミフネ(クロサワ)
梯村徹
ハイパーK、Fwoスパイク
杵塚貴幸
草壁真悟、中瀬慎哉
FFマシーン、F・F・マシン、宏田純一、マスクド・タイフーン
トシ後藤
グーリー魔童、グーリーM童
ブルドッグ鬼童、ブルドッグK童
スーパー・カイザー、超神スーパーカイザー、
兇皇レッドカイザー、レッドカイザー、
超帝ファイヤーカイザー、超帝カイザー、
コマンド・カイザー(バトル・ライガー)、スーパー・サイバー、
兇皇ハイパー・カイザー、マスクド・ヘル
武本亮、マスクドパンサーⅢ世
西張大地(石狩太一)
ジュラシック・アトラス
ダイナミック・ビリー
ザ・カミカゼ、エル・カミカゼ
谷中充(田中稔)、ジェット(ヒート
マスク・ド・パンサー4世

軍団名[編集]

  • VIEW正規軍(本隊)
  • ブラックハリケーン(ブラックニュージャパン)
  • GDUCTU
  • (無我)
  • VIEW LEGEND(引退)
  • 三闘士(闘魂三銃士)
  • 天キジ(天コジタッグ)
  • 河天(蝶天タッグ)

その他[編集]

  • V1 クライマックス(G1 CLIMAX)
  • ヤングタイガー(ヤングライオン)

OLIVE JAPAN (全日本プロレス)[編集]

1972年「東洋プロレス」を退団したグレート司馬が設立した老舗団体「太平洋プロレス」。略称は「OJP」。

伊達弘樹
ブレード武者、武零闘武者、
ザ・ミステリアス・武道、黒龍
最上飛鳥(野上彰)
鬼龍、スパイダー鬼龍、牙龍(獅龍)
セニョール・キング
風魔利家
武道剣、兵堂剣、暗黒坊(黒師無双
ナウマクア・モルダン
観月慶三(鈴木健想)
キング・サムソン、ビクトリー・ジャンキー
ビッグ・ザ・グレート・ブル、BGブル、デス・モンスター
ゲイル・O・ブライト、G・O=ブライト

軍団名[編集]

  • OLIVE正規軍(本隊)
  • OLIVEフリー軍(フリー参戦)
  • RE&G(RO&D)
  • BUDO MADNESS(ブードゥー・マーダーズ)
  • OLIVE LEGEND(引退)
  • ZETT(BATT)
  • 誠鬼軍(聖鬼軍)
  • スパイシーサンダー(ターメリックストーム)

SUPER NOVA(NOAH)[編集]

OLIVEを退団した氷川光秀が設立した団体。略称は「NOVA」。

マスク・ド・パンサー2(タイガーマスク(2代目)
秋川瞬、秋草瞬
多神朗、田神郎、山神朗
矢野尚樹
明智清
ビッグ・スタミナ、ビッグ・シュタイナー、ビッグ・スナイダー
バイス・ゴッサム、ジェノサイダー・アッサム
ボウ・リー

NEO1-MIX(ZERO1-MAX 現:ZERO1)[編集]

VIPを退団し設立した、クラッシャー旗本の団体「NEO-ONE」が壊滅後、意志を受け継いだ大刈によって旗揚げ。略称は「NEO1」。

大滝進一郎
スティール・モレノ

ゆきぐにプロレス(みちのくプロレス)[編集]

1993年「ユニバースプロレス」を退団したブレード・ハヤテが、地元・東北をルチャの都にするため設立。略称は「ゆきプロ」。

神咲仁水、白陽坊(白使
ザ・ブレード・ハヤテ、ザ・ニンジャ・ハヤテ
トネ原人(ヨネ原人
トリッキーツジ

AZTECA-PIT(DRAGON GATE)[編集]

メキシコから逆輸入した「超竜館」から独立した団体。略称は「A-P」

メッセンジャー伊藤
後月享
ブラック・アステカ
菅生・ダンディ・F2000、
タフネス・ツジ、ディック・ツジ
サーファー森内

ZIP JAPAN(大日本プロレス)[編集]

元OPJのブレード小熊による流血過激ファイトが必至のデスマッチ団体。略称は「ZIP」

ケンドー・マスター・ヒロシマ
ケリーボーイ(テリーボーイ

BBTプロレス(DDT)[編集]

榊四五朗が、従来とは違うエンタメプロレスを確立するため旗揚げ。ドラマチックなストーリーがウリ。略称は「BBT」。

ハイパーコスモフォース
バイパー原田JEWELRY、バイパー原田(ポイズン澤田)
ブラックRIDER!(ダークサイドHERO!)
伊吹光也

関西プロレス(大阪プロレス)[編集]

ゆきぐにを退団したS・オルカが地元・関西で旗揚げした団体。略称は「関西」。

スペース・ドルフィン、サイバードルフィン、ザ・ドルフィン
ディストラクション・ドルフィン、S・ドルフィン

S-DOJO(KAIENTAI-DOJO)[編集]

WFWで活躍したWAKAゆきぐにがプエルトリコで「S-DOJO」を設立した後に日本上陸。略称は「S-D」。

リキマルプロ[編集]

GJ倒産後に選手会で立ち上げた団体。(リキプロ

キム・リキ、エンペラー健
松義幸

ハイクラス[編集]

梶原組を離脱した桧垣誠らで設立された団体。(パンクラス

ナック・将勝、飛垣誠、檜垣誠
乱取みのる
進藤昌明
坂橋敏樹
矢薙護

FREELANCE[編集]

各団体を渡り歩くフリーランスの集まり。

ミスター横綱
クラッシャー新也、旗本真也
野川裕也
アラシ、エイジ、ハイチ(エイチ)、
ヤミマル(ダークサイドハヤブサ)
蓮田高男
武乱・浪速
キラー・ブラスター(パワー・ウォーリアー)、
ストーム大介、ストーム剣介
レイナ吹雪(レイナ・フブキ)
ブラック・カジワラ
アステカ・ドラゴン(ウルティモ・ドラゴン
滝沢義光(石澤常光
鬼塚魁(巌鉄魁)、NATO(SATO)
法倉雅人、烈光(月光)、
ハヤテ・ザ・ブレード(サスケ・ザ・グレート)
ファッショナブルE.T
原沢周司(中川浩二)
梅三郎
釜田秀成
ザ・ブレード・カグラ
仁王田猛、愚零怒・悪鬼蛇(グレート・ニタ)
棟矢久勝

USA[編集]

AWG[編集]

日本に縁の深い海外選手の集まり。

マイティボウイ・スミス
ジャイアントF・Fマシーン
ジョーカー
ヒットマン・セイバー、スター・セイバー、
ビッグ・クラッシャー、スター・ボンバー
スティル・ジェームス
テディ・ゴーリー
ブラッド・ビート、グレッグ・ハ-ツ
スモウ・ファット
スティーブン・メジャース
テリー・ネベロ、ブラックパンサー2
カラチキッド
デスヘッド、ジ・アンデッド・テイラー
グレード・モジョ
ダブル・トラブル
スティービー・アイドル
モス・マックランド、ボビー・グッドマン
オメガマン
タイラント
ワイルドマン・デビッド、ファントム・ガイ
ジョニー・レーサー、オライオン・ビート
ジャック・ザ・バイパー
ダニーアングリー
ジャイアン・アングリー
張秀明
トーマス・ジョンソン
ルーズマン
ビート・バン
ジャッカル・ポールフィード
ボム・パワーズ
メーザー・フィール
ネイル
ジ・エレミネイタ、ジ・エリミネイター、ジ・エリミネイタ
ファンクマスター・マックス
アックス・モーガン、ラルフ・パンサー
Dr.ジョーンズ
スモール・シュタイナー、スモールスタミナ、スモール・スナイダー
ウィル・コールドバック
コレア(チャイナ)
マッド・バスタード
ジャスティー・ローゼス
トルネード・キッド
コール・バイト (ポ-ル・ワイト)
ダークネス・ウルフ
船越栄一
ミス・スイーティー

メキシコ[編集]

ネグレクト・カオス

女子[編集]

クラッシュギャルズ1号 ライオネータあずさ
クラッシュギャルズ2号 ヴァンパイアウーマン
イエローウーマン 神崎志保
マリポーサシオリ
高橋萌
ホワイトウーマン
レッドウーマン ハンター小沢
ブラックウーマン デモリッション帝
ピンクウーマン
グリーンウーマン 西京ダイナソー
ティグリータサオリ(インフェルナルKAORU)
.
  • スマッシュハーツ(クラッシュギャルズ)
  • ヒールレスラー同盟(極悪同盟)
  • スマッシュ2000(クラッシュギャルズ2000)
  • LLDW(LLPW)
  • LEO(NEO)
  • BtoDEAD(AtoZ)



LEGEND[編集]

自他ともに認める伝説のレスラー(一部は関係ないが)が所属。以前の団体名は「HIDE」。かつて引退したレスラーと故人はすべてLEGEND扱いだった。

力王弾

格闘家[編集]

総合格闘家たちの集まり。

BLADE(PRIDE)[編集]

芦樺一樹
ケンタウロス・ボヘミア
ミクロ・プロポリス
アンドレ・ジルバ、アンドレイ・ジルバ

S-1(K-1)[編集]

ステイシー一族[編集]

格闘家LEGEND[編集]

リュウ・マサキ、バスター龍牙
真田延久、真田信久
ビッグベア・ワイリー
  • Mr.水中(ミスター空中)

格闘家フリーランス[編集]

梶田政之
峯村崇
加藤史也
ガーランド・ボッシュ
ウォルフ・ヴァン、ウォルフ・ガムザ
ランドル・ロビィコフ

その他[編集]

  • ミスターヒュー
ゲームボーイ版「プロレス」のラストボス。無冠の帝王であり、CPU相手に勝ち続けると出現する。
  • マサ増田(レフェリー)
ファイプロ製作者:増田雅人。

元・加盟団体[編集]

UWHを解散後、梶原丈が立ち上げた団体。
  • グローバルジャパンプロレスWJ
VJPを退団したハリケーン力丸の新団体。
沖田勝志が設立。当初フリー選手は全てIW所属。
真田伸久の道場。現在は格闘家に合流。
アステカ・ドラゴンによるルチャ団体。現在はフリーランス。
  • WFW(WWF、現:WWE
ディンク・カクラコンがオーナーのソープオペラ、エンターテイメントを前面に押し出した団体。登場レスラーは現在は登場が見送られているためこちらに入れておく。
  • 新生IWFMW
デスマッチ路線を展開し再始動する。会社名は「Independent World」。
ビクトリー武蔵がVJPを離れ設立した格闘技連盟。
新生IW倒産後にサクソン春樹が旗揚げした団体。
  • R・Y・UWAR
1992年にサンダー龍により設立。
1991年に冴刃明が設立。
VJPから解雇されたクラッシャー旗本の新団体。
梶原組、GONGS、UWH、UWH INTER、ハイクラスからなる総称。ショー的要素を全て廃した試合を展開する。
分裂後にUWH、UWH INTER勢から真田伸久が作った団体。
1994年VJP反体制派として決起した団体。
WFWとの興行抗争に破れて電撃倒産。
Uインテル解散後、安藤障二が建てた団体。
梶原組脱退後の石原冬威が立ち上げた団体。
グレネード西京(当時:西京ダイナソー)、チャーミーはづきが作った団体。元はRARのレスラーと一つの団体だったが考えの違いから分裂。
神崎しおり(当時:神崎志保)と狭間エミが共同代表を務める団体。女子団体でありながら強さを求める者が多く男性レスラーとのミックスファイトを経験した実績もある。

ストーリーモードに出てくる主なレスラー[編集]

  • チャンピオンロードの主人公
デフォルト名は純須杜夫。神経質な表情と無愛想な人となりで孤独な少年時代を送り、若元一徹道場を卒業後、VJP、OJP、UWH、どれかの『団体系フリー』選手として戦い、後に完全なフリーランスとなり、異種格闘技戦を経て、日本選手権準優勝、オクタゴンリングでの総合格闘技大会優勝、パートナーとタッグ王者に輝く等輝かしい戦跡を上げていく。得意技は前半ではブリザードスープレックス、若元スペシャル'78、後半はタイで学んだムエタイのキック、オリジナルホールド「スミススペシャル」。青森県八戸市出身。1969年1月2日生まれ。好きなタイプはジュリエット・ルイス
  • ディック・ロード、ザ・スパイク、ジ・アンダーグラウンド
若元道場での同期生。スパーリングで選んだ相手が後の全米サーキットのパートナーとなり、世界選手権の準決勝でディック・スレンダーの対戦相手になる。
  • 冴刃明
UWHを解散後、GONGSを旗揚げ。エースとなり、若元亡き後の純須の世話役となる。純須遠征中に多くの団体が乱立し、誰でも最強を名乗ってしまう状況に「誰が一番強いか決めたらええねん!」と発言したことで日本選手権開催の契機となり、純須を破り日本選手権優勝。その後、世界選手権準決勝で再び純須と対戦する事となる。
  • ダイナミック・キッド
イギリスで純須と出会い、目標の無い純須を一喝し純須の目を目覚めさせる。全米サーキットでマイティボウイ・スミスとのタッグで純須達の壁となる。
  • ディック・スレンダー
世界選手権決勝の相手で最後の相手として登場する。物語上では、対戦した相手は全員命を落とした。過去には地下プロレス(地下プロレスEXITのような形態とは違い、地下の非合法で行われるセメントマッチ)にも参戦し若元と対戦した。
  • 若元一徹
主人公が鍛えるプロレス道場(養成所)の道場主。大日本プロレス(現存の団体(大日本プロレス)とは無関係。ここでは日本プロレスを指す。)で活躍し、VJPの鬼軍曹として若手を鍛え上げ、冴刃は血の小便を流し、若元のキャデラックのモーター音が近づくと恐怖を覚えたという。卒業試験で純須に破れた事により再びプロレスの魅力に惹かれ、地下プロレスに参戦するが…。ちなみに、Gのストーリーモードでも道場主として登場する。
  • グレート・パンサー
UWHのエースで、純須戦の敗戦でプロレスを引退。エースを失ったUWHは理屈、理想よりも試合で結果を残すことを優先させる梶原の梶原組、競技性重視の桧垣のハイクラス、UWHの色を一番色濃く残す冴刃のGONGS、長嶋茂雄のショーマンシップ、ファンサービスを理想の目標とした真田のUインテルの4派に分かれる。
  • 冴刃麗子
ストーリーモードのヒロイン、冴刃明の妹でレスラーではない。職業はモデル。裕福な家庭で何不自由なく育ったが、兄の影響でプロレスラーを心良く思っておらず初対面の純須をプロレスラーと知ると「八百長スポーツ」と蔑み、出会った所々で純須の心を傷つけるが、後に純須の人格に触れ、打ち解けていく。親が勧めた縁談を渡米中に手紙や電話の一通もよこさない純須に痺れを切らし、自棄になって婚約したことを世界選手権前の純須に告白してしまう。兵庫県神戸市出身であり、兄の明の前だけは関西弁で話す。
  • 坂上浩一
Gのストーリーモードのライバル。WFW以外のルートで主人公と団体のトップとして対抗戦の対戦相手となる。

HWF[編集]

ファイプロをベースにしたゲーム「ファイプロ外伝 ブレイジングトルネード」の登場キャラクター。「スーパーファイヤープロレスリングX」にのみ参戦。

  • ダイジロウ・ザマ
  • エリック・スターバック
  • バロン・ファイヤーバード
  • ジョン・バントライン・西郷
  • ヴォルフ・マクシュナイダー
  • ホウ・ユイロン
  • ジェイルブレイカー・ブルノイ
  • HAYATE
  • ハイゼルシュタット・フォン・ルードビッヒ

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献 スーパーファミコン必勝法スペシャル『スーパーファイヤープロレスリングX』1996年、ケイブンシャ ISBN 4-7669-2402-9 頁228,
  2. ^ スーパーファミコン必勝法スペシャル『スーパーファイヤープロレスリングX』 頁228,