ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイヤープロレスリング
コンビネーションタッグ
ジャンル プロレスゲーム
対応機種 PCエンジン (PCE)
開発元 ヒューマン
発売元 ヒューマン
デザイナー 増田雅人
笹沢英昭
プログラマー 増田雅人
林徹
音楽 橋本正樹
美術 笹沢英昭
小林裕一
中島良一
シリーズ ファイヤープロレスリングシリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 3メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 198906221989年6月22日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:HM89001
テンプレートを表示

ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ 』(Fire Pro Wrestling Combination Tag)は、1989年6月22日に日本のヒューマンから発売されたPCエンジンプロレスゲーム

同社の『ファイヤープロレスリング』シリーズの第1作である。ファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフト『プロレス』(1986年、任天堂)がベースとなった作品。リングを斜め上から見下ろしたレイアウトは、本作ならではのアングルとなっている。他ソフトではあまり使用されない「RUN」ボタンに技を振り当てている。登場レスラーは総勢16名となっている。

開発はヒューマンが行い、ゲーム・デザインおよびプログラムは前述の『プロレス』を手掛けた増田雅人が担当しており、音楽はバリエのファミリーコンピュータ用ソフト『ヴイナス戦記』(1989年)を手掛けた橋本正樹が担当している。

2007年にはWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

ゲーム内容[編集]

モード[編集]

  • シングルマッチ
  • タッグマッチ
  • 5vs5 イルミネーションマッチ
5対5の勝ち抜き団体戦。

登場レスラー[編集]

チーム名 名前 ニックネーム 身長 体重 必殺技 モデルレスラー
キング・ファイターズ ビクトリー・武蔵 闘いの伝説 186cm 105kg 延髄斬り アントニオ猪木
冴刃明 世界の格闘王 192cm 110kg 大車輪キック 前田日明
爆雷砲 トミー・ボンバー パワフル爆弾 193cm 113kg ジャンピングニーパット ジャンボ鶴田
サンダー・龍 雷鳴戦士 185cm 105kg パワーボム 天龍源一郎
ミッドナイト・レボリューション ハリケーン・力丸 最後の九州男児 185cm 110kg サソリ固め 長州力
ゾンビ・マサ 不死身の怪物 190cm 115kg バックドロップ マサ斉藤
デビル・パイレーツ パイレーツ1号 仮面の斬殺者 190cm 120kg 反則 ガスパーズ
パイレーツ2号 殺りくの仮面 192cm 122kg 反則 ガスパーズ
バイオレンス・モンスターズ スター・バイソン リングの猛牛 200cm 150kg ラリアット スタン・ハンセン
ビッグ・ザ・グレート・ブル 知性派の怪物 201cm 145kg ギロチンドロップ ブルーザー・ブロディ
ディメンション・エクスプレス マスカラ・コンドル 次元を超えるタカ 180cm 100kg フライングクロスチョップ ミル・マスカラス
マスカラ・イーグル 異次元からのワシ 180cm 102kg フライングクロスチョップ ドス・カラス
クレイジー・バーバリアンズ ブラッディー・アレン 黒い悪の巨星 192cm 120kg ヘッドバット バッドニュース・アレン
マッド・タイガー 血に飢えた虎 190cm 115kg コブラクロー タイガー・ジェット・シン
アーバン・ブラスターズ ナイト・ブラスター 闇からの侵略者 190cm 120kg フライングラリアート ホーク・ウォリアー
アイアン・ブラスター 闇悪魔の使者 203cm 152kg リフトスラム アニマル・ウォリアー
隠しレスラー[2]

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ファイヤープロレスリング
コンビネーションタッグ
日本 2007年3月13日[3]
Wii ヒューマン スパイク ダウンロード
バーチャルコンソール
-

開発[編集]

本作の開発を担当した増田雅人によると、増田と笹沢とで半年間開発を進め、後にグラフィッカーとして2名、サウンド担当が2名参加して総勢6名での作業となったという[4]。本作独自のシステムとしてレスラーが腰を落とした瞬間に入力する事で技が出るシステムに関しては、『プロレス』を製作した際に連打の速さで技が決定される事に不満を抱いた結果、それを解消するために考え出されたシステムであるという[4]。また、『プロレス』では関節技が存在しなかったため、関節技の導入を検討した[4]。その際増田は実際のプロレスの試合では『1ヶ所を集中して攻める』というセオリーを思い出し、体力以外にも腕や足にダメージが蓄積され弱っていくという要素を入れる事を決定した[4]

登場レスラーの選定に関しては、当時の人気レスラーを中心に決定していたが、悪役レスラーの重要性も認識していたため、パイレーツを登場させる事となった[4]

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:増田雅人、笹沢英昭
  • プログラム:増田雅人、林徹
  • レスラー・デザイン:笹沢英昭
  • インフォメーション・グラフィックス:小林裕一、中島良一
  • 作曲:CHAPPY HASHIMOTO(橋本正樹)
  • サウンド・エフェクト:皆吉清太郎
  • スペシャル・サンクス:いやまたかとし

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通27/40点
マル勝PCエンジン32/40点
PC Engine FAN22.57/30点[1]
Aktueller Software Markt9/12点[5]
プロレススーパーゲーム列伝肯定的[6]
PCエンジン完全ガイド肯定的[7]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・7・7で合計27点(満40点)[8]、『マル勝PCエンジン』では6・10・7・9の合計32点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.57点(満30点)となっている[1]。 また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で118位(485本中、1993年時点)となっている[1]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、同機種初のプロレスゲームである事を指摘した上で、「地味な印象を受けるが、完成度は高い」と称賛した[1]。また、16名の登場レスラーが個性的である事や技の種類が豊富である事を指摘し、「同じ操作をしても、レスラーごとに違った技がかかる」と肯定的に評価した[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.52 3.47 3.60 4.29 3.66 4.05 22.57
  • ゲーム本『プロレススーパーゲーム列伝』(2001年ソニー・マガジンズ)では、本作が革命的な面白さであったと指摘した上で、本作において最も特徴的であった「斜めリング」に衝撃を受けたと称賛した[6]。また、同書では「本作は"ゲームの題材にプロレスを選んだ作品"ではなく、"プロレスを表現するためにゲームという媒体を使った作品"の元祖ではないだろうか」と主張した[6]
  • ゲーム本『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』では、本作が多くのプロレスゲームファンを輩出した事を指摘した上で、本作の特徴である既存のゲームとは異なった斜め上から見下ろした形のリングや、レスラーが腰を落とした瞬間にコマンドを入力するシステムに関して「オリジナル性がファンを魅了した」と肯定的に評価した[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 113頁。
  2. ^ シングルマッチ及びタッグマッチの対COM戦で既存レスラーを2周勝ち抜くと最後に登場、この2人を倒すと真のチャンピオンとなる。但し、本作ではまだ敵として登場するのみで、操作は不可。
  3. ^ バーチャルコンソールのプラットフォームに「NEOGEO」追加!新たに4社が参入決定” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2007年2月23日). 2020年1月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e 結城昌弘「プロレスゲームの父・増田雅人ロングインタビュー」『CONTINUE』Vol.11、太田出版、2003年8月20日、 65 - 71頁、 ISBN 9784872337846
  5. ^ Fire Pro Wrestling Combination Tag for TurboGrafx-16 (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年1月28日閲覧。
  6. ^ a b c 馬波レイ、大地将「'80年代 ファイヤープロレスリング・コンビネーションタッグ」『プロレススーパーゲーム列伝』ソニー・マガジンズ、2001年10月30日、20 - 21頁。ISBN 9784789717601
  7. ^ a b 「PCエンジンソフト完全カタログ 1989年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、44頁。ISBN 9784866362670
  8. ^ ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2019年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]