北海道179市町村応援大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北海道179市町村応援大使(ほっかいどうひゃくななじゅうきゅうしちょうそんおうえんたいし)は、北海道日本ハムファイターズによる北海道内の市町村の広報大使である。

概要[編集]

日本ハムファイターズの北海道移転10周年記念企画の一つとして、選手が北海道内の全市町村との交流を図りながら地域おこしに寄与することを目的として北海道知事を応援団長・ファイターズ監督を推進委員長に据えて2013年度より10年の計画で毎年北海道内の18市町村に主に2選手または外国人選手を含めた3選手を応援大使として委嘱する。

対象となった市町村は委嘱選手を1年間広報やプロモーションに起用することが可能となり、球団が認可する物に限り肖像権を無償利用することも認められる。毎年11月のファンフェスティバルにて翌年の対象市町村を発表し、各選手のくじ引きにより担当市町村を決定する。

また、応援大使企画の開始と同年の2013年より再開された企画試合「WE LOVE HOKKAIDOシリーズ」では、応援大使の対象市町村から選手の抽選で一部の市町村名が特別色のユニフォーム・キャップ・ヘルメットに書かれる。

歴代委嘱選手[編集]

  • 市町村の太字は「WE LOVE HOKKAIDOシリーズ」にてユニフォーム類に掲出された市町村。
  • 取り消し線は任期前または担当年内に移籍・退団した選手。
  • WE LOVE HOKKAIDOシリーズのビジターでの試合日程は斜字で掲載。
2019年
振興局 市町村 選手名
空知 岩見沢市 井口和朋、石井一成、ニック・マルティネス
上砂川町 中田翔、石川亮
由仁町 上原健太、清宮幸太郎
後志 赤井川村 松本剛、太田賢吾金子弌大
蘭越町 清水優心、淺間大基
胆振 むかわ町 田中賢介、渡邉諒
日高 日高町 玉井大翔、横尾俊建、ブランドン・レアード
渡島 鹿部町 大田泰示、谷口雄也
上川 上川町 鍵谷陽平、加藤貴之
和寒町 斎藤佑樹、杉谷拳士
留萌 増毛町 杉浦稔大、西川遥輝
宗谷 中頓別町 高梨裕稔、白村明弘、黒羽根利規、王柏融
利尻町 浦野博司、近藤健介
オホーツク 大空町 上沢直之、堀瑞輝
北見市 公文克彦、有原航平
十勝 浦幌町 中島卓也、西村天裕
陸別町 鶴岡慎也、石川直也
根室 標津町 宮西尚生、村田透
北海道シリーズ~WE LOVE HOKKAIDO~掲出市町村
試合日 対戦相手 ユニフォーム キャップ ヘルメット
4月27日 - 28日 ソフトバンク 蘭越町 中頓別町 利尻町
4月29日 上川町
5月8日 オリックス
5月9日 鹿部町 増毛町
5月10日 西武
5月11 - 12日 大空町

関連番組[編集]

  • 北海道テレビ放送にて、その年の応援大使選手がシーズンオフに委嘱市町村を訪問した際の交流イベント等を取材した年末特別番組「イチオシ!ファイターズ 応援大使がやってきた!20XX(放送年)」を放送する。
    • 2013年:12月15日 12:00 - 12:55
    • 2014年:12月27日 7:00 - 8:00
    • 2015年:12月26日 7:00 - 8:00
    • 2016年:12月30日 9:55 - 10:25「応援大使がやってきた!2016~咲かせましょう 日本一の笑顔」
    • 2017年:12月31日 15:25 - 16:25
    • 2018年:12月31日 15:25 - 16:30
      • 北海道胆振東部地震発生後のファイターズ栗山英樹監督とファイターズ選手・元ファイターズ選手の被災地慰問の様子も放送。
  • 2013・14年には札幌テレビ放送どさんこワイド179」にて元ファイターズの稲田直人が「ファイターズ応援大使代理人」としてその年の応援大使対象市町村を巡るロケ企画「稲田直人が行く!ファイターズ北海道179市町村応援大使」が行われた。

外部リンク[編集]