マイケル・クロッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・クロッタ
Michael Crotta
デトロイト・タイガース(マイナー)
Crotta.jpg
日本ハム時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州フォートローダーデール
生年月日 (1984-09-25) 1984年9月25日(33歳)
身長
体重
201 cm
107 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト17巡目
初出場 MLB / 2011年4月3日
NPB / 2014年3月28日
最終出場 NPB / 2015年8月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ジョン・クロッタMichael John Crotta, 1984年9月25日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州フォートローダーデール出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年のメジャーリーグ(MLB)ドラフトフィラデルフィア・フィリーズから47巡目で指名を受けるが、契約せずフロリダ・アトランティック大学に進学。

パイレーツ時代[編集]

2006年のMLBドラフトピッツバーグ・パイレーツから17巡目で指名を受けたことを機に入団した。

2011年には、4月3日にMLB公式戦デビューを果たすと、15試合に登板した。

ナショナルズ傘下時代[編集]

2013年には、ワシントン・ナショナルズ傘下AAA級シラキュース・チーフスに所属。チームトップの51試合に登板するとともに、6勝7敗4セーブ、防御率3.57の成績を挙げた。MLB公式戦での登板機会はなかった。

日本ハム時代[編集]

2013年11月12日に、北海道日本ハムファイターズへの入団契約が合意に達したことを、同球団が発表した[1]。2年目の契約に対する選択権を球団側が有するという条件での1年契約[2]で、背番号は20

2014年には、春季キャンプ直前の1月下旬に、球団の地元・北海道で自主トレーニングを実施[3]。レギュラーシーズンでは、オリックス・バファローズとの開幕戦(3月28日札幌ドーム)に3番手投手として来日初登板を果たすと、30日の同カードで来日初勝利を挙げた。当初はセットアッパーに起用されていたが、武田久の戦線離脱や増井浩俊の不振などを背景に、6月下旬からはクローザーに定着。オールスターゲームにも、パシフィック・リーグの監督推薦選手として出場した[4]。その一方で、5月上旬には夫人の第2子(次男)出産に伴うアメリカへの帰国[5]、8月上旬には左脇腹筋の挫傷[6]で戦線を離脱。それでも、一軍公式戦では、通算61試合の登板で4勝5敗6セーブ30ホールド、防御率2.62という成績を残した。この結果、シーズン終了後の契約交渉では、球団が前述の選択権を行使。11月8日には、1年契約での残留に合意した[2]

2015年にも、公式戦の開幕を一軍で迎えた。しかし、開幕直後から調子が上がらず、一軍と二軍の往復を繰り返した。一軍公式戦では、通算30試合の登板で、2勝2敗7ホールド、防御率6.59を記録。8月24日の出場選手登録抹消[7]を最後に一軍から遠ざかると、レギュラーシーズン終盤の9月23日には、球団から退団が発表され[8]11月2日に、NPBから自由契約選手として公示[9]

タイガース傘下時代[編集]

2015年12月30日に、デトロイト・タイガースが、クロッタとマイナー契約の締結で合意したことを発表した[10]

プレースタイル[編集]

201cmの長身からスリークォーターで投げ下ろす、最速159km/h(日本での最速は156km/h)のツーシームフォーシームスライダーチェンジアップなどを投げる[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 PIT 15 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 56 10.2 20 2 5 0 0 7 1 0 11 11 9.28 2.34
2014 日本ハム 61 0 0 0 0 4 5 6 30 .444 241 58.1 49 4 16 6 5 36 1 2 23 17 2.62 1.11
2015 30 0 0 0 0 2 2 0 7 .500 145 28.2 36 2 19 1 5 18 1 0 24 21 6.59 1.92
MLB:1年 15 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 56 10.2 20 2 5 0 0 7 1 0 11 11 9.28 2.34
NPB:2年 91 0 0 0 0 6 7 6 37 .462 386 87.0 85 6 35 7 10 54 2 2 47 38 3.93 1.38
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 60 (2011年)
  • 20 (2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ マイケル・クロッタ選手と契約合意”. 北海道日本ハムファイターズ (2013年11月12日). 2013年11月15日閲覧。
  2. ^ a b 日本ハム・クロッタ契約延長「精一杯頑張る」”. 日刊スポーツ (2014年11月8日). 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ 【日本ハム】新助っ人右腕クロッタ初来日”. 日刊スポーツ (2014年1月24日). 2016年1月10日閲覧。
  4. ^ マツダオールスターゲーム2014出場者”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ 日本ハム・クロッタ第2子誕生に米で立ち会い”. 日刊スポーツ (2014年5月9日). 2016年1月10日閲覧。
  6. ^ 日本ハム・クロッタ 左脇腹筋挫傷で登録抹消”. 日刊スポーツ (2014年5月9日). 2016年1月10日閲覧。
  7. ^ 日本ハムがクロッタの一軍登録抹消”. 日刊スポーツ (2015年8月24日). 2016年1月10日閲覧。
  8. ^ クロッタ投手退団のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  9. ^ 2015年度 自由契約選手”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2015年11月2日). 2015年11月6日閲覧。
  10. ^ タイガース 元日本ハム救援右腕と元ロッテ外野手と契約スポーツニッポン 2015年12月31日閲覧。
  11. ^ クロッタ 初の打撃投手で153キロ! 「マシソン以上」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年2月26日). 2014年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]