山崎努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「山﨑努」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
やまざき つとむ
山﨑 努
山﨑 努
本名 山﨑 努(やまざき つとむ)
生年月日 1936年12月2日(78歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県東葛飾郡
血液型 A型
職業 俳優ナレーター
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ
活動期間 1959年 -
活動内容 1956年俳優座養成所入所
1959年:文学座入団
配偶者 黛ひかる(1963年 -
著名な家族 山崎直子(娘)
主な作品
映画
お葬式』 / 『タンポポ』 / 『マルサの女
GO
テレビドラマ
新・平家物語』 / 『必殺シリーズ
祭ばやしが聞こえる

山﨑 努(やまざき つとむ、1936年昭和11年)12月2日 - )は、日本俳優ナレーター千葉県東葛飾郡松戸町(現:松戸市)出身。東京都立上野高等学校卒業。妻は元・宝塚歌劇団星組出身の黛ひかる。娘に女優の山崎直子がいる。

来歴[編集]

俳優座養成所を経て、1959年文学座に入団。1963年劇団雲結成に参加し、1975年の劇団雲分裂を機にフリーとなる。

1960年岡本喜八監督作品の『大学の山賊たち』で映画デビュー。

1963年黒澤明監督作品の『天国と地獄』で誘拐犯・竹内銀次郎役を演じ一躍注目を浴びる。この年、前年のNHKドラマ『アラスカ物語』[1]での共演がきっかけで交際していた元・宝塚歌劇団星組の黛ひかる[2][3]と結婚。結婚の際、仲人を務めたのは交際のきっかけとなった『アラスカ物語』の脚本を担当した石原慎太郎だった[4]

その後は、同じく黒澤作品『赤ひげ』(1965年)で佐八役を演じた後、テレビドラマ舞台にも活躍の舞台を広げる。

1973年、前年に放送された『必殺仕掛人』(松竹朝日放送)のヒットを受け、「必殺シリーズ」第1作として制作された『必殺仕置人』に起用される。本作で演じた「念仏の鉄」は中村主水(演:藤田まこと)、棺桶の錠(演:沖雅也)と並び、シリーズ屈指の人気キャラクターの一人となり、その後1977年に制作された続編『新・必殺仕置人』にも出演、「同じ役は二度と演じない」というポリシーに対し、スタッフが必死に説得し再登板となった。

1977年に公開された『八つ墓村』では、青白く無表情で日本刀と猟銃を手に次々と村人を殺害していく殺人鬼・多治見要蔵を演じ、強烈な印象を残し、作品も大ヒットとなった。

1984年の『お葬式』から『タンポポ』『マルサの女』と、伊丹十三監督作品に連続出演し『静かな生活』にも出演している。

2000年紫綬褒章受章。

近年では、2001年の『GO』(東映)、2004年平成16年)の『世界の中心で、愛をさけぶ』と行定勲監督作品に連続して出演し、鍵を握る役どころを演じた。この年には前述の『GO』と同じく『Go!』(矢崎充彦監督)にも出演した。

2004年NHKスペシャル(4月〜11月)、『地球大進化〜46億年・人類への旅』ではナビゲーターを務めた。

2007年、秋の叙勲で旭日小綬章を受章[5]

2012年沖縄県沖縄美ら海水族館のPR活動を担う初の名誉館長に、同館前館長・内田詮三とともに任命される。美ら海水族館での実話を元に制作された2007年公開の映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』で水族館長を演じた事が縁となっている[6]

人物・エピソード[編集]

  • 「一つの役を何度も演じていると飽きてしまうから」という理由で、同じ役柄は二度と演じないポリシーをもっているが、『必殺仕置人』(1973年)、『新・必殺仕置人』(1977年)ではそれぞれ「念仏の鉄」を演じた。また1993年 から 1999年まで『火曜サスペンス劇場』内で放送された「九門法律相談所シリーズ」(全11作)に主演した。
  • 徹子の部屋』など、稀に出演するものの、トーク番組等のバラエティにはほとんど出演しない。俳優の竹中直人がホストを務めるTBSラジオ『竹中直人ハードボイルド・ソーセージ』に、2008年1月27日放送分から4回連続でゲスト出演した際、「こういうの(番組)が苦手で、今回もどうしようかと思ったけど、竹中さんの御指名なので馳せ参じました。」と語り、竹中を慌てさせた。
  • CM出演では、豊川悦司と共演した「サッポロ黒ラベル」、日本長期信用銀行(現・新生銀行、特別広報部長として出演)や、約12年に渡ってイメージキャラクターを務めたトヨタ・クレスタが有名である。ちなみにクレスタは、実際に山﨑が愛車として使用していた。
  • 1985年7月、自身でプロデュースした舞台『ピサロ』(PARCO劇場[7]渡辺謙を起用。渡辺とはこの年、映画『タンポポ』でも共演しており、渡辺は以来、山崎を師と仰いでいる。2012年の映画『はやぶさ 遥かなる帰還 』では久々の共演を果たした[8]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

第13・14回「失敗」(1960年
第27-29回「失踪」(1961年
第253話「逃亡のカサブランカ」(1970年)
第256話「アムステルダム空港の女」(1970年)
第261話「モロッコの真赤な太陽」(1970年)

舞台[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

  • 日本の太鼓 現地録音とナレーション (LPレコード、CBSソニー
  • ラジオドキュメンタリー「八人目のサムライ 作曲家・早坂文雄の生涯」(1993年2月7日 東北放送
  • 世界初公開! 封印された魔境セピック 〜原始の儀式に命をかける〜(2010年3月27日 BSジャパン

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アラスカ物語 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2014年7月10日閲覧。
  2. ^ <HOPE>「昭和36年11月」”. ☆昭和の名盤! アナログ日記☆ (2012年1月27日). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  3. ^ 在籍中は千波静(松岡修造の母)とコンビを組んだことがある。
  4. ^ “【山崎努】仲人は石原慎太郎氏!元宝塚の妻働かせゴロゴロ”. zakzak. (2012年6月7日). オリジナル2012年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121117205958/http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120607/peo1206070733000-n1.htm 2014年7月10日閲覧。 
  5. ^ “秋の叙勲 三遊亭円楽さんに旭日小綬章”. 日テレNEWS24. (2007年11月3日). オリジナル2014年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710122953/http://www.news24.jp/articles/2007/11/03/0496537.html 2014年7月10日閲覧。 
  6. ^ “山崎努 沖縄美ら海水族館名誉館長に「初めて名刺というものを持つ」”. Sponichi Annex. (2012年1月23日). オリジナル2012年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120126190720/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/23/kiji/K20120123002491530.html 2014年7月10日閲覧。 
  7. ^ 公演情報 / ライブラリ / ピサロ”. PARCO STAGE. 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月22日閲覧。
  8. ^ “渡辺謙、“師匠”山崎努から「初めてほめられた」と大テレ”. 映画.com. (2012年1月8日). オリジナル2012年1月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110085539/http://eiga.com/news/20120108/7/ 2014年7月22日閲覧。 

外部リンク[編集]