西村眞悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西村真悟から転送)
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西村眞悟
にしむら しんご
生年月日 1948年7月7日(65歳)
出生地 大阪府堺市
出身校 京都大学法学部
前職 神戸市職員・弁護士
所属政党 民主改革連合→)
民社党→)
新進党→)
自由党→)
民主党→)
無所属→)
改革クラブ→)
(無所属→)
たちあがれ日本→)
日本維新の会→)
無所属
称号 法学士
親族 実父・西村栄一(元衆議院議員)
義父・岡澤完治(元衆議院議員)
従兄弟・西村章三(元衆議院議員)
公式サイト 西村眞悟ホームページ

選挙区 旧大阪5区→)
大阪17区→)
比例近畿ブロック
当選回数 6回
任期 1993年7月19日 - 2009年7月21日
議員会館 衆議院第2議員会館506号室
任期 2012年12月16日 -  現職
テンプレートを表示

西村 眞悟(にしむら しんご、1948年(昭和23年)7月7日 ‐ )は、日本政治家衆議院議員(6期)。元弁護士(大阪弁護士会)。元防衛政務次官。元日本維新の会比例近畿ブロック支部長。氏名表記は一般に新字体の「悟」が用いられる。

実父は元衆議院議員西村栄一民社党第二代委員長)。従兄弟は元衆議院議員西村章三。岳父は元衆議院議員岡澤完治

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

1948年7月7日 、西村栄一の四男として大阪府堺市に生まれた。母・秀子は音楽家東儀哲三郎の二女。一家は、堺市上野芝向ヶ丘町という丘の上の田舎住宅街に住んでいた[1]。西村が生まれたときには、家に長兄夫婦、姉、章三(のち衆議院議員)、勇三がいた[2]。章三は、戦前戦後の混乱期に母子家庭となっていた生家から栄一のもとに来た[1]

学生時代[編集]

大阪学芸大学付属天王寺中学校(現大阪教育大学附属天王寺中学校)、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎を経て一浪後京都大学法学部に入学。

大学には8年在学した。22歳の時、父・栄一が死去[3]。西村によると「なにしろ、父親が亡くなったうえは、奮起して生活路線を築くというのが大学卒業を控えた息子の通常の姿ではないか。しかし、僕はその反対をころがりはじめた。大学は卒業するどころか、八年も在学してしまった。裏表といえば聞こえはいいが、僕の場合は裏裏だった。八年で大学を放り出されるのが判っていても、将来の進路が定まらない。それでおふくろは、あるとき、突然僕にこう言った“明日、職安へいけ”と…」[4]

1976年京都大学法学部卒業。

神戸市役所時代[編集]

国と地方の公務員試験を数個受け合格したが、日本から独立してもやっていけそうな神戸市就職した[5]。神戸市には三年勤めて退職した[5]。神戸市を退職したときの夕食後の家での会話は「ご飯を食べている最中に言えば食い物が喉に通らないので、食べ終わったから言うが、俺は今日神戸を退職してきた。明日からは給料はない」だった[5]

弁護士として[編集]

1982年34歳で司法試験に合格した[5]。一年前に結婚して既に子もあった[5]。37期司法修習生となる(同期に稲田朋美がいる)。1985年弁護士登録。

弁護士になって四年後、数か月イギリスで暮らしたくなり、その間の生活費を稼いで家にいれ、1987年12月に日本をあとにした[5]ロンドンケンブリッジの中間のサフロン・ウオルデンという小さな田舎町に下宿して勉強をしている時、母に「俺は、政治家になり、偉大になる」と手紙を書いた[5]。母からの手紙には「私は、幸せだ」と書いてあった[5]

この後政界入りするまでに連合大阪顧問弁護士を経験する。

政治家として[編集]

1992年7月第16回参議院議員通常選挙大阪府選挙区連合の会公認、社会党・民社党・社民連推薦で出馬し、落選。

1993年7月、第40回衆議院議員総選挙旧大阪5区民社党公認・新生党推薦で出馬し初当選。

1994年12月、民社党解党。新進党結成に参加。同党初代党首選では民社党委員長・米沢隆の推薦人となるも、米沢は落選。

1996年10月第41回衆議院議員総選挙大阪17区に新進党公認で出馬し当選(2期目)。

1997年12月、新進党解党。翌1998年1月、小沢一郎を党首とする自由党結成に参加。

1999年10月5日小渕内閣第2次改造内閣の防衛政務次官に就任(同月20日辞任)

2000年6月第42回衆議院議員総選挙の大阪17区に自由党公認で出馬し小選挙区では敗れるも比例近畿ブロック復活当選(3期目)。

2003年9月、自由党解党。民由合併民主党に合流。同年11月第43回衆議院議員総選挙の大阪17区に民主党公認で出馬し当選(4期目)。

2005年9月、第44回衆議院議員総選挙の大阪17区に民主党公認で出馬し小選挙区では敗れるも比例復活で当選(5期目)。11月28日弁護士法違反事件逮捕される[6]。民主党に離党届を提出したが、党の臨時役員会は受理せずに除籍処分とした上で、西村への議員辞職勧告を決定した[7]11月29日、民主党が除籍処分を常任幹事会で決定。

西村は「(北朝鮮による)拉致被害者救出のために議席を維持しなければならない」として、議員辞職を拒否した[8]が、翌2006年3月18日、衆議院本会議で辞職勧告決議を受ける。

2007年9月25日、大阪地裁に於いて、弁護士法違反(弁護士の名義貸し)として懲役2年・執行猶予5年の判決。組織犯罪処罰法(犯罪収益収受)に関しては無罪判決。検察側、弁護側ともに控訴しなかったため、弁護士法違反の判決が確定し、弁護士資格剥奪が確定。

2008年9月24日改革クラブへ参加し、同クラブの衆議院代表に就任。西村の参加により改革クラブは所属議員が衆参合わせて5名となり、政党助成法に基づく政党要件を満たした。内閣総理大臣指名選挙では他の改革クラブ国会議員と同じ麻生太郎ではなく平沼赳夫を支持した(前年は民主党代表小沢一郎を支持、前々年は自由民主党総裁安倍晋三を支持)。

2009年8月第45回衆議院議員総選挙の大阪17区に改革クラブ公認で出馬するも、小選挙区・比例区ともに落選。

2010年7月9日、眞悟の時事通信にて「たちあがれ日本の運動員」という言葉を使い、たちあがれ日本に参加したことを明かした。後にたちあがれ日本に入党、同党の大阪17区支部長となる。

2012年12月17日第46回衆議院議員総選挙日本維新の会公認で比例近畿ブロック単独候補として出馬。衆議院議員として、政界に返り咲く[9]

2013年5月17日、維新の会の会合において「日本には韓国人売春婦がうようよいる。反撃に転じた方がよい。」、「大阪の繁華街で『おまえ、韓国人慰安婦やろ』と言ってやったらいい。」[10]などと発言したことに関して、その場にいた党員から問題視されて撤回を要求されたため、その場で発言を撤回した上、同日中に維新の会へ離党届を提出した。なお、維新の会の幹事長である松井一郎大阪府知事)は除籍する方針を示し、議員辞職も求めると述べた[11]。同年5月18日、党から除名された[12]

エピソード[編集]

発言[編集]

  • 「核(兵器)ってのは抑止力みたいなもんだ。強姦してもなんにも罰せられんのやったら、オレらみんな強姦魔になってるやん。けど、罰の抑止力があるからそうならない」「国防とは(日本女性が)他国の男に強姦されるのを防ぐこと」(週刊プレイボーイ1999年11月2日号インタビュー)。抗議申し入れをした辻元清美他、社会民主党の女性議員に「お前が強姦されとってもオレは絶対に救っとらんぞ」。 この発言が問題視され防衛政務次官を辞任[14]。直後の週刊新潮(11月4日号)には手記「私の『防衛論』どこがケシカランのか」を寄稿。
  • 2005年民主党代表岡田克也が、内閣総理大臣小泉純一郎靖国参拝を批判する質問をした際、それを中国寄りの発言として「中国の代弁者をした奴が総理になれるはずが無い。あんな奴はスーパーマーケットを経営しとったらええねん」と批判した(岡田はイオングループ創業家出身である)。
  • 橋下徹慰安婦発言に関連し2013年5月17日の党代議士会で、「日本には韓国人の売春婦がうようよいる。大阪の繁華街で韓国人に『おまえ、慰安婦やろ』と言ってやったらいい。」「外電では橋下氏の報道が捏造され始めている。慰安婦がセックススレイブと転換されている。これが広がれば反日暴動、謀略が成功しかねない。反撃に転じた方が良い。」と発言[15]、直後に取り消し謝罪した[16]。ただし、維新の会の幹事長である松井一郎が議員辞職を求めたことに関しては、「私は、断じて議員を辞職しない。いや、辞職してはならないのだ。」、「私は、祖国日本に対する愛と忠誠の故に、断じて議員辞職できない。千万人が来ても、辞職しない。」と述べている[17]

政策・主張[編集]

2010年2月2日、頑張れ日本!全国行動委員会結成大会における西村。登壇者(田母神俊雄「頑張れ日本!全国行動委員会」代表)の右隣。[18]
  • 1997年2月3日 - 衆議院予算委員会において、初めて横田めぐみ拉致事案を取り上げ、また田口八重子・地村保志・濱本富貴惠・蓮池薫・奥土祐木子・市川修一・増元るみ子などの実名も挙げ、彼らが北朝鮮に拉致されていると明確に指摘した質疑を行い、内閣総理大臣橋本龍太郎外務大臣池田行彦に政府の見解を質した。当時13歳の中学生少女が拉致されていたという事実の指摘は、北朝鮮による日本人拉致問題が広く国民に認識される契機となった。同時に被害者家族は家族会を結成し、救出活動を開始することになった。また国会内では議連結成の動きが本格化した。同月、中山正暉が会長となり設立された「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟(旧拉致議連)」の議連幹事長に就任した。
  • 1997年5月6日 - 尖閣諸島魚釣島に石垣市議会議員の仲間均、フリーカメラマンの宮嶋茂樹、映像教育研究会の稲川和男の三人と視察を行った。国会議員の上陸はこれが初めてのことであった[19]
  • 2002年4月 - 旧拉致議連の解散に伴って改めて立ち上げられた「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(新拉致議連)」の幹事長に就任し、家族会救う会と結束して行動することを確認した。
  • 2004年2月25日 - 議員連盟「教育基本法改正促進委員会」設立総会のあいさつで「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す。お国のために命をささげた人があって、今ここに祖国があるということを子ども達に教える。これに尽きる」と発言した。
  • 2007年6月 - アメリカ合衆国下院121号決議に対する抗議賛同の国会議員として名を連ねる。
  • 2008年11月1日 - 自身のブログで航空幕僚長田母神俊雄の主張に対し「当たり前のことを述べておられる。同感である。」と賛同した[20]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対しており、「日本という国民国家を解体する左翼の運動」であると主張している[21]
  • 復古的改憲論者である[22]
  • 婚外子の相続における差別の撤廃に反対[23]。なお、最高裁判所は、2013年9月4日に相続において婚外子を差別する民法の規定が違憲であるとの判断を下している[24]

所属団体・議員連盟[編集]

家族・親族[編集]

西村家[編集]

奈良県香芝市大阪府堺市
1904年明治37年)3月生 ~ 1971年昭和46年)4月没。
1909年(明治42年)1月生 ~ 2002年平成14年)12月没。洗礼名マリア。
東儀家は、宮中雅楽を伝える家であった[26]。大陸からの渡来人秦氏末裔という。秀子は東京神田三崎町に生まれた。秀子の父哲三郎は洋楽のバイオリンを専攻し東京音楽学校でバイオリンを教えていた[26]。秀子もピアニストを目指した[26]。父親の哲三郎のバイオリンと二女秀子のピアノでベートーベンのクロイチェルソナタを演奏できた[26]。秀子は評論家の俵孝太郎の妹のピアノの家庭教師をしたことがあったが、俵はその著書で「東儀秀子さんは、その当時和服モンペだけの時代に洋服姿で颯爽と現れた」と書いている[27]
1945年(昭和20年)8月 - 2008年(平成20年)9月没
早産の為に小児麻痺障害を持って生まれた[28][29]
  • 妻(弁護士、税理士、政治家岡沢完治の娘)
  • 2男1女あり(長男は自殺)
2008年(平成20年)1月9日長男林太郎が議員宿舎の自らの部屋から転落死した。この件に関して、西村は旧知の記者を通じて「強いうつ病の症状があり、前日に慶應大学病院医師診察を受けており、当日も同病院まで連れて行く予定があった」との手記を発表した[30]。林太郎は学習院大学法学部を卒業し、大阪府堺市内の自宅で弁護士を目指して司法試験の勉強をしていたが、2度失敗[31]。司法浪人生活をやめ、都内の出版社で働き始め、上京したばかりだった[31]

略系図[編集]

 
 
 
 
西村久太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西村栄太郎
 
 
 
 
 
東儀哲三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西村栄一
 
 
 
秀子
 
岡澤完治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西村章三
 
 
 
 
西村眞悟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

文献[編集]

著書[編集]

特記なき物は展転社より。

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 西村眞悟ホームページ─《僕の生い立ち 〜 生まれたとき 〜》
  2. ^ 西村眞悟著『眞悟の憂国』229頁
  3. ^ 西村眞悟著『眞悟の憂国』240頁
  4. ^ 西村眞悟著『眞悟の憂国』241頁
  5. ^ a b c d e f g h 西村眞悟ホームページ─《僕の生い立ち 〜 疾風怒濤前夜 6 〜》
  6. ^ この際の主任は、大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件で逮捕された前田恒彦こらー!検察! そして 菅の売国内閣め! 眞悟の時事通信2012年9月25日
  7. ^ “西村議員に辞職勧告 民主、除籍処分を決定”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年11月28日). http://www.47news.jp/CN/200511/CN2005112801001972.html 2012年11月21日閲覧。 
  8. ^ “拉致解決のため辞職せず 弁護士法違反の西村議員”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年1月17日). http://www.47news.jp/CN/200601/CN2006011701004825.html 2012年11月21日閲覧。 
  9. ^ 西村眞悟氏あいさつ「これから日本のために」 維新で返り咲き産経新聞2012年12月17日11:42配信(配信日に閲覧))[リンク切れ]
  10. ^ TBS(2013年5月17日)「「韓国人売春婦ウヨウヨいる」、維新・西村議員が離党届提出[リンク切れ]
  11. ^ 維新、西村衆院議員を除名へ 「売春婦」発言、辞職要求 共同通信2013年5月17日
  12. ^ “売春婦発言の西村氏を除名 日本維新、議員辞職促す”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年5月20日). http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052001001754.html 2013年12月16日閲覧。 
  13. ^ 第170回国会 15 パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、完全に違法化することに関する請願
  14. ^ 西村眞悟元防衛政務次官の発言に対する抗議声明 日本の戦争責任資料センター 1999年11月9日
  15. ^ 眞悟の時事通信平成25年5月17日
  16. ^ 「大阪の韓国人に慰安婦と言え」=維新・西村氏が発言、直後に撤回 時事通信2013年5月17日
  17. ^ 眞悟の時事通信平成25年5月20日
  18. ^ 日本文化チャンネル桜 2.2 「頑張れ日本!全国行動委員会」結成大会& 日本解体阻止!外国人地方参政権阻止!全国総決起集会[リンク切れ]
  19. ^ “民主・自民の衆院議員、尖閣諸島海域を視察”. 読売新聞. (2012年1月21日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120121-OYT1T00313.htm 2012年1月21日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ 「強い国」とは歴史の真実を堂々と明言できる国・さらば村山富市 眞悟の時事通信
  21. ^ 自身のブログ
  22. ^ 「主権の回復」とは何か 眞悟の時事通信
  23. ^ 衆議院法務委員会2013年11月20日
  24. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  25. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  26. ^ a b c d e 西村眞悟著『眞悟の憂国』244頁
  27. ^ 母のこと 眞悟の時事通信
  28. ^ 西村勇三 口と足で描く芸術家協会
  29. ^ 西村勇三の帰天・・・果たし尽くした生涯 眞悟の時事通信
  30. ^ オフイス・マツナガによる手記公開
  31. ^ a b 西村議員の長男 議員宿舎から転落死

関連項目[編集]

外部リンク[編集]