頑張れ日本!全国行動委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頑張れ日本!全国行動委員会
設立年 2010年(平成22年)
種類 市民団体、国民運動体
目的 保守の立場に立った政治勢力の結集を見据え、機動的な国民運動を展開する
本部 日本の旗 日本 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
位置 中道右派
保守
反共主義
護国
反中主義
公用語 日本語
設立者 水島総
関連組織 日本文化チャンネル桜
日本会議
日本の領土を守るため行動する議員連盟
草莽全国地方議員の会
日本ウイグル協会
日本李登輝友の会
モンゴル自由連盟党
内モンゴル人民党
ウェブサイト 頑張れ日本!全国行動委員会
テンプレートを表示
頑張れ日本!全国行動委員会結成大会 2010年2月2日
壇上の人物は代表の田母神俊雄

頑張れ日本!全国行動委員会(がんばれにっぽん ぜんこくこうどういいんかい)は、日本保守系政治運動団体。略称は頑張れ日本(がんばれにっぽん)。

概要[編集]

「保守の立場に立った政治勢力の結集を見据え、機動的な国民運動を展開する[1]」ための国民運動体として、2010年平成22年2月2日水島総らが中心となって結成した。結成式では西村眞悟山田宏城内実赤池誠章馬渡龍治土屋敬之などの政治家や、富岡幸一郎福地惇小山和伸村田春樹大高未貴、等の文化人が登壇して結成に対する応援演説を行っている。活動原資は草莽全国地方議員の会日本文化チャンネル桜二千人委員会などの後援を受けており、公式サイト上や集会やデモ行進の会場でも有志からの寄付を募っている。また頑張れ日本の活動に共鳴するすぎやまこういちが団体のテーマ曲『頑張れ日本』を作曲して提供している[2]

運動方針は、従来の市民団体のように国会議員に陳情・お願いするのではなく、あくまでも「草の根」である名もなき一般国民が上位となって世論や国政を動かしていこうといったものであり、日本国民の愛国的「決起」を目指して「草莽崛起(そうもうくっき)」をスローガンとしている。

本団体の政治的主張や主催する集会、デモ行進への参加呼びかけは、YouTubeにアップロードした動画を活用した本団体やチャンネル桜の公式サイト、チャンネル桜の番組で行われている。活動の様子はUstreamニコニコ動画等で生中継され、後日公式サイトや番組から動画が再発信されている。

自由と人権 アジア連帯集会」(平成22年/2010年11月6日)を開催するなど、チベット人・ウイグル人・モンゴル人・満州人・台湾人などとの連携も深めるとしている。また、TPPについては断固反対の立場を取っている。

活動[編集]

外国人参政権関連[編集]

結成してからの当面の課題は外国人参政権付与法案の断固阻止であるとして、この法案の推進に積極的な国会議員については落選運動を展開するとしている。結成直後から日本各地で草莽全国地方議員の会所属の地方議員らと共に外国人参政権に反対する街宣活動を行っている。

NHK関連[編集]

平成21年(2009年)4月5日にNHK総合で放送された「JAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国“」について、「やらせや、事実の歪曲・捏造があり放送法に違反している」、「出演した台湾人の発言を歪曲し歴史を捏造して台湾先住民の名誉を貶めている」として、日本と台湾の両国の視聴者や、番組に出演した台湾人を含めた約1万300人(台湾人約150人を含む)が集団訴訟を起こした[3]。第1審(東京地方裁判所)は原告の頑張れ日本側の敗訴(請求棄却)に終わり、判決を不服として東京高等裁判所控訴した。その結果、東京高裁は、NHKが台湾先住民族の女性に対する差別的表現での放送を行い女性の名誉を傷つけたと認定し、NHKに100万円の支払いを命じ、頑張れ日本側が勝訴した[4]。この件に関してNHKを批判しチャンネル桜と共に「NHK解体」運動を行っている。

平成23年(2011年)9月にはNHKの大河ドラマ平清盛』が法皇・上皇を中心とする「家」を表現する用語として「王家」を使用したことについて、当時の言葉では使われておらず、また「王」の文字は皇室を貶めるもの[5]だとして質問書を提出した。NHKは同会の質問書に対して回答を行うと共に、質問書の提出の際に警備員の制止を無視した私有地への立ち入りなど問題のある行動が行われたとして抗議を行なった。[6]

尖閣諸島関連[編集]

抗議デモ
「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」
(平成22年10月2日)
「自由と人権 アジア連帯集会」
(平成22年11月6日)

尖閣諸島中国漁船衝突事件を受けて平成22年(2010年)10月2日・16日に、「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動デモ」を行った。10月2日の渋谷界隈でのデモには約2,700人が、10月16日の中国大使館やそれに近い六本木ヒルズ界隈でのデモには約3,000人 - 約6,000人が参加し、CNNロイターBBCAFP人民網アルジャジーラなどの日本国外のメディアが、「数千人が集まった日本では珍しい大規模デモである」として大きく報道した。一方、朝日新聞読売新聞NHK共同通信社時事通信社などの日本国内の主要メディアはこれをほぼ黙殺したため、ネット上で疑義と非難の声が上がった[7]

同年11月6日の4,500人が参加した「尖閣諸島侵略糾弾! 自由と人権 アジア連帯集会&デモ」[8][9]については、それ以前のデモをほぼ黙殺していた日本国内の主要メディアも注目し、NHKは同日夕方のニュースで、産経新聞は11月7日付朝刊の一面で報道した。産経新聞は、初めてデモを経験する多くの家族連れ、主婦学生の様子を報じている[8]

同年11月13日に横浜でAPEC首脳会談が開催されるのにあわせて「中国のアジア侵略・人権弾圧を阻止する抗議デモ」を横浜で開催し、約3,500人が尖閣領土問題を訴えて集会とデモ行進した[10][11]。翌14日には横浜駅前で、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件を引き起こした海上保安官を支持する街宣活動を行い約1,600人が参加した[10]

11月20日に「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 in 大阪」を大阪で開催。約3,300人が御堂筋をデモ行進し、難波駅前で田母神俊雄や西村眞悟らが尖閣諸島の主権護持を訴え民主党政権の対中外交を非難した[12]。この時の様子は、翌21日付けの産経新聞の朝刊の一面で写真付で報道された。

平成24年(2012年7月21日領土問題を主題として韓国ロシア中国の日本大使館前で抗議活動を行った。

同年9月22日には、日本政府による尖閣諸島国有化を受けて中国各都市で大規模で暴力的な反日デモが広がり尖閣諸島の領海や接続水への域中国公船の侵入が相次いだことから、1,400人が尖閣諸島の主権護持を訴えるデモ行進を六本木で行った。その後在日中国大使館を訪れ、抗議活動を繰り広げた[13]

集団漁業活動

尖閣諸島に対する日本の領有権を強め世論を喚起するために平成25年(2013年)11月末までに頑張れ日本が所有する漁船やチャーターした漁船で、尖閣諸島の領海内で計18回の集団漁業活動を行っている[14]石垣島から出港するこれらの漁業活動では、一般参加者を募集したり、複数の国会議員(民主党の向山好一森岡洋一郎高邑勉自民党下村博文西田昌司平将明)や[15][16]東京都議会議員を同行させたこともある[17]。また、これらの漁業活動での釣果を元に参議院議員会館に国会議員を招いて「尖閣の魚を食す会」を開催したこともある[18]。これらの漁業活動中に中国公船「海監」に接近されたこともある[19]

平成24年(2012年)8月19日には、「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の山谷えり子長尾敬等の超党派の国会議員8名、複数の地方議員、公式サイトで募集された一般参加者も含めた総勢150名で、魚釣島の領海内で10回目となる集団漁業活動と尖閣諸島戦時遭難事件の洋上慰霊祭をおこなった。このうち茨城県取手市小嶋吉浩市議や東京都荒川区小坂英二区議ら5名の地方議員と頑張れ日本のメンバーらの計10名が魚釣島に上陸し尖閣諸島の日本領有をアピールした(日本人活動家尖閣諸島上陸事件[20]。これについて、尖閣諸島に上陸して慰霊祭を行う予定だったが日本政府から上陸許可申請が認められず、前日の8月18日に石垣島でも慰霊祭を実行していた。また、この4日前の8月15日には香港活動家尖閣諸島上陸事件が発生し、頑張れ日本のメンバーらが魚釣島に上陸した8月19日には中国の各都市で、この上陸や香港活動家上陸事件で日本の官憲が中国人活動家を逮捕・強制送還したことに対して大規模な反日デモが行われた。

民主党関連[編集]

平成22年(2010年)9月21日に「民主党政権・糾弾!国民集会」を主催し、安倍晋三山田宏小池百合子山谷えり子西田昌司、西村眞悟、西川京子赤池誠章すぎやまこういち増元照明藤岡信勝三橋貴明らが登壇し、民主党政権の内政と外交を非難した。

平成22年(2010年)12月1日に「民主党(菅)内閣倒閣宣言! 12・1国民大集会」を主催し、民主党政権の中国漁船衝突事件への対応や、防衛省施設内での民間人言論統制通達問題、議会開設120年記念式典での民主党の中井洽秋篠宮夫妻に対する非礼発言を批判するなどした1700人規模のデモ行進を国会議事堂前と民主党本部前で行った。その後に虎ノ門ニッショーホールで開催した集会には、平沼赳夫や山谷えり子などの国会議員、多くの地方議員が登壇し、民主党の政権運営を非難した[21]

同年12月18日には、「民主党(菅)内閣打倒!皇室冒涜糾弾!中国の尖閣諸島侵略阻止!国民大行動 in 渋谷」を主催し、約4000人が渋谷・原宿界隈をデモ行進した[22]。その後に渋谷駅前で行われた街宣には、12月10日に尖閣諸島に上陸した仲間均箕底用一石垣市議が登壇し尖閣諸島の主権護持を主張した。

中国関連[編集]

中国に対しては、尖閣関連のデモ以来、チベットウイグル台湾南モンゴル満州の各民族や各支援者らと共に抗議活動をしており、中国の国家主席らが来日すると行なわれる。

フジテレビ関連[編集]

平成23年2011年8月21日に行われたフジテレビ抗議デモ(「8・21フジテレビ抗議デモ実行委員会」主催)に合わせ、同会でも「国を売るメディア(フジテレビ)を糾弾する緊急国民行動」と題してフジテレビへの抗議デモと街宣活動を行った[23]

同年9月19日の同会主催のデモでは、「(フジテレビが)ボロボロの国旗を掲げている」として抗議し、国旗を交換するよう要求。「フジテレビ側が最初は了承しながら最終的には拒否した」(フジテレビには新品の国旗があった事が判明したと同団体では主張している)とみなした同会の会員らが、強行的に国旗の交換を実施しようとし、警備員とのあいだで小競り合いになった。最終的に同会の用意した国旗が掲揚されたが、この際に国旗をつかんで引っ張り、一部を破損したとして、警視庁公安部および同湾岸署は、同会の会員らを暴力行為法違反容疑で書類送検した[24]。水島らは、実際に破れたのは紐などを通す金具の部分であるのに「国旗を二つに引きちぎったかのよう」にメディアが報じていると反発している[25]

他団体との関係[編集]

尖閣諸島中国漁船衝突事件以来、反中・中国の少数民族(台湾も含め)を支援する日本ウイグル協会東トルキスタン支援団体)・日本李登輝友の会(台湾独立支援団体)・台灣建國應援團(台湾独立支援団体)・モンゴル自由連盟党(南モンゴルの支援団体)・内モンゴル人民党(南モンゴルの支援団体)とデモや抗議活動を共同で行っており、協力関係を組んでいる。

保守系団体との関係は、日本世論の会草莽全国地方議員の会(事務局長の松浦芳子が所属している)とは共に活動を行っている。日本会議との交流もある。

他の保守系団体の行動する保守街宣右翼などの右翼団体とは共に活動を行った事は無い(活動の際の方針の違いなどで)が、行動する保守とは平成22年(2010年)8月15日の反天皇制運動連絡会(反天連)への抗議活動や同年の11月13日の中国への抗議活動では双方とも近場で活動を行っており、双方ともお互いの活動を認め合っており、交流関係もあり、反天連への抗議活動では行動する保守側は頑張れ日本の活動を支持した[26]

自民党関連[編集]

水島総は、安倍晋三内閣総理大臣再登板には頑張れ日本が深く関わっているという趣旨の発言をチャンネル桜の番組内で述べている[27]。また、安倍が内閣総理大臣に再就任する前、頑張れ日本が日比谷野外音楽堂で大規模集会を開き、そこで安倍が来場し、演説した[28]。このように、頑張れ日本は自民党との関係も深く、実際に頑張れ日本が行った活動が日本の政治を動かしている側面があることは事実である。ただ、頑張れ日本は自民党の応援団ではなく、是々非々という立場は維持しており、安倍が総理に再就任したのちも頑張れ日本のメンバーは安倍への賛辞だけでなく、批判もしている[29]

組織[編集]

幹部[編集]

支部一覧[編集]

東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方

沿革[編集]

  • 平成22年(2010年)2月2日 - 「頑張れ日本!全国行動委員会」を結成[30]
  • 平成22年(2010年)8月15日 - 東京の靖国神社において、国旗を半旗弔旗にして“靖国の英霊”に感謝するデモ行進を行い、デモ行進終了の後、反天連のデモに対して抗議活動を行なった。(他の保守系団体の行動する保守関連団体および街宣右翼団体も抗議活動を行なっていた)
  • 平成22年(2010年)10月2日 - 渋谷区名古屋市において尖閣デモを行い、渋谷では2700人 ・名古屋では400人が参加した。* 平成22年(2010年10月16日 - 港区で尖閣デモを主催、参加者2800人 - 6000人。(この日から主なメディアは報道した)
  • 平成22年(2010年)10月23日 - 高松市で尖閣デモを主催、参加者300人。
  • 平成22年(2010年)10月31日 - 名古屋市で尖閣デモを主催、参加者650人。
  • 平成22年(2010年)11月6日 - 「自由と人権 アジア連帯集会」を主催、モンゴル自由連盟党日本ウイグル協会日本李登輝友の会などと連体し、チベットウイグル南モンゴル内モンゴル) ・台湾の各支援者および中国の西沙諸島実効支配およびベトナムへの侵略行為に反発しているベトナム人(現在のベトナム体制に反対している南ベトナム派)が参加し、中国に対して抗議デモを行なった、参加者4500人。
  • 平成22年(2010年)11月13日 - 横浜市APECが開催された際に尖閣デモを主催、参加者は3500人で、チベット ・ウイグル ・南モンゴル ・台湾の各支援者 ・団体(11月6日参加団体)および南ベトナム派のベトナム人も参加。(この日は別の保守系団体の在特会(参加者100人)およびAPEC開催に反対している左派系団体(参加者420人)もデモ行進をしていた)
  • 平成22年(2010年)11月14日 - 横浜市で再び、尖閣デモを主催、参加者1600人。
  • 平成22年(2010年)11月20日 - 大阪市で尖閣デモを主催、参加者3300人。
  • 平成22年(2010年)12月1日 - 千代田区で尖閣デモを主催、参加者1700人。
  • 平成22年(2010年)12月5日 - 神戸市で尖閣デモを主催。参加者1000人。
  • 平成22年(2010年)12月18日 - 渋谷区で尖閣デモを主催、参加者4000人。
  • 平成23年(2011年)2月13日 - 松山市で「日本の領土・主権を守るぞ!民主党政権打倒!抗議デモ行進」を開催。民主党の政策や実行しようとしている政策に対して抗議活動を行なった。
  • 平成23年(2011年)2月27日 - 名古屋市で尖閣デモを主催、参加者450人。
  • 平成23年(2011年)5月21日 - 民主党本部前や首相官邸前などでチベット ・ウイグル ・台湾の各支援者と共に菅 ・民主党政権に抗議活動を行なった。
  • 平成23年(2011年)5月22日 - 日中韓首脳会議において、中国の温家宝首相に対してチベット ・ウイグル ・台湾の各支援者と共に抗議活動を行なった。他にも菅内閣竹島経団連に対しても抗議活動を行なった。
  • 平成23年(2011年)6月19日 - 姫路市で『日本国土を守れ!松本外務大臣糾弾!国民行動in姫路』を開催。
  • 平成23年(2011年)6月25日 - 渋谷区で「日本復興の第一歩は菅内閣打倒!国民行動 in 渋谷」を開催。
  • 平成23年(2011年)6月26日 - 高松市で「民主党政権打倒!集会&デモ行進in高松」を開催。
  • 平成23年(2011年)8月15日 - 東京の靖国神社周辺で国旗を半旗か弔旗にして、靖国の英霊に感謝するデモ行進を行なった。今回は反天連に対する抗議活動を行なわなかったが、デモ終了後に靖国神社の鳥居前で参加者一同が英霊に感謝の誠を捧げた。参加者550人。
  • 平成23年(2011年)8月21日 - 「国を売るメディア(フジテレビ)を糾弾する緊急国民行動」を開催。参加者5000人(以上とも言われている)。また、デモ開始前の街宣活動中の際に右翼団体日本皇民党が頑張れ日本の近くで街宣活動を行なったために頑張れ日本の活動と日本皇民党の街宣活動が混合している[31]
  • 平成23年(2011年)9月2日 - 朝鮮学校無償化の可能性が再び出たために、在日特権を許さない市民の会の抗議活動の後に独自の抗議活動を行なった。
  • 平成23年(2011年)9月18日 - フジテレビ前で「9.18国を売るメディア(フジテレビ)を糾弾する緊急国民行動・第二弾」を開催。抗議の街宣活動を行なった。参加者約100人。
  • 平成23年(2011年)9月19日 - 「9.19国を売るメディア(フジテレビ)を糾弾する緊急国民行動・第二弾」を開催し、抗議活動 ・デモ行進を行なった。参加者2800人。その際には祝日(当日は敬老の日)にフジテレビが掲げていた日本の国旗が古くボロボロであったために、古い国旗を降ろし新品の国旗を端ではなく真ん中のポールに掲げるように要請した。(※汚れたり、ボロボロの国旗を掲げる行為は国旗掲揚の習慣に反する行為であり、掲揚ポールが3本の場合は真ん中に国旗を掲げるのが常識である)これに対してフジテレビ側はが新しい国旗への交換を了承したが躊躇し、最終的には拒否したためにデモ参加者が「国辱行為」と見做し、警備員の制止を振り切って国旗を強引に引きずり降ろし、新しい国旗を掲げた。後日、フジテレビにいた警備員が抗議活動中に裏で新品の国旗を持っていた事が判明し、なぜ新品の国旗を掲げなかったのかとさらに反発した。
  • 平成23年(2011年)10月8日 - フジテレビ前で『国を売るメディア(フジテレビ)を糾弾する 緊急国民行動・第三弾!』(4度目の抗議)を行なった。8月21日に提出した抗議文の返答内容から改善が見られないために再び抗議文を提出した。フジテレビ前での抗議活動の後、有楽町駅前でも街宣活動を行い、最後は君が代の斉唱した。
  • 平成23年(2011年)10月21日 - 「国会を召集される天皇陛下のお出迎え・お見送り」を行い、臨時国会召集のために国会を訪れた今上天皇(平成23年現在)を参加者一同が日の丸の小旗と「天皇陛下万歳」で出迎え、見送りを行なった。その後、衆議院第二議員会館前で「不完全極左野田政権打倒!街宣活動」を行なった。
  • 平成23年(2011年)11月4日 - 国会や民主党本部前・衆議院第二議員会館・外務省首相官邸前でTPP反対・民主党解体を訴えた。この抗議には4人の国会議員も参加した。
  • 平成23年(2011年)12月2日 - 東京・荒川支部を結成。
  • 平成23年(2011年)12月14日 - 東京の外務省で行われた水曜デモに抗議活動を行った。当日は他の保守系団体や街宣右翼団体も抗議活動を展開するなど、大規模な抗議となった。
  • 平成23年(2011年)12月23日 - 天皇誕生日の一般参賀の後、奉祝デモを開催。参加者約400人。
  • 平成24年(2013年) 12月31日 - 渋谷にて演説を行い、NHKの反日的活動を弾劾するチラシを配布した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「頑張れ日本!全国行動委員会結成宣言」より
  2. ^ 応援歌“頑張れ日本””. 国を想う在野議員の会. 2010年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月7日閲覧。
  3. ^ “「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年2月15日). オリジナル2010年2月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100218101935/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100215/trl1002151843004-n1.htm 
  4. ^ 「差別的言葉で名誉毀損」NHKに賠償命じる 台湾先住民族ら逆転勝訴 産経ニュース 2013年11月28日
  5. ^ 【【頑張れ日本】9.10NHK糾弾、9.18・19フジテレビ糾弾国民行動[桜H23/9/1]”. YouTube. チャンネル桜 (2011年8月31日). 2012年1月29日閲覧。
  6. ^ 【大河ドラマ・平清盛】「王家」についてのNHKからの回答[桜H23/9/15]”. YouTube. チャンネル桜 (2011年9月15日). 2012年1月29日閲覧。
  7. ^ “反中国デモ「報道せず」のなぜ 外国主要メディアは次々報道”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2010年10月4日). http://www.j-cast.com/2010/10/04077447.html?p=all 
  8. ^ a b “【尖閣ビデオ流出】都心で4500人抗議デモ、主婦や家族連れも 中国に怒り、日本政府にも不満”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年11月6日). オリジナル2010年11月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101110055222/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101106/crm1011062129023-n1.htm 2010年11月7日閲覧。 
  9. ^ “反中デモ:4000人が銀座など行進”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年11月6日). オリジナル2010年11月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101107191604/http://mainichi.jp/select/today/news/20101107k0000m040038000c.html 
  10. ^ a b 11.13横浜 中国のアジア侵略・人権弾圧を阻止する抗議集会 桜H22/11/15]”. YouTube. チャンネル桜 (2010年11月15日). 2013年6月7日閲覧。
  11. ^ この日は別の保守派系団体の在日特権を許さない市民の会(在特会)も独自のデモを開催していた。他にも開催反対を訴える左派系団体も含めると、13日の横浜で合計4,000名以上が何らかの抗議活動を行った。
  12. ^ “尖閣問題 大阪で市民デモ”. MBSニュース (MBS毎日放送). (2010年11月20日). http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE101120165000408204.shtml [リンク切れ]
  13. ^ “中国大使館前で「尖閣」抗議活動”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年9月22日). http://www.j-cast.com/2012/09/22147336.html 
  14. ^ 【守るぞ尖閣】第18回 尖閣諸島集団漁業活動レポート[桜H25/11/28]”. YouTube. チャンネル桜 (2013年11月28日). 2013年12月3日閲覧。
  15. ^ “与野党議員6人が漁船で尖閣視察 生態系への影響指摘も”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年6月10日). オリジナル2012年6月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120611004913/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120610/plc12061020280005-n1.htm 
  16. ^ 1/3【緊急特番】守るぞ日本 守るぞ尖閣 Part4[桜H24/6/16]”. YouTube. チャンネル桜 (2012年6月16日). 2013年6月7日閲覧。
  17. ^ “絶海の尖閣に領土の証し 東京都議視察漁船に同行”. イザ!. 産経新聞 (産経デジタル). (2012年6月27日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/572126/ [リンク切れ]
  18. ^ 尖閣での集団漁業活動のご報告”. 頑張れ日本!全国行動委員会 (2011年7月5日). 2013年6月7日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ “中国船、20メートルまで接近 尖閣海域緊迫”. 琉球新報. (2013年4月24日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-205775-storytopic-1.html 2013年8月21日閲覧。 
  20. ^ “日本人10人尖閣上陸 疎開船遭難の慰霊祭一行”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年8月19日). オリジナル2012年8月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120819053741/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120819/plc12081910590006-n1.htm 
  21. ^ “「頑張れ日本!全国行動委員会」が菅政権批判大規模集会”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年12月1日). オリジナル2010年12月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101204150536/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101201/plc1012011929017-n1.htm 
  22. ^ “対中感情が急速に悪化、内閣府の外交世論調査”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年12月18日). オリジナル2010年12月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101221235408/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101218/plc1012181822010-n1.htm 
  23. ^ 【お台場デモ】8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動[桜H23/8/22]”. YouTube. チャンネル桜 (2011年8月22日). 2013年6月7日閲覧。
  24. ^ “書類送検:フジテレビ前で国旗破った疑いで3人”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年9月10日). オリジナル2012年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120913001319/http://mainichi.jp/select/news/20120910k0000e040103000c.html 2012年9月12日閲覧。 
  25. ^ 【水島総】1年前のフジテレビデモでの書類送検について[桜H24/9/11]”. YouTube. チャンネル桜 (2012年9月11日). 2013年6月7日閲覧。
  26. ^ 反天連抗議デモ (2) - YouTube
  27. ^ 【直言極言】危機的な日本の現状、今我々がなすべき事とは?[桜H26/3/28 ]日本文化チャンネル桜公式YouTubeチャンネル
  28. ^ 【草莽崛起】11.24 安倍救国内閣樹立へ!日比谷野音 国民大集会[桜H24/11/26 ]日本文化チャンネル桜公式YouTubeチャンネル
  29. ^ 【安倍晋三】失望の所信表明演説、新自由主義への傾倒を危ぶむ[桜H25/10/17 ]日本文化チャンネル桜公式YouTubeチャンネル
  30. ^ 【直言極言】頑張れ日本!全国行動委員会[桜H22/2/12]”. YouTube. チャンネル桜 (2010年2月12日). 2013年6月7日閲覧。
  31. ^ フジテレビ抗議デモに韓国人の右翼が乱入! (日本皇民党) - YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]