東トルキスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東トルキスタンひがしとるきすたん, ウイグル語Sharqiy Turkistan)は、トルキスタン東部地域のことで、現在の中華人民共和国新疆ウイグル自治区を指し、「中国領トルキスタン」とも言う。南にチベット高原西蔵自治区)、東に甘粛省青海省、北東にモンゴル高原モンゴル国)、北西にカザフ草原カザフスタン)と接し、西は西トルキスタンである。

東トルキスタンは地域概念であるが、特にウイグル人の中国からの独立派の人々が、中国視点の地名である「新疆」を嫌い、ウイグルの居住地域の地域名として好んで用いる。

東トルキスタン
英語表記 East Turkistan
ウイグル語ローマ字表記 Sherqiy Türkistan
トルコ語表記 Doğu Türkistan
中国語簡体字表記(ピンイン 东突厥斯坦(Dōng tūjuésītăn)
仮名転写 ひがし トルキスタン
実効統治国家 中華人民共和国

地理[編集]

アジア大陸の内陸部に位置する影響から、年平均降水量はわずか145mmと乾燥した気候となっている。そのために一日の中でも気温の変化が激しく、「朝に綿入れ、昼に半袖、夜に火鉢をかこんでスイカメロンを食べる」との喩え話がある程である。 東トルキスタンのほぼ中央にそびえる天山山脈を背骨とし、天山山脈と北のアルタイ山脈モンゴル国境)の間にジュンガル盆地、天山山脈と南のクンルン山脈チベット自治区との境)の間にタリム盆地が広がる。そのために中国では、天山山脈を境として、ジュンガル盆地のある北側を北疆、タリム盆地のある南側を南疆として分けている。 タリム盆地の中心はタクラマカン砂漠で、天山山脈南麓とクンルン山脈北麓に沿ってオアシス都市がほぼ連なって点在している。 クンルン山脈や天山山脈などからは、氷河などを主要水源とする河川が570本ほど流れているが、そのほとんどは海まで流れない内陸河川である。なお、東トルキスタン最長の内陸河川は、全長2137kmのタリム川である。 タリム盆地の西は旧ソ連領の西トルキスタン地域であり、天山山脈北麓は、イリ川の渓谷を経てイリ川の注ぐカザフスタンバルハシ湖や天山山脈北西麓のキルギスタンに繋がっている。 なお、かつての主要な東西交易路(いわゆるシルクロード)は、中国敦煌付近(甘粛省)から天山山脈南麓を通り、パミール高原などを越えてフェルガナ盆地ウズベキスタン)に至る経路を辿っていた。 東トルキスタンの住民の約45%はウイグル族が占めているが、他にも漢族、カザフ族回族モンゴル族満族など多くの民族が居住している。特に、中華人民共和国成立以後は漢族の流入が著しい。北西部には漢族と回族が多く、南西部にウイグル族が多い。

主な都市[編集]

歴史[編集]

東トルキスタンには、古くはインド・ヨーロッパ語族の言葉を話す人(いわゆるアーリア人)が居住していた。モンゴル高原に栄えた遊牧ウイグル帝国840年に崩壊すると、逃亡してきたウイグル人が天山山脈北麓に天山ウイグル王国を建国し、同時期に別のチュルク系民族がタリム盆地カラ・ハン朝を興した。この結果、東トルキスタンの住民は、次第にチュルク化に向かい、カラ・ハン朝がイスラム教改宗すると、イスラム化が進んだ。

1759年が辺境の地の東トルキスタンを征服し支配下に入れ、新疆(「新しい領土」の意)と命名する。清の崩壊後は中華民国が清の領土を継承すると宣言し新疆省とした。

しかし、実際は第二次世界大戦末期に一時的に独立した時期があり、また1944年 - 1946年には東トルキスタン共和国が建国されていた。だが、中華人民共和国に再征服されて、新疆ウイグル自治区とされた。

東トルキスタン独立運動[編集]

東トルキスタン地域の中国帰属を拒否する人々は、中華人民共和国の東トルキスタン編入の過程に国際法上の問題がある為、現在の中国共産党政府による東トルキスタン支配は無効であると主張し、

など、多種の東トルキスタンの独立運動組織を結成している。

これらの組織は基本的に中央アジア、中東、欧米に拠点を置いて活動しており、2004年には各組織が結束して東トルキスタン共和国亡命政府を樹立している。ただし、同じく中国からの独立運動を展開しているチベットのケースとは異なり、ダライ・ラマのようなカリスマ性のある指導者がおらず、統一的な行動が取られていない。

※主要な東トルキスタン独立運動組織の内でも、ETIMに関しては中国政府がアルカーイダと関係があるテロリストグループと宣伝し、アメリカ政府も関係を認めている。ただし、ETIM側はアルカーイダとの関係を否定している。

外部リンク[編集]