倉山満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くらやま みつる
倉山 満
生誕 1973年12月18日
日本の旗 香川県
出身校 中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学
職業 国士舘大学体育学部21世紀アジア学部非常勤講師

倉山 満(くらやま みつる、1973年(昭和48年)12月18日 - )は、日本憲政史家[1]国士舘大学体育学部21世紀アジア学部非常勤講師。愛称は「クララ」。香川県生まれ[2]。専門は憲政史[3][4]。自称リフレ派最弱のエコノミスト[5]

略歴[編集]

平成8年(1996年)中央大学文学部史学科国史学専攻卒業、同10年(1998年)年同大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。同18年(2006年)、同大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学。平成11年(1999年)より国士舘大学政教研究所非常勤研究員を務め、現在は国士舘大学体育学部・21世紀アジア学部非常勤講師。

活動[編集]

  • 市民向け講座「帝国憲法講義」を開講し、保守論壇で活動する。
  • 2012年(平成24年)にはチャンネルAJER(2013年現在休養中[6])、日本文化チャンネル桜のキャスターに就任(2013年10月に決別[7][8])。またシダックス創業者・志太勤が創立した一般財団法人希望日本投票者の会のシンクタンク・希望日本研究所の所長となった[9][10]
  • 2012年(平成24年)8月より、倉山塾開講[11]帝国憲法講義の配信等を行う。
  • 2013年(平成25年)4月29日よりチャンネルグランドストラテジーにて『じっくり学ぼう!日本近現代史』配信開始[12]
  • 2013年(平成25年)10月11日より「チャンネルくらら」を開局[13]
  • 著書『嘘だらけの日韓近現代史』は、2014年3月現在8万部ほど売れている[14]

主張・人物[編集]

  • 吉野作造について、「私の研究対象であり、尊敬する人物であり、目指す生き様であり、越えるべき壁だと思っています。」と述べている[2]
  • 大日本帝国憲法こそ、日本国の歴史・文化・伝統に則った、世界標準の文明国の通義にかなった憲法」として[15]、日本国憲法の改正を前提とした憲法改正論議に疑義を呈し「新憲法は帝国憲法の改正案でなければならない」とたびたび主張している。また、憲法は国家権力を縛るためのものであるという観点から、憲法に理想主義的な不要な文言を書き込むべきではないとし(その役割は勅語にあるとも)、このため現行の日本国憲法のみならず、産経新聞自由民主党が出した改憲案も批判している[16]
  • 現在の日本国憲法体制においては条文さえ守れば何をやってもいいことになっている現状を批判し、戦前存在した憲政の常道を再び慣例として確立すべきとし、このためには保守二大政党(「陛下の与党」「陛下の野党」)が必要であるとする。戦後に憲政の常道を守った総理大臣として池田勇人を挙げ、賞賛している(池田は安保改定騒動のなか所得倍増計画を打ち出し、首相就任直後に衆議院の解散・総選挙を断行して大勝した)[17]
  • 著書『常識から疑え! 山川日本史』では、山川出版社が出版している高校の日本史の教科書を批判している[18]
  • 戦間期から第二次世界大戦に至る過程で、ソ連は世界中にスパイを放ち、特に日本の近衛内閣アメリカF・ルーズベルト政権の中枢を固め、日米両国を戦争に向かわせて共倒れに持ち込んだとしている[19]近衛文麿首相側近にはスターリンのスパイが大量に入り込んでおり[20]、近衛首相の周囲の人物は全員コミンテルンのスパイだった[21]と主張している。
  • 次世代の党を支持しているが、同党の経済政策については「あずかり知らない」と述べている[22]経済学者田中秀臣の「次世代の党の綱領[23]財務省そのもの」という見解について「勝手な読み取り」と反論している[24]。倉山は「次世代の党は、『キャリア官僚制廃止』という財務省が最も嫌がる政策を基本政策で掲げている」と述べている[25]

訴訟[編集]

2014年4月15日三橋貴明は倉山の著書『増税と政局・暗闘50年史』刊行に伴い、倉山とイースト・プレスに対し、名誉毀損・損害賠償などの主旨の「内容証明」を送付した[26]。その後、訴訟を提起されている[27]

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

共著[編集]

分担執筆[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

過去[編集]

キャスターとして、新聞記事解説と「倉山満の砦」というコラムを担当していた[28]。2013年10月に前述の水島総三橋貴明との意見対立により突如自ら降板した。

脚注[編集]

  1. ^ 検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む 倉山満著東洋経済オンライン 2012年5月16日、【書評】三大原理」は自明ではない 『本当は怖ろしい日本国憲法』長谷川三千子、倉山満著 産経新聞2013年11月24日、【BOOK】倉山満さん「嘘だらけの日韓近現代史」 “仲良くしなきゃ病”を捨て中韓無視した周辺外交を (1/2ページ) 夕刊フジ2013年12月15日。但し「憲政史家」は本人の自称であり、上念司が考案したものである。
  2. ^ a b 略歴”. 憲政史研究者・倉山満の砦. 2013年6月19日閲覧。
  3. ^ 2013参院選:椅子取りの攻防 第2部/3 憲法改正 /栃木毎日jp(毎日新聞) 2013年7月12日
  4. ^ ピックアップコラム 【この1冊】『嘘だらけの日韓近現代史』アドバンスニュース 2014年1月25日
  5. ^ か弱き卑怯者たちへ」倉山満の砦2014年3月25日
  6. ^ 倉山満 (2013年1月16日). “チャンネルAJER休養のお知らせ”. 大学では教えられない歴史講義 : 憲政史研究者・倉山満の砦. 2013年6月19日閲覧。
  7. ^ 【水島総】倉山満氏からの訣別宣言について【桜H25/10/3】 - YouTube
  8. ^ チャンネル桜さん、さよなら!倉山満の砦 2013年10月3日
  9. ^ 研究員紹介 希望日本研究所とは希望日本研究所(2013年12月3日時点のインターネット・アーカイブ
  10. ^ 研究トピックス希望日本研究所
  11. ^ 倉山満 (2012年8月3日). “倉山塾開講”. 大学では教えられない歴史講義 : 憲政史研究者・倉山満の砦. 2013年6月19日閲覧。
  12. ^ チャンネルグランドストラテジー(CGS) (2013年4月28日). “いよいよ明日4月29日より!『じっくり学ぼう!日本近現代史』配信スタート”. アメーバブログ. 2011年6月19日閲覧。
  13. ^ 【チャンネルくらら】 倉山 満 開局あいさつ 2013.10.11YouiTube 2013年10月11日
  14. ^ 韓国をけなす本が日本でベストセラーに朝鮮日報 2014年3月2日
  15. ^ 【書評】 『帝国憲法の真実』倉山満著MSN産経ニュース 2014年5月11日
  16. ^ 【倉山満の砦】占領憲法とそれに縛られた改正論議への怒り[桜H25/4/26 - YouTube]
  17. ^ 大学では教えられない歴史講義 : 亡国前夜(最終回)―マッカーサーこそ日本民主制の癌 by kurayama - 憲政史研究者・倉山満の砦
  18. ^ 常識から疑え! 山川日本史朝日新聞出版 dot.(ドット) 2014年1月23日
  19. ^ 倉山 2012b, p. 83
  20. ^ 倉山 2012b, p. 86
  21. ^ 【倉山満】「日中戦争」は「戦争」ではない【桜H23/2/9】 - YouTube
  22. ^ 支持政党?倉山満の砦 2014年8月4日
  23. ^ 綱領次世代の党
  24. ^ 田中氏のツイッターのここを注目せよ倉山満の砦 2014年8月7日
  25. ^ 本日はチャンネルくららブログに倉山満本人が登場!チャンネルくららのブログ 2014年8月8日
  26. ^ 「増税と政局・暗闘50年史」について三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」 2014年4月15日
  27. ^ 例の件に関して倉山満の砦 2014年5月8日
  28. ^ 【倉山満の砦】倉山の志、真正保守に必要な議論の場を【桜H24/11/16】 - YouTube

関連人物[編集]

外部リンク[編集]