藤井厳喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじい げんき
藤井 厳喜
生誕 藤井 昇
1952年8月5日(62歳)
東京都江戸川区小岩
出身校 早稲田大学政経学部卒業
ハーバード大学大学院博士課程修了
職業 大学教員、会社社長

藤井 厳喜(ふじい げんき、本名:藤井昇[1]1952年8月5日 - )は、日本の国際問題アナリスト未来学者評論家。保守派言論人として知られている。

東京学芸大学附属高校卒。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、クレアモント大学大学院修士課程、ハーバード大学大学院博士課程退学。専門は国際政治。

現在、拓殖大学日本文化研究所客員教授、警察大学校専門講師、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。

経歴[編集]

東京都江戸川区出身。大学卒業後、米国クレアモント大学大学院を経て、ハーバード大学政治学部大学院博士課程退学。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て1988年帰国。その後、講演、執筆活動を続けている。

1989年から1992年まで、ラジオ文化放送(JOQR)で「寺島・藤井のジャストミート!!」のパーソナリティー兼ニュースキャスターを務めた。また、明治大学千葉商科大学等で、政治学・国際関係論、英語などの教鞭をとっていた。

米ブッシュ・ジュニア政権誕生を予期し、1999年、岡崎久彦元駐タイ大使、安倍晋三西村眞悟らの協力を得て、日米保守会議を創設。リチャード・アーミテージ元米国務副長官、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁(共に当時は民間人)等を日本に招聘し、日米政界間のパイプ造りに奔走[要出典]

TVコラム『厳喜に訊け!』を中心に、近年はYouTubeなどで、様々なメッセージの動画配信を行っている。不定期で、英語版のニュース解説や、動画配信も公開している。2010年の宮崎県口蹄疫被害も取材、動画を配信した。テレビ朝日「朝まで生テレビ!」やラジオつくば「KENNY’s Project」などのテレビ・ラジオ出演も多い。

2010年2月1日より、『藤井厳喜アカデミー・国民の為の政治学』をNet上で開講した。主に、ゼミ形式の私塾「藤井塾」での専門的な内容や、「政治学」や「国際関係論」など、大学の一般教養過程で教えていた講義を一般公開し、無料配信をおこなう。

2010年7月の第22回参議院議員通常選挙において、たちあがれ日本の比例代表で出馬するも落選。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では日本維新の会より比例代表(中国ブロック)単独(第7位)立候補するも落選。

アメリカ国内の草の根情報等から情勢分析をしている[2]ジョージ・W・ブッシュ政権が、従軍慰安婦問題北朝鮮問題で日本と距離を置き始めた頃から、アメリカに対して距離を置く傾向が見られる[独自研究?]

主張[編集]

  • TPPには反対の立場を取っている[3]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[4]
  • 原子力発電には批判的であったが、2000年代に入ってからは原子力発電への批判は減っていた。2011年3月11日の東日本大震災以降は、改めて原発の問題に再度、反対派の立場から警告を発している(浜岡原発の一時停止等を唱える)[要出典]

歴史認識問題[編集]

人物[編集]

  • 詩人・俳人として『月刊日本』(K&Kプレス)に「俳諧徘徊」を連載。エディット・ピアフ「愛の賛歌」等のシャンソンの新訳詞、オリジナル曲の作詞も多数ある。
  • 好きであり、「地域猫」活動を応援している。2010年7月の第22回参議院議員通常選挙、選挙中も、東京都獣医師会の推薦を受け、地域猫との共生を政策に挙げていた。公式サイトにも「ネコウヨ(猫とネトウヨをかけた造語)」と銘打たれた猫の写真をあしらったバナー画像が多数貼られており、このため選挙の公示前には東京都管理委員会に「猫のイラストを入れたTシャツをスタッフに公示前に着させないように(スタッフが揃って着ると藤井を連想させるため)」と回答されたこともある[8]

インターネット掲示板における誹謗中傷被害[編集]

2010年4月、2ちゃんねるにおいて「藤井は犯罪者。死ね」などと33回にわたり誹謗中傷される事件が起きた。7月に名誉毀損容疑で逮捕された当時23歳の大学生は「2ちゃんねるで藤井氏のことを知り、思想が右翼的で気に入らなかった」と供述した[9]。2010年10月22日の判決公判で、加害者側に下された判決は懲役1年6月執行猶予3年だった。

著書[編集]

  • 『「近未来予測」これからの15年 日本と世界はどう動くか』藤井昇 PHP研究所 1986
  • 『アメリカが日本に仕掛けた情報操作の罠』(はまの出版、1986年)
  • 『これからの15年』(PHP研究所、1986年)
  • 『日本が経済封鎖される日 孤立化の危機をどう乗り越えるか』藤井昇(PHP研究所、1987年)
  • 『国際情勢を読む50のポイント』藤井昇(PHP研究所、1988年)
  • 『ニュー・アメリカン・グローバリズム 日本人よ、G.ブッシュのアメリカを甘く見るな!』藤井昇(新森書房、1989年)
  • 『経済英語に強くなる本 これで国際経済・金融情報がダイレクトに読みこなせる』藤井昇(PHP研究所、1989年)
  • 『ブッシュ・ショックが日本を襲う アメリカを動かすメインストリームの読み方』藤井昇(HBJ出版局、1989年)
  • 『最新アメリカ・キーワード500』(アルク、1990年)
  • 『これからの10年 ポスト冷戦の世界秩序と日本の行方』藤井昇(PHP研究所、1990年)
  • 『湾岸戦争は訴える』(総合法令、1991年)
  • 『日本人は今、何をなすべきか』藤井昇(TBSブリタニカ、1991年)
  • 『世界新力学地図 ポスト冷戦時代の国際情勢を見る視点 Q&Aで読む』藤井昇(PHP研究所、1991年)
  • 『ワンランクアップの英会話』(PHP研究所、1992年)
  • 『謀略の大中華経済圏 日本のチャンスと落とし穴』藤井昇(光文社カッパ・ブックス、1994年)
  • 『ロックフェラー対ロスチャイルド 巨大対立軸のなか、日本の進むべき道を探る!』藤井昇(徳間書店、1994年)
  • 『経済英語に強くなる本〈PART2〉―英文記事を読みこなし、世界の動きをキャッチする!! 』藤井昇(PHP研究所、1994年)
  • 『大予言・世界経済 資本主義は新しい成長パターンに突入した。』藤井昇(風雅書房、1994年)
  • 『何も分っていない日本人』藤井昇(風雅書房、1995年)
  • 『「国家」なき国ニッポン』藤井昇(芙蓉書房、1996年)
  • 『戦後民主主義の幻想』(日新報道、1997年)
  • 『アメリカ株急落、日本株急騰する日』(日新報道、1999年)
  • 『石原慎太郎総理大臣論』(早稲田出版、2000年)
  • 『ジョージ・ブッシュと日米新時代―アメリカの対日政策大転換を読む』(早稲田出版、2001年)
  • 『円の消える日―日本がアメリカの51番目の州になる日』(廣済堂出版、2001年)
  • 『危機の指導者―検証・同時テロと大統領のリーダーシップ』(扶桑社、2001年)
  • 『劣化列島 日本』(廣済堂出版、2002年)
  • 『世界地図の切り取り方』(光文社、2003年)
  • 『新円切替』(光文社、2004年)
  • 『国家破産以後の世界』(光文社、2004年)
  • 『這い上がれない未来』(光文社、2004年)
  • 『「破綻国家」希望の戦略』(ビジネス社、2005年)
  • 『塗り変わる世界地図の読み方―21世紀の大再編が始まる』(ビジネス社、2006年)
  • 『総下流時代』(光文社、光文社ペーパーバックス、2007年)
  • 『米中代理戦争の時代』(PHP研究所、PHPペーパーバックス、2007年)
  • 『2008年日本沈没―誰も語りたがらないシナリオ』(ビジネス社、2007年)
  • 『葬られるサラリーマン』(ベスト新書、2007年)
  • 『這い上がる力』(PHP研究所、2008年)
  • 『ドンと来い! 大恐慌』(ジョルダンブックス、2009年)
  • 『永久国債の研究』(光文社、光文社ペーパーバックス、2009年)
  • 『NHK捏造事件と無制限戦争の時代』(総和社、2009年)
  • 『超大恐慌の時代』(日本文芸社、2011年)
  • 『日本人が知らないアメリカの本音』(PHP研究所、2011年)
  • 『バカで野蛮なアメリカ経済』(扶桑社新書、2012年)
  • 『超大恐慌で世界の終わりが始まる』(日本文芸社、2012年)
  • 『米中新冷戦、どうする日本』(PHP研究所、2013年)
  • 『アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門』(幻冬舎新書、2013年)

共著[編集]

  • 『世界経済大予言 高度情報化社会の幻想』藤井昇, ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ著 光文社カッパ・ブックス 1984
  • 『アメリカが日本に仕掛けた情報操作の罠』藤井昇ほか著 はまの出版 1986
  • 『最新アメリカキーワード500 「日本たたき」から「環境保護」まで英語でダイレクトにアメリカがわかる』藤井昇,森田正英著 アルク 地球人ブックス 1989
  • 『地球危機を救うグローバリズム 地球的民主主義の条件』藤井昇,古沢徳明著 総合法令 1990
  • 『湾岸戦争は訴える 政治・経済そしてグローバリズム』古沢徳明, 藤井昇編著 総合法令 1991
  • 『実践的ワンランクアップの英会話 これでネイティブ・スピーカーも恐くない』藤井昇, ジョン・W.ケーシー著 PHP研究所 1992
  • 『テロから超限戦争へ―すべての場所が戦場となる』(リチャード・メルソンとの共著、廣済堂出版、2001年)
  • 『永久国債の研究 不況克服、財政破綻回避の最終手段』調所一郎,有澤沙徒志,松田学共著 光文社 2009
  • 『日本はニッポン!- 金融グローバリズム以後の世界』(渡邉哲也との共著、総和社、2010年)

翻訳[編集]

  • ジョージ・ブッシュ『私はアメリカを変える』(扶桑社、2000年) -ジョージ・ブッシュ米大統領自伝「A CHARGE TO KEEP」

脚注[編集]

  1. ^ 藤井厳喜プロフィール
  2. ^ 藤井厳喜『日本人が知らないアメリカの本音』(PHP研究所、2011年)
  3. ^ 【藤井厳喜】TPP危機の深層と国益防衛―菅・前原の利己的売国外交[H23/1/23]
  4. ^ 読売新聞2010年参院選 各党候補者アンケート
  5. ^ a b 韓国が国内外で抱える“性”にまつわる不都合な真実(3)「ベトナム国内での問題には謝罪なし」”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2014年3月26日). 2014年7月5日閲覧。
  6. ^ a b 中韓反日現地組織 豪シドニー近郊で慰安婦像設置を仕掛ける」、『週刊ポスト』2014年4月25日号、NEWSポストセブン2014年7月5日閲覧。
  7. ^ “【中国・韓国にこう言い返せ!】 第2回 “南京虐殺”は根拠のない捏造!国民党のでっちあげだ”. 夕刊フジ. (2012年9月20日) 
  8. ^ “蓮舫陣営 公職選挙法違反の疑い”. やまと新聞社. (2010年6月25日). http://www.yamatopress.com/c/1/1/2718/ 2012年2月1日閲覧。 
  9. ^ “国際政治学者をネットで中傷した疑い、北大生を逮捕”. 朝日新聞. (2010年7月24日). http://megalodon.jp/2010-0724-1917-11/www.asahi.com/national/update/0723/TKY201007230610.html 2011年4月5日閲覧。 

外部リンク[編集]