リビング・トリビューナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リビング・トリビューナル
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Strange Tales vol. 1, #157 (1967年6月カメオ出演)
クリエイター スタン・リー
マリー・セベラン
ハーブ・トリンプ
作中の情報
能力 仮想的全能、
全知、
偏在

リビング・トリビューナルLiving Tribunal)は、マーベル・コミックの作品世界に登場するコズミック・エンティティ(宇宙的存在)である。『Strange Tales vol. 1, #157(1967年6月)』にて初登場(ただし、そのときはカメオ出演。完全な全体像が登場したのは次の号)。トリビューナルは、スタン・リーマリー・セベランおよびハーブ・トリンプによって作られた。

来歴[編集]

リビング・トリビューナルは正史世界(アース616)から、分岐宇宙(What Ifなど)やポケット宇宙(アースXなど)など、多元宇宙を構成するすべての世界の調和を監視し、維持するための全能の力を、全能の存在のOne-Above-Allによって与えられている。

リビング・トリビューナルは、必要に応じて地球に現れ、他の宇宙的存在の行動を監視したり、宇宙全体に影響をおよぼすかを判断して判決を下す[1][2][3]

リビング・トリビューナルのパワーは、複数のインフィニティ・ジェムを合わせたものに匹敵、または超えるとも言われ、限り無い[4]タイタンサノスが一度Heart of the Universe(後にそれはOne-Above-Allのパワーを使用するためのものだと明らかになる)と呼ばれるアイテムの使用で宇宙と一体化するときだけ存在が脅かされ、そして、リビング・トリビューナルさえ彼を止めるのにおいて無力であった[5]。トリビューナルは何らかの方法でソーサラー・スープリーム(Sorcerer Supreme、マーベル最高の魔術師)に関連していると思われており、過去にドクター・ストレンジに会っていた。

リビング・トリビューナルには、様々な異世界の要求で判決を分配するMagistratiと呼ばれる知り合いがいることが明らかにされた[6]

外観[編集]

リビング・トリビューナルは便宜上、3つの顔を持った人類に似た姿で顕現する。顔の1つだけが完全に見ることができ、2つ目は部分的に、そして残りひとつは布で完全に隠されている。3つの顔はそれぞれ公平必然、および復讐を表している[7]

過去に一度、トリビューナルは、調和を保つ要因を持った中間者と共に、それらを様々な競争、進化的発展、および二元的な宇宙の力にたとえたことがある。エターニティマスター・オーダーはそれぞれ必然を、デスロード・カオスは復讐を、ギャラクタスイン-ビトウィナーは公平に例えられた。

また、リビング・トリビューナルの4つ目の頭は空間である。リビング・トリビューナルは、「4つ目の頭には、「ストレンジャーの顔があったかもしれない」と主張したことがあった[8]

トリビューナルは、「我々が自分達を裁くように、いつも他人を裁くように思い出させるコズミック・ミラーである」と述べ、完全に覆われた必然の顔をシーハルクに彼女自身の顔の鏡像として啓示した[9]

パワーと能力[編集]

リビング・トリビューナルは無限のパワーを持ち、One-Above-Allに次いでマーベル多元宇宙を絶対的に統制する権威をもつ。

脚注[編集]

  1. ^ Strange Tales #157 - 163 (vol. 1, 1967年1月-12月)
  2. ^ Rom #46 (Apr. 1983); Secret Wars II #6 (1985年12月); Silver Surfer #31 (vol. 3, 1989年12月); Quasar #26 (Sep. 1991)
  3. ^ Warlock and the Infinity Watch #1 (1992年2月)
  4. ^ Warlock and the Infinity Watch #1
  5. ^ Marvel Universe: The End #1 - 6 (2004年)
  6. ^ She-Hulk #7 (vol. 4)
  7. ^ Silver Surfer #31 (vol. 3, Dec. 1989)
  8. ^ Silver Surfer #31 (vol. 3, 1989年12月)
  9. ^ She-Hulk #12 (vol. 4)

外部リンク[編集]