アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 10:30 - 11:00(30分)
放送期間 2017年4月2日 - 2018年3月25日(51回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
企画 中野哲
阿比留一彦
奥野敏聡
川崎由紀夫
久保雅一
斎藤清美
森広貴
製作総指揮 鴻巣崇
監督 三池崇史(総監督)
原作 タカラトミーOLM
脚本 藤平久子
松井香奈
青木万央
プロデューサー 村松紗也子
遠藤哲哉
坂美佐子
出演者 内田亜紗香
足立涼夏
小田柚葉
薄倉里奈
西山未桜
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
オープニング #主題歌参照
エンディング #主題歌参照
外部リンク アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!
テンプレートを表示

アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(アイドルせんし ミラクルちゅーんず、: Idol x Warrior Miracle Tunes!ミラちゅー[注 1]は、2017年4月2日から2018年3月25日までテレビ東京系列全6局にて放送された少女向け特撮テレビドラマ。総監督は三池崇史。キャッチコピーは「ライブスタート!悪いハートをチューニング!!」。

概要[編集]

タカラトミー小学館の少女向け漫画誌『ちゃお』と女児向け雑誌『ぷっちぐみ』が共同で企画したもので、LDHのバックアップのもと「テレビドラマ主役オーディション」を行った[1][2]

2016年8月、主役の3人と作品名が発表された[3]。2017年1月17日に製作記者発表会が行われた[4]

劇中の歌とダンスの監修はEXPGが担当している[4][2][5]

『ちゃお』と『ぷっちぐみ』でコミカライズ連載される[4][6][5]

2018年1月には『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』製作発表の場で三池総監督がイタリアでリメイクする事を明かしている[7]

ストーリー[編集]

人間界とは異なる世界である音楽の国。この国には持つ者に不思議な力を与える『サウンドジュエル』と呼ばれる宝物があった。これに目をつけた世界征服を企む魔王は毒毒団を率いて、音楽の国を支配し『サウンドジュエル』を奪った。魔王はこの宝物を悪に染めて『ネガティブジュエル』へ変質させ、それを拾った人々が悪に染められることとなった。これを救うべく妖精リズムズであるポップン、ロッキー、くらのすけが人間界に行き、3人のアイドルユニット『miracle2』(ミラクルミラクル)とともに、アイドル×戦士『ミラクルちゅーんず!』を結成する。世界の平和を守るため『サウンドジュエル』の力を用いたダンスや歌の力で悪を倒し、『ネガティブジュエル』を清め、元の『サウンドジュエル』に戻し、取り返していく[8][9][10][11]

登場人物[編集]

ミラクルちゅーんず![編集]

miracle2(ミラクルミラクル)[編集]

ラズベリーミュージック所属のアイドルグループ。芸能活動の傍ら「アイドル戦士ミラクルちゅーんず!」として魔王の野望を阻止するために戦っている。世界アイドルバトルでは日本代表として出場。アイドル戦士であることは秘密にされていたが、第49話でカノンがmiracle2の正体がミラクルちゅーんず!であることを明かした。
一ノ瀬 カノン(いちのせ カノン)
演 - 内田亜紗香
主人公。miracle2のメンバーであり、ミラクルちゅーんず!の団長。おっちょこちょいだが、明るく元気な小学6年生。寮での生活ではいつも朝寝坊している。11月18日生まれ。イメージカラーはピンク
神咲 マイ(かんざき マイ)
演 - 足立涼夏
miracle2のリーダー。しっかり者のトップアイドル。ミラクルちゅーんず!の中では一番お姉さん。他の二人より先にアイドル戦士として活動している。母が亡くなっているため父子家庭で、父はウィーンに単身赴任中。中学2年生。9月23日生まれ。イメージカラーは
橘 フウカ(たちばな フウカ)
演 - 小田柚葉
miracle2のメンバー。クールな天才ダンサー。両親は医師で、日本を離れて危険な地域[注 2]で働いている。現在は祖父母との3人暮らしである。中学1年生。1月13日生まれ。イメージカラーは水色

カリカリ[編集]

miracle2の最大のライバルグループ。miracle2と同じラズベリーミュージック所属。グループ名の由来は、2人とも名前が「カリ」で終わることから。第14話でmiracle2の代わりに毒毒団に立ち向かい、その際に覚醒し2人同時にミラクルちゅーんず!の一員になり、またmiracle2にも新メンバーとして加入した。
白鳥 アカリ
演 - 薄倉里奈[12]
ヒカリの姉。負けず嫌いで時には厳しい発言をすることもあるが、根は仲間思い。中学1年生。4月2日生まれ。イメージカラーは金色
白鳥 ヒカリ
演 - 西山未桜[12]
アカリの妹。プロ意識が非常に高いが、プライベートではかなりのマイペース。中学1年生。3月28日生まれ。イメージカラーは銀色

miracle2の関係者[編集]

柚原 真弓(ゆずはら まゆみ)
演 - 小野真弓
miracle2のマネージャー。miracle2を温かく見守っている。元アイドルで、アイドル戦士でもあった。
コジロー
演 - 大鶴佐助
miracle2のメイクアップを担当。普段はオネエキャラだが、実は元不良でキレると別人のように恐ろしくなる。
鈴原 雪江(すずはら ゆきえ)
演 - 雛形あきこ
miracle2を世話をする寮母。実は音楽の国の妖精だったことが最終話で明かされた。本来の姿は非常に小さい。
澤登 和也(さわのぼり かずなり)
演 -
miracle2の音楽プロデューサーを担当。

音楽の国[編集]

音楽の女神
演 - 舞羽美海
音楽の国を統治する女王。マイの母が死後に転生した姿である。

妖精リズムズ[編集]

ポップン
- 日野まり
カノンの相棒である妖精。ポップ・ミュージックが好きなピンク色のリズムズ。語尾に「~プン」をつけて話し、「ブラボーだプン!」が口癖。
ロッキー
声 - 平口茉悠子
マイの相棒である妖精。ロックが好きな色のリズムズ。荒っぽい口調で話し、「ロックだぜ!」が口癖。
くらのすけ
声 - 森優子
フウカの相棒である妖精。クラシック音楽が好きな水色のリズムズ。丁寧な口調で話し、「エクセレントでございます!」が口癖。
アルム
声 - 吉元れいか
アカリの相棒である妖精。女神様を警護する金色のリズムズ。お嬢様のような口調で話す。
ソプラ
声 - 森永千才
ヒカリの相棒である妖精。女神様を警護する銀色のリズムズ。語尾に「~の」をつけて話す。

闇の世界[編集]

魔王
演 - ジェームス・ジラユ英語版
闇の世界の王。第1話でクリスタルメロディボックスを破壊し、音楽の国を支配した張本人。女神の力で封印されていたが、クリスタルジュエルボックスが復元されたと同時に封印を破り復活。新たな魔物を生み出して人々から「音楽を楽しむ心」を奪い始める。
第49話ではデラックス毒毒団のイリュージョンで降臨。地球全体をネガティブオーラで覆い、ミラクルちゅーんずを苦戦させるが、毒毒団の裏切りで48個のサウンドジュエルがミラクルちゅーんずの手に全て渡ったことで形勢が逆転。『祝福の歌』によってチューンアップされ、敗北・消滅した。
最終話では復活・改心し、アイドルグループ「ワクワク団」のリーダーとして元毒毒団のメンバー達を率いていることが明かされた。
ウノー/サノー
演 - 把瑠都
魔王の力で新たに誕生した二人組の巨漢の魔物。ヘッドギアに、それぞれ「うのう」「さのう」と書かれている。音楽の国に通じる鏡を破壊し、さらにスーパーネガティブジュエルを東京近郊にばらまいた。ウノーはパワーで、サノーは瞬間移動でミラクルちゅーんず!を苦しめたが、ファイナルモードに変身したミラクルちゅーんず!の5人に『クリスタルチューンアップ』でチューンされた事で正体を現した。正体はウノーが亀、サノーが兎。

毒毒団[編集]

魔王配下の三人組。ネガティブジュエルを使って、特定の人間を怪人状態に変え、街を混乱に陥れている。第21話でカノンたちの寮に侵入した騒動が原因で住居侵入などの疑いで指名手配される(これ以降miracle2が所属する事務所があるビルの玄関に立っている看板に毒毒団のメンバーの似顔絵が書かれた指名手配のビラが3枚貼られるようになる)。後に魔王から「次が最後だ」と用済みを言い渡され、第28話でウノーとサノーにアジトを追い出され一時は解散したが、ウノーとサノーがミラクルちゅーんず!の5人に倒されたことにより第35話で再結成し、魔王は「デラックス毒毒団」と名付ける。
最終話では改心し、アイドルグループ「ワクワク団」となった姿が描かれた。
溝落 健二(みぞおち けんじ)
演 - 深水元基
毒毒団のメンバーの団長。ネガティブジュエラーを生み出す毒毒団をまとめている。
根地替 女史(ねちがえ じょし)
演 - 鳥居みゆき
毒毒団の紅一点のメンバー。寝ているといつも首を寝違えてしまうおかっぱヘアーの魔女。
小村返 博士(こむらがえり はかせ)
演 - 冨浦智嗣
毒毒団のメンバーの博士で、使えない発明ばかり作っている。

町の人々[編集]

一ノ瀬家[編集]

一ノ瀬 ミキ
演 - 三津谷葉子
カノンの母親。
一ノ瀬 永吉
演 - 出合正幸
カノンの父親。
一ノ瀬 ソラ
演 - 岡本拓真
カノンの弟。

神咲家[編集]

神咲 征太郎
演 - 黄川田将也
マイの父親。世界的指揮者。
神咲 安祐美
演 - 舞羽美海[注 3]
マイの母親。世界的ピアニストであったが、病没。

橘家[編集]

橘 サダオ
演 - 佐藤蛾次郎
フウカの祖父。
橘 フミコ
演 - 榊原るみ
フウカの祖母。

私立アンジー学園[編集]

私立アンジー学園は小等部から高等部まであり、カノンは小等部、マイ・フウカは中等部に通っている。

桜井 智樹
演 - 川岡大次郎
カノンのクラス担任。
栗原 リョウ
演 - 中川翼
カノンのクラスメイト。役者をやっている。
芹沢 ユンタ
演 - 笹原尚季
カノンのクラスメイト。
ルドルフ・レイン
演 - ナイトアンドリュー
カノンのクラスメイト。アカリの熱狂的なファン。
玉川 エリナ
演 - 須田琥珀
カノンのクラスメイト。

ミラクルちゅーんず!の設定[編集]

カノン、マイ、フウカ、アカリ、ヒカリの5人組アイドルユニット「miracle2」は、音楽の国の妖精リズムズにより、アイドル戦士「ミラクルちゅーんず!」に変身する。

5人全員共通で、「ジュエルセット!」の掛け声でカノン・マイ・フウカは「ミラクルポッド」アカリ・ヒカリは「ミラクルブレス」に変身用のサウンドジュエル「アイドルジュエル」を装填し、「ライブスタート!」の掛け声で、それぞれ順番に、「コールミー○○(変身するメンバーの名前)!」の掛け声で、それぞれメンバーに沿った違ったダンスを踊りながら変身する[9]。第27話以降は変身バンクが大幅に短縮。変身後は全員で「私たち、アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!悪いハートをチューニング!!」と名乗ってポーズをとるようになる。その際の立ち位置は当初は向かって左からマイ・カノン・フウカの順に立ち、アカリとヒカリは加入後にヒカリはマイの隣に、アカリはフウカの隣に立つ。また変身後に別のサウンドジュエルを使用することでフォームチェンジし、敵に合わせて戦い方を変えることもできる。

変身後の基本的な流れは、敵をひるませたところで全員共通のダンスシーンとなり、このダンスによって放たれた必殺技「ミラクルチューンアップ」によって敵が浄化され元の人間に戻る。同時に体を乗っ取っていたネガティブジュエルが飛び出し、サウンドジュエルの状態に戻り回収される。(この際に、サウンドジュエルを変身アイテムにセットすることで、妖精がそのサウンドジュエルの情報を解説し、ミラクルちゅーんずは「○○ジュエル、ゲット!」と掛け声をあげている)

関連アイテム[編集]

ミラクルミラクル[編集]

ミラクルポッド
スマホの形状をした変身アイテム。 これにサウンドジュエルをセットする。
ミラクルタクト
前端部に天使の羽付きのト音記号のついたタクト型の武器アイテム。

これにサウンドジュエルをセットして、音楽のパワーをタクトに込めてから、「ミラクルチューンアップ」を放つ。

カリカリ[編集]

ミラクルブレス
ブレスの形状をした変身アイテム。

これにサウンドジュエルをセットする。

ミラクルタンバリン
タンバリン型の武器アイテム。相手の攻撃を防ぐことができる。ただし強敵の登場で破られることも多くなっている。

共通[編集]

サウンドジュエルケース
サウンドジュエルを収納するためのケース。
クリスタルメロディボックス
ファイナルモードの変身に必要であり、クリスタルジュエルをセットすれば変身できる。サウンドジュエルケース同様サウンドジュエルを収納できる。
サウンドジュエルペンダント
アイドル戦士達が普段から身に付けているペンダント。

作中用語[編集]

サウンドジュエル
音楽の国に守られていた宝石。世界の平和を奏でる『祝福の歌』を必要とする宝物であるクリスタルメロディボックスの中に収められている。全部で48個ある。
ネガティブジュエル
魔王の力で変質したサウンドジュエル。このジュエルを拾ったり取り憑かれた人々は怪人「ネガティブジュエラー」となり、突如怒り出したり悪さをする他、「ネガティブオーラ」というオーラを周囲に振りまく。魔王はこのジュエルを使い『破滅の歌』を作り上げようとしている。
音楽の国
音楽の女神や妖精リズムズたちが住む世界。中心に位置する宮殿は雪だるまのような構造であり、頂上部には金色のト音記号が記されている。過去では魔王に支配されていたが魔王をチューンアップしたことにより魔力が消え、元の姿になった。
ミラクルチューンアップ!
マイたちがネガティブジュエラーからネガティブジュエルを追い出しサウンドジュエルに戻す(清める)際の決め台詞。「アンコールはお断り」と続く時も。
チューンアップされたネガティブジュエルから出てきたネガティブオーラは、♪の形をした大量のクジラのような生き物(正式名称不明)によって食べつくされる。
クリスタルチューンアップ!
ファイナルモードに変身したミラクルちゅーんず!の5人がネガティブジュエラーからネガティブジュエルを追い出しサウンドジュエルに戻す(清める)際の決め台詞。「ミラクルチューンアップ!」と同様「アンコールはお断り」と続く時も。

スタッフ[編集]

  • 原作 - タカラトミー、OLM
  • 掲載 - ぷっちぐみ、ちゃお、幼稚園めばえ(小学館)
  • 総監督・監督 - 三池崇史
  • 監督 - 山口義高、横井健司、西海謙一郎、倉橋龍介
  • 企画 - 中野哲(タカラトミー)、阿比留一彦(電通)、奥野敏聡(OLM)、川崎由紀夫(テレビ東京)、久保雅一(小学館)、斎藤清美(ShoPro)、森広貴(LDH JAPAN)
  • エグゼクティブプロデューサー - 鴻巣崇(タカラトミー)
  • プロデューサー - 村松紗也子(テレビ東京)、遠藤哲哉(電通)、坂美佐子(OLM)
  • 制作プロデューサー - 井上文雄前田茂司(楽映舎)、奥野邦洋(第27話 - )
  • アソシエイトプロデューサー - 飯村太一、荒木めぐみ、大島満、廣部琢之(テレビ東京)、沢辺伸政、山田成彦→山守貴子、木島康
  • プランニングマネージャー - 横山拓也、亀山公亮(途中から)、古市直彦、山田唯莉子(テレビ東京)、勝山健晴、箕浦綾子、田村絵梨奈
  • コンセプトストーリー - 中村雅
  • シリーズ構成・脚本 - 藤平久子
  • 脚本 - 松井香奈、青木万央
  • キャラクタースーパーバイザー - 前田勇弥
  • ヘアメイクディレクション - 冨沢ノボル
  • ダンス監修 - expg
  • 音楽 - 遠藤浩二
  • 音楽プロデューサー - 舩橋宗寛
  • 音楽協力 - テレビ東京ミュージック
  • 助監督 - 植木美帆→久保田博紀→平野勝利
  • アクションコーディネーター - 高槻祐士
  • 撮影 - 南秋寿
  • 照明 - 渡部嘉→佐藤俊介
  • 録音 - 土屋和之→治田敏秀、中村雅光
  • 編集 - 真木和恵→目見田健(J.S.E
  • セットデザイナー - 坂本朗
  • 美術 - 前田陽
  • VFX・CG - OLM DIGITAL
    • VFXプロデューサー - 徳重実
    • VFXスーパーバイザー - 中島征隆
    • 協力スタジオ - AstroBros、トランジスタ・スタジオ、イマジナリーパワー、tsumiki、スピード、4Dブレイン、GIFT、AnnexDigital、Drawiz、コラット、神央薬品
  • 衣装造型監修 - 石野大雅
  • 技術協力 - 映広ザ・チューブ
  • ラインプロデューサー - 小松俊喜、青木智紀
  • キャスティングプロデューサー - 杉野剛
  • 制作協力 - 楽映舎
  • 制作プロダクション - OLM TEAM MIIKE
  • 製作 - テレビ東京、電通、OLM

楽曲[編集]

主題歌[編集]

使用箇所 曲名 作詞 作曲 編曲 使用話数 補足
オープニングテーマ Catch Me! PENGUINS PROJECT・Ryo-chang CLARABELL miracle2 from ミラクルちゅーんず! 1 - 26 [注 4]
天マデトドケ☆ ichi ichi/小高光太郎 小高光太郎 27 - 51
エンディングテーマ ハートのジュエル♡ 岩見直明 CLARABELL 1 - 14 [注 5][13]
JUMP! Kyota. 15 - 26
Happy 上田ゆう子 石川陽泉 27 - 40
まわれ☆まわれ koshin 41 - 51

挿入歌[編集]

曲名 作詞 作曲 編曲 話数
パラレルWorld 増谷賢 カリカリ 11、13、14、24
KIRA☆TUNE 安楽謙一、Ryo-chang、久猫あむ、Ryo Ito Ryo-chang カノン 43

放映リスト[編集]

2018年2月25日は平昌五輪フィギュアスケートエキシビション中継のため休止[14]。 ゲストキャラクター欄の斜体表記は、ネガティブジュエラーになったキャラクターおよびキャストのうちゲストではない者

放送日 話数 サブタイトル ゲストキャラクター サウンドジュエル ネガティブジュエラー 脚本 監督
2017年4月2日 1 誕生!アイドル戦士ミラクルちゅーんず! バイオリン ヒステリス 藤平久子 三池崇史
4月9日 2 新たな戦士は天才ダンサー ピアノ コエガレー
4月16日 3 ワクワク!アイドル活動始まる サンバ カタコリヤネン 倉橋龍介
4月23日 4 ドキドキ!デビューイベント マンボ ネコジター 松井香奈
4月30日 5 届け私の思い!大切な人に花束を トランペット テアレギミー 西海謙一郎
5月7日 6 マイのトラブルクッキング フルート クビッタケー
5月14日 7 カノン、密着取材で大ピンチ! フォーク ホネオリゾン 青木万央
5月21日 8 目指せ!オシャレアイドル ヒップホップ ネグセリン 藤平久子
5月28日 9 ヒップホップジュエルでチューンアップ! ロック ヨーワン&ヨーツー 松井香奈 山口義高
6月4日 10 ロックジュエルでパパを救え! テクノ ミミザワリー
6月11日 11 ライバル登場!テクノジュエルで未来を掴め! レゲエ センリガン 藤平久子
6月18日 12 カリカリからライバル宣言 カスタネット スネカジリー 青木万央
6月25日 13 決戦へのプレリュード サルサ タイシボー 西海謙一郎
7月2日 14 新たな戦士誕生!奇跡のハーモニー ワルツ キキミミタテッチ 藤平久子
7月9日 15 新生・ミラクルミラクルの記者会見 バラード タベスギー
7月16日 16 響け!ヒカリのタンバリン マラカス アノーテコノーテ 松井香奈 横井健司
7月23日 17 新曲ライブで大パニック! 演歌 コワオモテー 青木万央 西海謙一郎
7月30日 18 演歌ジュエルでチューンアップ! ホルン ヤナギゴシー 横井健司
8月6日 19 花火大会で恋の予感!? ドラム ワガモノガオーズ 松井香奈
8月13日 20 お化けでドッキリ夏合宿 パンク ノドボトケー 青木万央
8月20日 21 爆笑!?お笑いオーディション ハーモニカ クチビルプルルン 藤平久子
8月27日 22 コジローさんを取り戻せ! メタル ホーフクゼットーカー
9月3日 23 まさか!?柚原さんがチューンアップ? マーチング ハラドッケー 松井香奈 西海謙一郎
9月10日 24 カノン、アートにめざめる! オカリナ シンビガン 青木万央
9月17日 25 ママのケーキが大ピンチ! オペラ ムシバァ&サシバァ 松井香奈
9月24日 26 クリスタルメロディボックス復活! なし 藤平久子
10月1日 27 取り戻せ!5つのクリスタルジュエル タンゴ ウデキキコックン 横井健司
10月8日 28 さらば、毒毒団!新たな敵の登場 クリスタル(マイ) ジンゾー
10月15日 29 ヒカリ、山ガールで大ピンチ! クリスタル(ヒカリ) カンゾー 松井香奈 倉橋龍介
10月22日 30 港で演歌 So cool! クリスタル(アカリ) スイゾー 横井健司
10月29日 31 最後のクリスタルジュエル クリスタル(カノン&フウカ) ヒゾー&シンゾー

W
青木万央 倉橋龍介
11月5日 32 5つの力!クリスタルチューンアップ (なし) ウノー
11月12日 33 大ピンチ!ファイナルモードに変身できない?
  • サノー(把瑠都)
(なし) サノー 藤平久子
11月19日 34 カノンにサプライズ大作戦! なし 横井健司
11月26日 35 復活、帰ってきた毒毒団! たいこ フトコロガッタナー 松井香奈
12月3日 36 雪江さんは大女優!?
  • 姫永ルリ子(雛形あきこ)
クラシック ナキボクロー
12月10日 37 ダンスバトルでチューンアップ! フラメンコ チドリアシー 青木万央 西海謙一郎
12月17日 38 守れ!みんなのクリスマス ハンドベル ヨクノカワツッパリー
12月23日[15] 39 心を満たすクリスタルチューンアップ! なし
12月24日 40 アイドル戦士テストに挑戦! 倉橋龍介
2018年1月7日 41 魔王登場!最大のピンチ! 藤平久子
1月14日 42 決戦!マネージャーVSマネージャー!? ジャズ ドクゼッツー 青木万央
1月21日 43 取り戻せ!5人のハーモニー
  • 二宮キリコ(天野柚希)
ポップ マユツバモン 山口義高
1月28日 44 フウカ、ダンスでアメリカデビュー!? ボサノヴァ ヘラズグチー
2月4日 45 マイのスイートバレンタイン チェロ ムネキュンキュン 松井香奈 横井健司
2月11日 46 オーノー!仲良し姉妹の大ゲンカ トライアングル ダイコンアッシー
2月18日 47 目指せアイドル世界一!
  • デラックス毒毒団
なし 藤平久子
3月4日 48 完成!毒毒団の最終兵器 なし 松井香奈 西海謙一郎
3月11日 49 いざ!アイドルバトルで最終決戦
  • 魔王(ジェームス・ジラユ)
藤平久子 山口義高
3月18日 50 響け!奇跡のハーモニー 山口義高
横井健司
西海謙一郎
倉橋龍介
3月25日 51 ミラクルちゅーんず!は永遠に なし 山口義高

放送局[編集]

日本国内での放送[編集]

テレビ東京系列 / 放送期間および放送時間[16]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [17] 備考
2017年4月2日 - 2018年3月25日 日曜 10:30 - 11:00 テレビ東京 関東広域圏 製作局
テレビ北海道 北海道
テレビ愛知 愛知県
テレビ大阪 大阪府
テレビせとうち 岡山県・香川県
TVQ九州放送 福岡県
2017年7月24日 - 月曜 19:00 - 19:30 キッズステーション 日本国内 CS放送
2017年10月3日 - 2018年4月3日 火曜 17:00 - 17:29 BSジャパン 日本全域 BS放送[注 6]
テレビ東京系列の地上波6局のみ字幕放送対応。同時ネット局も含め特番編成などにより放送時間が変更される場合がある。
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[18]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2017年4月3日 - 2018年3月31日 月曜 12:00 更新 あにてれしあたー 有料配信
第1話・最新話1週間無料

日本国外での放送[編集]

タイのチャンネル3SDチャンネル28『WAKUWAKU JAPAN HOUR』内で5月14日から毎週日曜日午前10時(タイ時間)からタイ語吹替で放送されていたが、編成の都合上で2018年3月で打ち切り。ただしジラユの出演シーンは日本語でそのまま放送し、タイ語字幕で対応されている。

韓国では『미라클멜로디!ミラクルメロディー!)』というタイトルで2018年3月21日からトゥーニバースにて放送中。関連商品は原作と同じタカラトミーではなく、アカデミー科学より発売。

特別番組[編集]

メイク ア ミラクル~ミラクルちゅーんず!ができるまで~
2017年9月1日の7:30 - 8:00にテレビ東京系列にて放送された特別番組。番組ではテレビドラマ主役オーディションの模様からちゃおちゃおTV!では公開されなかったアカリとヒカリの素顔、メイキング映像を中心に放送された。ナレーションは志摩淳

関連商品[編集]

漫画[編集]

いずれも小学館が発行する雑誌で連載。

ちゃお 版
アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず! 〜キラキラフィーバー☆LIVE〜』 - 『ちゃお』、2017年5月号(4月3日発売)~2018年2月号。作画は小倉あすか
ぷっちぐみ 版
アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず! 〜ゆめのハーモニー〜』 - 『ぷっちぐみ』、2017年5月号(4月15日発売)~2018年4月号。作画はハラミユウキ

小説[編集]

本編第1話から4話までのストーリーを小説のために松井が再構成している。

コンピュータゲーム[編集]

ミラクルちゅーんず!ゲームでチューンアップ!だプン!
ニンテンドー3DS用ゲームソフトとして、フリューより2017年11月9日にパッケージ版・ダウンロード版とともに発売。

アイドルグループ『miracle2[編集]

miracle2 from
ミラクルちゅーんず!
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP、アイドル
活動期間 2017年4月 - 2018年3月
レーベル Sony Music Associated Records
公式サイト http://miracle2.jp/
メンバー 神咲マイ
一ノ瀬カノン
橘フウカ
白鳥アカリ
白鳥ヒカリ

本番組のために結成されたアイドルユニット。主題歌の歌唱のほかに、全国各地で開催のイベントに参加する。本編では(設定上)ラズベリーミュージック所属だが、所属レーベルはテレビドラマ主役オーディションで協力したソニー・ミュージック。メンバー5人はEXPG STUDIOの生徒である[19]。2018年3月のスペシャルライブをもって「音楽の国」に行くことになり、実質上解散した。

メンバー[編集]

  • 神咲マイ(足立涼夏)
  • 一ノ瀬カノン(内田亜紗香)
  • 橘フウカ(小田柚葉)
  • 白鳥アカリ(薄倉里奈)
  • 白鳥ヒカリ(西山未桜)

オリジナル曲[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号
初回限定盤 通常盤
1st 2017年6月21日 Catch Me! AICL-3370
AICL-3371
AICL-3372
AICL-3373
AICL-3374
AICL-3375
2nd 2017年9月27日 JUMP! AICL-3396
AICL-3397
AICL-3398
3rd 2017年12月20日 天マデトドケ☆ AICL-3446
AICL-3447
AICL-3448

イベント[編集]

  • 「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」デビューイベント
2016年8月21日、パシフィコ横浜で開催された「ちゃおサマーフェスティバル2016」(以下ちゃおサマフェスと略)で開催。
  • 「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」第1話先行試写会
2017年3月20日、浜離宮朝日ホールで第1話の先行試写会を事前応募の中から抽選で300人を招いて開催。主演3人による主題歌及び決め技ダンスを披露した。
  • 「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」パフォーマンスショー&「Catch Me!」リリースイベント
2017年5月から6月に梅田東浦札幌土浦東京名古屋福津西宮あべの幕張で開催。なお梅田はパフォーマンスショーのみ、土浦と名古屋、西宮、あべの、幕張ではリリースイベントのみ実施。またこれとは別に6月1日、東京おもちゃショーにて新メンバー(アカリ・ヒカリ)お披露目ステージが開催され、同4日のパブリックデーにもパフォーマンスショーを開催した。8月19日、ちゃおサマフェス(パシフィコ横浜)に出演。9月にはタイ・バンコクでのジャパンエキスポインタイランド(サイアムパラゴン)に出演。また10月22日にはサンリオピューロランド「こすぷれふぇすた8」にも出演。12月27日も同所でライブイベントを実施
  • 「JUMP!」リリースイベント
2017年9月から10月に木曽川高崎越谷東京、西宮、佐賀筑紫野で開催。
  • 「天マデトドケ☆」リリースイベント
2017年10月から12月に昭島横浜金山倉敷、土浦、立川、あべの、木曽川、北九州大牟田与野などで開催。
10月19日に新宿ReNYで開催。共演はつばきファクトリー東京女子流RYUTist
2018年1月から2月に泉南、高崎、久喜、立川、名古屋守山、佐賀、福岡平塚相模原、西宮、東京などで開催。
  • 「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」シークレットイベント
2018年3月21日、ニッショーホールでミラクルちゅーんず関連おもちゃ購入者の中から抽選で500組1000人(2回公演)を招いて開催。
  • 『miracle2 SPECIAL LIVE』
2018年3月に東名阪のZeppで各2回公演。東京公演はmagical2との共演があり、その模様は『愛について♡』期間限定盤に収録予定

その他[編集]

2018年3月4日放送NHK総合『シブヤノオト』では、テレビ東京以外の番組では唯一出演。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ロゴでは「!」は「♪」に見える造形となっている。
  2. ^ 12話でアフリカと判明。
  3. ^ ノンクレジット扱い
  4. ^ 第15話以降の放送では、アカリとヒカリが加わった「パワーアップバージョン」として流れているほか、OP映像も一部変更されている。
  5. ^ 第1話の放送では、マイのソロライブパートにて、またカノンのオーディションの際に使われた。
  6. ^ 初回は前半26話をダイジェストにまとめた総集編方式で放送。そのため、第27話より放送開始。

出典[編集]

  1. ^ テレビドラマ主役オーディション -あなたもテレビドラマの主役になろう!!-”. テレビドラマ主役オーディション運営事務局 (2016年6月21日). 2016年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月16日閲覧。
  2. ^ a b 女児向け特撮ドラマ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』制作発表会見が開催! 歌とダンスも披露!!”. 超!アニメディア. 学研 (2017年1月18日). 2017年2月25日閲覧。
  3. ^ 来年春から放送開始!テレビドラマ主役オーディション結果発表!”. ちゃおランド. 小学館 (2016年8月3日). 2016年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c “今までにない新実写特撮シリーズ!“ライブ型NEW特撮ヒロインストーリー”「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」 放送開始決定!2017年4月、テレビ東京系にて放送スタート” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年1月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000023619.html 2017年1月26日閲覧。 
  5. ^ a b 三池崇史が総監督、女児向け特撮『ミラクルちゅーんず!』がテレ東で放送”. CINRA.net. CINRA (2017年1月17日). 2017年2月25日閲覧。
  6. ^ 三池崇史の女児向け特撮「ミラクルちゅーんず!」、3人のヒロインが衣装で登場”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年1月17日). 2017年2月25日閲覧。
  7. ^ 女児向け特撮ドラマ第2弾「マジマジョピュアーズ!」 三池崇史総監督「イタリアでリメイク」映画.com 2018年1月31日配信
  8. ^ ストーリー”. アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!. テレビ東京・あにてれ (2017年2月15日). 2017年2月25日閲覧。
  9. ^ a b アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず! - 公式YouTubeチャンネル
  10. ^ サウンドジュエルとは”. アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!. タカラトミー (2017年2月25日). 2017年2月25日閲覧。
  11. ^ 作品概要”. アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!. ミラクルちゅーんず!製作委員会 (2017年2月1日). 2017年2月25日閲覧。
  12. ^ a b 小野真弓、内田亜紗香らの成長に「キュンキュン」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2017年6月2日). 2017年6月2日閲覧。
  13. ^ 公式hpのDVD紹介ページの収録内容⑥による http://miracletunes.jp/book/
  14. ^ ピョンチャン(平昌)オリンピック民放テレビの取り組み概要について(一財)日本民間放送連盟
  15. ^ 年末特番のため曜日変更。
  16. ^ 放送局情報”. あにてれ. テレビ東京. 2017年4月2日閲覧。
  17. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  18. ^ アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!”. あにてれしあたー. テレビ東京. 2017年4月10日閲覧。
  19. ^ miracle² 3月末に待望のワンマンライブ『miracle² SPECIAL LIVE』開催決定!!”. expg. 2018年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 日曜10:30 - 11:00枠
前番組 番組名 次番組
出没!アド街ック天国
※再放送
※10:30 - 11:25
(2016年4月3日 - 2017年3月26日)
【ここまでローカルセールスのバラエティ枠】
アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!
【これのみネットワークセールスの特撮ドラマ枠】
ふるさと 日本の昔ばなし セレクション
(2018年4月8日-)
【ここから『ヘーベルハウス劇場』のアニメ枠】
テレビ東京系 ガールズ×ヒロイン!シリーズ
(プロジェクト始動前)
アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!