WAKUWAKU JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WAKUWAKU JAPAN株式会社
WAKUWAKU JAPAN Corporation
Japanese overseas broadcaster WakuWaku logo
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0051
東京都港区赤坂一丁目7-1
赤坂榎坂ビル7F
設立 2015年5月1日
業種 情報・通信業
代表者 代表取締役社長 川西将文
資本金 55億円
主要株主 スカパーJSAT 60%
海外需要開拓支援機構 40%
外部リンク http://www.wakuwakujapan.com/ja/
テンプレートを表示

WAKUWAKU JAPAN(ワクワク・ジャパン)は、スカパーJSATグループに属する番組供給事業者のWAKUWAKU JAPAN株式会社による、日本のテレビ番組群を日本国外のテレビ局向けに編成、供給する専門チャンネルである。

概要[編集]

近年の東南アジアでは外国語番組のチャンネルコンテンツを増やしてきているが、日本の番組は、アジアのマーケットでは存在感が薄く、日本の優れた番組を提供する機会を作ることをめざし、日本の伝統文化を広く伝えつつ、日系企業のアジア進出のきっかけになるようにと、スカパーJSAT株式会社が2014年2月22日に開始した。

2015年7月1日、スカパーJSATは本チャンネルの事業を官民ファンドの株式会社海外需要開拓支援機構(通称:クールジャパン機構)より支援を得て新設したWAKUWAKU JAPAN株式会社へ譲渡した。

開局当初はインドネシアでスタート。番組は現地の人たちに向けた番組を提供。開局前に事前に興味のあるコンテンツについてのアンケートを取って、「ドラマ」「アニメ」「紀行番組」などを充実させている。番組は現地制作のオリジナル番組のほか、スカパー!を含めた各放送局が制作した番組を提供している。現在は(2017年度)インドネシアをはじめ、ミャンマーシンガポールタイ王国台湾スリランカベトナムモンゴルの8カ国で番組を放映中。2020年までには32カ国でサービスエリアの拡大をすることを目指している。

外部リンク[編集]

出典[編集]