イオンエンターテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワーナー・マイカルから転送)
移動: 案内検索
イオングループ > イオンエンターテイメント
イオンエンターテイメント株式会社
AEON ENTERTAINMENT CO.LTD
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-0091
東京都港区台場二丁目3番1号 トレードピアお台場10F
設立 1991年10月8日
(株式会社ワーナー・マイカル)
業種 サービス業
事業内容 シネマコンプレックスの運営など
代表者 大島学(代表取締役社長)
資本金 10億円
主要株主 イオン株式会社 100%
関係する人物 ジェリー・ブラック(代表取締役会長)
ミラード・L・オゥクス(元代表取締役社長)
外部リンク http://www.aeoncinema.com/
テンプレートを表示

イオンエンターテイメント株式会社イオングループの映画興行会社。株式会社ワーナー・マイカルとして設立され、2013年7月1日イオンシネマズ株式会社を合併し、現社名に変更した。日本国内で最多のスクリーン数を運営する。合併以前はワーナー・マイカル・シネマズの屋号でシネマコンプレックスを運営していたが、合併以降はイオンシネマズが運営していたイオンシネマの屋号に統一した。

歴史[編集]

※合併前のワーナー・マイカルおよびイオンシネマズの歴史の詳細はそれぞれの項目を参照。

改称後のイオンシネマ
(イオンシネマみなとみらいにて)

イオンエンターテイメント株式会社は、1991年にワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ(本社アメリカタイム・ワーナーグループ)とニチイ(後のマイカル)の合併会社として設立された株式会社ワーナー・マイカルとして設立されたが、2013年2月28日にタイム・ワーナーグループが資本を撤退したことに伴い、ワーナー・マイカルがイオンの完全子会社となり、同年7月1日にはワーナー・マイカルを存続会社として、イオンシネマを運営していたイオンシネマズと合併し、現社名となった。これによりスクリーン数は609となり、TOHOシネマズを抜いて日本国内最多のスクリーン数を持つ映画興行会社となった。劇場名は同年6月から年内にかけて「ワーナー・マイカル・シネマズ」から改称し「イオンシネマ」に統一するとしていたが[1][2]、公式サイトにおける劇場名称[3]や劇場の公称としては会社の統合と同日付けでイオンシネマに統一された[4]。なお、看板などは同年内を目処に全劇場を変更した[5]。また、ロゴに関しては旧イオンシネマズ時代とほとんど同じ物を引き続き用いているが、配色が赤色から現在のイオンのコーポレートカラーであるローズレッドとなった他、「AC」の文字が旧イオンシネマズ時代の物よりも丸みを帯びた物となり、さらに「AEON CINEMA」「イオンシネマ」のフォントがイオングループ共通のものへとマイナーチェンジした。

統合の同日よりU-NEXTと共同で、シネコンとしては国内初のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「イオンシネマ WEB スクリーン powered by U-NEXT」を開始した。同サービスではテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット等で55,000本以上のビデオ作品を視聴できる他、毎月もらえる「PPVポイント」によりイオンシネマクーポン(映画鑑賞割引)との交換が可能である[6]

ワーナー・マイカル・シネマズ時代には劇場マナームービーや館内のグッズなどで、ワーナー・ブラザースが製作しているバッグス・バニーを始めとするルーニー・テューンズのキャラクターが使用されていたが、イオンエンターテイメント発足の2013年7月までに同じく本編開始前の映像で用いられていた「カチンコ君」共々廃止され、2014年2月26日に後継キャラとしてドラゴンの「ジャジャン」が発表された[7].

沿革[編集]

  • 1991年10月8日 - ワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ(本社アメリカ)とニチイ(後のマイカル)との合弁会社として会社設立(出資比率:タイム・ワーナーグループ 50%/株式会社マイカル 50%)。
  • 1999年4月1日 - イオンシネマズがジャスコ株式会社(現イオン株式会社)100%出資の子会社として資本2億円で設立される。
  • 2012年12月19日 - 親会社のイオンが2013年2月か3月に米ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントから全株を取得し完全子会社化することを発表[8]
  • 2013年
    • 2月28日 - イオンの完全子会社になる。これにより日本市場から外資系資本が参画する映画興行会社は姿を消した(出資比率:イオン株式会社 100%[9])。
    • 7月1日 - ワーナー・マイカルを存続会社としイオンシネマズを吸収合併。社名はイオンエンターテイメントに変更した。シネマコンプレックスの屋号は同日、イオンシネマに統一している[1]

劇場[編集]

イオンエンターテイメントの劇場を下記に示す。席数が最も多いのは東京都板橋区にある『イオンシネマ板橋』(2326席)で、最も少ないのは茨城県下妻市にある『イオンシネマ下妻』(722席)である。

W …旧ワーナー・マイカル・シネマズの劇場 / A …旧イオンシネマの劇場 / 無印 …統合後に開館した劇場

営業中の劇場[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

北越[編集]

中部・近畿[編集]

中国・四国[編集]

九州[編集]

撤退した劇場[編集]

ここではイオンエンターテイメントに統合後に閉館した店舗について述べる。

  • イオンシネマ宇多津(香川県綾歌郡宇多津町宇多津ビブレ内) <7スクリーン、1236席、1994年3月20日開館、2014年3月16日閉館>W
    • 入居していた「宇多津ビブレ」の閉館に伴い、2014年2月28日に同時閉館する予定だったが、延長された。
    • 四国地方初のシネマコンプレックスだったが、イオンエンターテイメントに統合後、初めての閉館となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]