イオンモール筑紫野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモール筑紫野
ÆON MALL CHIKUSHINO
イオンモール筑紫野.jpg
店舗概要
正式名称 イオンモール筑紫野
所在地 818-0042[1]
福岡県筑紫野市立明寺434-1[1]
北緯33度28分51.3秒 東経130度31分36.3秒 / 北緯33.480917度 東経130.526750度 / 33.480917; 130.526750座標: 北緯33度28分51.3秒 東経130度31分36.3秒 / 北緯33.480917度 東経130.526750度 / 33.480917; 130.526750
開業日 2008年平成20年)12月5日[2][3][4]
施設所有者 イオンモール株式会社[5][6]
施設管理者 イオンモール株式会社[2]
敷地面積 98,213m²[5]

115,518m²[6]
貸借面積110,307[6]
商業施設面積 75,180m²[5]
店舗面積45,000m²[5]
事業用面積30,180m²[5]
日本ショッピングセンター協会:58,700[7]
延床面積 177,291[5]
中核店舗 ジャスコ筑紫野店[6]

イオン筑紫野店[8]
店舗数 約180店[2]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約3,600台[2][3]
商圏人口 約960,000人
最寄駅 天拝山駅[2]朝倉街道駅
最寄IC 筑紫野IC
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL

イオンモール筑紫野(イオンモールちくしの)は、福岡県筑紫野市にあるモール型ショッピングセンターである[3]

概要[編集]

「ジャスコ」を核店舗に約180の専門店やシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ」を擁する大型ショッピングセンターとして2008年(平成20年)12月5日に開業した[2]

鉄骨造地上5階・地下1階建て[2]全長225mあり[5]、1階から3階が[2]3層モールとなっている[3]。 建物のうち地下1階と4階、屋上は駐車場となっている[2]

その後、核店舗の「ジャスコ筑紫野店」は、2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[9]ことに伴って「イオン筑紫野店」に改称することになった。

また、シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ」は運営会社の「ワーナー・マイカル」が「イオンシネマズ」と2013年(平成25年)7月1日に合併して「イオンエンターテイメント」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更することになった[10]

立地[編集]

ベッドタウンとして人口増加を続ける福岡都市圏南部の筑紫野市にあり[3]、近隣の大野城市や太宰府市などを主な商圏としている[2]

国道3号線などが近隣にあることや、隣接する佐賀県でも鳥栖市が鳥栖筑紫野道路などを使って自動車で20分圏内と佐賀県東部も商圏となるため、開業時には佐賀県内の商業施設にも警戒感が広がった[2]

当施設はファッション関連のショッピングセンターへの出店常連企業で構成される研究会SPACを主宰する小島健輔[11]から、2008年(平成20年)秋から2009年(平成21年)に開業する大型ショッピングセンターの中で、ゆめタウン出雲やイオンモールの草津春日部と共に数少ない推奨物件との評価を受けた[12]

近隣の競合施設[編集]

筑紫野市には1974年(昭和49年)3月8日に開業した「二日市ショッピングバザール[7](店舗面積約8,336m²[7]ユニードが開設)や1982年(昭和57年)6月11日に開業した「西鉄朝倉ショッピングセンター」[7](店舗面積約4,618m²[7]西鉄ストア1号店の朝倉街道店を改築)などショッピングセンターが早くから立地していた。

1993年(平成5年)5月18日に東急ストアが「筑紫野とうきゅうショッピングセンター」として全天候型の娯楽施設を併設した[13]地下2階地上3階で延べ床面積約5万m²の[14]、地下2階に[14]メリーゴーランドやゲームなど、ビデオシアターなどを設置した。郊外型大型ショッピングセンターを開業し[13]、市内における郊外型大型ショッピングセンターの先駆けとなった。

1996年(平成8年)3月21日にはイズミが「ゆめタウン筑紫野」を開業して[15]これに続いた。 この「ゆめタウン筑紫野」は2000年(平成12年)4月に増床し[16]2013年(平成25年)12月時点では店舗面積約22,061m²となっている[7]

商業施設の開発が急速に進んで競合環境が予想以上に激化したため苦戦をしていた「筑紫野とうきゅうショッピングセンター」は2006年(平成18年)11月22日に閉鎖と売却を決定し、2007年(平成19年)3月に閉店することになった[17]

しかし、2006年(平成18年)に開設準備が始まった「筑紫野ドリームモール」が[18]、家電専門店「デオデオ(現・エディオン)」などが入居する「シュロアモール筑紫野[19](店舗面積約22,910m²[7])として2007年(平成19年)7月13日に開業した[20]ほか、2007年(平成19年)10月31日には「筑紫野ベレッサ」(店舗面積約33,000m²)が[7]「筑紫野とうきゅうショッピングセンター」の跡地に開業しており、競争は一段と激しくなった。

なお、同じイオングループのマックスバリュ筑紫野店は2003年(平成15年)3月4日に大規模小売店舗立地法に基づく申請を一旦取り下げたが[21]、2006年(平成18年)10月1日に開業することになった[22]

沿革[編集]

テナント[編集]

「イオン筑紫野店」[8](旧・ジャスコ)を核店舗[2][5]シネマコンプレックス「イオンシネマ」[10](旧・ワーナー・マイカル・シネマズ)のほか[2]、約180の専門店が入居している[2]

蔦屋書店が1階に店舗面積約2,600m²の大型店を出店したほか[2]、2階にイオングループの「筑紫野ビブレ」が出店する[24]など核店舗以外にも大型店がある。

専門店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

交通アクセス[編集]

郊外型大型SCだが、九州旅客鉄道(JR九州)天拝山駅西日本鉄道朝倉街道駅から徒歩圏内である。

路線バスは西鉄二日市駅およびJR二日市駅より西鉄バス二日市の2-3系統が運行されている。

詳細は公式サイト「車のアクセス」「電車・バスのアクセス」を参照。

周辺施設[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『食料年鑑 2009年版』 日本食糧新聞社、2009年6月。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “九州最大級 イオンモール筑紫野 5日オープン”. 佐賀新聞(佐賀新聞社). (2008年12月3日)
  3. ^ a b c d e f “「イオンモール筑紫野」12月5日オープン 生鮮など地産地消に取り組む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月20日)
  4. ^ a b “イオンモール筑紫野オープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年12月22日)
  5. ^ a b c d e f g h i “イオンモール、「イオンモール筑紫野(仮)」着工 今冬オープンへ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年1月18日)
  6. ^ a b c d 『イオン株式会社 第85期有価証券報告書』 イオン株式会社、2010年5月14日 。
  7. ^ a b c d e f g h 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2013年12月)
  8. ^ a b “イオン九州ネットスーパー、来月から九州全域配送”. 読売新聞(読売新聞社). (2013年8月31日)
  9. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  10. ^ a b “イオン、「ワーナー・マイカル・シネマズ」の劇場名を「イオンシネマ」に変更”. 日刊工業新聞(日刊工業新聞社). (2013年6月12日)
  11. ^ 小島健輔 『最新SCを格付け評価する』 月刊販売革新 2007年6月号 (商業界)
  12. ^ 小島健輔 『SC大異変にかく対応せよ』 月刊販売革新 2008年7月号 (商業界)
  13. ^ a b “東急ストアが最大規模で九州に初進出”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年5月21日)
  14. ^ a b “九州地区夏期特集-東急ストアが九州初進出、来年5月オープンへ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1992年8月26日)
  15. ^ “イズミ、96年度10店舗出店へ 既存店は重点強化”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年4月5日)
  16. ^ “イズミ・ゆめタウン 筑紫野PART2四月にオープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年1月17日)
  17. ^ “東急ストア、筑紫野とうきゅう閉店で九州撤退”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2006年11月29日)
  18. ^ “筑紫野ドリームモール東・西側敷地 来年7月7日オープンめざす 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年12月7日)
  19. ^ “年商目標21億円 シュロアモール筑紫野内にデオデオ筑紫野店 7月13日(金)オープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年8月6日)
  20. ^ “大型SC「シュロアモール筑紫野」 7月13日オープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年8月27日)
  21. ^ “マックスバリュ筑紫野店、三月四日立地法取り下げ”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年4月17日)
  22. ^ “マックスバリュ筑紫野店十月一日オープンへ 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年3月13日)
  23. ^ 九州地区のジャスコとしては最後の新規出店であった。
  24. ^ “筑紫野ビブレ イオンモール筑紫野内にオープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年12月11日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]