イオンシネマズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオングループ > イオンシネマズ
イオンシネマズ株式会社
AEON CINEMA Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
261-8515
千葉市美浜区中瀬1-5-1
イオンタワー6F
設立 1999年4月21日
業種 サービス業
事業内容 複合映画館の経営
代表者 代表取締役社長 菅波俊一
資本金 2億円
主要株主 イオン株式会社100%
外部リンク http://www.aeoncinema.co.jp
テンプレートを表示

イオンシネマズ株式会社イオングループのかつて存在した映画興行会社。2013年7月1日ワーナー・マイカル・シネマズを運営していた株式会社ワーナー・マイカルと合併し法人としては消滅した。合併後の社名はイオンエンターテイメント株式会社シネマコンプレックスの名称としてはイオンシネマズが運営していたイオンシネマが継続して使われている。

歴史[編集]

イオンシネマズ株式会社は、1999年4月1日にジャスコ株式会社(現イオン株式会社)100%出資の子会社として資本2億円で設立された。シネマコンプレックス「イオンシネマ」の第1の施設として、同年6月29日に京都府久世郡久御山町に「イオンシネマ久御山」を開業した。この開業時にはソニー株式会社も音響や劇場作りに参加し、音響のソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド(SDDS)なども優先して導入された。加えて、設立時のロゴはソニーのデザイン室が考案したもので、イオンシネマの英字のCに十字の重なった文字のものであったが、後のホームページ上のものとは若干異なる。

後述の統合以前の段階で全国に13サイト(=劇場数)を展開していたが、イオングループの店舗(イオンモール等)に併設されることが多かった。また、統合以前のイオンシネマのコンセッションでは全館でペプシコーラを販売していた。

ワーナー・マイカルとの統合[編集]

2013年2月28日タイム・ワーナーグループが資本を撤退し、ワーナー・マイカル(ワーナー・マイカル・シネマズを運営)がイオンの完全子会社となったが、同年7月1日にワーナー・マイカルを存続会社とし、イオンシネマズを吸収合併、社名は「イオンエンターテイメント」に変更された。また当初は3年以内に、その後は同年内にワーナー・マイカル所有の劇場名をイオンシネマに変更するとしていたが[1]、当初予定より早く会社の統合と同日付けでの統一となった[2][3]。なお、看板などは同年内に全劇場にて変更を完了した[4]

統合以前のイオンシネマの劇場数は前述の通り13サイトだが統合後は合計74サイト、スクリーン数では609となり、合併時点のサイト数・スクリーン数は共にTOHOシネマズを抜き日本国内第1位となった[4][5]

この他、統合前の6月28日〜30日(3日間)にはイオンシネマ13サイトでも「イオンシネマズからのありがとうの3日間」[6]として、統合後の7月1日〜7日(7日間)には計74サイトで「新生イオンシネマ誕生祭」[7][8]として様々なイベントを開催された。

なお、統合後のロゴに関しては旧イオンシネマの物と同じ物を用いているが色が赤からローズレッドとなった他、「AEON CINEMA」の書体は旧ロゴの方がやや丸みを帯びている。

劇場[編集]

以下に記すのは2013年6月までイオンシネマズが運営していた13の映画館である。ワーナー・マイカル・シネマズと統合後の現在のイオンシネマについては、「イオンエンターテイメント#劇場」を参照。

東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

九州[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新社名及び劇場名のお知らせ (PDF) (株式会社ワーナー・マイカル/イオンシネマズ株式会社 2013年6月11日)
  2. ^ 「ワーナー・マイカル・シネマズからのありがとうの 3 日間」6月28日(金)・29日(土)・30日(日)、全国 61 劇場(シネマトピックスオンライン 2013年6月26日)
  3. ^ 統合後の新しいイオンシネマ公式サイト
  4. ^ a b 劇場名「イオンシネマ」に統一 7月合併で国内最大に(共同通信/47NMEWS 2013年6月11日)
  5. ^ “イオンがシネコン統合 スクリーン数、国内の2割”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年4月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD040HT_U3A400C1TJ2000/ 2013年4月18日閲覧。 
  6. ^ イオンシネマズからのありがとうの3日間(イオン株式会社/MSN産経 2013年6月26日)
  7. ^ 新生! イオンシネマ誕生祭~7/1~7/7開催~(イオン株式会社/MSN産経 2013年6月24日)
  8. ^ 新生イオンシネマ誕生祭(イオンシネマ公式サイト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]