居抜き出店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

居抜き出店(いぬきしゅってん)は、出店において、主として同業種の閉店した地に、その旧店舗などの設備類をそのまま利用して出店する、という出店形態である。

概要[編集]

居抜き出店は、主に飲食店小売業で用いられ、新築で出店する場合と比べ、旧テナント空調電気厨房設備などを流用することで低コストで開業できるメリットがある。また撤退する側にとっても、その店舗が賃貸物件であった場合、内装などを借りる前の状態に戻す原状回復のコストを節約できる。残された内装が新店舗のイメージに合わない場合に手を加える必要があることや、設備が劣化していることを考慮する必要があるが、什器、備品ごと流用し看板を変えただけの状態で使用することもある。

上記以外では、公営競技の発売施設が運営主体を変えて従前の設備をほぼそのまま流用し、発売システムや内装などを一部変更して再オープンや経営不振に陥った旅館設備を活用し人件費や料理コストを抑え低価格化するといった場合もある。