ダーク・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dark Reign
出版社 マーベル・コミック
出版日 2008年12月 – 2009年12月
ジャンル

スーパーヒーロー

クロスオーバー作品
主要キャラ ダーク・アベンジャーズ英語版
カバル英語版
マイティ・アベンジャーズ
ニューアベンジャーズ
サンダーボルツ英語版
製作者
ライター ブライアン・マイケル・ベンディス英語版
アーティスト アレックス・マリーヴ英語版

ダーク・レイン」("Dark Reign")は、マーベル・コミックより出版されたコミック作品で2008年から2009年にかけて展開されたクロスオーバーストーリーである。「シークレット・インベージョン」の結末により、ノーマン・オズボーン英語版が権力者となってしまったマーベル・ユニバース英語版が描かれる[1][2][3]。タイトルの「Dark Reign」は国家権力とその波及効果によりオズボーンの地位が高まることを意味する[4]

出版の歴史[編集]

「ダーク・レイン」のストーリーラインは2008年12月にブライアン・マイケル・ベンディス英語版脚本、アレックス・マリーヴ英語版作画によるワンショットSecret Invasion: Dark Reign』で始まった。その後2009年を通してマーベルは複数の独立ミニシリーズや既存のオンゴーイングタイトルでストーリーを進めた。一部のオンゴーイングタイトルではイベントへの関連を強調するために一時的に改名された[5]

前述の「シークレット・インベージョン」などとは異なり、主要となるリミテッド・シリーズ英語版は出版されなかった。

物語[編集]

スクラル英語版による地球侵略事件である「シークレット・インベージョン」の際、デッドプール英語版がスクラルの女王の倒し方を突き止め、ニック・フューリーに知らせようとしたところ、誤ってノーマン・オズボーン英語版に伝わってしまい、殺害した。その功績によりオズボーンはトニー・スタークに代わってS.H.I.E.L.D.の長官となり、そして新たにH.A.M.M.E.R.を設置した[6]。オズボーンは同時にドクター・ドゥームエマ・フロスト英語版ネイモアロキフッド英語版を召集してカバル英語版と呼ばれる同盟を結成した。彼は自身の目的達成のためにH.A.M.M.E.R.、そして時にカバルを利用する。しかしながらオズボーンの行動や 評判は、オズボーンの支配に抵抗し、権力を奪おうとするヒーローやヴィランに影響を与えた[7]

主要キャラクター[編集]

ノーマン・オズボーン英語版
かつてはグリーン・ゴブリンとして知られたキャラクターで、「ダーク・レイン」では中心人物となる。「ダーク・レイン」展開とリンクするほとんどのオンゴーングシリーズやミニシリーズに登場する。ブライアン・ベンディスは「人々は彼が碌でなしだと知っているが、安全を保証してくれるのでそれを無視している」と説明した[8]。キャラクターは公認のヒーローという新しい身分を脅かすものを全て破壊するように描かれている。脚本のマット・フランクション英語版はアイアン・パトリオットとなったこのキャラクターを「鎧の興行師」であるとコメントしている。オズボーンはカバルの移りきなメンバーをまとめるため、「秘密兵器」としてヴォイド英語版を引き入れた[9]。複数のタイトルで彼は未だにゴブリン時代のような精神異常を持ち続けていることが示されている[10][11][12]
フッド英語版
ニューアベンジャーズ』及び『パニッシャー』における「ダーク・レイン」展開で主に活躍する。
ドクター・ドゥーム
カバルを利用して世界を征服しようと企んでいる。ジョナサン・ヒックマン脚本による短編[13]では彼は近い将来に現在のカバルを皆殺しにするか隷属させる計画を練っていたことが明かされた。ドゥームはカバル入りを拒否した際、半殺しにされたブラック・パンサー英語版を見せられた[14]。最終的にオズボーンとの対立が表面化し、カバルを去る。
ロキ
オズボーンを利用してソーにBor(オーディン英語版の父親)を殺させ、ソーを追放しようと企む[15]。その後ドゥームの協力を得てアスガルドの玉座を奪う計画を実行に移す。しかしながらChthonの地球攻撃の際、ロキはスカーレット・ウィッチ英語版に化け、新生したマイティ・アベンジャーズに参加した[16]。これ以降ロキはオズボーンの精神を脅かし、失脚させるために少しずつ彼らを操っていった[11]
ネイモア
ネイモアはカバルでは小さな役割を果たし、マット・フラクションが脚本したタイトルに主に登場する。フラクションは彼を誇り高い戦士として描き、またエマ・フロストと親密な関係があった設定を加えた。ネイモアはダークX-メン英語版の指導者の一人も務めている。「ユートピア英語版」の際にエマ・フロストとともに脱退した。
エマ・フロスト英語版
ミュータントコミュニティがオズボーンによる新世界秩序で地位を得られることを望んでいる。マット・フラクションはフロストがサイクロプス英語版と関係を持っているが、互いに秘密を隠していることで苦しむというストーリーを複数書いている。フロストはネイモアと共にダークX-メンの指導者となるが、後に2人はオズボーンを裏切ってユートピア建国に協力する。ダーク・アベンジャーズ英語版との戦いの際にはセントリー英語版を弱体化させるためにテレパシー能力でヴォイドの精神を分離して自分の中に閉じ込めた。
ヴィクトリア・ハンド英語版
元はS.H.I.E.L.D.の会計士であり、オズボーンによりH.A.M.M.E.R.の副長官に任命された。

イシュー[編集]

2009年11月時点で次のイシューが「ダーク・レイン」の一部だと発表されている:[17]

余波[編集]

ノーマンオズボーンの治世とその終末は2010年1月に開始されたアスガルド侵攻とアベンジャーズ再結成を描く「シージ英語版」まで続いた。そしてヒロイック・エイジ英語版により新たなる時代が始まる[69]

参考文献[編集]

  1. ^ Getting Dark: Brian Bendis on Dark Avengers & Dark Reign”. Newsarama (2008年9月29日). 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ Marvel Announces 'Dark Reign' at Diamond Retailer Summit”. Newsarama (2008年9月9日). 2013年2月10日閲覧。
  3. ^ Prepare for a Dark Reign”. Marvel.com (2008年9月9日). 2013年2月10日閲覧。
  4. ^ Updated: NYCC '09 - 'Dark Reign' Panel Full Report”. Newsarama (2009年2月6日). 2013年2月10日閲覧。
  5. ^ NYCC: Way and Liu Talk 'Dark Wolverine'”. Comic Book Resources (2009年2月6日). 2013年2月10日閲覧。
  6. ^ Brian Michael Bendis (w), Mike Deodato (p), Mike Deodato (i). "Secret Invasion: Dark Reign" Dark Avengers vol. 1, #1 (2009年1月), Marvel Comics, 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ Brian Michael Bendis (w), Alex Maleev (p), Dean White (i). "Secret Invasion: Dark Reign" Secret Invasion: Dark Reign vol. 1, #1 (2008年12月), Marvel Comics
  8. ^ Wizard Magazine #210 (April 2009)
  9. ^ Wizard Magazine #212 (June 2009)
  10. ^ Secret Invasion: Dark Reign (February 2009)
  11. ^ a b The Mighty Avengers #24 (June 2009)
  12. ^ Thunderbolts #131 (June 2009)
  13. ^ Dark Reign: The Cabal (June 2009)
  14. ^ Black Panther (vol. 5) #2 (May 2009)
  15. ^ Thor #600 (April 2009)
  16. ^ The Mighty Avengers #21-23 (March – May 2009)
  17. ^ a b WW Chicago: Hickman and Bendis on 'Secret Warriors'”. Comic Book Resources (2008年6月29日). 2013年2月10日閲覧。
  18. ^ The Osborn Supremacy: Agents of Atlas”. Comic Book Resources (2009年1月12日). 2013年2月10日閲覧。
  19. ^ “Marvel Heroes: Agents of Atlas #8”. Marvel Previews (69): 34. (June 2009). "Not a 'Dark Reign' tie-in." 
  20. ^ Gage: Taking the Initiative Under a Dark Reign”. Newsarama (2008年12月10日). 2013年2月10日閲覧。
  21. ^ Avengers: The Initiative #26”. Marvel Previews (69): 44. (June 2009).  Issue #26 is listed under "Marvel Heroes" and not the "Dark Reign" section.
  22. ^ Richards, Dave (2009年5月21日). “The Osborn Supremacy: The Initiative”. Comic Book Resources. 2009年5月21日閲覧。
  23. ^ The Osborn Supremacy: Black Panther”. Comic Book Resources (2009年1月6日). 2013年2月10日閲覧。
  24. ^ The Osborn Supremacy: Dark Avengers”. Comic Book Resources (2008年1月22日). 2013年2月10日閲覧。
  25. ^ WC: Fraction and Lowe on Dark Avengers/Uncanny X-Men”. Comic Book Resources (2009年3月1日). 2013年2月10日閲覧。
  26. ^ WonderCon '09 - Fraction Talks Uncanny X-Men/Dark Avengers”. Newsarama (2009年3月1日). 2013年2月10日閲覧。
  27. ^ Iron Patriotism: Norman Osborn”. Comic Book Resources (2009年5月1日). 2013年2月10日閲覧。
  28. ^ Iron Patriotism: Venom”. Comic Book Resources (2009年5月8日). 2013年2月10日閲覧。
  29. ^ Iron Patriotism: Bullseye”. Comic Book Resources (2009年5月15日). 2013年2月10日閲覧。
  30. ^ Richards, Dave (2009年6月5日). “Iron Patriotism: Daken”. Comic Book Resources. 2013年2月10日閲覧。
  31. ^ Marvel Comics' Full April 2009 Solicitations”. Newsarama (2009年1月19日). 2013年2月10日閲覧。
  32. ^ Ekstrom, Steve (2009年2月18日). “Zeb Wells on 'Dark Reign: Elektra'”. Newsarama. 2009年5月6日閲覧。
  33. ^ Jonathan Hickman - Secret Warriors, the FF and More”. Newsarama (2009年1月12日). 2013年2月10日閲覧。
  34. ^ Osborn Supremacy: Fantastic Four”. Comic Book Resources (2009年2月13日). 2013年2月10日閲覧。
  35. ^ Dark Reign: The Goblin Legacy”. Marvel Previews (69): 36. (June 2009). 
  36. ^ George, Richard (2009年2月22日). “Dark Avengers spins off Dark Reign: Hawkeye”. IGN. 2009年5月5日閲覧。
  37. ^ NYCC: Parker Talks Dark Reign: The Hood”. Comic Book Resources (2009年2月7日). 2013年2月10日閲覧。
  38. ^ Good at Being Bad: Jeff Parker on Dark Reign: The Hood”. Newsarama (2009年4月16日). 2013年2月10日閲覧。
  39. ^ Brady, Matt (2009年5月26日). “Sticking it to the Man: Frank Tieri Talks Lethal Legion”. 2009年5月26日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g h Jensen, Van (2009年6月22日). “HeroesCon: Dark Reign: The List Panel”. Comic Book Resources. 2009年6月22日閲覧。
  41. ^ Schedeen, Jesse (2009年2月9日). “Dark Reign Creates Made Men”. IGN. 2009年5月6日閲覧。
  42. ^ Weekly Webbing: Getting Negative with Fred Van Lente”. Newsarama (2009年5月8日). 2009年5月9日閲覧。
  43. ^ Richards, Dave (2009年5月7日). “Forget It, Spidey! It’s Chinatown: Van Lente on Mister Negative”. Comic Book Resources. 2009年5月9日閲覧。
  44. ^ Rogers, Vaneta (2009年3月30日). “Look Out! Here Comes the Sinister Spider-Man”. Newsarama. 2009年5月9日閲覧。
  45. ^ Richards, David (2009年4月24日). “The Osborn Supremacy: Venom”. Comic Book Resources. 2009年5月6日閲覧。
  46. ^ Richards, Dave (2009年2月7日). “NYCC: Cornell Talks Dark Reign: Young Avengers”. Comic Book Resources. 2009年5月25日閲覧。
  47. ^ Arrant, Chris (2009年2月7日). “NYCC '09 - Paul Cornell on Dark Reign: Young Avengers”. Newsarama. 2009年5月25日閲覧。
  48. ^ Richards, Dave (2009-02-29). “WC: Casey Talks Dark Reign: Zodiac”. Comic Book Resources. 2009年5月6日閲覧。
  49. ^ WonderCon '09 - Joe Casey Talks Dark Reign: Zodiac”. Newsarama (2009年2月28日). 2013年2月10日閲覧。
  50. ^ The Osborn Supremacy: Zodiac”. Comic Book Resources (2009年4月7日). 2013年2月10日閲覧。
  51. ^ a b Richards, David (2008年12月16日). “Way Talks Deadpool and Thunderbolts, Bob”. Comic Book Resources. 2009年5月10日閲覧。
  52. ^ a b Thunderbolts vs. Deadpool: Fight”. Newsarama (2008年12月16日). 2013年2月10日閲覧。
  53. ^ “Marvel Heroes: The Incredible Hercules #131”. Marvel Previews (69): 51. (June 2009).  Issue #131 is listed under "Marvel Heroes" and not the "Dark Reign" section.
  54. ^ The Osborn Supremacy: Iron Man”. Comic Book Resources (2008年12月26日). 2013年2月10日閲覧。
  55. ^ “Marvel Heroes: The Mighty Avengers #27”. Marvel Previews (69): 52. (June 2009).  Though issue #27 was not solicited as a "Dark Reign" issue, the solicitation text does mention that this issue "ties to both 'Dark Reign' and 'War of Kings'."
  56. ^ Parkin, JK (2009年6月5日). “Talking with Ryan Dunlavey about M.O.D.O.K.”. Comic Book Resources. 2009年6月6日閲覧。
  57. ^ The Osborn Supremacy: New Avengers”. Comic Book Resources (2009年1月26日). 2013年2月10日閲覧。
  58. ^ The Osborn Supremacy: Punisher”. Comic Book Resources (2009年3月18日). 2013年2月10日閲覧。
  59. ^ “Marvel Heroes: Punisher #7”. Marvel Previews (69): 59. (June 2009).  Issue #7 is listed under "Marvel Heroes" and not the "Dark Reign" section.
  60. ^ Richards, Dave (2009年6月5日). “Scourging the Underworld: Rick Remender Talks Punisher”. Comic Book Resources. 2009年6月6日閲覧。
  61. ^ The New Green: Fred Van Lente on Savage She-Hulk”. Newsarama (2009年3月17日). 2013年2月10日閲覧。
  62. ^ War of the Sexes: Van Lente Talks All-New Savage She-Hulk”. Comic Book Resources (2009年3月27日). 2013年2月10日閲覧。
  63. ^ Brian Bendis: Secret Warriors and Paying It Forward”. Newsarama (2008年7月1日). 2013年2月10日閲覧。
  64. ^ Uncovering the Secret Warriors”. IGN (2008年12月2日). 2013年2月10日閲覧。
  65. ^ Adam Felber - Hangin' With the Skrull Kill Krew”. Newsarama (2009年2月10日). 2013年2月10日閲覧。
  66. ^ The Osborn Supremacy: Thunderbolts”. Comic Book Resources (2009年1月9日). 2013年2月10日閲覧。
  67. ^ The Osborn Supremacy: Uncanny X-Men”. Comic Book Resources (2008年1月21日). 2013年2月10日閲覧。
  68. ^ The Osborn Supremacy: War Machine”. Comic Book Resources (2009年4月17日). 2013年2月10日閲覧。
  69. ^ Colton, David (2010年1月27日). “First Look: Marvel Comics' 'Heroes Will Be Heroes Again'”. USA Today. 2010年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]