ARGONAVIS from BanG Dream!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ARGONAVIS from BanG Dream!
ジャンル ボーイ・バンド
漫画:ぷちゴナビス
原作・原案など キャラクター原案 - 三好輝
原作 - ブシロード
作画 渡空燕丸
出版社 ブシロードメディア
掲載誌 月刊ブシロード
発表号 2019年12月号 -
漫画:コミック版「ARGONAVIS from BanG Dream!」
原作・原案など キャラクター原案 - 三好輝
原案 - 毛利亘宏
原作 - ブシロード
作画 宮島京平
出版社 集英社
掲載サイト 少年ジャンプ+
発表期間 2020年8月11日 -
小説:ARGONAVIS from BanG Dream! 目醒めの王者
著者 華南恋
イラスト 中島美彩子ディー・エヌ・エー)
出版社 集英社
レーベル JUMP j BOOKS
発売日 2020年6月4日
アニメ:アルゴナビス from BanG Dream!
原作 ブシロード
監督 錦織博
シリーズ構成 毛利亘宏
脚本 毛利亘宏
キャラクターデザイン 三好輝(原案)
音楽 高橋諒
アニメーション制作 サンジゲン
製作 ブシロード
放送局 毎日放送TBS系列
放送期間 2020年4月11日 - 7月4日
話数 全13話
ゲーム:アルゴナビス from BanG Dream! AAside
開発・発売元 ブシロード(原作・企画)
ディー・エヌ・エー(企画・開発・運営)
キャラクターデザイン 三好輝(原案)
シナリオ 毛利亘宏(原案・監修)
発売日 2020年後半予定
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメゲーム
ポータル アニメゲーム

ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ)は、ブシロードメディアミックスプロジェクト。ガールズバンドをメインとするメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』の関連企画のひとつであり、ボーイズバンドをメインとする。その一環として『Argonavis(アルゴナビス)』、『GYROAXIA(ジャイロアクシア )』が声優ユニットとして活動している。

概要[編集]

キャッチコピーは『俺たちにはまだ、歌があった。』。BanG Dream!のプロジェクト名を冠しているが、テレビアニメ『BanG Dream!』シリーズ及びアプリゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』とは世界観が異なるため、BanG Dream!プロジェクトの既存キャラクターとの関わりはない。これは、ガールズバンドとボーイズバンドという2つの要素を同時に描くのは世界観を作るうえで難しいと判断されたため。そのため、物語としてBanG Dream!プロジェクトに直接かかわることは考えられていない[1]東京都新宿区が舞台であったBanG Dream!プロジェクトとは異なり、本プロジェクトの舞台は北海道函館市となる[1]

BanG Dream!プロジェクトの関連バンドと同じく、各メンバーの担当声優が作中キャラクターにちなんだ楽器を実際に演奏する[2]

ストーリー原案は『BanG Dream! プロジェクト』原作・ストーリー原案・作詞を務める中村航、世界観・キャラクター設定を舞台・特撮の脚本家である毛利亘宏、キャラクター原案を漫画家・イラストレーターの三好輝が担当する[3]

歴史[編集]

メディアミックス展開について記載。

2018年[編集]

  • 5月12日 - 『BanG Dream!』の男性バンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』の始動とバンド『Argonavis』の結成を発表。
  • 9月15日 - 東京・下北沢GARDENにて開催された『0-2nd LIVE -始動-』にてキャラクター名とシルエットが公開される[2]
  • 12月10日 - 東京・下北沢GARDENにて開催された『0-BEYOND LIVE -始動-』にてプロジェクトスタッフ、キャラクターデザインが発表され、ボーイズバンド『Argonavis』として5人態勢での活動が正式に開始される[4]

2019年[編集]

  • 5月17日 - 千葉県・舞浜アンフィシアターにて開催された『BanG Dream! Argonavis 1st LIVE』にて、ミュージックビデオの制作やコミカライズ連載の開始が発表される[5]
  • 11月5日 - 『ARGONAVIS プロジェクト発表会』を開催。新バンドやアニメ化、ゲーム化が発表される[6]
  • 11月8日 - 『月刊ブシロード』誌面上において、SDキャラクターによる4コマ漫画『ぷちゴナビス』及びArgonavisメンバーのライブシーンを描いたイラストストーリーが連載開始[7]

2020年[編集]

  • 1月12日 - 『AAside新春スペシャル生放送』を放送。新バンドとして『風神RIZING!』『εpsilonΦ』が発表された[8]
  • 1月29日 - アニメ制作発表会が開催された[9]
  • 2月15日 - 『AAside バレンタインスペシャル生放送』を配信。『εpsilonΦ』のキャラクターデザインとキャストが公開された。
  • 3月13日 - WEBラジオ番組『アルゴナビス from BanG Dream! AAside ラジオ・ロワイヤル・フェス』が配信開始。
  • 3月21日 - 『二夜連続!アルゴナビス生放送スペシャル』を配信。GYROAXIAのノベライズ企画などが発表された。
  • 4月11日 - テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』が放送開始[6]
  • 6月4日 - JUMP j BOOKSより『ARGONAVIS from BanG Dream! 目醒めの王者』が発売。
  • 冬 - スマートフォン用ゲームアプリ『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』が配信開始予定[6]

登場人物[編集]

Argonavis[編集]

「アルゴナビス」。北海道函館市を拠点とした大学生ボーイズバンド。

七星 蓮(ななほし れん)
声 - 伊藤昌弘
本作の主人公。ボーカル担当。法学部の大学一年生。3月31日生、172cm/59kg。
中学生の時に合唱部に入ったが、周囲との温度差から辞めてしまい、その時から一人で歌うと決めていた。そのため、バンドに誘われても最初は断っていた。しかし、誘われて嬉しかったのを自覚し、Argonavisに加入することを前向きに考え始める。凛生の加入をきっかけに正式にメンバーとして加わる。
五稜 結人(ごりょう ゆうと)
声 - 日向大輔
ギター担当。文学部の大学一年生。8月10日生、181cm/70kg。Argonavisのリーダー。
かつて、GYROAXIAの那由多、賢汰、礼音と共にバンドを組んでいたが、那由多の性格や彼中心のバンドの方針についていけなくなり、バンドを抜ける。
的場 航海(まとば わたる)
声 - 前田誠二
ベース担当。文学部の大学一年生。4月22日生、175cm/64kg。
父が船乗りで母も留守がちだった為、幼い頃は兄と一緒にいることが多かった。バンド活動も兄の影響。性格は至って慎重。
桔梗 凛生(ききょう りお)
声 - 森嶋秀太
キーボード担当。政治経済学部の大学一年生。11月8日生、178cm/72kg。
有名な和菓子屋の息子。人より何でも器用に出来るため、熱中出来るものを探す中で野球に出会い、甲子園出場まで決めた選手だった。しかし、ケガで夢を諦め、野球に未練を残しながらも次に熱中出来るものを探していた。そのため、サークル荒らしのような状態になっており、そのことを知っていた航海にメンバー入りを反対され、一時はメンバー加入を諦める。
白石 万浬(しろいし ばんり)
声 - 橋本祥平
ドラム担当。商学部の大学一年生。12月14日生、165cm/51kg。
見た目によらず、お金の亡者で合理的な性格。やがてバンドのムードメーカーになっていく。

GYROAXIA[編集]

「ジャイロアクシア」。北海道札幌市を拠点とした大学生ボーイズバンド。

旭 那由多(あさひ なゆた)
声 - 小笠原仁
ボーカル担当。法学部の大学一年生。9月12日生、175cm/56kg。
その圧倒的な実力からバンドの中心となり、暴君的に振る舞う。
里塚 賢汰(さとづか けんた)
声 - 橋本真一
リードギター担当。経営学部の大学三年生。10月22日生、171cm/59kg。GYROAXIAのリーダー。Argonavisベース、航海の兄。
美園 礼音(みその れおん)
声 - 真野拓実
リズムギター担当。文学部の大学一年生。1月30日生、177cm/63kg。
曙 涼(あけぼの りょう)
声 - 秋谷啓斗
ベース担当。理学部の大学二年生。6月25日生、182cm/72kg。
界川 深幸(さかいがわ みゆき)
声 - 宮内告典
ドラム担当。歯学部の大学三年生。2月26日生、183cm/76kg。

Fantôme Iris[編集]

「ファントムイリス」。メンバー全てが社会人で構成された、名古屋出身のヴィジュアル系バンド。2つの姿を纏い咲き誇る白銀の百合。

フェリクス・ルイ=クロード・モンドール
声 - ランズベリー・アーサー
ボーカル担当。ステージネームはFELIX。30歳。職業は語学教師。2月16日生、182cm/72kg。
フランスからやってきた貴族。美しいものが好きで、卓越した知性と鋭い感性を持つ。
黒川 燈(くろかわ ともる)
声 - 和田将弥[10]
ギター担当。ステージネームはLight。28歳。職業は医療系システムエンジニア。4月12日生、176cm/68kg。
真面目で苦労性、温厚で優しい。フェリクスに振り回されながらも、充実した日々を送る。
洲崎 遵(すざき じゅん)
声 - 福山潤[11]
ギター担当。ステージネームはZACK。28歳。職業はプロゲーマー(ニート)。7月11日生、174cm/60kg。
平素は気が弱いもやしっ子で、ひきこもってゲームばかりしている。ステージ上および対人ゲームをするときだけは、裏の人格となり感情が解放され放送禁止用語を連発する。
御劔 虎春(みつるぎ こはる)
声 - 代永翼[12]
ベース担当。ステージネームはHARU。32歳。職業は保育士。11月24日生、165cm/63kg。
少女のように可愛い見た目だが、漢気あふれる性格で面倒見が良い。
楠 大門(くすのき だいもん)
声 - 鮎川太陽[13]
ドラム担当。ステージネームはD。32歳。職業はカフェ経営/夜間警備員。5月27日生、187cm/77kg。
自分に厳しく他人に優しい。祖父からあらゆる音楽ジャンルの教えをうけた。シェアハウスでは主に家事を担当している。

風神RIZING![編集]

「フウジンライジング」。長崎出身のスカバンド。メンバー全員が大学生で構成されている。アプリ版オリジナルバンド。

神ノ島 風太(かみのしま ふうた)
声 - 中島ヨシキ
ボーカル&サックス担当。文学部の大学一年生。5月6日生、171cm/64kg。
椿 大和(つばき やまと)
声 - 金子誠
ギター担当。文学部の大学一年生。8月31日生。179cm/70kg。
早坂 絋平(はやさか こうへい)
声 - 阿部敦
ベース担当。工学部の大学三年生。9月23日生。178cm/73kg。
若草 あおい(わかくさ あおい)
声 - 酒井広大
トロンボーン&キーボード担当。文学部の大学一年生。3月3日生。163cm/52kg。
五島 岬(ごとう みさき)
声 - 吉野裕行
ドラム担当。経済学部の大学一年生。7月28日生。175cm/68kg。

εpsilonΦ[編集]

「イプシロンファイ」。京都出身のテクノポップバンド。メンバーは中高生で構成されている。アプリ版オリジナルバンド。

宇治川 紫夕(うじがわ しゅう)
声 - 榊原優希
ボーカル担当。中学一年生。10月30日生。155cm/42kg。
二条 遥(にじょう はるか)
声 - 梶原岳人
ギター&ボーカル担当。ベース担当の奏の双子の兄。高校二年生。6月16日生。175cm/60kg。
二条 奏(にじょう かなた)
声 - 市川太一
ベース担当。ギター&ボーカル担当の遥の双子の弟。高校二年生。6月16日生。176cm/62kg。
鞍馬 唯臣(くらま ただおみ)
声 - 峰岸佳
シンセサイザー担当。高校三年生。1月4日生。179cm/61kg。
烏丸 玲司(からすま れいじ)
声 - 立花慎之介
ドラム担当。高校三年生。12月26日生。178cm/63kg。

主要人物の関係者[編集]

八甲田 健三
声 - 宮内敦士
Argonavisが通うライブカフェ「Submariner」のマスター。元々はライブカフェの名前の由来にもなったバンドでドラムを担当していた。
摩周慎太郎(ましゅう しんたろう)
声 - 佐藤拓也
GYROAXIAのマネージャー。Argonavisのファーストライブを鑑賞し、GYROAXIAの北海道ツアーの前座に指名した。

プロジェクトスタッフ[編集]

  • 企画・原作 - ブシロード
  • ストーリー原案 - 中村航
  • 世界観・キャラクター設定、アニメ版シリーズ構成・脚本、ゲームアプリ版シナリオ原案・監修 - 毛利亘宏
  • キャラクター原案 - 三好輝
  • 音楽制作-ブシロードミュージック、アップドリーム
  • CGIスーパーバイザー - 植高正典
  • アニメーション制作 - サンジゲン
  • ゲームアプリ開発・運営 - DeNA

Argonavis(声優ユニット)[編集]

Argonavis
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
アニメソング
活動期間 2018年7月 -
レーベル ブシロードミュージック
(2018年 - )
事務所 HiBiKi(森嶋、前田、日向、伊藤)
キャストコーポレーション(橋本)
公式サイト ARGONAVIS from BanG Dream! 公式サイト
メンバー 森嶋秀太(キーボード・ボーカル)
日向大輔(ギター・ボーカル)
前田誠二(ベース・ボーカル)
伊藤昌弘(ボーカル)
橋本祥平(ドラム・ボーカル)

Argonavis(アルゴナビス)は5人組の男性バンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』およびそのキャラクターの声を担当する声優たちによる実在するバンド形式の5人組男性声優ユニットの名称である[2]。テーマカラーは青。

2018年5月12日に『BanG Dream!』の新プロジェクトであること、森嶋秀太日向大輔前田誠二の3名の参加が発表された[14]。2018年7月29日、1stライブ『0-1st LIVE -始動-』より3名体制での活動開始[15]。9月15日に開催された『0-2nd LIVE -始動-』にて伊藤昌弘の参加とキャラクター名、シルエットが発表された[2]。12月10日に開催された『0-BEYOND LIVE -始動-』にて橋本祥平の参加とプロジェクトスタッフ、キャラクターデザインが発表され、5人態勢での活動が開始された。

メンバー[編集]

2010年より声優として活動開始。2013年に歌手デビューも果たす。歌が好きだった影響でゴスペル教室に通っていた経歴がある。
2018年より声優として活動開始。声優になる前はシンガーソングライターだった。本プロジェクトで声優デビューとなる。
2017年より声優として活動開始。2017年6月に開催された「月刊ブシロード」声優オーディションの「響新人声優発掘プロジェクト」を経て響の所属となる。
『0-2nd LIVE -始動-』より参加。2018年の「響新人声優発掘プロジェクト」を経て響の所属となる。日向と同じく声優になる前はシンガーソングライターだった。この事が縁で2018年12月に行われた『0-BEYOND LIVE -始動-』では日向のアコースティックギター/ハーモニカと共にアコースティックコーナーを披露。
『0-BEYOND LIVE -始動-』より参加。キャストコーポレーション所属。

来歴[編集]

2018年[編集]

  • 5月12日 - 『BanG Dream!』の男性バンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』とバンド『Argonavis』の結成を発表。メンバーとして森嶋秀太日向大輔前田誠二の3名の参加が発表された。
  • 7月29日 - 東京・下北沢GARDENにて『0-1st LIVE -始動-』が開催[15]
  • 9月15日 - 東京・下北沢GARDENにて『0-2nd LIVE -始動-』が開催。伊藤昌弘の参加、キャラクター名とシルエットが発表された[2]
  • 12月10日 - 東京・下北沢GARDENにて『0-BEYOND LIVE -始動-』を開催。橋本祥平の参加、プロジェクトスタッフ、キャラクターデザインが発表され、5人態勢での活動が開始された。

2019年[編集]

  • 2月20日 - 1stシングル「ゴールライン」発売。
  • 2月22日 - BanG Dream! 7th☆LIVE Day2「Genesis」にてオープニングアクトとして演奏。
  • 5月17日 - 舞浜アンフィシアターにて『BanG Dream! Argonavis 1st LIVE』を開催。ミュージックビデオの制作やコミカライズ連載の開始が発表される。
  • 7月20日 - 幕張メッセ国際展示場にて「BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE」をブシロードのメディアミックスプロジェクト『D4DJ(ディーフォーディージェー)』の1stライブ「D4DJ 1st LIVE」DAY1と合同開催。
  • 8月21日 - 2ndシングル「STARTING OVER/ギフト」が発売。両A面となり、両曲共に『カードファイト!! ヴァンガード』関連のタイアップ楽曲となる[16]
  • 12月5日 - TOKYO DOME CITY HALLにて『BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE 「VOICE -星空の下の約束-」』を開催[17]

2020年[編集]

  • 1月15日 - ARGONAVIS 3rdCD「VOICE/MANIFESTO」が発売。
  • 4月28日・29日 - ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」が開催予定[注 1]
  • 4月29日 - 3rdシングル「星がはじまる」が発売。
  • 6月15日 - デジタルシングル「STARTING OVER feat.旭 那由多」が配信開始。
  • 7月15日 - MixChannelにて「ARGONAVIS Special Live -Starry Line-」を配信。
  • 8月12日 - 1stアルバム「Starry Line」が発売予定。
  • 8月29日 - 「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」に出演予定[注 2]

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ 時期
ゴールライン TCG『カードファイト!! ヴァンガード』CMソング 2019年
テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌 2020年
STARTING OVER ゲーム『カードファイト!! ヴァンガード エクス』主題歌 2019年
テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌 2020年
ギフト テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード』 新右衛門編 エンディングテーマ 2019年
星がはじまる テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』オープニングテーマ 2020年
テレビ番組『JAPAN COUNTDOWN』エンディングテーマ
雨上がりの坂道 テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』エンディングテーマ
What-if Wonderland!! テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if-』オープニングテーマ
TCG『カードファイト!! ヴァンガード』CMソング
Steady Goes! テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌
流星雨 Acoustic Ver. テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌
Starry Line テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌
AGAIN テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌
Pray テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌

ライブコンサート[編集]

出演日 タイトル 会場
1 2018年7月29日 0-1stLIVE-始動- 下北沢GARDEN
2 2018年9月15日 0-2ndLIVE-始動-
3 2018年12月10日 0-BEYOND LIVE-始動-
4 2019年5月17日 BanG Dream! Argonavis 1st LIVE 舞浜アンフィシアター
5 2019年7月20日 BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE 幕張メッセ国際展示場
6 2019年12月5日 BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE 「VOICE -星空の下の約束-」 TOKYO DOME CITY HALL
7 2020年4月28日・29日予定 ARGONAVIS 3rd LIVE 「CROSSING」

参加イベント[編集]

ラジオ[編集]

Webラジオ番組『Argonavis ラジオライン』が2019年6月11日より2020年3月までHiBiKi Radio Stationにて第2・第4火曜日に、2020年3月3日より毎週火曜日に配信中。また、アニメ放送に合わせ、U-NEXTにて2020年4月18日から出張版が配信されている。パーソナリティは日向大輔(五稜結人 役)、前田誠二(的場航海 役)[16]
また、2020年6月9日(第30回)には、GYROAXIA 1st Single「SCATTER」リリース記念として、GYROAXIAの小笠原仁(旭那由多 役)、真野拓実(美園礼音 役)がパーソナリティを務める『GYROAXIA ラジオライン』が配信された。

ゲスト
ゲスト(U-NEXT出張版)

テレビ番組[編集]

GYROAXIA(声優ユニット)[編集]

GYROAXIA
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
アニメソング
活動期間 2019年12月 -
レーベル ブシロードミュージック
(2019年 - )
事務所 EARLY WING(小笠原)
マナセプロダクション(橋本)
HiBiKi(真野)
株式会社S(秋谷)
エースクルー・エンタテインメント(宮内)
公式サイト ARGONAVIS from BanG Dream! 公式サイト
メンバー 小笠原仁(ボーカル)
橋本真一(ギター)
真野拓実(ギター)
秋谷啓斗(ベース)
宮内告典(ドラム)

GYROAXIA(ジャイロアクシア)は5人組の男性バンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』およびそのキャラクターの声を担当する声優たちによる実在するバンド形式の5人組男性声優ユニットの名称である。テーマカラーは赤。

2019年12月5日に『BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE 「VOICE -星空の下の約束-」』にてサプライズ出演。

来歴 (GYROAXIA)[編集]

2019年 (GYROAXIA)[編集]

2020年 (GYROAXIA)[編集]

  • 1月15日 - ARGONAVIS 3rdCD「VOICE/MANIFESTO」が発売。Argonavisとの両A面CD。
  • 2月9日 『RAISE A SUILEN 「Craziness」』にてVo.旭那由多役 小笠原仁がオープニングアクトとして出演。
  • 4月28日・29日 - ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」が開催予定[注 1]
  • 5月9日 - iTunes StoreにてGYROAXIA 1st Single 「SCATTER」の表題曲「SCATTER」が先行配信。
  • 6月10日 - GYROAXIA 1st Single 「SCATTER」が発売。
  • 8月29日 - 「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」に出演予定[注 2]
  • 9月12日 - 「GYROAXIA ONLINE LIVE -IGNITION-」を開催予定。GYROAXIA初のワンマンライブとなる。

タイアップ曲 (GYROAXIA)[編集]

楽曲 タイアップ 時期
REVOLUTION テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌 2020年
SCATTER テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』オープニングテーマ
LIAR テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』エンディングテーマ
MANIFESTO テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌

参加イベント (GYROAXIA)[編集]

漫画[編集]

2019年11月8日より、月刊ブシロードにおいてSDキャラクターによる4コマ漫画「ぷちゴナビス」が連載開始。原作はブシロード、キャラクター原案は三好輝。漫画は渡空燕丸が担当。

2020年8月11日より、少年ジャンプ+にてコミカライズ連載が開始予定。原作はブシロード、ストーリー原案は中村航、キャラクター原案は三好輝、脚本は毛利亘宏とプロジェクトメインスタッフ陣が務める。漫画は宮島京平が担当[16]

先行公開として、Argonavisの紹介漫画が、『BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE』の来場者特典として配布される[16]

アニメーションミュージックビデオ[編集]

アニメーションMVとして「ゴールライン」の映像化がされている。アニメーション制作は2018年以降のBanG Dream!プロジェクト内アニメーション制作を担当するサンジゲン、監督は同じくプロジェクト内のバンドMV及び劇場作品の監督を務めた梅津朋美が担当する[16][18]

テレビアニメ[編集]

アルゴナビス from BanG Dream!』のタイトルで2020年4月11日から7月4日まで毎日放送TBS系列の土曜1時25分(金曜深夜)枠『スーパーアニメイズム』にて放送された[19][20]。監督は錦織博、シリーズ構成・脚本は毛利亘宏が起用され、アニメーション制作は前述のミュージックビデオ同様にサンジゲンが担当している。また、全編を通して3DCGで描画されており、劇中の登場人物の演奏シーンは担当声優によるモーションキャプチャが用いられている[21]

放送前の同年2月8日から2月29日まで4週連続で特別ミニ番組『アルゴナビス from BanG Dream! アニメ直前スペシャル』が同枠内にて放送[22]。出演は伊藤昌弘(七星蓮役)、日向大輔(五稜結人役)、前田誠二(的場航海役)、森嶋秀太(桔梗凛生役)、橋本祥平(白石万浬役)[22]

スタッフ[編集]

  • 原作・製作 - ブシロード[23]
  • 監督 - 錦織博
  • 副監督 - 植高正典
  • ストーリー原案 - 中村航[23]
  • シリーズ構成 - 毛利亘宏[23]
  • メインキャラクター原案 - 三好輝[23]
  • モデリングディレクター - 鈴木大介
  • リギングディレクター - 矢代奈津子
  • 美術監督 - 田島裕
  • 美術設定 - 多田周平
  • 色彩設計 - 北川順子
  • 撮影監督 - 林翔子
  • リードCGディレクター - 小川晴代
  • 編集 - 榎田美咲
  • 音響監督 - ひらさわひさよし、古屋智子
  • 音楽 - 高橋諒[23]
  • 音楽プロデューサー - 北岡那之、山田公平
  • プロデューサー - 村上一馬、山下祐季、亀井博司
  • アニメーションプロデューサー - 松浦裕暁
  • アニメーション制作 - サンジゲン[23]
  • 制作協力 - ディー・エヌ・エー

主題歌・劇中歌[編集]

主題歌[編集]

「星がはじまる」[24]
Argonavisによる#01 - #06、#10、#12のオープニングテーマ。作詞は中村航田淵智也UNISON SQUARE GARDEN)、作曲は田淵、編曲は渡辺拓也
「SCATTER」[23]
GYROAXIAによる#07 - #09、#11のオープニングテーマ。作詞はSHiNNOSUKE(ROOKiEZ is PUNK’D/S.T.U.W)、作曲・編曲はUZ(SPYAIR/S.T.U.W)
#05では劇中歌として使用された。
「雨上がりの坂道」[25]
Argonavisによる#01、#02、#04 - #06、#10、#12 - #13のエンディングテーマ。作詞は中村航、作曲・編曲は渡辺拓也。
「LIAR」
GYROAXIAによる#07、#09、#11のエンディングテーマ。作詞・作曲・編曲はASH DA HERO

劇中歌[編集]

「超夢宙閃隊〈スターファイブ〉より愛を込めて」
七星蓮(伊藤昌弘)による#01の劇中歌。#11ではArgonavis名義の楽曲として使用された。作詞は中村航、作曲・編曲は高橋諒
「ゴールライン」
Argonavisによる#01 - #03、#06 - #08の劇中歌。作詞は中村航と渡辺拓也、作曲・編曲は渡辺拓也。
#03ではエンディングテーマとして使用された。
「REVOLUTION」
GYROAXIAによる#01、#06の劇中歌。作詞・作曲・編曲はASH DA HERO。編曲には山本恭平(Arte Refact)も加わる。
「Steady Goes!」
Argonavisによる#04、#05の劇中歌。作詞は中村航、作曲・編曲は廣澤優也(HANO)青木宏憲(HANO)
「流星雨」Acoustic Ver.
Argonavisによる#06の劇中歌。作詞は中村航、作曲・編曲は渡辺拓也。
「MANIFESTO」
GYROAXIAによる#07、#08の劇中歌。作詞・作曲・編曲はASH DA HERO。編曲には脇眞富(Arte Refact)も加わる。
#08ではエンディングテーマとして使用された。
「STARTING OVER」
Argonavisによる#08、#09の劇中歌。作詞は中村航とASH DA HERO、作曲はASH DA HERO、編曲は渡辺拓也。
「STARTING OVER feat.旭 那由多 from GYROAXIA」
Argonavis feat.旭 那由多 from GYROAXIAによる#08の劇中歌。作詞は中村航とASH DA HERO、作曲はASH DA HERO、編曲は渡辺拓也。
「Starry Line」
Argonavisによる#09の劇中歌。作詞は中村航と田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)、作曲は田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)と栁舘周平。編曲は栁舘周平。
「AGAIN」
Argonavisによる#10の劇中歌。作詞は中村航、作曲はSHiNNOSUKE(ROOKiEZ is PUNK’D/S.T.U.W)、編曲はYOUSAY
「銀の百合」
Fantôme Irisによる#11の劇中歌。作詞はマオシド)、作曲は御恵明希(シド)、編曲はシド。
「光の悪魔」
εpsilonΦによる#11の劇中歌。作詞・作曲・編曲はTK凛として時雨)。
「バンザイRIZING!!!」
風神RIZING!による#12の劇中歌。作詞・作曲・編曲はTAKE(FLOW)。
「VOICE」
Argonavisによる#13の劇中歌。作詞は中村航、作曲・編曲は渡辺拓也。
「Pray」
Argonavisによる#13の劇中歌。作詞は中村航、作曲はShinji(シド)、編曲は渡辺拓也。

各話リスト[編集]

話数サブタイトルシナリオ絵コンテ演出CGディレクター作画監督放送日
#01光あるところへ 毛利亘宏錦織博小川晴代
  • 茶之原拓也
  • 依田祐輔
2020年
4月11日
#02天才と熱狂 奥川尚弥茶之原拓也4月18日
#03僕たちの出航 杉島邦久西野弘泰4月25日
#04夢と現実の間に
大森大地
  • 茶之原拓也
  • 依田祐輔
5月2日
#05過去からの決別
  • なかの★陽
  • 錦織博
森田紘吏茶之原拓也5月9日
#06流星雨 杉島邦久志賀健太郎5月16日
#07波間を越えて 後藤みどり錦織博西野弘泰
  • 茶之原拓也
  • 八森優香
  • 依田祐輔
5月23日
#08共鳴
  • 錦織博
  • 植高正典
小山晴代5月30日
#09未知への挑戦 毛利亘宏
  • まつぞのひろし
  • 錦織博
志賀健太郎茶之原拓也6月6日
#10限界突破!
  • 増田敏彦
  • 錦織博
奥川尚弥
  • 茶之原拓也
  • 大峰誠也
6月13日
#11運命の場所へ 後藤みどり錦織博森田紘吏
  • 茶之原拓也
  • 八森優香
  • 依田祐輔
  • 大峰誠也
  • Shin Joseph
6月20日
#12ゴールライン 毛利亘宏西野弘泰
  • 茶之原拓也
  • 八森優香
  • 大峰誠也
6月27日
#13Pray 小山晴代
  • 茶之原拓也
  • 依田祐輔
  • 大峰誠也
7月4日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[20]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [26] 備考
2020年4月11日 - 7月4日 土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜) 毎日放送放送協力)をはじめとするTBS系列全28局 日本国内[注 3] 字幕放送 / 連動データ放送
スーパーアニメイズム』枠
土曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

インターネットではTVerMBS動画イズムGYAO!U-NEXTアニメ放題dアニメストアビデオマーケットDMM.com、COCORO VIDEO、music.jpGYAO!ストアひかりTVにて配信[20]


毎日放送TBS系列 スーパーアニメイズム
前番組 番組名 次番組
ハイキュー!! TO THE TOP(第1クール)
アルゴナビス from BanG Dream!

ゲームアプリ[編集]

アルゴナビス from BanG Dream! AAside』は、ブシロードのスマートフォン向けアプリケーションゲーム。ジャンルはリズム&アドベンチャーゲーム。開発元はDeNA。 2020年後半より配信開始予定。

スタッフ(ゲームアプリ)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b COVID-19の影響により延期となったため、そのセットリストを元に、同日程で、YouTubeにて音源を編集した音だけのライブ「Sound Only Live」が配信された。
  2. ^ a b COVID-19の影響により2021年に延期となった。
  3. ^ TBS系列局が所在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信およびCATVによる区域外再放送は含めず)。

出典[編集]

  1. ^ a b 大ヒット「バンドリ!」に続く ブシロード、次の一手はDJ” (2019年4月24日). 2019年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e BanG Dream! 新プロジェクト ARGONAVIS from BanG Dream! Argonavis 0-BEYOND LIVE -始動- 開催決定!”. 超!アニメディア. 学研プラス (2018年9月22日). 2018年10月15日閲覧。
  3. ^ ARGONAVIS from BanG Dream 公式 About”. 2018年12月18日閲覧。
  4. ^ ARGONAVIS from BanG Dream! 3rdライブ開催!ドラムに2.5次元舞台で活躍の橋本祥平が新加入!” (2018年12月23日). 2019年11月9日閲覧。
  5. ^ メンバー5人で新たなる船出へ! 『BanG Dream! Argonavis 1st LIVE』レポート” (2019年5月27日). 2019年11月9日閲覧。
  6. ^ a b c 「ARGONAVIS from BanG Dream!」,アプリゲーム化&TVアニメ化が2020年に決定。新バンド「GYROAXIA」と「Fantôme Iris」も公開” (2019年11月5日). 2019年11月9日閲覧。
  7. ^ Twitter 月刊ブシロード&月ブシTV” (2019年11月7日). 2019年11月9日閲覧。
  8. ^ 『アルゴナビス from BanG Dream!』より「風神RIZING!」登場。中島ヨシキさん、阿部敦さんらキャスト情報も” (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  9. ^ アニメ制作発表会開催決定!” (2019年12月5日). 2020年1月12日閲覧。
  10. ^ AAside_INFOのツイート(1193059092371103750)
  11. ^ AAside_INFOのツイート(1193059136268726272)
  12. ^ AAside_INFOのツイート(1193059166274764802)
  13. ^ AAside_INFOのツイート(1193059199355256832)
  14. ^ 「BanG Dream!」の新プロジェクトに森嶋秀太、前田誠二、日向大輔 :おた☆スケ【声優情報サイト】”. おた☆スケ (2018年5月12日). 2018年5月13日閲覧。
  15. ^ a b 「バンドリ!」新プロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」の1st LIVEをレポート。オリジナル曲の披露や2nd LIVEの開催も決定”. 4Gamer女子部(仮). 4Gamer.net (2018年7月31日). 2018年10月15日閲覧。
  16. ^ a b c d e Twitter ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)公式 2019年5月17日
  17. ^ Twitter ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)公式 2019年7月20日
  18. ^ Twitter 松浦裕暁 2019年7月20日
  19. ^ 春アニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』4/10放送開始!宮内敦士&佐藤拓也 出演決定”. アニメイトタイムズ (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  20. ^ a b c ON AIR”. TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』公式サイト. 2020年3月25日閲覧。
  21. ^ TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』、いよいよ今夜25:25よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて放送開始!”. ブシロード公式サイト. ブシロード (2020年4月10日). 2020年5月17日閲覧。
  22. ^ a b アルゴナビス from BanG Dream! アニメ直前スペシャル”. TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』公式サイト (2020年1月29日). 2020年2月15日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g STAFF & CAST”. TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』公式サイト. 2020年1月29日閲覧。
  24. ^ ARGONAVIS from BanG Dream!【情報解禁】 #アルゴナビス アニメ主題歌「星がはじまる」✨”. Twitter (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  25. ^ 📺TVアニメ「#アルゴナビス from BanG Dream!」🎶エンディングテーマ情報”. Twitter (2020年4月3日). 2020年4月3日閲覧。
  26. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク[編集]