マッドマックス 怒りのデス・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッドマックス 怒りのデス・ロード
Mad Max: Fury Road
監督 ジョージ・ミラー
脚本 ジョージ・ミラー
ブレンダン・マッカーシー
ニコ・ラサウリス
製作 ジョージ・ミラー
ダグ・ミッチェル
P・J・ヴォーテン
製作総指揮 イアイン・スミス
グレアム・パーク
ブルース・バーマン
出演者 トム・ハーディ
シャーリーズ・セロン
ニコラス・ホルト
ヒュー・キース・バーン
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
ゾーイ・クラヴィッツ
アデレイド・クレメンス
ライリー・キーオ
アビー・リー・カーショウ
ネイサン・ジョーンズ
音楽 ジャンキーXL
撮影 ジョン・シール
編集 マーガレット・シクセル
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 日本の旗2015年6月20日
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000(推定)
前作 マッドマックス/サンダードーム
次作 マッドマックス5/フリオサ
テンプレートを表示

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(マッドマックス いかりのデス・ロード、原題:Mad Max: Fury Road)は、2015年公開予定のオーストラリアの映画作品)。2012年7月から12月までアフリカナミビアで撮影された[1]

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作されるマッドマックスシリーズの第4作である。

製作[編集]

2003年ジョージ・ミラーが、マッドマックス4のスクプリト(脚本)がすでに書かれ、マッドマックスシリーズの4作目を制作する事を発表した。オーストラリアワーナー・ブラザーズから撮影におよそ1億ドルの予算の許可が与えられたが、5月にアフリカのナミビアにあるナミブ砂漠にて撮影し、2005年頃に公開予定を目指していた。準備はすでに出来ていたが、しかしイラク戦争による世界情勢の不安により、映画で使われる多くの巨大な乗り物や撮影機材などを運ぶのに、アメリカや各国が出荷制限の強化などを行った為、撮影延長を余儀なくされた[2]。またオーストラリアドルの価格の上昇によるオーストラリア経済の不安定も増し、映画の製作費の調達が困難になっていた。その結果、撮影延長のみならず、映画制作が出来にくくなってしまった。 またマッドマックスシリーズの主人公マックスを演じるメル・ギブソンも当初は出演に興味を持っていたが、長引く撮影延長により次第に出演に殆ど興味を示めさなくなった。またマッドマックス4初期の企画段階では、ヒース・レジャーや友人のメル・ギブソンの出演を条件にしていたロバート・ダウニー・Jrなどもマッドマックス4に出演の話が持ち上がっていた。

またミラーは2001年イギリスのコミック作家で数々の映画の脚本やデザインも手がけるブレンダン・マッカーシーに共同でマッドマックス4のデザイン設計などをしたいと依頼しており、ミラーとマッカーシーは2003年までの約2年の歳月をかけて、マッドマックス4の為の多くの乗り物などのデザインを共同で設計している[3]

マッドマックス4製作中止の間にミラーはCGアニメ、ハッピーフィート2の製作に専念する。2006年11月にハッピーフィート2公開のインタビューで、ミラーはマッドマックス4の撮影は諦めていないとし、マッドマックス4の出演に興味を無くしたメル・ギブソンの代役を見つけて撮影したいと語った。

2007年3月17日にミラーはオーロラフィルムメーカーの主導によるマッドマックス4の製作に欲意を示した。世界情勢やオーストラリアドルによる経済が安定して来た為である。2009年3月5日にはマッドマックス4の製作に当たり、3Dアニメ化も模索していたが、ミラーは2010年7月に3Dカメラを開発して撮影すると、3D映画化の可能性を指摘している[4]。しかし、予算面から2012年6月に3D映画化はしないとし、2Dで撮影して3Dに変換するとした[5]

2009年10月24日にミラーは2011年初頭までオーストラリアのブロークンヒルでマッドマックス4の撮影が行われると発表[6]。29日にはメル・ギブソンの代役として、主役のマックス役をトム・ハーディと交渉中と報告され、さらにシャーリーズ・セロンとも交渉し、彼女は映画でマックス役のトム・ハーディと共に大きな役割を果たすだろうと報告された。プロットではマッドマックス/サンダードームの後の話になる見込みだが、シャーリーズ・セロンは単なる続編では無く再起動(リブート)の新しいマッドマックス映画になると語っている[7]。『マッドマックス2』の要素があるリブート作品ともなっている。5人の妻役にもロージー・ハンティントン=ホワイトリーゾーイ・クラヴィッツアデレイド・クレメンスライリー・キーオアビー・リー・カーショウテリーサ・パーマーの都合により)が決まった。

またミラーは2010年7月にマッドマックス4制作と同時進行される形で、5作目の『マッドマックス5/フュリオサ(Mad Max Furiosa)』の製作も企画される予定で、さらに6作目の企画予定もあり、マッドマックス4の製作を切っ掛けに全3部作の製作企画予定があると言う[8]

2011年11月10日に、撮影地のブロークンヒルの荒野が天候の大雨による影響で緑化しお花畑になってしまい撮影出来なくなった為、撮影は初期製作計画で予定していた事もあるアフリカのナミビアで再び撮影すると言う事となった[9]2012年7月から12月上旬まで撮影され、無事クランクアップとなった。脚本は以前、ミラーがブレンダン・マッカーシーとニコ・ラサウリスと共に書いたものである。2013年公開予定であったが撮影の遅れなどもあって、2014年公開予定となった。

ナミビアでの撮影は無事終了したが、追加出演要素など加えた撮り直しの為、11月からの3週間に渡ってオーストラリアで再撮影される事が決定した。2014年公開予定とされていたが、これらの遅れから2015年5月15日に公開予定となった[10]

日本では邦題を『マッドマックス 怒りのデス・ロード』とし、[11]2015年6月20日に公開予定。

あらすじ[編集]

砂漠化し、人類が生活必需品を求めて狂った様に争う、遥か未来の荒廃した世界。火と血のこの世界の中で、秩序を回復することが出来るかもしれない鍵を握るマックスとインペラトル・フリオサの2人の反乱者を中心に展開する。一匹狼の旅人マックスは妻子を失った事に続いている心の平和を捜していた。謎の凶悪な武装集団「ウォーボーイズ」に捕まったマックスは鎖で繋がれ彼らの砦の要塞「シタデル(CITADEL)」に囚人として連れてかれる。スカル(頭蓋骨)がシンボルのステアリング・ホイールを崇拝する組織の司令官であるイモータン・ジョーから、逃亡したフリオサ達の追跡を命じられたニュークスは、車両にマックスの体を縛り付けて荒地へ運んだ時、マックスはインペラトル・フリオサと言う女性と出会う事となる。フリオサはイモータン・ジョーが保有していた5人の妻らを救い、ウォー・リグ(War Rig)と言うタンカートレーラーに乗り、逃げながら砂漠横断していた。フリオサは彼女の幼い頃の祖国へ行く事を望み、マックスはフリオサと彼女を信じる、生き残り達の一団を手助けする為に、ジョー率いる武装集団に追われながら安住の地を求めてフリオサ達と共に危険な砂漠横断をする事となる。

スタッフ[編集]

登場人物・キャスト[編集]

マックス・ロカタンスキー Max Rockatanskyトム・ハーディ
妻子を失った事を未だに、引きずって心の平和を求めて、旅をしていた。イモータン・ジョーの武装集団に襲われ、捕らえらて、彼らの砦に連れてかれる。後に逃亡者を追跡するニュークスにより荒地に運ばれ、インペラトル・フリオサと言う女性と出会い、頼まれて彼女達一団の砂漠横断の手助けをする事となる。
インペラトル・フリオサ Imperator Furiosaシャーリーズ・セロン
イモータン・ジョーの武装集団から逃げる一団の中心的な女性戦士。ジョーの砦に捕らえられていたが、ジョーが奴隷状態で保有していた5人の妻を解放して安住の地へ運ぶ。左腕を失っており、義手をしている。ウォー・リグ(War Rig)と言うタンカートレーラーに乗り運転している。マックスと出会ってから、彼女が言う安住の地を目指す為、危険な砂漠を横断する手助けを頼む。
ニュークス Nuxニコラス・ホルト
イモータン・ジョーの謎の武装集団「ウォーボーイズ(War Boys)」だった若者。スカル(頭蓋骨)崇拝の為に、頭蓋骨を真似たスキンヘッドに体をペンキで白塗りにし、痂皮性の皮膚や刺青、傷跡があり、他のウォーボーイズの若者達も同類の姿をしている。ジョーの元で混乱しか知らず育ち、名誉の戦死を探していた。ジョーから逃亡者達を追跡する為のメンバーとして荒地に行かせられ、捕虜のマックスを自分の車両であるウォーモンガー・モービル(Warmonger-Mobile)に縛りつけ連れた。後にマックスやフリオサ達の重要な協力者となる。5人の妻の1人カパーブルにも心を通わせ、好意を寄せる。
スプレンディッド Splendidロージー・ハンティントン=ホワイトリー
奴隷状態でイモータン・ジョーの5人の妻の1人だった女性。妊娠しており、お腹がふくらんでいる。フリオサに助けられた後、武装集団に狙われながら危険な砂漠横断の旅に出る。
トースト Toastゾーイ・クラヴィッツ
奴隷状態でイモータン・ジョーの5人の妻の1人だった女性。フリオサに助けられた後、ジョーの武装集団に狙われながら危険な砂漠横断の旅に出る。
カパーブル Capableライリー・キーオ
奴隷状態でイモータン・ジョーの5人の妻の1人だった女性。赤毛の髪をしている。フリオサに助けられた後、ジョーの武装集団に狙われながら危険な砂漠横断の旅に出る。ジョーの手下だったニュークスに心を通わせ次第に好意を持つようにもなる。
ザ・ダグ The Dagアビー・リー・カーショウ
奴隷状態でイモータン・ジョーの5人の妻の1人だった女性。フリオサに助けられた後、ジョーの武装集団に狙われながら危険な砂漠横断の旅に出る。
フラジール Fragileコートニー・イートン
奴隷状態でイモータン・ジョーの5人の妻の1人だった女性。フリオサに助けられた後、ジョーの武装集団に狙われながら危険な砂漠横断の旅に出る。
イモータン・ジョー Immortan Joeヒュー・キース・バーン[12]
「シタデル(CITADEL)」と言う砦を構える謎の武装集団の司令官。かつてジョー・ムーア大佐と言う名の戦争の英雄の軍人でもあった。体を白塗りにしている。有毒の空気を避け、彼が呼吸する手助けの為の生命維持のスカル(頭蓋骨)を模様した特殊マスクを装着している。2丁のリボルバー銃を持ち、杖を持つ。ガス・ガズラー(Gas-Guzzler、ギガホース、Gigahorse)と言う1959年型キャディラックの車体を使って改造した車両に乗っている。彼に仕える若者や子供達は彼に養子にされた息子達でもあり、大人達は「ウォーボーイズ」と呼ばれ、子供達は「ウォーププス(War Pups)」と呼ぶ。スカル(頭蓋骨)を崇拝した、カルト宗教的な価値観を持つ組織を結成し、荒地で人々を捕らえて彼が根城にしている砦に連れては人々を騙して利用している。自分が死ぬ前に健康的な子供を産ませて子孫を残す為、性奴隷として若い5人の妻を始めとする多数の妻を保有していたが、フリオサが5人の妻を逃がして逃亡した為追跡する。
リクトュス・エレクトス Rictus Erectusネイサン・ジョーンズ
イモータン・ジョーの息子。
シルト Slitジョシュ・ヘルマン
ミス・ジディ Miss Giddyジェニファー・ヘイガン
バレット・ファーマー Bullet Farmerリチャード・カーター
バレット・ファーム(Bullet Farm)で武器や弾薬の製造を行っている。
オーガニック・メカニック Organic Mechanicアンガス・サンプソン
ヴァルキリー Valkyrieミーガン・ゲイル
ライフル銃を持つ女性戦士。
コーマドーフ・ウォーリアー Coma-Doof Warriorイオタ
イモータン・ジョーの養子の息子の1人で、ジョーの武装集団「ウォーボーイズ」の1人。火炎放射器型のギターを操るイモータン・ジョーの手下。頭が奇形しており、赤色の衣装を着ている。ドーフ・ワゴン(Doof Wagon)と呼ばれる、スピーカーのトラックの前のステージでバンジー状態で紐で吊るされた状態で火炎放射器型のギターを操る。
ピープル・イーター People Eaterジョン・ハワード
イモータン・ジョーと手を組むジョーの仲間で、スキンへッドに小太りの体系で背広を着て、鼻と乳首にピアスを付けている。ガスタウン(GasTown)を管理している。メルセデス・ベンツの車体の改造タンカートレーラーに乗っている。
ホープ Hopeココ・ジャック・ギリース
イモータン・ジョーの砦で暮らしていた子供の1人。
コーパス・コロッサス Corpus Colossusクエンティン・ケニハン
小人の男で、イモータン・ジョーの息子の1人。
司令官 (リチャード・ノートン
イモータン・ジョーの手下の1人。

[13]

日本語吹き替え[編集]

本作ではシリーズで初めて、劇場公開時に日本語吹き替え版が字幕版と同時に公開される。

役名 俳優 日本語吹き替え
マックス トム・ハーディ AKIRA
(EXILE)
ジョー ヒュー・キース・バーン 竹内力
エレクトス ネイサン・ジョーンズ 真壁刀義

主に登場する乗り物[編集]

車両の多くは2001年にピーター・パウンドが『マッドマックス4』制作の企画を進めていたケネディ・ミラーの為に描いたコンセプトアートによる設定が元になっている[14]。 イモータン・ジョー達が使用する車両の多くは荒地で手に入れた車両を、彼らの砦に運んで、砦の地下施設にある大量のスクラップ部品から車両の修理やハイブリッドによる改造などをしたりして利用している。

マックスが乗るフォード・ファルコンをベースにした黒色の車体とV8エンジンを搭載したカスタム車。イモータン・ジョーの武装集団に襲われ破壊される。その後、彼らの砦の地下の整備に運ばれ、銀色の車体と後部に機関銃搭載でオフロードタイヤ装着と修理と改造された。
  • タトラ6x6(ウォー・リグ)
イモータン・ジョーの武装集団から逃げる為、フリオサが5人の妻らを乗せて運転した、改造タンカートレーラー。ウォー・リグとも呼ばれている。チェコタトラ製の軍用トラックを元に改造されており、車体はシボレーフリートラインを使っている。2001年にピーター・パウンドが描いたコンセプトアートをほぼ其のまま使っている。
  • ガス・ガズラー
イモータン・ジョーが乗る1959年型キャディラックの車体を使った四輪駆動の改造車両。ギガホース(Gigahorse)とも呼ばれる。コントロールボックスが装備されている。2001年にピーター・パウンドが描いたコンセプトアートを元にしている。
  • ウォーモンガー・モービル
ニュークスが運転していたホット・ロッドの改造車両。1932年型フォード・デュース・クーペを元にしている。車体の前に人を縛り付けるための十字棒があり、マックスが縛り付けられていた。2001年にピーター・パウンドが描いたコンセプトアートを元にしている。
  • ビッグフット
リクトュス・エレクトスが後部席に乗る1946年型ダッジトラックのモンスタートラック。ピーター・パウンドが描いたコンセプトアートを元にしているが車体が違う。
  • ドーフ・ワゴン
多くのスピーカーが取り付けられた改造トラック。後部席のドラムを叩いたり、車体の前のステージでコーマドーフ・ウォーリアーと言うギターリストを紐で吊して、ギターを弾いたり音により音響兵器としてスピーカーと連係している。2001年にピーター・パウンドが描いたコンセプトアートを元にしているがデザインが違う。
  • ホールデン・ラットロッド
ホールデン50-2106クーペユーティリティを使ったラットロッド。
4作目に登場する車両としてV8インターセプターと共にABCテレビで公開され、紹介された。元はオーストラリアの農場主により遊びでラットロッドとして改造したのを、ジョージ・ミラーが映画で使う為に買い取り、其のまま映画で使われた。
  • バザード
車体全体にトゲがあるバギーカー。2001年にピーター・パウンドが描いたコンセプトアートを元にしている。

コミック[編集]

2015年5月にDCコミックから映画本作に基づいた前編の全4冊からなる物語内容のコミックが発売される事が決まった。ジョージ・ミラー、ニコ・ラサウリス、マーク・セクストンの共同により描かれ、今後制作されるであろう続編へ意識したものになっていると言う。まず、5月16日に65人の有名なアーティスト達による本作品をテーマに描いたハードカバーブック 『Mad Max : Fury Road : Inspired Artists』が発売され、5月20日にコミックが発売される[15]。コミックは映画本作の前の出来事を描いた内容で、イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーンが演じた)とニュークス(ニコラス・ホルトが演じた)の物語、『Mad Max: Fury Road: Nux and Immortan Joe』(1冊)は荒廃した世界で、戦争の英雄ジョー・ムーア大佐がイモータン・ジョーと言う名の暴君的な司令官となり、イモータン・ジョーの武装集団「ウォー・ボーイズ」(War Boys)のニュークスの物語。イモータン・ジョーの砦にあるバイオドームと言う外の有毒と無秩序から保護され綺麗な空気と純水がある特殊な部屋。そこに閉じ込められているジョーの5人の妻達をフリオサ(シャーリーズ・セロンが演じた)が解放して逃亡し様とする物語の『Mad Max: Fury Road: Furiosa』(1冊)。 マックスの物語『Mad Max: Fury Road: Mad Max』(1、2冊)では、マックスは彼の過去に取りつかれて、良い自身を捜して危険な荒地をさ迷い、自動車の部品が人間の命より価値があると言うガスタウンと言う町にたどり着く。そこで最終的に強力な主要な351台のエンジンから、破壊したインターセプターを再び作り直せると分かり、伝説のV8エンジンを得るために、マックスは町のサンダードーム・プラスと呼ばれる闘技場で死闘の試合をする事になる。何れのコミック作品も続編の制作企画もあるため、それを意識したものにになっている。

ゲーム[編集]

  • マッドマックス (2015年のゲーム)w:en:Mad Max (2015 video game)) - 本作品に基づいた、2014年にプレイステーション4Xbox One、PCにてリリース予定のオープンワールドのアクションアドベンチャーゲームが発表された。w:en:Avalanche Studiosにより開発され、2015年9月1日に発売。プレイヤーはマックスとなり、略奪者により盗まれた愛車のV8インターセプターを取り戻す為、チャムバケット(Chumbucket)と言う信頼できるメカニックを相棒として連れて、カスタムされた車両に乗りながら、人口密度が高い都市ガスタウン(GasTown)、乾燥した海底に、灯台やさびられた船があるグレートホワイト(The Great White)、不毛の大地が広がるデッド・バレンズ・パス(Dead Barren's Pass)などのエリアを行き逝きしながら危険な旅に乗り出す。またゲームの物語は映画本作の前の出来事と言う設定になっている。DCコミックからマックスの相棒のメカニック、チャムバケット視点で描かれたゲームの続編の物語のモーションコミックも出ている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]