ライリー・キーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライリー・キーオ
Riley Keough
Riley Keough
第67回カンヌ国際映画祭 (2014年)
本名 Danielle Riley Keough
生年月日 1989年5月29日(25歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
モデル
配偶者 ベンジャミン・スミス・ピーターセン
著名な家族 エルヴィス・プレスリー(祖父)
プリシラ・プレスリー(祖母)
リサ・マリー・プレスリー(母親)

ライリー・キーオ(Riley Keough、1989年5月29日[1] - )は、アメリカ合衆国女優モデル

来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。祖父はエルヴィス・プレスリー、祖母はプリシラ・プレスリー、母親はリサ・マリー・プレスリー、父親はミュージシャンのダニー・キーオであった。弟のベンジャミン・ストーム・キーオに加え、異父姉妹である双子のハーパー・ヴィヴィアン・アン・ロックウッドとフィンリー・アーロン・ラブ・ロックウッドがいる[2]

14歳になった時、イタリアのミランで行われたドルチェ&ガッバーナのファッションショーのステージ上を歩きファッションモデルとしてデビュー[3]。また、リサ・マリーとプリシラとともにヴォーグの表紙に登場した。

2010年に公開された青春伝記映画『ランナウェイズ』で役者としてデビューし、作品ではダコタ・ファニング演じるシェリー・カーリー役の姉妹マリー・カーリーを演じた。オーランド・ブルームが製作し出演した2011年公開のスリラー映画『グッド・ドクター 禁断のカルテ』でオーランド・ブルームの相手役の患者ダイアン・ニクソンを演じた。2012年にはスティーブン・ソダーバーグ監督作品のコメディドラマ映画『マジック・マイク』に出演した。 2015年公開のジョージ・ミラー監督のバイオレンスアクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に5人の妻の1人として出演した。2012年の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の撮影の際、スタントマンとして出演していたベンジャミン・スミス・ピーターセンと出会い交際をはじめた。そして婚約を発表し、2015年2月4日に結婚した。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ Danielle Riley Keough”. ファッションモデル・ディレクトリ. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ Lisa Marie Presley returns to Los Angeles on eve of her late father Elvis's 76th birthday”. デイリー・メール. 2013年2月10日閲覧。
  3. ^ Riley Keough”. エルヴィス・プレスリーニュース.com. 2013年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]