ホットロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホットロード』は、紡木たくによる日本少女漫画である。紡木の代表作であり、『別冊マーガレット』(集英社)に1986年1月号から1987年5月号まで連載された。単行本全4巻(絶版)、文庫版全2巻、完全版全3巻が刊行されている。2014年には映画化された。

悩みを抱えながら、暴走族に憧れ、仲間に入り不良の道を進んでゆく主人公・和希、バイクに命をかけ、死さえ覚悟しているような春山の姿が描かれる。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

宮市 和希(みやいち かずき)
14歳。中学2年生。2歳の頃父親が亡くなり、母親と2人暮らし。鈴木(後述)と交際を続ける母に反発し非行に走る。母から愛されていないと感じ、自分が誰からも必要とされていないのではないかと不安を抱えている。
春山 洋志(はるやま ひろし)
16歳。一人暮らしをしており、高校へは行かずにガソリンスタンドアルバイトをし生計を立てている。モリワキフォーサイト集合管・BEETテールカウルを装着したホンダCBR400Fに乗る。同仕様に改造したCBR400Fが“春山仕様”と呼ばれる。

NIGHTS ナイツ[編集]

全国に支部を持ち、本部は横浜にある暴走族。正式名称はMAD SPECIAL THE NIGHTS。全盛期は総メンバー数2000人超だったが、現在は500人ほど。総頭には、少年鑑別所に入れられるかもしれないという覚悟と、全国の支部をまとめ上げる統率力が要求される。総頭には代々CB400FOURが受け継がれる。

玉見 トオル(たまみ とおる)
ナイツ総頭。20歳。皆に慕われる。父親は建設会社の社長。春山に総頭の座を譲りたいと思っている。
宏子(ひろこ)
トオルの恋人。17歳。絵里が横浜にいた頃の先輩。ナイツに入った当初は荒んでいたが、トオルとの出会いで次第に落ち着いていった。
リチャード
春山の親友。本名は利信。ピエール=カルダンをリチャード=カルダンと呼び間違えたことからこのあだ名がついた。
森下 絵里(もりした えり)
横浜から和希の学校に転校してきた。和希と仲良くなりナイツに誘う。
茂(しげる)
春山に憧れてナイツに入る。14歳。

その他[編集]

和希の母親
35歳。夫の死後、女手一つで和希を育てる。高校時代から好き合っていた相手・鈴木と一緒になれず、和希の父親と結婚した。鈴木とは今でも想い合っている。
鈴木(すずき)
和希の母親の恋人。妻がいるが、離婚協議中。
春山の母親
洋志の父親と離婚後、現在の夫と再婚。一人暮らしをする洋志を心配している。
春山 強(はるやま つよし)
洋志の異父弟。中学1年生。洋志に対し憧れと反感を持っている。
霜村 美穂子(しもむら みほこ)
洋志の元彼女。中学時代の同級生で、洋志とは違い優等生だった。
佐々木(ささき)
和希の1年と2年のときの担任。コーラス部の顧問。和希の素行に悩まされ、胃薬を手放せない。
高津(たかつ)
和希の3年のときの担任。他の教師らが和希を見捨てる中、正面から向き合い更生の道を共に探る。

影響・社会的評価[編集]

書誌情報[編集]

コミックス(集英社マーガレットコミックス〉)全4巻
  1. 1986年12月、ISBN 978-4-08-849235-3
  2. 1987年0ISBN 978-4-08-849244-5
  3. 1987年05月、ISBN 978-4-08-849279-7
  4. 1987年08月、ISBN 978-4-08-849304-6
文庫版(集英社文庫)全2巻
  1. 1995年8月18日ISBN 978-4-08-617201-1
  2. 1995年8月18日、ISBN 978-4-08-617202-8
完全版(集英社ガールズコミックス)全3巻
  1. 2006年7月25日ISBN 978-4-08-855142-5
  2. 2006年8月25日ISBN 978-4-08-855143-2
  3. 2006年9月25日ISBN 978-4-08-855144-9
コンビニコミック版(集英社ガールズリミックス)全1巻
  1. 2009年6月、ISBN 978-4-08-109789-0
電子書籍版(全4巻)
  1. 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL
  2. 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL
  3. 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL
  4. 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL

映画[編集]

ホットロード
監督 三木孝浩
脚本 吉田智子
製作 大角正
城朋子
本間憲
藤門浩之
柏木登
出演者 能年玲奈
登坂広臣
鈴木亮平
太田莉菜
木村佳乃
音楽 mio-sotido
主題歌 尾崎豊OH MY LITTLE GIRL
撮影 山田康介
編集 坂東直哉
配給 松竹
公開 日本の旗 2014年8月16日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2014年8月16日公開の日本映画[1]。監督は三木孝浩。主演は能年玲奈で、2013年前期の連続テレビ小説あまちゃん』でヒロインを務めた直後の次回作として注目された[2]。春山役は三代目J Soul Brothers所属の歌手・登坂広臣で、本作が映画初出演である[3]

製作[編集]

連載から25年以上経って初の映画化となり、脚本には原作者の紡木が監修として参加している[4]。紡木の元には今まで何度もドラマ化や映画化の話が来ていたが、イメージに合わないという理由で全て断っていた。しかし、映画『カラスの親指』で能年の存在を知り「彼女なら和希の役を託してもいい」と実写化を許可しており、「能年ありき」の企画になっている[5]。なお、能年のキャスティングは『あまちゃん』の放送前から決定している[6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

封切り[編集]

8月16日より全国302スクリーンで公開され、丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶には能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、落合モトキ、竹富聖花、三木孝浩監督が登壇した[10]

公開初週週末2日間の興行成績は興収3億8924万2000円、動員28万4367人で、映画観客動員ランキングで第2位に初登場した(実写映画では1位。興行通信社調べ)[11]。公開6週目時点の9月20日・21日時点の累計では動員176万8,468人、興収22億3,656万5,900円を記録してランキング9位となり、その後も301館でムーブオーバーを展開した[12]

受賞[編集]

第6回TAMA映画賞[13]
第39回報知映画賞
第27回日刊スポーツ映画大賞
  • 新人賞 - 能年玲奈[15]

関連商品[編集]

  • ホットロード OFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣(集英社 ISBN 978-4087807271
  • オリジナルサウンドトラック(バップ)

出典・脚注[編集]

  1. ^ “イメージソングは尾崎豊…映画『ホットロード』公開直前イベント開催”. BARKS音楽ニュース (グローバル・プラス). (2014年8月8日). http://www.barks.jp/news/?id=1000106479 2014年8月10日閲覧。 
  2. ^ 能年玲奈がヤンキー!「あまちゃん」の次は映画「ホットロード」主演(2013年10月17日)、スポーツ報知、2013年10月17日閲覧。
  3. ^ 能年玲奈主演の映画『ホットロード』、春山役は三代目J Soul Brothersの登坂広臣”. cinra.net (2013年10月29日). 2013年11月17日閲覧。
  4. ^ 「ホットロード」映画化 能年玲奈が万引きで補導される不良少女に”. ハフィントン・ポスト日本版 (2013年10月17日). 2013年11月17日閲覧。
  5. ^ 能年玲奈がヤンキー!「あまちゃん」の次は映画「ホットロード」主演”. スポーツ報知 (2013年10月17日). 2014年3月19日閲覧。
  6. ^ 能年玲奈に記者あきれる? 芸能界“ここだけの話”(2013年12月20日)、週刊朝日dot.、2014年1月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o キャスト出典。能年玲奈主演「ホットロード」、主要キャスト全て発表(2014年5月13日)、モデルプレス、2014年5月13日閲覧。
  8. ^ 本間菜穂 (2014年8月10日). “お知らせです”. いちごmail. 2014年8月10日閲覧。
  9. ^ adesso_officialのツイート (500485620347596801)
  10. ^ 能年玲奈「ホットロード」初日挨拶で母に感謝 登坂広臣は三木監督からダメ出し”. アメーバニュース (2014年8月16日). 2014年8月30日閲覧。
  11. ^ 「ドラえもん」V2、「ホットロード」が大健闘の2位”. 映画.com (2014年8月18日). 2014年8月30日閲覧。
  12. ^ 壬生智裕 (2014年9月24日). “『るろうに剣心』が170万人突破でV2!『弱虫ペダル』が大健闘!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2014年10月10日閲覧。
  13. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068357 2014年11月25日閲覧。 
  14. ^ “【報知映画賞】三代目・登坂広臣「歌と芝居は同じ」伝えたい思いがある”. スポーツ報知. (2014年11月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20141127-OHT1T50274.html 2014年12月1日閲覧。 
  15. ^ “能年玲奈、難役クリアで新人賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2014年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404373.html 2014年12月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]