Super Nintendo Entertainment System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SNESから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーファミコン > Super Nintendo Entertainment System
Super Nintendo Entertainment System
Super Nintendo Entertainment System logo.svg
SNES-Mod1-Console-Set.png
Wikipedia SNES PAL.jpg
北米版SNES(SNS-001)
ヨーロッパ版SNES(SNSP-001A)
メーカー 任天堂
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1990年11月21日
大韓民国の旗 1990年11月25日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1991年8月13日
欧州連合の旗メキシコの旗 1992年4月11日
オーストラリアの旗 1992年7月3日
ブラジルの旗 1992年
中華民国の旗 1993年
香港の旗 1993年
イスラエルの旗 1993年
※日本ではスーパーファミコン、韓国ではスーパーコンボイ、台湾・香港では超級任天堂として発売された。
対応メディア ロムカセット
コントローラ入力 ケーブル
売上台数 アメリカ合衆国の旗 2,335万台
前世代ハードウェア Nintendo Entertainment System
次世代ハードウェア NINTENDO64
テンプレートを表示

Super Nintendo Entertainment System(スーパー・ニンテンドー・エンターテインメント・システム、通称:SNES)は、任天堂より日本国外(北米アメリカ合衆国カナダメキシコヨーロッパEU諸国、オセアニアオーストラリアニュージーランドアジア韓国香港南米ブラジル)において発売された家庭用ゲーム機。

1990年11月21日に日本で先行して発売されたスーパーファミコン(SUPER Famicom)をベースに各国への対応を施している。北米版とブラジル版はエリアプロテクトの関係でさらに筐体の変更を施している。

韓国向けは任天堂ではなく現代電子産業(現・SKハイニックス)が任天堂からOEM供給を受け、任天堂が定めた"Super Nintendo Entertainment System KOREAN VERSION"の名称と現代電子産業が定めたスーパーコンボイ슈퍼 컴보이/Super COMBOY)という名称を併記して販売した。“Super Nintendo Entertainment System”ロゴの上にハングルで“슈퍼 컴보이”(スーパーコンボイ)とロゴが記されている。

本項目では日本向けと同じ商品名のスーパーファミコン(漢字表記は超級任天堂超級任天堂/Super Famicom))としてアジアの台湾中華民国)及び香港イギリス領→1997年7月1日より中華人民共和国香港特別行政区[1])で発売された台湾・香港向け仕様スーパーファミコンについても述べる。ロゴ表記や本体仕様は日本向けのスーパーファミコンと同一である。なお、香港ではヨーロッパ版SNES(PAL出力)と超級任天堂(NTSC出力)の双方が販売された。

概要[編集]

Nintendo Entertainment System”(略称:NES。ファミリーコンピュータの北米・ヨーロッパ・オーストラリアアジア版)の後継機にあたる。コンソールに“Super Nintendo”の部分が大きく表記されていたため、現地では「スーパーニンテンドー」の愛称で親しまれた。“SNES”もしくは“Super NES”と略されることが多い。

メーカー型番は北米向けがSNS、EU・オセアニア・香港(PAL)向けがSNSP、ブラジル向けがSNSM、韓国向けがSNSN(任天堂)/HGM(現代電子産業・コンボイ(NES)の続番)、台湾向けがSHVC-ROC、香港(NTSC)向けがSHVC-HKG。

競合機種は本機と同じくいわゆる第4世代機に属するセガメガドライブ(SEGA MEGA DRIVE)/北米名はジェネシス(SEGA GENESIS)、NECホームエレクトロニクスPCエンジン(PC Engine)/北米名はTurboGrafx-16が挙げられる。日本市場ではファミリーコンピュータ(ファミコン)からの引き継ぎに成功し圧倒的に優位であったが、海外市場においては日本同様NESが圧倒的なシェアを誇っていた、いわゆる第3世代機時代と一転し、特に16ビット機で先行していたメガドライブ(ジェネシス)とは1990年代前半のコンシュマーゲーム機市場において人気を二分する猛烈な競争を繰り広げた。北米市場や欧州市場ではSNESとメガドライブ(ジェネシス)が互角の戦いを繰り広げたものの、総出荷台数ではやや劣る結果であった。南米市場では特にブラジルにおいて電気製品の輸入は高額な輸入税を課せられることもあって、現地生産化で価格低減に成功していたメガドライブ[2]に倣って、基本的に海外向けであっても日本や中華人民共和国(中国)から輸出していたSNESシリーズでも、ブラジル向けのみマナウスにあるPlaytronic社の工場で現地生産を行った[3]メガドライブ#市場動向も参照。

そのため、北米市場や欧州市場ではメガドライブ(ジェネシス)に対抗するため、スーパーファミコン本体と専用ソフトは完全に別売りとしていた日本市場と打って変わって「Super NES SUPER SET」と称して「Super Mario World」(スーパーマリオワールド)や「Super Mario All-stars」(スーパーマリオコレクション)、「The Legend of Zelda: A Link to the Past」(ゼルダの伝説 神々のトライフォース)、「Street Fighter II」(ストリートファイターII)等のソフトを本体に同梱してお値打ち感を出す戦略が積極的に行われた[4]。さらに「Super NES MARIO SET」として「Super Mario All-stars + Super Mario World」(スーパーマリオコレクションとスーパーマリオワールドの2in1ソフト)を本体に同梱するものや、「Super NES Super GAMEBOY SET」として「Super Mario All-stars」のソフトに加えて「スーパーゲームボーイ」を本体に同梱するものもあった。さらに1994年に3DCGプリレンダリングを多用したアクションゲームである「Donkey Kong Country」(スーパードンキーコング)シリーズの開発・投入も、メガドライブ(ジェネシス)の周辺機器であるメガCD(メガドライブ用のCD-ROMユニット)やスーパー32X(32bitCPUを搭載し、メガドライブ(ジェネシス)の3D性能を強化させるアタッチメント)を意識した戦略である[5]

しかしながらセガは1994年に日本市場で発売された、いわゆる第5世代機に当たるセガサターン(SEGA SATURN)に北米市場や欧州市場でも1995年中に移行させる強硬手段を採り、それのみに集中するために1995年10月にそれまで販売好調だったメガドライブ(ジェネシス)及びスーパー32Xの生産終了を発表したため、ユーザーや小売店は大混乱に陥った。さらにセガサターンは取り扱い店舗を絞ったため、その店舗から外れた北米の一部大手小売店ではジェネシスを含むセガ製品を排除する店舗も現れ、1995年の年末商戦以降はそれまでと一転しSNESが大幅に有利となる流れとなった[6]

1996年に次世代機となるNINTENDO64が発売され、PlayStation等と共にゲーム機市場がいわゆる第5世代機に移行した後も、日本市場ではサテラビュー衛星データ放送サービスやニンテンドウパワーの書き換えサービスによって2000年までスーパーファミコン向けの新作ソフトがリリースされたが、海外市場では同等のサービスが行われず、北米市場では1998年を最後にSNES向けの新作ソフトの発売が終わった。しかし、2014年に16年ぶりの新作となる「Nightmare Busters」が任天堂のライセンス許諾を得ない非正規ソフトの形態で発売された。「Nightmare Busters」はもともと1994年に開発されていた作品で、開発中止により幻のゲームとなっていた[7]

仕様[編集]

前世代機のNESとファミリーコンピュータでは仕様が異なる部分が多くあったが、本機においてはスーパーファミコンと基本仕様の統一が図られている。詳細は同項目を参照。

スーパーファミコンとの違い[編集]

北米版(SNS-001)
北米・ブラジル版(上)と日本・ヨーロッパ・オセアニア・韓国版(下)のカセットの違い
  • アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ向けの北米版は初代機のSNS-001が1991年8月23日に発売された。前述のエリアプロテクトの関係から本体およびカセットの外形デザインが角ばった形状に、配色が青紫基調に、フォントが斜体となっている。ロゴマークも独自のものを用いる。取扱説明書や注意表記は英語である。
  • 日本版スーパーファミコン(韓国版のスーパーコンボイ、台湾・香港版の超級任天堂も含む。以下"スーパーファミコン等")、ヨーロッパ版SNESとは1人用と2人用のコントローラ端子の間隔が異なる。スーパーファミコン等、ヨーロッパ版SNES用に設計された一部サードパーティ製のワイヤレスコントローラなど両方の端子へのコネクタが一体型となっている周辺機器は使用できない。
  • カセットの物理的な外形が異なるので、スーパーファミコン等やヨーロッパ版SNESとのカセット間の互換性はない。ただし、非ライセンス品の変換アダプタの使用や本体もしくはカートリッジの加工で、仕向地の異なるカセットを使うことは可能である。これは他地域版SNESやスーパーファミコン等も同様である。
  • 電源周り、RF出力周りも日本版スーパーファミコンと異なる。ACアダプターのDC側プラグおよび本体側DCジャックのジャックの形状が異なるので、日本版スーパーファミコンのACアダプターは使用することができない。映像出力はスーパーファミコン等と同じくNTSC出力である。
北米廉価版(SNS-101)
Super Nintendo Entertainment System
北米廉価版(SNS-101)
  • New-Style Super NESとも呼ばれる。
  • 日本版のスーパーファミコンジュニア(SHVC-101)と同じく、次世代機のNINTENDO64発売後に発売された廉価機である。発売日は1997年10月20日とスーパーファミコンジュニアより半年ほど早く発売された。
  • 単品販売と「Super Mario World 2: Yoshi's Island」(スーパーマリオ ヨッシーアイランド)とのセット販売が存在した。
  • スーパーファミコンジュニアと同様にRF出力、RGB出力、S端子ビデオ出力、カセットイジェクト機構、拡張端子(日本以外ではサテラビューは発売されなかったので、使用できる周辺機器はなかった)が省略されている。
  • ヨーロッパ、オセアニア、ブラジル、韓国、台湾、香港では日本版のスーパーファミコンジュニアや、北米版のSNS-101に相当する廉価版は発売されなかった。
ブラジル版
  • ブラジル向けのSNES(SNSM-001)はPlaytronicが任天堂からのライセンスを得て生産し、1992年に発売された。北米版(SNS-001)と同じく本体およびカセットの外形デザインが角ばった形状に、配色が青紫基調に、フォントが斜体であるが、映像出力はPAL-M(NTSCと同じく走査線525本で毎秒60フィールドであるものの、カラー方式はPAL)出力、取扱説明書や注意表記はポルトガル語である。ロゴマークも北米版と同じものを用いる。
  • ACアダプターが付属し、AC入力の電圧を120Vと220Vにスイッチで切り替えることができる。
  • カセットの物理的な外形が異なるので、スーパーファミコン等やヨーロッパ版SNESとのカセット間の互換性はない。
ヨーロッパ版
  • EUとオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)と香港(PAL対応テレビ)向けのヨーロッパ版(SNSP-001)は1992年に発売された。北米版とは違い、本体・カセットはスーパーファミコン等と同じデザイン・配色である。ロゴマークもスーパーファミコン等と同一である。
  • 映像出力はPALまたはSECAM出力であり、フランス向けを除いてカセット入口の蓋には「PAL VERSION」と記されている。映像出力の他にロゴ類、電源周り、RF出力周りが異なる。ヨーロッパ圏は国によって電源の安全基準やテレビの放送方式が大きく異なることから、同じヨーロッパ版でも出荷地によって本体側DCジャックが日本版と同一のものもあれば、北米版SNES・韓国版と同一のものもある。もちろんRF出力の出力チャンネルも出荷地によって異なる。
  • カセットの形状は日本版と同じではあるが、CICが異なるためスーパーファミコン等や、カセットの物理形状そのものが異なる北米版・ブラジル版SNESとの互換性はない。
韓国版(スーパーコンボイ)
Super Nintendo Entertainment System 韓国版 Super COMBOY
(HGM-3000/SNSN-001)
  • 韓国向けのスーパーコンボイ슈퍼 컴보이/Super COMBOY)は現代電子産業から1990年に発売された。同時期のセガサムスン電子との提携とは異なり、韓国でのライセンス生産ではなく任天堂からOEM供給したものである[8]。現代電子の型番はHGM、任天堂の型番はSNSN。
  • 外形デザインは日本版スーパーファミコンやヨーロッパ版SNESとほぼ同じで、“Super Nintendo Entertainment System”ロゴの上に朝鮮語ハングルで“슈퍼 컴보이”(スーパーコンボイ)とロゴが記されており、出荷時期によって電源ボタンやリセットボタン、電源ランプ、コントローラのボタンの表示が日本版スーパーファミコンやヨーロッパ版SNESと同様に英語のままのもの、英語の代わりに朝鮮語のハングルがモールドおよび印刷されているもの、モールドされた英語表記の周辺にハングルが印刷されているものの3種類がある。
  • 映像出力はNTSC出力である。電源周り、RF出力周りは日本版と異なり、本体側DCジャックのジャックの形状が異なるので、日本版のACアダプターは使用することができない。RF出力周りはロットによって省略されているものも存在する。簡単に記すと、外装は日本版と同一、端子類は北米版と同一である。
  • カセットはスーパーコンボイのロゴと共に、“Super Nintendo Entertainment System KOREAN VERSION”のロゴが記されている。北米版・ヨーロッパ版のSNESと違いCICが日本版のカセットと同一なので、スーパーコンボイで日本版のソフトを使ったり、逆に韓国版のソフトをスーパーファミコンで使うことが可能である。CICが異なるヨーロッパ版SNESや、カセットの物理形状が異なる北米版・ブラジル版SNESとの互換性はない。
台湾・香港(NTSC)版(超級任天堂)
台湾・香港版 超級任天堂
(SHVC-001)
  • 中華民国(台湾)・香港(NTSC対応テレビ)向けの超級任天堂は1993年に発売された。台湾では溥天股份有限公司、香港では萬信有限公司から販売された。任天堂の型番は本体がSHVC、ソフトがSNSN。
  • 外見や基本仕様は日本向けのスーパーファミコンと同一である。よって日本版スーパーファミコン、韓国版スーパーコンボイのソフトが使用できる。CICが異なるヨーロッパ版SNESや、カセットの物理形状が異なる北米版・ブラジル版SNESとの互換性はない。
  • 映像出力はNTSC出力である。ACアダプター及びRFスイッチはファミリーコンピュータ用を流用できる[9]が、ACアダプターやRFスイッチそのものは電圧や放送方式の相違から日本版と異なる。
  • 一部のソフトでは日本向けのスーパーファミコン用ソフトを中国語に訳した中文版が発売された。また香港向けスーパーファミコンソフトには英語版も存在する。

周辺機器[編集]

任天堂が製造・発売(韓国では現代電子産業が発売)し、外形もしくは仕様が日本版スーパーファミコン用周辺機器と異なる周辺機器のみ記載する。
型番 名称 備考
SNS-001 北米版SNES 北米版SNES本体。アメリカ合衆国・カナダでは1991年に、メキシコでは1992年に発売。本体が角張ったデザインとなり、カラーは青紫色である。NTSC(60Hz)出力。エリアプロテクトとして、北米版/ブラジル版本体には他地域のSNES・スーパーファミコン用カセットが物理的に挿入できないようになっている。
SNS-101 北米廉価版SNES 北米版SNESを小型化・廉価化したもの。1997年に発売。日本版スーパーファミコンジュニア(1998年)とほぼ同じデザインであり、カラーは青紫色である。NTSC(60Hz)出力。底面の28PIN拡張コネクタが廃止されたほか、RF出力、S端子出力、RGB出力が廃止された。RF出力にはNES用のRFスイッチとNINTENDO64用のRFモジュレータを使用する。
SNSM-001 ブラジル版SNES ブラジル版SNES本体。1992年発売。本体デザイン・カラーは北米版SNESと同じである。PAL-M(60Hz)出力。エリアプロテクトとして、北米版/ブラジル版本体には他地域のSNES・スーパーファミコン用カセットが物理的に挿入できないようになっている。
SNSP-001 欧州版SNES 欧州版SNES本体。1992年発売。本体デザイン・カラーは日本版スーパーファミコンと同じである。PAL(50Hz)出力。フランス向けを除き本体蓋にはPAL Verisonのロゴが記載されている。欧州版SNESには北米版/ブラジル版SNESソフトは物理的に挿入できない。日本・台湾・香港版スーパーファミコン(超級任天堂)、韓国版スーパーコンボイ用カセットは挿入できるものの、CICチップによるエリアプロテクトにより動作しない。
SNSN-001 Super Comboy
(韓国版SNES)
韓国版SNES本体。現代電子産業が1990年に販売し、SNESシリーズの中で最も早く発売された。本体デザイン・カラーは日本版スーパーファミコンと同じである。NTSC(60Hz)出力。Super COMBOY(슈퍼 컴보이)のロゴとSuper Nintendo Entertainment Systemのロゴが併記されている。現代電子産業での型番はHGM-3000。スーパーコンボイには北米版/ブラジル版SNESソフトは物理的に挿入できない。欧州版SNESカセットは挿入できるものの、CICチップによるエリアプロテクトにより動作しない。出荷時期により、英語で印刷及びモールドされているもの、朝鮮語(ハングル)で印刷及びモールドされているもの、ON/OFFスイッチ部分のモールドは英語だが印刷は朝鮮語のもの、さらにON/OFFスイッチ部分の英語のモールドに朝鮮語が印刷されているものの4バージョンがある。さらに出荷時期によってRF出力及びDC入力周りが日本版スーパーファミコンと同一仕様のものがある。
SNS-002 北米版
ACアダプタ
北米版のACアダプタ。AC120V 60Hz入力。本体に付属。日本版のファミリーコンピュータとスーパーファミコンの関係と異なり、NES用のACアダプターは流用できない。
SNSM-002 ブラジル版
ACアダプタ
ブラジル版のACアダプタ。AC120V 60HzとAC220V 60Hzの切替え式。本体に付属。ブラジルではNESは正式にリリースされなかった。
NES-002E 欧州版
ACアダプタ
欧州版のACアダプタ。AC220V-230V 50Hz入力。NES用。日本版のファミリーコンピュータとスーパーファミコンの関係と同じく、NESとACアダプターを共用する。出荷国により仕様や安全表記が異なる。
NES-002E(AUS) オーストラリア版
ACアダプタ
オーストラリア版のACアダプタ。AC240V 50Hz入力。NES用。日本版のファミリーコンピュータとスーパーファミコンの関係と同じく、NESとACアダプターを共用する。
SNSN-002 韓国版
ACアダプタ
韓国版のスーパーコンボイのACアダプタ。AC110V 60HzとAC220V 60Hzの切替え式。本体に付属。出荷時期によりACアダプターの仕様が異なる。後期出荷分は日本版のファミリーコンピュータとスーパーファミコンの関係と異なり、COMBOY(韓国版NES)用のACアダプターは流用できない。
HVC-002(TPE) 台湾版
ACアダプタ
台湾版の超級任天堂(スーパーファミコン)のACアダプタ。AC110V 60Hz入力。台湾版ファミリーコンピュータ用。日本版と同じく、台湾版ファミリーコンピュータとACアダプターを共用する。
HVC-002(HKG) 香港版
ACアダプタ
香港版の超級任天堂(スーパーファミコン)・SNESのACアダプタ。AC220V 50Hz入力。香港版ファミリーコンピュータ用。日本版と同じく、香港版ファミリーコンピュータとACアダプターを共用する。
NES-003 北米版
RFスイッチ
北米版のRFスイッチ。NES用。日本版のファミリーコンピュータとスーパーファミコンの関係と同じく、NESとRFスイッチを共用する。NINTENDO64(RFモジュレーター経由)にも使用可。
SNSP-003 欧州版
RFスイッチ
欧州版のRFスイッチ。NINTENDO64(RFモジュレーター経由)にも使用可。
HVC-003(TPE) 台湾版
RFスイッチ
台湾版の超級任天堂(スーパーファミコン)のRFスイッチ。台湾版ファミリーコンピュータ用。日本版と同じく、台湾版ファミリーコンピュータとRFスイッチを共用する。
HVC-003(HKG) 香港版
RFスイッチ
香港版の超級任天堂(スーパーファミコン)のRFスイッチ。香港版ファミリーコンピュータ用。日本版と同じく、香港版ファミリーコンピュータとRFスイッチを共用する。
SNS-005 北米版/ブラジル版
コントローラ
北米版・ブラジル版SNES専用コントローラ。カラーリングは本体と同じく青紫基調、ボタンも紫の濃淡である。またX・Yボタンは凹んでいる。SNS-001・SNSM-001本体に2つ同梱。
SNS-102 北米廉価版
コントローラ
北米廉価版SNES本体(SNS-101)に1つ付属するコントローラ。カラーリングは本体と同じく青紫基調、ボタンも紫の濃淡である。またX・Yボタンは凹んでいる。SNS-005とは細部が異なり、任天堂ロゴがモールドになっている。日本版スーパーファミコンジュニア用コントローラも同じ品番であるが、カラーリングやボタン形状はスーパーファミコンに準ずる。
SNSP-005 欧州版
コントローラ
欧州版SNES専用コントローラ。ロゴ以外のカラーリングは日本版スーパーファミコンと同一である。本体に2つ同梱。初期のモデルはLRボタン表記が2色成型でなされているが、途中からエンボス加工に、またラバードームも強化版に変更された。
SNSN-005 韓国版
コントローラ
韓国版スーパーコンボイ専用コントローラ。ロゴ以外のカラーリングは日本版スーパーファミコンと同一である。本体に2つ同梱。出荷時期により、START・SELECTボタン部分の印刷が英語のものと朝鮮語(ハングル)のものの2種類がある。初期のモデルはLRボタン表記が2色成型でなされているが、途中からエンボス加工に、またラバードームも強化版に変更された。
SNS-006 北米版/ブラジル版
ROMカセット
北米版・ブラジル版SNESのソフト媒体のROMカセット。外形は他地域版のカセットと比べて角張った形状であり、物理的に他地域のSNES・スーパーファミコン本体で動作しないようになっている。表面にはイジェクト防止機構、裏にはエリアプロテクト用の溝が付いている。
SNSP-006 欧州版
ROMカセット
欧州版SNESのソフト媒体のROMカセット。外形はスーパーファミコン等のカセットと同じであるが、CICプロテクトにより日本・台湾・香港版スーパーファミコン(超級任天堂)、韓国版スーパーコンボイでは動作しない。欧州版カセットにはSuper Nintendo Entertainment System "PAL VERSION"のロゴが併記されている。イジェクト防止機構の溝が付いている。
SNSN-006 韓国版/台湾・香港版ROMカセット 韓国版スーパーコンボイ、台湾・香港版の超級任天堂(スーパーファミコン)のソフト媒体のROMカセット。日本版スーパーファミコンのカセット(SHVC-006)も含めて、韓国版スーパーコンボイ、日本・台湾・香港版スーパーファミコン(超級任天堂)の相互間で動作する。CICプロテクトにより欧州版SNESでは動作しない。韓国版カセットはスーパーコンボイのロゴとSuper Nintendo Entertainment System "KOREAN VERSION"のロゴが併記されている。台湾・香港版カセットは日本版カセットと同じようにスーパーファミコンのロゴが記載されているが、SNES用ソフトと同じように任天堂の真正品であることを示す金色のマークが記載されている。イジェクト防止機構の溝が付いている。
SNSP-008 ステレオ
AVケーブル
SNESの映像と音声をテレビに出力するケーブル。音声はステレオで出力される。欧州版はRCA端子→SCART端子の変換アダプターが付属する。NINTENDO64ニンテンドーゲームキューブでAV出力するときにもこれが必要。
SNS-013
SNSP-013
SUPER SCOPE
/NINTENDO SCOPE
北米版はSUPER SCOPE、欧州版はNINTENDO SCOPEという商品名で発売されたワイヤレス式の光線銃。肩に背負い使用する。電源は単三乾電池6本。
SNS-014
SNSP-014
レシーバー
パック
SUPER SCOPE/NINTENDO SCOPEの付属品。SUPER SCOPE/NINTENDO SCOPEから発信される赤外線信号を受信する。コントローラコネクタ2に接続して使用する。
SNS-016
SNS-016E
Super NES Mouse SNES用のボール式マウス。北米版は日本版スーパーファミコンマウスと同じ型番であるが青紫色のカラーリングになっている。欧州版はSNS-016Eという品番で日本版スーパーファミコンマウスと同じくグレー色のカラーリングとなっている。マリオペイントの付属品であるが単品販売もされた。コントローラコネクタに接続して使用。
SNS-017 マウスパッド Super NES Mouse用のマウスパッド。
SNS-027 北米版Super GAMEBOY 北米版SNESでゲームボーイ/カラー共通のソフトを使用できる。外形はSNES用カセットのように角張った形状で、物理的に他地域のSNES・スーパーファミコン本体で動作しないようになっている。ゲームボーイ側にはエリアプロテクトはない。北米では日本版のスーパーゲームボーイ2(スーパーゲームボーイに通信機能を付けたもの、SHVC-042)に相当する周辺機器は発売されなかった。
SNSP-027 欧州版Super GAMEBOY 欧州版SNESでゲームボーイ/カラー共通のソフトを使用できる。外形は日本版スーパーゲームボーイと同じ形状であるが、CICプロテクトにより日本・台湾・香港版スーパーファミコン(超級任天堂)、韓国版スーパーコンボイでは動作しない。ゲームボーイ側にはエリアプロテクトはない。欧州では日本版のスーパーゲームボーイ2に相当する周辺機器は発売されなかった。
SHVC-027(KOR) Super Mini Comboy スーパーゲームボーイの韓国版。スーパーコンボイでミニコンボイ(미니 컴보이)(ゲームボーイ/カラー共通)のソフトを使用できる。外形及び内部仕様は日本版スーパーゲームボーイと同じである。CICプロテクトにより欧州版SNESでは動作しない。ミニコンボイ(ゲームボーイ)側にはエリアプロテクトはない。韓国では日本版のスーパーゲームボーイ2に相当する周辺機器は発売されなかった。

Nintendo Super System[編集]

Nintendo Super System英語版(ニンテンドースーパーシステム)は、PlayChoice-10英語版に似た業務用のSNESである。任天堂VS.システムのようにゲームセンターなどで設置されていた。

基板はスーパーファミコンのものを応用した物と推定される。ネオジオのように中の基板にカセットを刺すシステムを採用している。コインを入れたら特定の時間以内にしか遊べない。

脚注[編集]

  1. ^ 中華人民共和国のうち、香港特別行政区以外ではスーパーファミコン、SNES共に正式に発売されなかった。(中国で最初に正式発売された任天堂製のゲーム機はNINTENDO64を同国の市場向けにカスタマイズしたiQue Playerが最初となる。)ただし、後期製造分の本体及びコントローラには中国製造のものが存在する。
  2. ^ なぜセガは任天堂をブラジルのゲーム機市場で圧倒できたのか?”. Gigazine (2015年7月30日20時12分更新). 2020年5月2日閲覧。
  3. ^ Playtronicとの提携解消後にブラジルでも発売したWiiWiiUは任天堂による中国での生産となったが、高額な輸入税が課せられたことによる関係からシェアが好転せず、任天堂は2015年1月をもってブラジルでのゲーム機の販売から撤退した。 任天堂、ブラジルから撤退 家庭用ゲーム機販売”. 日本経済新聞 (2015年1月13日10時30分更新). 2020年5月2日閲覧。
  4. ^ 日本市場ではセガがメガドライブやゲームギアにおいて本体と「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ソニックドリフト」等のソフトを付ける同様の戦略を行っていた。
  5. ^ 発売当時に北米で放映されたテレビコマーシャルでは、「NOT ON SEGA」「NOT ON 32X ADAPTORS」「NOT ON CD-ROM」「IT'S ONLY FOR SUPER NES」というキャッチコピーを入れたいわゆる比較広告の形式を採り、セガのそれらのゲーム機では遊べないこと及び、特別な周辺機器を使用しなくてもSNES(スーパーファミコン)本体と「Donkey Kong Country」(スーパードンキーコング)のカセットだけで遊べることを強調した。
  6. ^ セガサターンは日本市場以外では販売不振に陥り、1998年に発売されたいわゆる第6世代機に当たるドリームキャスト(Dreamcast)でも挽回することができず、2001年にセガが家庭用ゲーム機の自社開発及び生産からの撤退に追い込まれるきっかけを作った。
  7. ^ まじかっ! スーパーファミコンの新作ソフトが16年ぶり発売”. ねとらぼ (2014年1月24日11時24分更新). 2020年5月2日閲覧。
  8. ^ 現代電子は本機のみならず、NES(日本国外版ファミリーコンピュータの名称)、ゲームボーイ、NINTENDO64のライセンス販売も行っていた。
  9. ^ 台湾や香港ではNESではなく日本向けと同じファミリーコンピュータ(HVC-001)が表記を中国語にしたり、RF出力周りを変更した上で発売された。

関連項目[編集]