「キッコーマン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
アメリカのバイヤーから「アメリカでもキッコーマン醤油はよく知られていますが、日本には「野田醤油」と言う別の大手醤油メーカーがあるそうですね」と言われたため、社名とブランドを一致させることが必要と考え、「野田醤油」の社名を「キッコーマン醤油」へ変更したと言われている。
 
2013年現在では、キッコーマンの国内売上が1638億円なのに対して、海外での売り上げは1384億円に達し、その中で北米市場では1084億円売り上げている。国内シェアは30%強だが世界では50%のシェアを占めている。利益に及んではキッコーマンの国内営業利益は70億円であるのに対し、海外での営業利益は131億円、その中で北米では88億円の利益を上げている。キッコーマンは日本食に欠かせない醤油メーカーであるが、その利益の7割を海外で上げている会社でもある。その背景には日本食に拘らず、現地の料理の中に取り入れられる調味料として取り組んだ成果であると言われているー週刊ダイアモンド2013年7/6号61ページ
 
== 豆知識 ==
74

回編集

案内メニュー