ガチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガチはあとからの事柄を強調する意味に使い、俗語の一つ。接頭語として用いられることが多く、形容詞形容動詞副詞としても利用されることがある。

原義は、大相撲プロレスの試合形式を表現するガチンコ(ガチ)から由来しており、元々は真剣勝負でお互いが激しくぶつかり合う様を表す隠語として使われている。

2000年代後半から10代~30代の若者を中心として、「激」や「超」などの接頭語と同様に、あるモノの状態や性質/品質に関して比較的レベルの高い状態を表す際に用いられる。また、真実性を主張する時に用いる「マジ」の代わりとしても用いられる。

ガチホモのこともガチと略していうこともある。

仲良しの間柄のこと。表記例:「○△はガチ」・・・○△はそれぞれ人の名称。

同義語として「激、超、マジ」がある。

用例[編集]

  • 「このお笑いコンビ、ガチで面白い!」
  • 「○○大学の学食のカツカレーって、ガチで辛いよね。」
  • 「ここのお店のたぬきうどん、ガチでしこってるな~(ガチシコシコ)」(麺がすごくシコシコしている様子)

関連事項[編集]