デビッド・サンマルチノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・サンマルチノ
プロフィール
リングネーム デビッド・サンマルチノ
ブルーノ・サンマルチノ・ジュニア
デビッド・ブルーノ・サンマルチノ
本名 デビッド・ルゴゴ・サンマルチノ
ニックネーム 発電所二世
身長 173cm[1] - 179cm[2]
体重 103kg[2] - 112kg[1]
誕生日 (1960-09-29) 1960年9月29日(57歳)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
アレゲニー郡ピッツバーグ[1]
スポーツ歴 ウエイトリフティング[2]
トレーナー ラリー・ズビスコ[1]
マイケル・シクルナ[1]
デビュー 1978年[3]
テンプレートを表示

デビッド・サンマルチノDavid Lugogo Sammartino1960年9月29日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーペンシルベニア州ピッツバーグ出身。父親は元WWWF世界ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノ

来歴[編集]

父親のブルーノ・サンマルチノからはプロレス入りを反対されていたが、ブルーノの弟子であるラリー・ズビスコのコーチを受け、1978年に19歳でデビュー[3]。本名のデビッド・サンマルチノDavid Sammartino)名義でテキサスアマリロ地区など各地を転戦して実戦を積み、プエルトリコWWCではルーク・グラハムブルドッグ・ブラワートール・タナカとも対戦した[4]

1980年7月、全日本プロレスの『サマー・アクション・シリーズ』に初来日[2]。同シリーズにはブルーノのWWWF王座に再三挑戦したアーニー・ラッドブルーザー・ブロディをはじめ、ブルーノの腹心ドミニク・デヌーチも同時参戦していた[5]。ブルーノの主戦場だったWWFでは、地元のペンシルベニアをはじめとする地方興行に出場し、バロン・シクルナジョニー・バリアントワイルド・サモアンズなどと対戦[6]1981年6月7日にはウェストバージニア州ホイーリングにおいてデヌーチと組み、レックス&スポットザ・ムーンドッグスが保持していたWWFタッグ王座に挑戦した[7]

1981年下期より、 ブルーノ・サンマルチノ・ジュニアBruno Sammartino Jr.)のリングネームNWAジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦。テッド・デビアスミスター・レスリング2号ブルース・リードスティーブ・オルソノスキーなどベビーフェイスの人気選手と共闘して、ミネソタ・レッキング・クルーマスクド・スーパースタージミー・スヌーカテリー・ゴディオースチン・アイドルトーア・カマタザ・グレート・カブキらと対戦した[8]1982年にはブルーノが主宰していたペンシルベニアのIWFにて師匠格のラリー・ズビスコと対戦[9]1983年はジョージアに戻ってズビスコとの因縁の抗争を展開、ポール・エラリングロード・ウォリアーズとも対戦した[10]1984年3月には全日本プロレスに再来日している[11]

1984年9月より、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下となったWWFに参戦。リングネームをデビッド・サンマルチノに戻し、ジェリー・バリアントブッチャー・バションなどベテランのジョバーを相手に勝利を重ね、ロディ・パイパーデビッド・シュルツアイアン・シークケン・パテラビッグ・ジョン・スタッドなどヒールのトップ選手と対戦[12]1985年3月31日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで行われたレッスルマニア第1回大会では、引退していたブルーノをセコンドに迎えてブルータス・ビーフケーキと対戦した[13]。その後は一時的に復帰したブルーノとの親子タッグも実現したが、ブルーノが衆目を集める一方、デビッドは観客の支持を得ることができず、1986年にWWFを退団[3]

WWF離脱中はAWAに出場し、1986年2月4日にユタ州ソルトレイクシティ、3月11日にネバダ州ラスベガスにて、ブルーノとも因縁の深いスタン・ハンセンAWA世界ヘビー級王座に連続挑戦[14]。その後、1987年7月よりWWFに再登場したが、アンダーカードのポジションから脱することはできなかった[15]

以降はカリフォルニア州マリナ・デル・レイのユニバーサル・レスリング・フェデレーションなどのインディー団体を転戦、1988年7月と1990年3月には全日本プロレスに来日したが、1990年代はセミリタイア状態となる[14]1996年12月にはWCWに登場、同月16日にフロリダ州ペンサコーラで収録されたマンデー・ナイトロにおいて、ディーン・マレンコWCWクルーザー級王座に挑戦した[16]

引退後の2010年4月10日、地元ペンシルベニアのフランクリンで行われたインターナショナル・レスリング・カーテルのイベント "IWC Night of Legends 2010" に出場、因縁のラリー・ズビスコとのレジェンドマッチで勝利を収めた[17]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ニューヨーク・ステーツ・レスリング・フェデレーション
  • NYSWFヘビー級王座:1回
ノース・アメリカン・レスリング
  • NAWヘビー級王座:1回
サザン・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e David Sammartino”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P61(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c サンマルチノ・ブランドと親子の断絶 フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第40回”. 日刊SPA!. 2017年2月7日閲覧。
  4. ^ The WWC matches fought by David Sammartino in 1980”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  5. ^ AJPW 1980 Summer Action Series I”. Puroresu.com. 2017年2月7日閲覧。
  6. ^ The WWE matches fought by David Sammartino in 1980”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by David Sammartino in 1981”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  8. ^ The GCW matches fought by David Sammartino in 1981”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  9. ^ The IWF matches fought by David Sammartino in 1982”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  10. ^ The GCW matches fought by David Sammartino in 1983”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  11. ^ David Sammartino: Matches 1981-1984”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。
  12. ^ The WWE matches fought by David Sammartino in 1984”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  13. ^ WWF WrestleMania”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。
  14. ^ a b David Sammartino: Matches 1985-2010”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。
  15. ^ The WWE matches fought by David Sammartino in 1987”. Wrestlingdata.com. 2017年2月7日閲覧。
  16. ^ WCW Monday NITRO #66”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。
  17. ^ IWC Night Of Legends 2010”. Cagematch.net. 2017年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]