ゼローズ・ウィーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゼラス・ウィーラー
Zelous Wheeler
東北楽天ゴールデンイーグルス #40
Z wheeler20150922.jpg
QVCマリンフィールドにて(2015年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州タラデガ郡チルダーズバーグ英語版
生年月日 (1987-01-16) 1987年1月16日(31歳)
身長
体重
178 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手左翼手
プロ入り 2007年 MLBドラフト19巡目(全体581位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 MLB / 2014年7月3日 ミネソタ・ツインズ
NPB / 2015年3月27日 北海道日本ハムファイターズ
年俸 2億円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ゼローズ・ラマー・ウィーラーZelous Lamar Wheeler, 1987年1月16日 - )は、NPB東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するアメリカ合衆国アラバマ州タラデガ郡チルダーズバーグ英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。NPBでの登録名は「ゼラス・ウィーラー[2][3]

経歴[編集]

ブルワーズ傘下時代[編集]

アラバマ大学を経て、

ブルワーズ傘下時代

2007年MLBドラフト19巡目(全体581位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され契約。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級ヘレナ・ブルワーズ英語版で59試合に出場し、打率.300・3本塁打・23打点・2盗塁の成績を残した。

2008年はA級ウェストバージニア・パワーで137試合に出場し、打率.258・13本塁打・87打点・13盗塁の成績を残した。

2009年はA+級ブレバード・カウンティ・マナティーズで125試合に出場し、打率.268・7本塁打・64打点・13盗塁の成績を残した。

2010年はAA級ハンツビル・スターズで135試合に出場し、打率.275・11本塁打・65打点・8盗塁の成績を残した。

2011年はAA級ハンツビルとAAA級ナッシュビル・サウンズでプレー。AA級ハンツビルでは65試合に出場し、打率.272・8本塁打・32打点・7盗塁の成績を残した。オフの11月18日40人枠入りを果たした。

2012年3月19日にAAA級ナッシュビルへ異動した。

オリオールズ傘下時代[編集]

2012年3月29日ウェイバーボルチモア・オリオールズへ移籍[4]。同日にAAA級ノーフォーク・タイズへ異動した。5月11日DFAとなり[5]5月14日に40人枠を外れる形でAAA級ボウイ・ベイソックスへ配属された。この年はAAA級ノーフォークとAA級ボウイでプレー。AA級ボウイでは97試合に出場し、打率.275・13本塁打・44打点・5盗塁の成績を残した。

2013年もAAA級ノーフォークとAA級ボウイでプレー。AAA級ノーフォークでは90試合に出場し、打率.268・10本塁打・45打点・2盗塁の成績を残した。オフにFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

2013年11月16日ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ。

2014年スプリングトレーニングに招待選手として参加[6]オープン戦では24試合に出場し、打率.297・3打点だった[7]4月3日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ異動した。開幕後はAAA級スクラントン・ウィルクスバリで66試合に出場。打率.299・7本塁打・31打点・1盗塁と結果を残し、7月3日にヤンキースとメジャー契約を結んだ[8]。同日のミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビュー。8番・三塁手として先発起用され、5回表の2打席目にはフィル・ヒューズからメジャー初安打となる本塁打を放った。この日は4打数2安打1打点だった[9]。16試合に出場したが、8月1日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格。8月21日に再昇格した[10]。この年は29試合に出場し、打率.193・2本塁打・5打点の成績を残した。

楽天時代[編集]

2014年11月20日に、ヤンキースがウィーラーの保有権を東北楽天ゴールデンイーグルスに譲渡したことを発表[11]12月5日には、楽天球団との間で1年契約を結ぶことで合意した。背番号は40[3][12]

2015年には、3月27日札幌ドームで催された北海道日本ハムファイターズとの一軍開幕戦に、「2番・左翼手」としてスタメンで起用。第4打席で放ったソロ本塁打で、NPB公式戦初安打・初本塁打・初打点を記録した[13]。前半戦では、4月から3ヶ月連続で月間打率が1割台に低迷するほど打撃が振るわず、一軍と二軍を2度往復[14]。7月末には、アメリカ在住の妻の出産に立ち会うため、一時的に帰国した。8月上旬から一軍に復帰すると、8月14日の対日本ハム戦(楽天Koboスタジアム宮城)6回裏に、二塁への盗塁成功で一軍公式戦での初盗塁をマーク[15]8月20日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)から一軍公式戦のほぼ全ての試合で4番打者に起用されると、9月以降の28試合で8本塁打を放った[16]。一軍公式戦全体では、91試合の出場で、チーム最多の50打点を記録。本塁打数も、ウィリー・モー・ペーニャ(17本)に次ぐチーム2位の14本に達した[17]。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、31試合の出場でチーム3位の7本塁打を放った[18]。前半戦の不振から一時は契約の更新を危ぶまれたが、後半戦の活躍やムードメーカーとしての役割が球団に高く評価されたこと[14]から、シーズン終了後の11月27日には翌2016年の選手契約を締結したことが発表された[19]

2016年には、福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(3月25日[20]から、シーズン最終盤の10月6日まで一軍に定着。セ・パ交流戦では、(セントラル・リーグ球団の選手を含めた)出場全選手中2位の7本塁打を放った。一軍公式戦全体では、140試合に出場。126試合で4番打者、50試合で指名打者、48試合で三塁手、47試合で外野手に起用されながら、27本塁打(パシフィック・リーグ3位)と88打点(チーム1位)を記録した。

2017年には、自身と同年齢のチームメイトであるカルロス・ペゲーロおよびジャフェット・アマダーとの同時起用による攻撃型打線の下で、「3番・三塁手」としてレギュラーシーズンをスタート。4月までは打率.191、本塁打1と絶不調に陥ったが、5月から急速に調子を上げると、不振のアマダーに代わって4番打者に定着。7月まで3割近い打率を維持した。8月15日の対西武戦(メットライフドーム)でシーズン26号本塁打を放ってからは、26試合連続ノーアーチに陥るなど、チームと共に急失速[21]。しかし、9月24日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)でシーズン29号本塁打(球団の歴代外国人選手における一軍公式戦でのシーズン最多記録)に到達する[22]と、翌25日の同カードで30号本塁打を放った。楽天の選手がNPBの一軍公式戦でシーズン30本塁打を記録した事例は、日本人選手を含めても、2007年2009年山﨑武司以来2人目である[23]。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦で全143試合中142試合へ出場。チーム単独1位の31本塁打、新人外野手の田中和基と並んでチーム1位の7盗塁、過去2年を上回る打率.271を記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズ(CS)では、西武とのファーストステージ(メットライフドーム)と、ソフトバンクとのファイナルステージ(福岡ヤフオク!ドーム)で本塁打を放った[24][25]。チームは日本シリーズへの進出を逃したが、ウィーラーはシリーズ終了後の11月27日に、推定年俸2億円という条件でアマダー・ペゲーロなどと揃ってチームに残留することが発表された[26]

2018年 外国人選手ではチームでは初の副キャプテンを務めることとなった。

選手としての特徴・エピソード[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 NYY 29 62 57 6 11 0 0 2 17 5 0 0 1 1 2 0 1 12 1 .193 .230 .298 .528
2015 楽天 91 313 274 28 70 12 0 14 124 50 1 0 0 3 30 0 6 63 6 .255 .339 .453 .791
2016 140 589 517 74 137 25 2 27 247 88 2 1 0 2 58 0 12 123 10 .265 .351 .478 .829
2017 142 605 542 75 147 27 0 31 267 82 7 3 0 3 50 4 10 98 14 .271 .342 .493 .835
MLB:1年 29 62 57 6 11 0 0 2 17 5 0 0 1 1 2 0 1 12 1 .193 .230 .298 .528
NPB:3年 373 1507 1333 177 354 64 2 72 638 220 10 4 0 8 138 4 28 284 30 .266 .345 .479 .824
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁 外野




































2015 楽天 1 15 0 2 1 .882 54 24 93 9 3 .929 22 34 1 0 0 1.000
2016 - 48 26 88 7 4 .942 47 63 1 1 0 .985
2017 - 137 94 230 22 21 .936 -
NPB:3年 1 15 0 2 1 .882 239 144 411 38 28 .936 69 97 2 1 0 .990
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 40 (2015年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽天、外国人6選手と契約更新 クルーズは退団へ”. SANSPO.COM(サンスポ) (2017年11月28日). 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ 個人年度別成績 【ウィーラー (東北楽天ゴールデンイーグルス)】 NPB.jp 日本野球機構
  3. ^ a b 【ゼラス・ウィーラー選手】契約合意に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年12月5日配信
  4. ^ Orioles claim INF Zelous Wheeler off waivers”. MLB.com Orioles Press Release (2012年3月29日). 2014年4月10日閲覧。
  5. ^ Orioles select contract of LHP Dana Eveland; place RHP Matt Lindstrom on 15-day disabled list”. MLB.com Orioles Press Release (2012年5月11日). 2014年4月10日閲覧。
  6. ^ Yankees 2014 Spring Training invitees”. MLB.com Yankees Press Release (2014年1月29日). 2014年4月10日閲覧。
  7. ^ Yankees 2014 Spring Training Statistics”. MLB.com. 2014年4月10日閲覧。
  8. ^ Spencer Fordin, Alex M. Smith (2014年7月3日). “Solarte's struggles at plate get him sent to Triple-A”. MLB.com. 2014年7月5日閲覧。
  9. ^ Scores for Jul 3, 2014”. ESPN MLB (2014年7月3日). 2014年7月5日閲覧。
  10. ^ Bryan Hoch, Jamal Collier (2014年8月1日). “Yanks recall extra bat in Wheeler, option Whitley”. MLB.com. 2014年12月14日閲覧。
  11. ^ ヤンキース、楽天にウィーラー内野手譲渡 日刊スポーツ 2014年11月22日紙面から
  12. ^ a b c ゼラス・ウィーラー選手の入団会見 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2015年1月30日配信
  13. ^ 2015年3月27日 北海道日本ハム 対 楽天イーグルス 成績詳細 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  14. ^ a b 奇跡の残留から救世主へ!楽天を引っ張るゼラス・ウィーラーBASEBALL KING
  15. ^ 2015年8月14日 楽天イーグルス 対 北海道日本ハム 一球速報 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  16. ^ 2016年度東北楽天ゴールデンイーグルス選手名鑑 40 ウィーラー スポニチ Sponichi Annex
  17. ^ 2015年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(パシフィック・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  18. ^ 2015年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  19. ^ 来季の外国人選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2015年11月27日配信
  20. ^ 2016年3月25日 楽天イーグルス 対 福岡ソフトバンク 成績詳細 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  21. ^ 楽天一挙7点!ウィーラー27号&アマダー19号日刊スポーツ
  22. ^ 楽天ウィーラー「勝つこと大事」外国人最多29号日刊スポーツ
  23. ^ 楽天・ウィーラー、球団2人目の30号「気分がいい」サンケイスポーツ
  24. ^ 2017年10月16日 <楽天>ウィーラー奮迅 先制打、好走塁、特大ソロ! 河北新報
  25. ^ 2017年10月18日 楽天ウィーラー、バックスクリーン弾「大事な初戦」 日刊スポーツ
  26. ^ 2017年12月14日 楽天、ウィーラーら外国人6選手と契約更新を発表日刊スポーツ
  27. ^ 楽天ウィーラーあだ名は「ポテトヘッド」 日刊スポーツ 2015年1月30日掲載
  28. ^ a b 楽天新外国人ウィーラーはポテトヘッドだ 日刊スポーツ 2015年1月31日紙面から
  29. ^ ハクション大魔王似 楽天ウィーラー、呼ばれて飛び出た逆転3ラン”. スポーツニッポン (2016年7月3日). 2016年7月3日閲覧。
  30. ^ 楽天2日で奪還!ハクション大魔王似ウィーラー爆発”. 日刊スポーツ (2017年7月10日). 2017年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]