ウェストバージニア・パワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェストバージニア・パワー
West Virginia Power

ウェストバージニア州チャールストン
創設: 1987年
所属リーグ
  • A (1987 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • ウェストバージニア・パワー (2005 - )
    • チャールストン・アレイキャッツ (1995 - 2004)
  • チャールストン・ホイーラーズ (1987 - 1994)
歴代本拠地

収容人員: 4,500人

獲得マイナーリーグタイトル
リーグ優勝 1990年
地区優勝 1990年、1991年1992年1997年2007年2008年
オーナー: ウェストバージニア・ベースボールLLC
GM:
監督: デニー・ホッキング英語版

ウェストバージニア・パワーWest Virginia Power)は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州チャールストンに本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。サウス・アトランティック・リーグに所属するこのチームはMLBシアトル・マリナーズ傘下のA級チームであり、2005年に開場したアパラチアン・パワー・パーク英語版を本拠地球場としている。

歴史[編集]

1987年チャールストン・ホイーラーズとしてサウス・アトランティック・リーグに加盟。ロサンゼルス・ドジャースデトロイト・タイガースシカゴ・ホワイトソックスフィラデルフィア・フィリーズアトランタ・ブレーブスと提携し、この5球団から選手が派遣されていた。

1988年シカゴ・カブスのみと提携する。

1990年シンシナティ・レッズと提携。

1993年、当時のオーナー、デニス・バスティンが球団を複合企業に売却。

1995年、球団名をチャールストン・アレイキャッツに改名。

1999年カンザスシティ・ロイヤルズと提携。

2001年、トム・ディクソンとシェリー・マイヤーズが球団を買収。トロント・ブルージェイズと提携。

2005年、球団名を現在のウェストバージニア・パワーに改名し、提携球団もミルウォーキー・ブルワーズに変更となった。「パワー」という名前は、ウェストバージニア州が石炭天然ガス水力発電でアメリカのエネルギー生産を支えた地域であることに由来している[1]

2009年ピッツバーグ・パイレーツと提携。

2019年シーズンからはシアトル・マリナーズが提携球団となる[2]

過去の主な所属選手[編集]

チャールストン・ホイーラーズ時代[編集]

チャールストン・アレイキャッツ時代[編集]

ウェストバージニア・パワー時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 綱島理友「ウェストバージニア・パワー」『綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック』 ベースボール・マガジン社、2015年、雑誌 978-4-583-10814-8 、296頁。
  2. ^ Mariners announce player development contract with Class A West Virginia” (英語). MLB.com (2018年9月24日). 2018年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]