エイベックス・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
Avex Group Holdings Inc.
Avex-logo.svg
Izumi Garden Tower from Tokyo Tower.jpg
エイベックス本社が入居する泉ガーデンタワー(一時本部)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7860
1999年12月8日上場
略称 AGHD、エイベGHD
本社所在地 日本の旗 日本
106-6036
東京都港区六本木一丁目6番1号
泉ガーデンタワー(総合受付36F)
設立 1988年4月11日
業種 情報・通信業
事業内容 音楽・映像ソフトの企画・製造および販売ならびに配信事業およびそれに関するサービス業務
代表者 代表取締役社長CEO 松浦勝人
資本金 42億2,960万円(2017年3月31日時点)
発行済株式総数 4,500万株[1]
売上高 連結: 1615億9,200万円(2017年3月期)[2]
純利益 連結: 1億1,800万円(2017年3月期)[3]
従業員数 連結: 1,455人(2017年3月31日時点)[4]
単独: 278人(2017年3月31日時点)[5]
決算期 3月末日
主要株主 2017年3月31日時点[6]
(有)ティーズ・キャピタル[注 1] 5.22%
(株)マックス2000[注 2] 4.76%
(株) サイバーエージェント 4.64%
日本マスタートラスト信託銀行 (株) (信託口) 3.44%
GOLDMAN SACHS & CO. (REG) 3.28%
小林敏雄 2.69%
日本トラスティ・サービス信託銀行 (株) (信託口) 2.45%
(株) 第一興商 2.37%
松浦勝人 1.99%
日本トラスティ・サービス信託銀行 (株) (信託口9) 1.90%
主要子会社 エイベックス・エンタテインメント 100%
エイベックス・ピクチャーズ 100%
エイベックス・マネジメント 100%
外部リンク http://www.avex.co.jp/
特記事項:有価証券報告書の会社沿革では、登記上の設立日のほか、(旧)エイベックス・ディー・ディー株式会社の設立日である1988年4月11日を沿革開始日としている。
テンプレートを表示
エイベックス本社, 現在は取り壊され、2017年下旬に地上18階地下2階の新本社ビルが同地に竣工予定

エイベックス・グループ (avex Group) は、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社Avex Group Holdings Inc.)を持株会社とした日本の企業グループである。

グループの中核企業として音楽事業のエイベックス・エンタテインメント株式会社、マネジメント事業のエイベックス・マネジメント株式会社、映像事業のエイベックス・ピクチャーズ株式会社、デジタル事業のエイベックス・デジタル株式会社がある。

エイベックスの由来は「Audio Visual Expert」から[注 3]

タグライン(企業理念)は『Really! Mad+Pure』。

概要[7][編集]

創立は1988年4月11日。松浦勝人のほか4名が役員を務める「(旧)エイベックス・ディーディー株式会社」が輸入レコードの卸販売業として会社設立。1989年より顧問だった依田巽(よだ たつみ)を経営者として迎え入れ、自社レーベル「avex trax」を設立し、ディスコブームの中、「ジュリアナ東京」や「マハラジャ」のコンピレーションアルバム、「SUPER EUROBEAT」、「SUPER DANCE FREAK」シリーズをリリース、また小室哲哉とともにダンスと歌を融合させた音楽を1990年代に急成長させた。

1998年に「エイベックス株式会社」に商号変更し、1999年に東証一部へ上場。1990年代後半から2000年代前半にかけては、マネジメント事務所・株式会社ホワイトアトラス(後の株式会社アクシヴ、現エイベックス・マネジメント株式会社)を立ち上げた上で、TRF安室奈美恵が基礎を造り、Every Little Thing浜崎あゆみを主力とし、レコード業界での一大勢力を築き上げた。

2002年、日本初のコピーコントロールCD(Copy Control CD/CCCD)を発売するも不評だったため、2004年9月CCCD運用弾力化を発表(レンタル版は2007年までは引き続きCCCDであったが現在は販売版と同様にCDDAでリリースされている。アニメのレーベルであるavex modeにおいては、権利者側の意向か今なお販売用にもCCCDを採用する場合も多い。また、avex-CLASSICSでは原則SACD/CCCDハイブリッド仕様でのリリースにより、表向きの批判をかわしている)。

2003年から会長兼社長の依田は、2004年からは日本レコード協会(RIAJ)会長、日本映像ソフト協会(JVA)会長を兼任した。かつては山水電気の取締役を務めるなど音楽関連の経営畑の仕事を続けてきたため、業界、政界や海外への強い影響力を持っていると言われた。しかしながら、創業者である松浦や他の役員との経営方針の対立が深刻化、松浦が退社したことで、浜崎あゆみを筆頭とする所属アーティストが移籍の動きを見せ、株価に影響を与えた[注 4]。それを受け2004年8月3日に依田は会長兼社長を辞任、名誉会長となり、同日日本レコード協会、日本映像ソフト協会の会長も辞任した。これにより、松浦はエイベックスに復帰を果たした。

2004年には「エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社」を設立し、ホールディングス体制へと移行。

2000年代中期より「ミュゥモ」「BeeTV」「UULA」、そして後に続く「dTV」など、レコード事業に限らず会員制の有料音楽配信・映像配信などのプラットフォーム事業を展開し、事業の多角化を行っていく。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社が出資しているディスクメーカーメモリーテックは、HD DVDプロモーショングループの幹事会員であるため、次世代光ビデオディスクはHD DVDのみを販売するという観測があった。しかし2007年10月、Blu-ray DiscHD DVD双方に参入することを発表した。ただし現在はどちらの陣営にも参加していない。なお次世代光ビデオディスクの第1弾として、2008年1月1日に大塚愛の「LOVE IS BORN 4th Anniversary 2007」のライブDVDが発売された[8]

グループ各社は三和銀行UFJ銀行の流れで三菱東京UFJ銀行をメインバンクとしている。

上場以来、毎年株主総会後に同社所属アーティストによるシークレットライブが東京国際フォーラムさいたまスーパーアリーナなどの大型会場で開催されていた。 そのため、ソニー等を抑えて日本一多くの株主が出席する株主総会となっていた。しかし、2010年の総会を最後にシークレットライブは開催されなくなった。

2015年、エイベックス・デジタル株式会社と株式会社サイバーエージェントによるAWA株式会社よって、サブスクリプション型音楽配信「AWA」を開始。また、LINE、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージックと「LINE MUSIC」もスタートするなど、プラットフォーム事業を展開。

音楽・映像レーベル[編集]

レコード会社のエイベックス・エンタテインメントには、メインのavex trax、クラブ系J-POPのrhythm zone、ロック・レゲエ・ヒップホップなどのcutting edge、クラシック専門のavex-CLASSICSなどのレーベルがある。所属アーティストにはJ-POPやR&Bやダンスミュージックを主流とする者が多いが、最近はYOSHIKI河村隆一聖飢魔、そしてD'ERLANGER清春ボアダムズthe pillowsDJanne Da ArcJkannivalismそしてレミオロメン東京スカパラダイスオーケストラTRICERATOPS氣志團と言ったロックやミクスチャーロックやオルタナやスカを主流とするアーティストやバンドやヴィジュアル系バンドもデビューしたり移籍してきている。

映像ソフト会社のエイベックス・ピクチャーズには、メインのavex pictures、アニメ・声優系のDIVE II entertainmentなどのレーベルがある。

沿革[9][編集]

  • 1987年
  • 1988年
    • 4月11日 - 法人化。輸入レコードの卸会社「(旧)エイベックス・ディー・ディー株式会社」を設立。
  • 1990年
    • 9月 - レコード部門 avex traxを設立し、レコード制作を開始。ダンス系音楽のブームにのり高成長を遂げる。
    • 11月 - 東京都町田市に音楽出版社「株式会社ミュージック・フォリオ」(平成5年10月、株式会社プライム・ディレクション、平成17年4月、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社に商号変更、現・連結子会社)を設立
    • 11月 - avex trax第一弾発売となる「スーパー・ユーロビート」(SUPER EUROBEAT)VOL.09を発売。当時の販売元は創美企画(現在のハピネット)。
  • 1991年
  • 1992年
    • 現在のロゴの前身となる(楕円形の中に小文字の「a」が入る)マークを制定。それと合わせて創美企画から日本クラウンに販売元が移管。
  • 1993年
    • 2月 - 「スーパー・クラブ・グルーヴィン」シリーズが、Vol.14から「スーパー・クラブ・グルーヴィン ハウスレボリューション」(Super Club Groovin' HOUSE REVOLUTION)として改称。
    • 5月 - 本社を東京都港区南青山に移転。
    • 9月 - 依田巽が代表取締役会長に就任。
    • 12月 - 新たなレーベルとして株式会社カッティング・エッジを設立。
  • 1994年
    • 6月 - 「スーパー・クラブ・グルーヴィン ハウスレボリューション」が、Vol.25から「ハウスレボリューション」(HOUSE REVOLUTION)として改称。
  • 1995年
    • 4月 - 依田会長が社長を兼任。
    • 7月 - 東京都港区にアーティスト・マネジメント会社、株式会社ホワイトアトラス(平成9年10月、株式会社アクシヴ、平成17年4月、エイベックス・マネジメント株式会社に商号変更、現・連結子会社)を設立
    • 9月 - 香港にAvex Asia Ltd.(平成20年11月、Avex Hong Kong Ltd.に商号変更、現・連結子会社)を設立
  • 1997年
    • 1月 - 「ハウスレボリューション」が、Vol.50から「スーパー・ダンス・フリーク」(SUPER DANCE FREAK)として改称。
    • 4月1日 - 株式会社ヴェルファーレが(新)エイベックス・ディー・ディー株式会社に商号変更。
    • 7月1日 - エイベックス・ディー・ディー株式会社が(旧)エイベックス・ディー・ディー株式会社及び株式会社カッティング・エッジを合併。
    • 10月 - それまで独自の流通網がなく日本クラウンcutting edgeに関しては当時の東芝EMIに販売委託)に販売を委託していたが、販売会社の「株式会社エイベックス・ディストリビューション」を東京都港区に設立。(始動は翌年4月1日から)
  • 1998年
    • 4月 - 株式の額面変更のため「エイベックス株式会社」(1973年6月1日設立)が「エイベックス・ディー・ディー株式会社」を合併。
    • 7月 - 台湾台北市にAvex Taiwan Inc.(現・連結子会社)を設立
    • 10月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • 1999年
  • 2000年
    • 1月 - 新CI(コーポレートアイデンティティロゴおよびマークを制定。
    • 2月 - これまで東芝EMIに委託していた「Cutting edge」の販売を「(株)エイベックス・ディストリビューション」に移管。
    • 3月 - 東京都港区にインターネット情報サービス会社エイベックス ネットワーク(株)を設立
  • 2001年
  • 2002年
    • 2月 - 「スーパー・ダンス・フリーク Vol.90~R&B/ヒップホップ・パーティーAV8スペシャル(Super Dance Freak 90 -R & B / Hip Hop Party Av8 Special)」が発売。
    • 3月 - コピーコントロールCD(CCCD)を発売。
    • 3月 - 本社が入居していた住友生命青山ビルを購入してエイベックスビルとする。取得価額は205億円。
    • 4月 - 「R&B HIPHOP PARTY Vol.2」が発売。本作品に「SUPER DANCE FREAK」というネーミングが記載されておらず、事実上Vol.90をもって10年位続いてきたシリーズの歴史に幕を閉じることとなった。
  • 2004年
    • 8月 - 専務だった松浦が売り上げ中心の経営方針に異を唱え、新会社を設立するために辞表を提出、1日付けで受理され退社。3日、辞表を取り消し復帰するというエイベックスからの発表が有り、一方で会長兼社長 依田巽も辞任し名誉会長に、新たに小林敏雄が社長に就任。
    • 9月28日 - 臨時株主総会が開かれ、同日付で松浦が代表取締役社長に、当時アクシヴ社長だった千葉龍平が同副社長に就任する人事が承認され、同時に前社長だった小林は常務取締役に就任。さらに、(株)有線ブロードネットワークス(現・(株)USEN)と業務提携、その上で(株)有線ブロードネットワークスが筆頭株主となり、資本提携を伴う業務提携を発表。[11]
    • 10月1日 - 会社分割により持株会社体制に移行。(エイベックス株式会社を持株会社であるエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社に商号変更し新設会社(新)エイベックス株式会社を設立)。
  • 2005年
    • 4月1日 - 「エイベックス株式会社」を「エイベックス・エンタテインメント株式会社」へ商号変更。同時に「株式会社アクシヴ」のアーティストマネジメント業務を継承する。音楽ソフトの発売元が「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社」(同日付で「株式会社エイベックス・ディストリビューション」から商号変更。現在は「エイベックス・マーケティング株式会社」に変更される。また、アーティストグッズの販売、ファンクラブの運営などを行っていた「株式会社ハウディ・インターナショナル」をエイベックス ネットワーク株式会社が合併。
    • 7月14日 - アップルが出資した「アイチューンズ株式会社」のオンライン音楽ダウンロード配信サービス「iTunes Store」に楽曲提供を発表。
  • 2006年
    • 2月 - USENが保有株式の過半を売却して、議決権比率で10.83%まで減少。
    • 8月28日 - USENが全保有株式を売却、資本関係がなくなる(業務提携は継続中)。
  • 2007年
    • 4月1日 - ネットワーク事業を担ってきた「エイベックス ネットワーク株式会社」と、音楽・映像ソフトのパッケージ企画・製造・販売事業を展開してきた「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社」が「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ」を存続会社とする形で合併。同日付けで商号を「エイベックス・マーケティング株式会社」に変更。
  • 2009年
  • 2010年
    • 2月22日 - ヴェルファーレ・エンタテインメントを解散
    • 2月24日 - 東方神起が所属していたSMエンターテインメントの株を売却。売却益は7億8300万円。
    • 4月 - エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社の簡易分割によりエイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社(現・連結子会社)を設立
    • 8月24日 - エステ newMe DAY SPA を開店
    • 9月8日 - 2011年以降定時株主総会後の株主限定ライヴの取りやめを発表。
    • 11月24日 - SMエンターテインメントと緊密な提携関係を構築すると発表。
    • 12月21日 - ニコニコ動画にて音源の使用許諾
  • 2011年
    • 4月28日 - JYJチャリティーイベントの対するエイベックスの行動が業務妨害に当たるとしてJYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントに仮処分を裁判所に申し立てされる[18]
    • 5月30日 - JYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントが、エイベックスを相手に申請していた仮処分を取り下げ本案訴訟提訴[19] [20]
    • 10月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社がエイベックス・クラシックス・インターナショナル株式会社(現・連結子会社)を設立。
    • 10月18日 - dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV 開始。
    • 12月26日 - Avex Shanghai Co., Ltd設立発表。
    • 12月26日 - BASE ENTERTAINMENTと業務・資本提携を行い、海外展開の軸足をライヴ・エンタテインメント事業に移し、東アジア市場の開拓を共同で行うことを発表。
  • 2012年
    • 10月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社が株式会社UULA(ソフトバンク株式会社との合弁会社、現・連結子会社)を株式取得により子会社化。
  • 2013年
    • 1月18日 - JYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントに提訴されていた訴訟で、東京地方裁判所は、エイベックスはC-JeSとの契約に違反し平成23年2月24日には専属契約解除の効力が発生したと認め、エイベックスに対しJYJの日本におけるマネージメント権を主張する行為などを禁止し、C-JeSエンターテイメントに6億6千万円の賠償金を支払うように命じた。また、C-JeSエンター代表に対するエイベックスの名誉棄損行為を認定し100万円の損害賠償を命じた[21][22]
    • 新たなレーベルDimension Pointを設立し、安室奈美恵を第一号アーティストに。
    • 7月 - Avex International Holdings Ltd.がAvex International Holdings Singapore Pte. Ltd.(現・連結子会社)を株式取得により子会社化。
    • 10月 - エイベックス・マネジメント株式会社の会社分割(新設分割)により、エイベックス・ヴァンガード株式会社(現・連結子会社)、エイベックス・スポーツ株式会社(現・連結子会社)を設立。
  • 2014年
    • 1月 - Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd.及びAvex Hawaii,Inc.を直接子会社化。 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd.がAvex Taiwan Inc.及びAvex Shanghai Co., Ltd.を直接子会社化
    • 3月8日 - ドワンゴの株の出資比率を下げ、ドワンゴは2006年2月からのAGHDの持分法適用関連会社ではなくなった[23][24]
    • 4月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社及びエイベックス・マーケティング株式会社の映像事業のうち、映像パッケージに関わる事業を会社分割 (共同新設分割)し、エイベックス・ピクチャーズ株式会社を設立
    • 7月 - 連結子会社間の事業移管に伴いエイベックス・マーケティング株式会社を、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社(現・連結子会社)に、エイベックス・エンタテインメント株式会社をエイベックス・デジタル株式会社(現・連結子会社)に商号変更
    • 7月29日 - ドワンゴの株式の4.99%を売却した[25]
    • 10月1日 - 同社の本社の再建を発表した。仮社屋として、六本木泉ガーデンタワーの27、30、36-40Fに移動。
    • 12月 - エイベックス・デジタル株式会社と株式会社サイバーエージェントがAWA株式会社(現・持分法適用関連会社)を設立
    • 12月8日 - KADOKAWA・DWANGOは、エイベックス・グループ・ホールディングスが保有する全株式を売却すると発表。2006年のドワンゴとの資本提携以来続いていたエイベックスとKADOKAWA・DWANGOの資本関係が終了する[26]
  • 2015年
    • 3月 - エイベックス・ピクチャーズ株式会社と株式会社講談社、株式会社集英社及び株式会社小学館の3社が株式会社アニメタイム社(現・連結子会社)を設立。エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社が株式会社イーライセンス(現・持分法適用関連会社)の株式を取得。
    • 4月 - エイベックス通信放送株式会社が、『dビデオ powered by BeeTV』を『dTV』にリニューアル。
    • 5月 - AWA株式会社が、サブスクリプション型音楽配信サービス「AWA」を提供開始。エイベックス・スポーツ株式会社が、トップアスリートとの月額会員性コミュニティプラットフォーム「athlete club」をスタート。
    • 6月 - エイベックス・ニコ株式会社を設立
    • 8月 - エイベックス・ミュージック・クリエイティブ株式会社が、ハードウェルなどが所属するEDMに特化したレーベル「avex EDM」を設立。
    • 9月 - 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)とオフィシャルパートナー契約を締結。
    • 9月 - Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd.をAvex Asia Pte. Ltd.に商号変更。
    • 10月 - エイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社がオトナ向けスクール「avex life design lab」を東京・原宿に開校。
    • 10月16日 - 日本音楽著作権協会に委託していた約10万曲の著作権管理を系列会社のイーライセンスに委託することを表明した[27]
  • 2016年
    • 2月 - エイベックス・デジタル株式会社が、株式会社ゲオと映像配信サービス「ゲオチャンネル」を開始。
    • 10月 - エイベックス・ミュージック・クリエイティブ株式会社がアーティストやクリエイターのマルチマネタイズプラットフォーム「BIG UP!」を開始。
    • 12月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社を設立。
    • 12月28日 - 平成29年1月1日付で、業務執行体制を変更することを発表。コーポレート執行役員を廃止し、新たにグループ執行役員を設置。また今後の予定としてエイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社とエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社の合併を検討していると発表。
  • 2017年
    • 1月 - 文部科学省より、リオパラリンピック競技大会に係る「文部科学大臣特別表彰」を受章。
    • 2月 - エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社が、米国大手出版社Downtown Music Publishing LLC.と協業を開始。
    • 2月23日 - 会社分割についての詳細をリリース。平成29年4月1日より、エイベックス・グループ・ホールディングスを持株会社として、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴがエイベックス・ライヴ・クリエイティヴとエイベックス・ニコを吸収合併し、エイベックス・エンタテイメント株式会社として事業開始。またエイベックス・マネジメントエイベックス・プランニング&デベロップメントエイベックス・ヴァンガードエイベックス・スポーツを吸収合併。エイベックス・デジタルもUULAを吸収合併。
    • 3月 - エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社が、株式会社CyberZとe-Sportsイベント「RAGE」において協業を開始。エイベックス・ベンチャーズ株式会社が、ロックバンド「感覚ピエロ」メンバーによって設立する株式会社JIJIへ出資。エイベックス・ピクチャーズ株式会社が、アニメソングを取り扱うレコード会社・関連企業と世界初のアニソン専門定額配信サービス「ANiUTa(アニュータ)」を開始。
    • 5月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社が、VR ソーシャルルームアプリ「Cluster.」を運営するクラスター株式会社へ出資。
    • 5月25日 - エイベックス・グループ・ホールディングスの商号を、「エイベックス株式会社(Avex Inc.)」に変更することを6月23日の株主総会に提示、10月31日までに行われる取締役会で日程を正式決定することを発表[28]
    • 6月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社がSTYLICTION株式会社とスマートフォン向け短尺動画サービスを行う株式会社FIREBUGに出資。
    • 6月23日 - エイベックスの新しいロゴを制定、前述の社名変更同様、10月31日までに行われる取締役会で日程を正式決定する[29]

所属アーティスト[編集]

エイベックスに所属する主な歌手バンドタレントは以下の通り。

avex trax所属[編集]

SONIC GROOVE所属[編集]

rhythm zone所属[編集]

販売権を持つ海外アーティスト[編集]

  • メラニー・ベンダー
  • O-Zone

かつて所属していたアーティスト[編集]

所属タレント[編集]

その他の作品[編集]

グループ会社[編集]

※2017年4月1日現在

日本国内連結子会社[編集]

エイベックス・エンタテインメント株式会社
音楽コンテンツの企画・制作・販売・配信を行っている。2007年4月、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社とエイベックス ネットワーク株式会社が合併。エイベックス・マーケティング株式会社に商号変更した。ミュウモを運営している。
エイベックス・クラシックス・インターナショナル株式会社
エイベックス・エンタテインメント株式会社の子会社。クラシックに特化したアーティストの発掘・育成、マネジメント、コンサートプランニング及び原盤制作等を行っている。
エイベックス・マネジメント株式会社
エイベックス・グループの芸能事務所。
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
映像コンテンツの企画・制作・販売を行っている。
株式会社アニメタイムズ社
エイベックス・ピクチャーズ株式会社の子会社。映像配信サービスに対するアニメ作品の供給を行っている。
株式会社イクストル
エイベックス・ピクチャーズ株式会社の子会社。ゲームソフトウェアの企画・制作・販売。
エイベックス・デジタル株式会社
デジタルコンテンツの企画・制作・販売・配信を行っている。
エイベックス通信放送株式会社
エイベックス・デジタル株式会社(70%)と株式会社NTTドコモ(30%)との合弁会社BeeTVを運営。
エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社
エイベックス・グループ各社が保有する音楽著作権の管理・開発を行っている(音楽出版社)。
エイベックス・トラベル・クリエイティヴ株式会社
観光旅行事業などを行っている。
エイベックス・ベンチャーズ株式会社
企業・個人事業主・ファンド等への投資及び投資先支援・管理・コンサルティング業務などを行っている。

日本国外連結子会社[編集]

Avex International Holding Corporation
事業会社を管理する中間持株会社。
Avex International Inc.
エンタテインメントに関する事業全般。
Avex Asia Pte. Ltd.
エンタテインメントに関する事業全般。2015年8月まではAvex International Holdings Singapore Pte. Ltd.。
Avex Taiwan Inc.
エンタテインメントに関する事業全般。
Avex Shanghai Co., Ltd.(休眠会社
Avex Hawaii, Inc.(休眠会社)

関連会社[編集]

過去のグループ会社[編集]

事件[編集]

のまネコ騒動
インターネット電子掲示板で親しまれてきた「モナー」などのアスキーアートキャラクターに酷似した作品を、エイベックスのグループ会社が「のまネコ」「米酒」と自社の著作権表示をつけて販売し、一時ネットユーザーより批判が沸き起こった。その後、騒動に託けた脅迫文が掲示板で幾度となく投稿される事件が起きたため、多くのメディアで騒動の経過が報道されるほどの事態に至った。
詳細はのまネコ問題の項を参照のこと。
内部からのWikipedia記事削除
2007年9月3日、Wikipediaの「エイベックス」の「不祥事・問題・疑惑」の項目が丸ごと削除された[30]
WikiScannerによって、削除を行ったIDが、エイベックス・ディー・ディーからのものであることが発覚し、2010年6月現在も、本IDによるWikipediaへの書き込みは続けられている[31]
盗作疑惑検証サイト事件
avexに所属するアーティストの楽曲、若しくはプロモーションビデオに盗作が多いなどの検証をインターネット上で行っていた「盗使哀」というサイトに対し、avex側が検証サイト側に対し【「報道・批評・研究目的の引用」として当社管理楽曲を使用しているようですが、貴殿が「批評」等を掲げる以上、匿名ではなく貴殿の名前を明らかにし、自らの責任を持つ形で行うべきだと考えます。それが為されないようでしたら、「批評としての引用」に該当しないと判断し、当社は貴殿に対し、楽曲使用の中止を要望します。】という要請をした事件。
内紛劇(クーデター騒動)
会長兼社長だった依田巽と、専務(当時)の松浦勝人、常務(当時)の千葉龍平の経営面での対立が深刻化。2004年7月30日に行われた取締役会で依田が、千葉の利益相反取引を理由にアクシヴ(現エイベックス・マネジメント)代表取締役を解任する動議を提出。松浦を除く取締役全員が賛成し、可決。これに対抗し、松浦が依田の代表取締役解任動議を提出。松浦、千葉のみが賛成し、否決された。依田は松浦に対し、千葉に代わってアクシヴの社長就任を要請するが、松浦はこれを拒否。8月1日、松浦、千葉は揃ってエイベックス取締役を辞任した。これに続き、浜崎あゆみら所属アーティストが松浦支持を表明し、移籍を示唆したため株価が急落。事態を重く見た依田は会長職のみならず取締役辞任を表明。代わって常務(当時)の小林敏雄が代表取締役社長に就任。他の取締役が松浦を説得し、執行役員として復帰することになる。この際、千葉に利益相反取引の事実はなかったと発表している。

コンピレーション・アルバム[編集]

ユーロビートの曲を集めたアルバムCD「SUPER EUROBEAT」は会社創業より発売。現在、ベスト盤等を除く本編だけで243タイトル(2017年8月現在)が発売されており、特に1998年から2001年頃には主にユーロビートの曲に合わせて踊る「パラパラ・ダンス」ブームが巻き起こり、エイベックスからパラパラオールスターズなどのカリスマダンサーも登場した。しかし、数度のブームを経たパラパラは現在は下火で、パラパラに頼らない商品展開など、今後の動向が注目される。
  • これまで発売されたユーロビート・コンピレーション・アルバム(現在発売中のも含む)
  • SUPER EUROBEAT
  • SUPER EUROBEAT presents SUPER GT(2008年はSUPER GTのみの表記となるが、2009年より元の名称に戻った) - 2011年終了
  • 俄然パラパラ!!(現在は超然パラパラ!!に名称変更)
  • MAHARAJA NIGHT HI-NRG REVOLUTION (→EURO FIRE) - 1998年終了
  • EUROBEAT FLASH - 1999年終了
  • SUPER EUROBEAT presents EUROMACH (一旦2002年に「完結」と発表されたものの、その後2009年に新たなベスト盤が発売されている)
  • PARAPARA PARADISE - 2002年終了

ほか多数発売。

それ以外でもハウステクノなどのダンスナンバーの曲を集めたコンピレーション・アルバムも発売していた。

夏の企画・イベント[編集]

1993年より、毎年夏に大がかりな企画・イベントを行っている。殆どの場合、グループを代表するアーティストが出演するのが特徴である。

  • 1993年:avex rave '93
  • 1994年:avex rave '94
  • 1995年:avex daNce Matrix '95
  • 1996年:avex dance net '96
  • 1997年:avex dance carnival '97
  • 1998年:avex dance non-stop 150h in velfarre '98
  • 1999年:avex 夏祭り '99
  • 2000年:avex summer paradise 2000
  • 2001年:avex rave 2001
  • 2002年:a+nation
    この年より、全国数箇所を会場とした野外ライブイベントa-nationとして行われる。
  • 2003年:a-nation '03
  • 2004年:a-nation '04
  • 2005年:a-nation '05
  • 2006年:a-nation '06 powered by ウイダーinゼリー
  • 2007年:a-nation '07 powered by ウイダーinゼリー
  • 2008年: a-nation '08 powered by ウィダーinゼリー
  • 2009年: a-nation '09 powered by ウィダーinゼリー
  • 2010年: a-nation '10 powered by ウィダーinゼリー
  • 2011年: a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウィダーinゼリー
  • 2012年: a-nation musicweek・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー
  • 2013年: a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー
  • 2014年: a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー
  • 2015年: a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー
  • 2016年: a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー

備考[編集]

  • かつて吉本興業所属タレントはエイベックスからよくCDを出していたが、現在吉本関係のCDは系列会社のR and Cに集約している。
  • ソニーミュージックビーイングと同様にタイアップ商法を主とする。
  • オリコンのシングル・アルバムチャートともに1000作目の首位を獲得したのはエイベックス所属のアーティストである(シングルはEXILE、アルバムはV6)。
  • 2001年から2003年頃は日本テレビのドラマ主題歌、挿入歌はエイベックス所属のアーティストが担当することが多く、サウンドトラックもエイベックスから発売することが多かった(ただ、日本テレビの音楽、映像などはバップが担当している)。しかし、最近は比較的、フジテレビとのつながりが多く、サウンドトラックも現在は日本テレビとTBSがそれぞれ固定のレコード会社のレーベルから発売しているため、ほぼフジテレビの作品が多くなっていたが、2010年頃から、ポニーキャニオンからの発売が中心となっており、エイベックス所属のアーティストが劇中音楽を担当する作品や関西テレビ制作・火曜夜10時枠の連続ドラマの作品(主にエイベックス所属のアーティストが主題歌を手掛けた作品)のみとなっている。
  • グループ創業20周年記念事業の一つとして「エイベックス創立20周年映画」の製作を決定し、2006年7月から最高賞金1000万円でストーリーの公募を行う等していたが、結局その後何の発表も無いまま立ち消えになっている[32]
  • 1999年7月頃までavex networkとしてインターネットサービスプロバイダ事業を行っていた[33]

同社からサントラが発売された最近の主なドラマ作品[編集]

※ネット系列別

日本テレビ系列
TBS系列
テレビ朝日系列
フジテレビ系列
テレビ東京系列

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 小林敏雄の資産管理会社。
  2. ^ 松浦勝人の資産管理会社。
  3. ^ ただし、かつてアメリカにあった現地法人は「AV EXPERIENCE AMERICA Inc.」という名称だった。
  4. ^ 浜崎の「松浦支持」が発表され、一歌手の意向による株価の大きな変動が起きた事件として株式市場でも話題となった。また、NHKニュースでもそれが報道された。

出典[編集]

  1. ^ 株式基本情報”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  2. ^ 業績ハイライト”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  3. ^ 業績ハイライト”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  4. ^ 2017年3月期株主通信”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  5. ^ 2017年3月期株主通信”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  6. ^ 株主の状況”. avex.co.jp. 2017年7月10日閲覧。
  7. ^ エイベックス・グループの歩み
  8. ^ 「【LOVE IS BORN】〜4th Anniversary 2007〜」Live DVD発売決定!
  9. ^ 沿革
  10. ^ エイベックスが「オリコン」ベスト10に7曲 2月5日付のチャートで新記録スポーツ報知、2000年1月31日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  11. ^ USEN、エイベックスの筆頭株主に-エイベックスは松浦社長の新体制で新事業展開
  12. ^ 合弁会社設立日等に関するお知らせ
  13. ^ あゆ、ゲリライベントでエイベックスなど捜索 警視庁 産経新聞 2009.6.10
  14. ^ 浜崎さんイベント11人書類送検=「知らせたら中止になる」-道路不正使用・警視庁
  15. ^ 契約解除に関するお知らせ
  16. ^ コンプライアンス体制の見直しと社内処分について
  17. ^ 当社の役付取締役の異動に関するお知らせ
  18. ^ JUNSU/JEJUNG/YUCHUN チャリティーイベントについて
  19. ^ JUNSU/JEJUNG/YUCHUN イベント仮処分申立てについて
  20. ^ エイベックス(avex)・マネジメント株式会社に対する訴訟申し立てについて
  21. ^ JYJ側勝訴 エイベックスに賠償命令=東京地裁
  22. ^ 東京地裁判決言渡
  23. ^ エイベGHD、ドワンゴ株を一部売却  :日本経済新聞
  24. ^ 7860 エイベックスグループホールディングス「持分法適用関連会社の異動(株式譲渡)及び特別利益の発生に関するお知らせ」(2013/03/04) - MarketNewsline
  25. ^ ドワンゴ株式約5%をNTTが取得 研究所技術をniconicoに活用 - ITmedia ニュース
  26. ^ エイベックス、角川ドワンゴ株すべて売却へ 売却益34億円,日本経済新聞,2014年12月8日
  27. ^ エイベックスがJASRAC離脱 音楽市場が活性化か?:朝日新聞デジタル
  28. ^ 商号の変更及び定款の一部変更に関するお知らせ - エイベックス・グループ・ホールディングス 2017年5月25日
  29. ^ コーポレートロゴ変更に関するお知らせ - エイベックス・グループ・ホールディングス 2017年6月23日
  30. ^ 削除された記録
  31. ^ Wikipedia投稿記録より
  32. ^ エイベックス創立20周年記念映画製作決定
  33. ^ エイベックスがプロバイダー事業を終了、有償コンテンツの提供は無料化へ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本国内サイト[編集]

日本国外サイト[編集]