佐藤昇 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 昇
(さとう のぼる)
生誕 (1972-01-27) 1972年1月27日(50歳)
日本の旗 日本 千葉県松戸市
教育専修大学法学部卒業
職業週刊報道サイト主筆
活動期間2013年 -
公式サイトhttp://hodotokushu.net/report.html

佐藤 昇(さとう のぼる、1972年1月27日 - )は、日本のジャーナリスト週刊報道サイト株式会社代表取締役主筆

略歴[編集]

千葉県松戸市生まれ。市川中学校及び市川高等学校卒業。1995年専修大学法学部卒業後、金融業を起業。2013年週刊報道サイトを創刊。

ボクシング関係[編集]

日本のアマチュアボクシング大会の一つである「ザ・おやじファイト」において、2階級制覇[1][2]を果たし、100回記念後楽園大会では連続6度目の防衛に成功する[3][4]など、史上歴代3位となる連続7回防衛[5]の記録を持つチャンピオンであった。

世界王者(連続4回防衛)薬師寺保栄と交流があり、みずほ銀行投資詐欺事件において[6]、2014年10月7日、共にみずほ銀行などを提訴した[7]。2017年3月及び11月、一審及び控訴審で敗訴が確定した。

2020年6月25日、一審判決言渡期日の3日前にみずほ銀行投資詐欺事件訴訟代理人であった田邊勝己弁護士[8]らを同氏の代理人だけ一方的に辞任させた行為は、みずほ銀行による独占禁止法違反となる優越的地位の濫用であるとして、みずほフィナンシャルグループ第18期定時株主総会において、第8号議案等5議案の株主提案権を行使して[9]株主総会会場において補足説明を行った。なお、第4号議案(余剰金の配当等の決定機関)[10]については、みずほフィナンシャルグループは、専ら公益を図る目的に合致するとして、株主提案を会社提案と併合して、その議案内容の全てを受け入れて、剰余金の配当を取締役会だけでなく、株主総会でも決められるよう定款を変える会社側と同氏ら株主の共同提案は認められて可決された[11]

名門ヨネクラボクシングジム再興のため[12]、日本プロボクシング史上屈指の世界2階級(フェザー級、スーパーフェザー級)王者柴田国明をサポートするヨネクラボクシングスクール[13]サポーターズ株式会社のプロモート活動を行っている。

株主提案[編集]

2021年6月25日、TAC (予備校)第38期定時株主総会において、第9号議案(共同親権への努力)等6議案の株主提案権を行使して[14]株主総会会場において補足説明を行った。なお、第12号議案(取締役の選任)において、週刊新潮FACTAにおいて登記関連の報道をされている者[15][16]田邊勝己弁護士(アクロディア筆頭株主兼代表取締役会長、カイロス総合法律事務所代表)の取締役への選任を株主提案している。

2021年6月29日、三菱UFJフィナンシャル・グループ第16期定時株主総会において、第4号議案(有価証券報告書の早期提出)等5議案の株主提案権を行使して[17]株主総会会場において補足説明を行った。なお、第6号議案(反社会的勢力及び反社会的勢力への利益供与者等への融資や不適切・異例な取引等の禁止)において、「三菱UFJ銀行単体のみならずグループ一体となって、可能な限り速やかに融資や不適切・異例な取引等の関係を解消し、反社会的勢力の排除に取り組むべき」と株主提案し、その理由として「現在、社会全体として、反社会的勢力へ利益供与にならないような配意が必要であり、いかなる理由であれ、融資や不適切・異例な取引を行わない態勢を整備しているかが重要である。例えば、2013年のみずほ銀行暴力団融資事件のように不適切で異例な融資等の取引の事実を週刊誌等マスコミにスクープされて報道されてしまうと、当社グループの信用を失墜させるだけでなく、指針違反となることから、多くの取引先等に不安と猜疑の気持ちを抱かせてしまうので、当社グループ一体となって、不適切な関係を調査後把握次第、可能な限り速やかに関係解消に努めるべきである。」と主張している[18]

思想[編集]

月刊日本主幹南丘喜八郎や論説委員山浦嘉久らと吉田松陰の講孟箚記の勉強会を行っていたことから、「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」を座右の銘とし、格言「諸君、狂いたまえ」の真髄である「思想を維持する精神は狂気でなければならない」を実践している。この勉強会において、2000年から2021年12月10日の任期満了により退任するまでの21年間、サイバーエージェントの監査等委員である社外取締役を務め[19]楽天サイバーエージェントをはじめ60社以上の株式公開を成功に導いた「名うての公開請負人(日経新聞)」である沼田榮昭[20]が、同氏と一緒に机を並べた勉強仲間であった縁から、週刊報道サイトの創刊10年目発刊400号記念企画で記事を執筆している。

宮武外骨の格言「威武に屈せず富貴に淫せず、ユスリもやらずハッタリもせず、過激にして愛嬌あり」を心がけている。

2015年2月9日、同氏ら482人は、朝日新聞の慰安婦報道問題に対し、「吉田清治証言に疑義が生じていたのに、朝日新聞は報道内容の正確性を検証する義務を怠り、日本国憲法で保障されている読者や国民の『知る権利』を侵害した」として、1人あたり1万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした[21]。原告側事務局は同氏が結成した「朝日新聞を正す会[22]。東京地裁は2016年9月、同氏ら原告側482人の請求を棄却[23]。東京高裁も2017年3月の判決で同氏ら原告側238人の控訴を棄却。最高裁判所第三小法廷も2017年10月24日付決定で同氏ら原告側28人の上告を退け朝日新聞の勝訴が確定した[24]

2020年8月7日に発売された『朝日新聞の慰安婦報道と裁判』(発行所は朝日新聞出版、著者は朝日新聞編集委員)[25]によると、同氏が結成した「朝日新聞を正す会」は東京地裁への提訴後、弁護士会館で記者会見を開き、第一回口頭弁論の際、支援者や記者(著者含む)ら十数人を対象に、弁護士会館で説明会を開くなど(251頁)、事前に告知して支援者を集めて集会を開くようなことはなく(257頁)、「週刊報道サイト」の題のメールやウェブサイトで情報を流している同氏は、「朝日新聞を正す会」の名で訴状(246頁)や口頭弁論(251頁)や陳述書(255頁)や非公開の弁論準備手続き(256頁)や一審判決(258頁)等を報告している。東京地裁判決日には著者の取材に応じ、同氏は「国民の知る権利の実現のため、マスメディアが果たすべき責務について十分に理解を得れなかった。控訴して、上級審の判断を仰ぎたい」「原告482人が力を合わせて裁判を闘ってきましたが、原告団の感情としては納得いく判決ではないので、控訴して改めて裁判所の判断を仰ぎたい」と答えている(260頁)。また、東京地裁判決日の直前に、甲府地裁にも提訴して、提訴後、山梨県庁で記者会見して、なぜ東京地裁とほぼ同内容で甲府地裁にも提訴したのか聞かれ(263頁)、同氏は「国民には知る権利があるということを裁判所に認めてもらいたいというのが、最終的な目的、勝ち取りたいところです」「やっぱり国民の知る権利は重要だと思っていて、この火を消さないように、(東京の)判決が出る前に(甲府に)起こしました」と答えている(264頁)。

人物[編集]

高須基仁を偲ぶ会を開催し、市川中学校及び市川高等学校の二学年先輩の平井康嗣伊藤博敏や成田俊一らと献杯している。なお、同氏は、生前に説法された「悪名は無名に勝る」という言葉を金科玉条にして[26]実践している。

東京アウトローズ奥村順一を偲ぶ会を開催し、同氏が弔辞を読み上げ、集まった多くの報道関係者と冥福を祈っている。

敬天新聞社白倉康夫により、東京アウトローズ奥村順一やアクセスジャーナル山岡俊介らとの人間模様が描かれている。

名古屋高等裁判所長官中込秀樹弁護士や秋山昭八弁護士らと交流がある。

M資金情勢に精通しており、ローソン玉塚元一が2017年5月30日の定時株主総会で任期満了前の代表取締役会長退任を発表した[27]原因[28]は、同氏の報道によるものであろうと週刊新潮が報道している[29]

詐欺事件に詳しく[30]澤田秀雄エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長)が怪しいリクルートホールディングス株の儲け話に乗っかって50億円を振り込んだ詐欺騒動を同氏がいち早く記事にしたため、新聞や雑誌の記者たちの知るところとなり、2019年3月14日に開かれた民事訴訟の初公判には多くの記者が詰めかけたと月刊ベルダが報道している[31]。また、2ケ月後の2019年5月21日、澤田秀雄ハウステンボスの社長を退任した。

SBIホールディングス北尾吉孝から、SBIファーマの不祥事の一部報道ついて、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始したとインベスター・リレーションズされるも[32]、その後もSBIソーシャルレンディング(SBISL)の不祥事や新生銀行への敵対的買収等についての論評を行っている。

1963年創業の商品デリバティブ取引の取次を行うフジフューチャーズ株式会社[33]の代表取締役社長であった[34][35]

報道関係者交流懇親会[編集]

同氏は「多くのメディアが力を一つに合わせ、報道の力で、驕る権力者達から本来の主権者である日本国民に天下を獲り戻すことこそ、報道の原点である権力の監視の使命を果たす」と標榜しており、大手マスメディアの新聞・テレビでは取り上げられることがないスポンサー企業である財界の腐敗の問題点や、暴力団との癒着など、広告を一切とらないことによる強みを生かし、報道を行う上で一般的に「タブー」とされる分野を発信する試みを続けている(報道におけるタブーを参照)ことから、定期的に報道関係者交流懇親会を開催している。

その懇親会には、日本放送協会朝日新聞読売新聞産経新聞テレビ朝日TBSテレビ(TBS)等のマスメディアや、 FRIDAY (雑誌)日刊ゲンダイ週刊現代週刊ダイヤモンド週刊東洋経済SPA!週刊新潮週刊文春等のマスコミや、平井康嗣伊藤博敏や成田俊一らの報道関係者や、元名古屋高等裁判所長官中込秀樹弁護士らが集って交流を深めている。

参考出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “佐藤昇チャンピオンがフェザー級王座から陥落。2009年11月3日試合結果”. ウェブ魚拓. (2009年11月4日). https://megalodon.jp/2021-0726-0925-36/https://9006.teacup.com:443/donking/bbs/620 2022年4月24日閲覧。 
  2. ^ “佐藤昇選手が王座獲得、フェザー級に続くスーパーフェザー級の2階級制覇を果たした。2010年8月29日試合結果”. ウェブ魚拓. (2010年8月29日). https://megalodon.jp/2021-0122-1015-53/https://9006.teacup.com:443/donking/bbs/941 2022年4月24日閲覧。 
  3. ^ “佐藤昇チャンピオンが王座連続防衛を達成したとして、2013年度の年間優秀選手賞を授賞した。2013年度年間表彰選手”. ウェブ魚拓. (2013年12月22日). https://megalodon.jp/2021-0807-0944-50/https://9006.teacup.com:443/donking/bbs/2426 2022年4月24日閲覧。 
  4. ^ ザ・おやじファイト100回記念後楽園大会THE FIGHT 2014年8月3日
  5. ^ 佐藤昇チャンピオンが、関西から来た最強の挑戦者を相手に8度目の防衛ならず。新松戸高橋ボクシングジム 2016年7月31日
  6. ^ “60億円詐取”「みずほ銀行」元支店長逮捕でも残る「大疑問」週刊新潮 2015年4月2日
  7. ^ みずほ銀行スキャンダルの告発者「金融業・佐藤昇」が語る、数百億円「詐取」元行員の背後関係現代ビジネス伊藤博敏 2014年10月9日
  8. ^ みずほ銀行本店で繰り広げられた「詐欺」事件――元審査役逮捕で銀行の責任は週刊金曜日オンライン 2015年4月14日
  9. ^ 株主総会参考書類第8号議案みずほフィナンシャルグループ第18期定時株主総会招集ご通知 2020年5月22日
  10. ^ 株主総会参考書類第4号議案みずほフィナンシャルグループ第18期定時株主総会招集ご通知 2020年5月22日
  11. ^ みずほFG株主総会日本経済新聞 2020年6月25日
  12. ^ 元チャンプ「柴田国明」が鳴らす名門ヨネクラジム再興のゴング週刊新潮 2019年6月20日
  13. ^ NPO法人ヨネクラボクシングスクール代表者柴田国明内閣府NPOホームページ
  14. ^ 第38期定時株主総会招集ご通知TAC (予備校)第38期定時株主総会招集ご通知 2021年6月4日
  15. ^ 「ABCホーム元会長」と「登記の魔術師」妻同士が法廷で火花!西麻布「迎賓館」建物明け渡しをめぐって係争中週刊新潮 2021年3月25日
  16. ^ 「登記の魔術師」綱渡り不動産の仕事師たちが蠢き始めた。FACTA 2014年7月
  17. ^ 招集ご通知三菱UFJフィナンシャル・グループ第16期定時株主総会招集ご通知 2021年6月8日
  18. ^ 三菱UFJFG株主総会ロイター 2021年6月29日
  19. ^ 招集ご通知サイバーエージェント第24回定時株主総会招集ご通知 2021年12月10日
  20. ^ 習近平が“自爆”…欧米日が「脱・中国」するウラで、これから本当に起きる「ヤバい現実」現代ビジネス 2021年6月1日
  21. ^ 慰安婦報道をめぐって朝日新聞社が訴えを起こされた3つの集団訴訟に対する裁判所の判断 植村裁判資料室 2018年2月25日
  22. ^ 政界往来|政治の正体を明らかにする - ウェイバックマシン(2020年7月14日アーカイブ分)
  23. ^ 原告ジレンマ3件の「朝日慰安婦訴訟」 裁判所は「国民の被害なし」と判断するが 産経新聞ニュース 2016年10月8日
  24. ^ 慰安婦報道訴訟、朝日新聞社の勝訴が確定 最高裁 朝日新聞デジタル 2017年10月26日
  25. ^ 朝日新聞記者が慰安婦問題を徹底検証!『朝日新聞の慰安婦報道と裁判』発売 株式会社朝日新聞出版 2020年8月7日
  26. ^ “最後の無頼派”「高須基仁さんを偲ぶ会」が開かれる日刊ゲンダイ平井康嗣 2019年11月26日
  27. ^ ローソン、強まる三菱商事色 玉塚会長退任を株主総会で承認 産経新聞ニュース 2017年5月30日
  28. ^ ローソン玉塚会長「電撃退任」の全内幕 スター経営者の不可解な退任東洋経済新報社 2017年4月22日
  29. ^ 美人詐欺師に狙われた「ローソン」玉塚氏 甘かったと言われればその通り週刊新潮 2017年4月27日
  30. ^ コロナ禍で病院を狙う「助成金詐欺師」本誌直撃に悪びれずFLASH (写真週刊誌) 2020年8月28日
  31. ^ HIS会長が手を染めた怪しい取引 リクルート株の儲け話に飛びついたが月刊ベルダ 2019年5月号
  32. ^ SBIファーマ株式会社等に対する名誉毀損への今後の対応方針についてSBIホールディングスSBIファーマ 2021年5月27日
  33. ^ 協会員フジフューチャーズ株式会社日本証券業協会
  34. ^ DISCLOSURE2017年版フジフューチャーズ株式会社日本商品先物取引協会
  35. ^ フジフューチャーズの歴代の社長日本の偉大な経営者ランキング

外部リンク[編集]