佐藤昇 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 昇
(さとう のぼる)
生誕 (1972-01-27) 1972年1月27日(48歳)
日本の旗 日本 千葉県松戸市
教育 専修大学法学部卒業
職業 週刊報道サイト主筆
活動期間 2013年 -
公式サイト http://hodotokushu.net/report.html

佐藤 昇 (さとう のぼる、1972年 1月27日-)は、日本のジャーナリスト週刊報道サイト株式会社代表取締役主筆

略歴[編集]

千葉県松戸市生まれ。市川中学校及び市川高等学校卒業。1995年専修大学法学部卒業後、金融業を起業。2013年週刊報道サイトを創刊。

ボクシング関係[編集]

日本のアマチュアボクシング大会の一つである「ザ・おやじファイト」において、2階級制覇[1]を果たし、史上歴代3位となる連続7回防衛[2]の記録を持つチャンピオンであった。

世界王者(連続4回防衛)薬師寺保栄と交流があり、みずほ銀行ぎょうせい詐欺事件において[3]、2014年10月7日、共にみずほ銀行などを提訴した[4]。2017年3月及び11月、一審及び控訴審で敗訴が確定した。

2020年6月25日、一審判決言渡期日の3日前に本ぎょうせい詐欺事件訴訟代理人であった田邊勝己弁護士らを同氏の代理人だけ一方的に辞任させた行為は、みずほ銀行による独占禁止法違反となる優越的地位の濫用であるとして、みずほフィナンシャルグループ第18期定時株主総会において、第8号議案等5議案の株主提案権を行使した[5]。なお、第4号議案(余剰金の配当等の決定機関)については、みずほフィナンシャルグループは、専ら公益を図る目的に合致するとして、株主提案を会社提案と併合して、その議案内容の全てを受け入れて、剰余金の配当を取締役会だけでなく、株主総会でも決められるよう定款を変える会社側と同氏ら株主の共同提案は認められて可決された[6]

名門ヨネクラボクシングジム再興のため[7]、日本プロボクシング史上屈指の世界2階級(フェザー級、スーパーフェザー級)王者柴田国明をサポートするヨネクラボクシングスクール[8]サポーターズ株式会社のプロモート活動を行っている。

思想[編集]

月刊日本主幹南丘喜八郎や論説委員故山浦嘉久らと吉田松陰の講孟箚記の勉強会を行っていたことから、「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」を座右の銘とし、格言「諸君、狂いたまえ」の真髄である「思想を維持する精神は狂気でなければならない」を実践している。

宮武外骨の格言「威武に屈せず富貴に淫せず、ユスリもやらずハッタリもせず、過激にして愛嬌あり」を心がけている。

2015年2月9日、同氏ら482人は、朝日新聞の慰安婦報道問題に対し、「吉田清治証言に疑義が生じていたのに、朝日新聞は報道内容の正確性を検証する義務を怠り、日本国憲法で保障されている読者や国民の『知る権利』を侵害した」として、1人あたり1万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした[9]。原告側事務局は同氏が結成した「朝日新聞を正す会」[10]。東京地裁は2016年9月、同氏ら原告側482人の請求を棄却[11]。東京高裁も2017年3月の判決で同氏ら原告側238人の控訴を棄却。最高裁判所第三小法廷も2017年10月24日付決定で同氏ら原告側28人の上告を退け朝日新聞の勝訴が確定した[12]

2020年8月7日に発売された『朝日新聞の慰安婦報道と裁判』(発行所は朝日新聞出版、著者は朝日新聞編集委員)[13]によると、同氏が結成した「朝日新聞を正す会」は東京地裁への提訴後、弁護士会館で記者会見を開き、第一回口頭弁論の際、支援者や記者(著者含む)ら十数人を対象に、弁護士会館で説明会を開くなど(251項)、事前に告知して支援者を集めて集会を開くようなことはなく(257項)、「週刊報道サイト」の題のメールやウェブサイトで情報を流している同氏は、「朝日新聞を正す会」の名で訴状(246項)や口頭弁論(251項)や陳述書(255項)や非公開の弁論準備手続き(256項)や一審判決(258項)等を報告している。東京地裁判決日には著者の取材に応じ、同氏は「国民の知る権利の実現のため、マスメディアが果たすべき責務について十分に理解を得れなかった。控訴して、上級審の判断を仰ぎたい」「原告482人が力を合わせて裁判を闘ってきましたが、原告団の感情としては納得いく判決ではないので、控訴して改めて裁判所の判断を仰ぎたい」と答えている(260項)。また、東京地裁判決日の直前に、甲府地裁にも提訴して、提訴後、山梨県庁で記者会見して、なぜ東京地裁とほぼ同内容で甲府地裁にも提訴したのか聞かれ(263項)、同氏は「国民には知る権利があるということを裁判所に認めてもらいたいというのが、最終的な目的、勝ち取りたいところです」「やっぱり国民の知る権利は重要だと思っていて、この火を消さないように、(東京の)判決が出る前に(甲府に)起こしました」と答えている(264項)。

人物[編集]

高須基仁[14]を偲ぶ会を開催し、市川中学校及び市川高等学校の二学年先輩の平井康嗣伊藤博敏や成田俊一らと献杯している。

名古屋高等裁判所長官中込秀樹弁護士や秋山昭八弁護士らと交流がある[15]

敬天新聞社白倉康夫[16]により、東京アウトローズ奥村順一[17][18]アクセスジャーナル山岡俊介[19]らとの人間模様が描かれている。

M資金情勢に精通しており、ローソン玉塚元一が任期満了前に代表取締役会長退任を発表した原因は、同氏の報道によるものであろうと週刊新潮が報道している[20]

日本放送協会朝日新聞読売新聞産経新聞等のマスメディアや、 FRIDAY (雑誌)日刊ゲンダイ週刊現代週刊ダイヤモンドSPA!週刊新潮等のマスコミや、その他多くの報道関係者を集って、定期的に懇親会を開催している。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤昇選手が王座獲得、フェザー級に続くスーパーフェザー級の2階級制覇を果たした。試合結果 2010年8月29日
  2. ^ 佐藤昇チャンピオンが、関西から来た最強の挑戦者を相手に8度目の防衛ならず。新松戸高橋ボクシングジム 2016年7月31日
  3. ^ “60億円詐取”「みずほ銀行」元支店長逮捕でも残る「大疑問」週刊新潮 2015年4月2日
  4. ^ みずほ銀行スキャンダルの告発者「金融業・佐藤昇」が語る、数百億円「詐取」元行員の背後関係現代ビジネス 2014年10月9日
  5. ^ 株主総会参考書類みずほフィナンシャルグループ第18期定時株主総会招集ご通知 2020年5月22日
  6. ^ みずほFG株主総会日本経済新聞 2020年6月25日
  7. ^ 元チャンプ「柴田国明」が鳴らす名門ヨネクラジム再興のゴング週刊新潮 2019年6月20日
  8. ^ NPO法人ヨネクラボクシングスクール代表者柴田国明内閣府NPOホームページ
  9. ^ 慰安婦報道をめぐって朝日新聞社が訴えを起こされた3つの集団訴訟に対する裁判所の判断 植村裁判資料室 2018年2月25日
  10. ^ 『週刊報道サイト』佐藤昇氏「朝日新聞を正す会」を結成 政界往来 2015年2月22日
  11. ^ 原告ジレンマ3件の「朝日慰安婦訴訟」 裁判所は「国民の被害なし」と判断するが 産経新聞ニュース 2016年10月8日
  12. ^ 慰安婦報道訴訟、朝日新聞社の勝訴が確定 最高裁 朝日新聞デジタル 2017年10月26日
  13. ^ 朝日新聞記者が慰安婦問題を徹底検証!『朝日新聞の慰安婦報道と裁判』発売 株式会社朝日新聞出版 2020年8月7日
  14. ^ 週刊金曜日平井康嗣主幹&ジャーナリストS(佐藤昇)らと会食高須基仁の百花繚乱独り言 2018年5月18日
  15. ^ 日本一著名な元弁護士!?小林霊光氏の御尊顔敬天新聞社 2019年8月31日
  16. ^ 週刊報道サイトの佐藤昇君敬天新聞社 2017年3月9日
  17. ^ 週刊報道サイト記事⑧敬天新聞社 2018年12月18日
  18. ^ 週刊報道サイト記事⑨敬天新聞社 2018年12月19日
  19. ^ 週刊報道サイト佐藤昇vsアクセスジャーナル山岡俊介敬天新聞社 2015年2月10日
  20. ^ 美人詐欺師に狙われた「ローソン」玉塚氏 甘かったと言われればその通り週刊新潮 2017年4月27日

外部リンク[編集]