ハッチ・エンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッチ・エンタテインメント株式会社
Hatch Entertainment Inc.
種類 株式会社
本社所在地 東京都港区南青山三丁目1番30号
設立 2007年8月23日
業種 情報・通信業
代表者 代表取締役社長 石倉勇一
主要株主 エイベックス・マーケティング株式会社 66%
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社 34%
※設立当初。解散当時はエイベックス・マーケティング株式会社の100%出資。
関係する人物 村田裕作
外部リンク なし(閉鎖)
特記事項:2011年2月1日付でエイベックス・マーケティング株式会社と合併、解散。
テンプレートを表示

ハッチ・エンタテインメント株式会社Hatch Entertainment Inc.)は、かつて存在した日本レコード会社

概要[編集]

エイベックス・グループエイベックス・マーケティング株式会社と西日本電信電話(NTT西日本)グループのNTTスマートコネクト株式会社(NTTSMC)の合弁で2007年8月23日に設立されたインディーズレーベルであり、無論販売もAMIが行っていた(現に規格品番は「HATCH」もしくは「XNHT」から始まる)。略称はHEI

2010年4月より有限会社ミュージーからmuzieを引き継いで運営していたが、同年6月には債務超過に陥ったためエイベックス・グループの経営合理化を図り[1]AMIがNTTSMCの保有するHEIの全株式を取得しAMIの完全子会社となる(設立当初の出資比率は、AMIが66%、NTTSMCが34%)。その後、2011年2月1日にAMIに吸収合併され、解散。その際、後述のLOiDレーベルもAMIないし同じエイベックス・グループのエイベックス・エンタテインメント株式会社(AEI)へ引き継がれずに廃止され、これまでに発売された作品は2011年3月末で全て廃盤となり、1月31日付でダウンロード販売も停止した[2]

LOiD[編集]

LOiD(ロイド)は、HEIのレコードレーベルの1つ。レーベルマネージャーの村田裕作によると、LOiDはHEIの中でも際立って黒字だったという[2]が、前述の通りAMIとAEIのいずれにも引き継がれず廃止された。

この節では、LOiDに関係する人物を挙げる(順不同)。このうち、☆のついた人物は後述の「ピコ萌え!Future8bitシリーズ」にも参加している。

等。

なお2012年3月28日にはLOiDを冠した「しんがー・そんぐ・らいてぃんぐ(LOiD-03)」[3]ビクターエンタテインメントから発売された。

ピコ萌え!Future8bitシリーズ[編集]

ピコ萌え!Future8bitシリーズは、HEIがリリースしていたCDシリーズ。2008年に以下の作品がリリースされた。

  1. ピコ萌え!Future8bitシリーズ1~リアルアイドルアニメソングス~(4月30日
  2. ピコ萌え!Future8bitシリーズ2 -マジカルチップ8bitちゃん-(7月18日
  3. ピコ萌え!Future8bitシリーズ3 8bitで未来旅行(11月27日

以下、参加したアレンジャーやアーティストを挙げる(LOiDにも参加している人物は前述の☆参照、順不同)。

等。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

企業サイトは閉鎖され、LOiD関係のホームページのみ引き続き稼動中。