binyl records

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
binyl records
親会社 エイベックス・エンタテインメント
設立 2006年1月1日
販売元 エイベックス・エンタテインメント
ジャンル ロック
日本の旗 日本

binyl records(ヴァイナル レコーズ)は、エイベックス・エンタテインメントレコードレーベルロック音楽を中心に発売している。また、ヴァイナル レコーズ株式会社は、エイベックス・エンタテインメント株式会社の子会社で、2009年4月1日から2011年9月30日まで同レーベルを運営していた企業である。

略歴[編集]

  • 2005年以前、エイベックス・エンタテインメント株式会社第1制作部第6制作課として活動[1]
  • 2006年1月1日avex内のロック音楽発展のため、エイベックス・エンタテインメント株式会社内に、ロック音楽専用レーベルとしてbinyl records(ヴァイナルレコーズ)を設立[2]MONKEY MAJIKC-999が当レーベルからメジャーデビュー
  • 2007年Jackson vibeが当レーベルに移籍。KATがメジャーデビュー。
  • 2009年4月1日、エイベックス・エンタテインメント株式会社の100%子会社として、ヴァイナル レコーズ株式会社を新設[3]。年末にインディーズレーベル「POPTOP」が設立された。
  • 2011年10月1日、親会社のエイベックス・エンタテインメント株式会社に吸収合併[4]

名称の由来[編集]

アナログ盤を意味する英語のvinyl recordsの、vをbに変更し、avexをa面とした場合の、b面を目指すとの意図で命名された[2]

ヴァイナル レコーズ株式会社[編集]

エイベックス・エンタテインメント株式会社音楽事業本部第1制作部制作第3課の事業(レーベルとしてのbinyl records)を承継すべく、2009年4月1日付で会社分割(新設分割)によりヴァイナル レコーズ株式会社を新設[3]。グループ内での略称はBRI

ロックに限らない様々な分野の音楽を手がけ、さらに、マネジメントも手がけていく予定だった[5]。しかし音楽市場の厳しさから独立法人での事業継続が難しいと判断されたため、2011年10月1日付で親会社のエイベックス・エンタテインメントに合併された。

所属アーティスト[編集]

アーティスト名 読み 所属期間 備考
MONKEY MAJIK モンキーマジック 2006年 - 当レーベル発足当時から、及び2018年現在所属している唯一のアーティスト

かつて所属していたアーティスト[編集]

アーティスト名 読み 所属期間 備考
C-999 シースリーナイン 2006年 - 2008年 当レーベルの発足時に所属した第1号バンド。2009年5月末をもって解散
Jackson vibe ジャクソンヴァイブ 2007年 - 2009年 日系人のミュージシャン・グローバー義和らによるロックバンド。2003年 - 2007年まではEMIミュージック・ジャパンから数年間リリースしていた。
KAT キャット 2007年 - 2009年 2010年4月末をもってエイベックスとの契約を終了、現在はインディーズで活動中
D.W.ニコルズ ディーダブリューニコルズ 2009年 - 2011年 2005年結成の音楽グループ。2011年 - 2013年まで自身のインディーズレーベルにて活動していた。2013年 - 2015年にはEMI Recordsに所属しメジャーに復帰したが、同年以降は2013年まで所属していた自身のインディーズレーベルにて活動を続ける。
blanc. ブラン 2009年 MONKEY MAJIKのMaynard Plant(メイナード・プラント)のソロプロジェクト
DUFF ダフ 2013年 京都出身のダンス・ミクスチャーロックバンド。2009年から2012年までは同社の別レーベルであるcutting edge所属。2013年に本レーベルにてリリースした1stアルバムをもって契約が終了し、以降はインディーズで活動。
遠藤舞 えんどうまい 2013年 - 2017年 アイドリング!!!のメンバー。2017年末に芸能界引退したため、そのまま契約も終了。
Chemical Volume ケミカル ボリューム 2015年 - 2016年 2016年よりインディーズにて活動[6]
GIRLFRIEND ガールフレンド 2016年 メインレーベルであるavex traxに移籍。
大阪☆春夏秋冬 おおさか しゅんかしゅうとう 2017年 メインレーベルであるavex traxに移籍。

マネージメント[編集]

アーティスト名 読み 所属期間 備考
today is the day トゥデイイズザデイ 2011年 - 2012年頃 POPTOP

その他[編集]

他のレーベルとの共同で発売されたアーティスト

アーティスト名 読み 所属期間 備考
LOVE 9 Floor ラブナインフロア 2012年 POPTOP
From dusk as may フロムダスクアズメイ 2012年 POPTOP
DUB STRUCTURE #9 ダブストラクチャーナンバーナイン 2012年 dive in! disc
秘密ロッカー ひみつロッカー 2013年 POPTOP
MY WAY MY LOVE マイウェイマイラヴ 2013年 dive in! disc
荒井岳史 あらいたけし 2016年 KATSUSA PLANNING。the band apartメンバーのソロ

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2010年07月14日 MURASAKI SPORTS ムラスポ music life VOL.1 AVCH-78017
  1. Beautiful Days / May J. [5:15]
  2. Sing all night / KAT [3:35]
  3. Drivin' Start / twenty4-7 [4:16]
  4. 紅空 / lecca [4:06]
  5. SEASON CHANGES feat.MEGARYU / JAMOSA feat.MEGARYU [3:45]
  6. きずな feat.MEGARYU / PANG feat.MEGARYU [5:54]
  7. 空はまるで / MONKEY MAJIK [3:48]
  8. Strange Garden / Caravan [4:10]
  9. haleiwa / D.W.ニコルズ [2:42]
  10. Life is wonderful (album version) / Rickie-G [4:45]
  11. MUSIC ZONE / RYO the SKYWALKER & Rickie-G [4:54]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ binyl recordsスタッフブログ 2005年4月28日 記事”. 2009年2月27日閲覧。
  2. ^ a b binyl recordsスタッフブログ 2006年1月1日 記事”. 2009年2月27日閲覧。
  3. ^ a b エイベックス・グループ・ホールディングス(株). “IRニュース(PDF)”. 2010年5月12日閲覧。
  4. ^ 連結子会社による連結孫会社の合併に関するお知らせエイベックス・グループ・ホールディングスプレスリリース2011年8月14日
  5. ^ binyl recordsスタッフブログ 2009年1月26日 記事”. 2009年2月27日閲覧。
  6. ^ 所属事務所はインディーズ移行以後もエイベックス系列のエイベックス・マネジメント。