火花 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
火花
著者 又吉直樹
イラスト 西川美穂(表紙)
発行日 2015年3月11日
発行元 文藝春秋
ジャンル 純文学
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製カバー装
ページ数 152
公式サイト 火花 特設サイト
コード ISBN 978-4-16-390230-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

火花』(ひばな)は、お笑いタレント又吉直樹が書いた初の中編小説

概要[編集]

初出は『文學界2015年2月号(文藝春秋)。掲載時より現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷されるヒットとなったほか、第28回三島由紀夫賞候補作[1]、第153回芥川龍之介賞受賞作。

2016年Netflix吉本興業によってネット配信ドラマとして映像化され[2]、翌2017年にはNHK総合にて、前年にNetflixにてネット配信されたものの再編集版が放送開始(後述)。

2017年2月14日板尾創路監督により映画化されることが発表された。同年11月に公開予定[3](後述)。

出版の経緯[編集]

文藝春秋発行の『別册文藝春秋』編集者であった浅井茉莉子が2011年に、プライベートで文学フリマを訪れていた又吉と出会ったことで小説を依頼するようになり、短編小説を2作発表。浅井が2013年に『文學界』編集部へ異動したのに伴い新作の執筆を依頼し[4]、2015年2月号に掲載された[5]。発売前から「タレントが純文学作品で主要文芸誌デビュー」と話題になっていたが[6]、発売初日の1月7日インターネット各書店では軒並み品切れ状態となり、8日に7000部、9日にはさらに2万3000部の再増刷が決定し[7]、累計は4万部に達した[8]。『文學界』の増刷は1933年の創刊以来、資料に残る範囲で初めての増刷である[9]

2015年3月11日に同社から単行本として発刊された[10]。装画は西川美穂で、彼女の2011年の絵画作品『イマスカ』が又吉自身の即決により採用された[11]。装丁は大久保明子。

2015年8月時点で、単行本の累計発行部数は239万部を突破した[12]村上龍の『限りなく透明に近いブルー』を抜き、芥川賞受賞作品として歴代第1位[13]、文藝春秋刊行物として歴代第2位の単行本部数となった[14]。また、電子書籍版は10万ダウンロードを突破し、文藝春秋刊行物として歴代第1位となった[15]。2017年2月時点では、累計発行部数は単行本が253万部、文庫本が30万部[16]

芥川賞受賞作2作品を全文掲載し、受賞者インタビューや選考委員の選評も掲載される『文藝春秋』9月特別号(8月7日発売)は110万3000部と「異例」の発行部数となった[17][18]。同誌の歴代第2位の記録となる(第1位は、綿矢りさ蹴りたい背中』、金原ひとみ蛇にピアス』の掲載された2004年3月号の118万5000部)[19]

2015年8月21日に芥川賞贈呈式が開催され、又吉はあいさつで、執筆活動と芸人の両立について「どっちが上ではなく両方必要」と述べた[20]

又吉は、出身校の関大北陽高校(大阪市)のサッカー部に、芥川賞の賞金100万円で製作したユニホームを寄贈した[21]

2016年6月3日、台湾の出版社の三采文化(さんさいぶんか)社より、台湾での翻訳版の発売が開始[22]

あらすじ[編集]

売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。

登場人物[編集]

徳永(とくなが)
本作の主人公。お笑いコンビ・スパークスのメンバー。熱海の花火大会で、神谷と出会い、弟子入りを志願する。
神谷(かみや)
お笑いコンビ・あほんだらのメンバー。天才肌で奇抜な発想を持ちながら、人間味に溢れているが、人付き合いが悪いため、他の芸人の間では悪名高い。
山下(やました)
徳永の相方。徳永とは、中学時代からの友人。
大林(おおばやし)
神谷の相方。喧嘩っ早く、かつては地元で不良と恐れられ、徳永が住む隣町でも有名な存在で、神谷共々芸人の間で悪名高いが、情に篤い。
真樹(まき)
神谷と同棲している女性。徳永からは、恋人だと思われていたが神谷は否定している。

夢路いとし・喜味こいしの漫才との類似[編集]

本作には主人公の徳永と神谷が鍋をめぐって会話するシーンがあるが[23]、その内容が夢路いとし・喜味こいしの漫才「ジンギスカン料理」に酷似していると指摘されている。

友人からこの話を聞いた編集者元木昌彦は、こいしらが編纂した書籍[24]に収録された「ジンギスカン料理」を確認しネタ元であると判断し、この件を記事としてインターネット上で公表したため[25]、広く知られるようになった。なお、元木は『火花』の中で大師匠の訃報が報じられるシーンがあることに着目し、これは2011年に亡くなった喜味こいしのことを指しており、オマージュであった可能性もあると指摘している[26]。しかし、仮にオマージュであったとしても、巻末などでいとし・こいしの漫才を元ネタにしたと明かすべきだと元木は主張し、出典を明記すべきと指摘している[26]

雑誌『サイゾー』は、『火花』の発行元である文藝春秋に対して質問状を送付し、又吉がいとし・こいしのネタを知っていたのか、知っていたなら当該ネタを使用した意図は何か、本件について文藝春秋としてどう考えているかを質している[26]。これに対し、文藝春秋の法務・広報部は「この記述は、この場面の直前に『大師匠の訃報』とありますように、先輩芸人であるいとしこいし師匠に敬意を表して書かれたものです」[26]と回答しており、いとし・こいしを念頭においた記述だったことを認めている。

評価[編集]

受賞[編集]

ドラマ[編集]

2015年8月27日、有料動画配信のNetflixと吉本興業によって映像化されることが明らかになる[2]

同年11月上旬にクランクイン。全10話のドラマとなり、2016年春から、Netflixにて全10話一挙配信された[29]。2017年2月26日からNHK総合にて、Netflixで配信されたものを約45分(最終回のみ50分)に再編集して放送開始予定[30]

キャスト(ドラマ)[編集]

徳永 太歩
演 - 林遣都 [31]
お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当。
神谷 才蔵
演 - 波岡一喜[31]
お笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当。徳永の先輩芸人。
山下 真人
演 - 好井まさお井下好井[32]
お笑いコンビ「スパークス」のツッコミ担当。
大林 和也
演 - 村田秀亮とろサーモン[32]
お笑いコンビ「あほんだら」のツッコミ担当。
宮野 真樹
演 - 門脇麦[31]
神谷の同居人
日向 征太郎
演 - 田口トモロヲ[33]
スパークスが所属する芸能事務所・日向企画の社長。
緒方 健治
演 - 染谷将太[33]
日向企画の社員。お笑い担当。
西田 英利香
演 - 菜葉菜 [31]
日向企画の社員。
ロクさん
演 - 渡辺哲[31]
徳永と同じアパートの住人。
小野寺
演 - 渡辺大知[31]
徳永と同じアパートの住人。
あゆみ
演 - 徳永えり[31]
徳永の元バイト仲間。現在は美容師。
望月
演 - 温水洋一[31][34]
徳永のバイト先のコンビニ店長。
恩田
演 - 宮崎吐夢[31]
徳永の新しいバイト先の店長。
渡辺
演 - 小林薫[33]
武蔵野珈琲店の店主。
百合枝
演 - 高橋メアリージュン[31]
山下の恋人。
笹本 英樹
演 - 忍成修吾[31]
テレビ局ディレクター。
里島 誠
演 - 村杉蝉之介[31]
テレビ局ディレクター。
熱海のイベント主催者
演 - 山本浩司[31]
熱海の居酒屋の店員
演 - 山本彩NMB48[33]
焼き鳥屋の店員
演 - 武田梨奈[31]
合コン相手
演 - 今井華島袋聖南[31]

スタッフ(ドラマ)[編集]

NHK 日曜23時台ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
火花
-

映画[編集]

火花
監督 板尾創路
脚本 板尾創路
豊田利晃
原作 又吉直樹「火花」
出演者 菅田将暉
桐谷健太
木村文乃
川谷修士
三浦誠己
配給 東宝
公開 日本の旗 2017年11月予定
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2017年11月公開予定。監督は板尾創路[注 1]、脚本は板尾創路と豊田利晃、主演は菅田将暉桐谷健太のダブル主演[3]

同年3月12日にクランクイン[39][40]

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

漫画[編集]

  • 漫画『火花』(漫画:武富健治 原作:又吉直樹)
週刊ビッグコミックスピリッツ』にて2016年53号から連載[41]

CD[編集]

  • 朗読CD『火花』(2015年11月11日発売、文藝春秋)
朗読は堤真一が担当[42]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドラマ版では脚本協力(全体的な構成、芸人についての監修)として参加している[38]
  2. ^ ドラマ版ではネタ見せオーディションの審査員(構成作家)役で出演している。

出典[編集]

  1. ^ a b “ピース又吉さんの「火花」、三島由紀夫賞の候補に”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年4月22日). オリジナル2015年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150720053735/http://www.asahi.com/articles/ASH4Q4VH8H4QUCVL00P.html 2017年3月21日閲覧。 
  2. ^ a b 又吉の『火花』初映像化で世界へ “動画配信の黒船”Netflixで来年独占配信”. ORICON STYLE (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  3. ^ a b “「火花」、今度は菅田将暉&桐谷健太主演で映画化!”. シネマトゥデイ. (2017年2月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089612 2017年3月17日閲覧。 
  4. ^ 「作家・又吉」担当編集・浅井茉莉子さん「純文学は活性化した」
  5. ^ 文藝春秋|雑誌|文學界_1502
  6. ^ “お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん 初の純文学で文芸誌デビュー”. 産経ニュース. (2015年1月5日). http://www.sankei.com/life/news/150105/lif1501050004-n1.html 2015年4月23日閲覧。 
  7. ^ ピース又吉『火花』発売即日重版で25万部に 売上が想定大幅超”. ORICON STYLE (2015年3月11日). 2015年4月23日閲覧。
  8. ^ ピース又吉の小説効果で大増刷……「文學界」が史上最高の累計4万部に”. RBB TODAY (2015年1月9日). 2015年4月23日閲覧。
  9. ^ 「ボケるの忘れてました」ピース又吉”小説効果”『文學界』83年の歴史上初の増刷決定!”. ダ・ヴィンチニュース (2015年1月8日). 2015年4月23日閲覧。
  10. ^ 単行本 火花 又吉直樹
  11. ^ “ピース又吉、小説『火花』が異例の初版15万部”. ORICON STYLE. (2015年2月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2048478/full/ 2015年7月18日閲覧。 
  12. ^ 〈速報〉又吉「火花」239万部「増刷になってビックリ」.朝日新聞(2015年8月21日).2015年8月27日閲覧。
  13. ^ 又吉さんの「火花」 発行部数209万部に.NHK NEWS(2015年8月5日).2015年8月5日閲覧。
  14. ^ 又吉直樹さんの小説「火花」、200万部を突破.朝日新聞(2015年8月4日).2015年8月4日閲覧。
  15. ^ 又吉直樹『火花』 電子書籍で10万ダウンロードを突破!.読売新聞(2015年8月19日).2015年8月19日閲覧。
  16. ^ 又吉先生待望の第2作 恋愛小説「劇場」来月7日に発表中日スポーツ、2017年2月13日。
  17. ^ 芥川賞受賞作全文掲載の文芸春秋 異例の92・3万部発行 - スポニチ 芸能”. Sponichi Annex (2015年8月6日). 2015年8月6日閲覧。
  18. ^ 〈速報〉「火花」掲載「文芸春秋」が110万3000部発行”. 朝日新聞 (2015年8月24日). 2015年8月27日閲覧。
  19. ^ 「火花」全文掲載の「文藝春秋」が100万部超え、歴代2位に”. Sponichi Annex (2015年8月10日). 2015年8月10日閲覧。
  20. ^ ピース又吉、お笑いと作家「両方必要」”. ORICON STYLE (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  21. ^ “ピース又吉、母校にサッカーユニ寄贈 芥川賞の賞金100万円で :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151016-OHT1T50229.html 2015年10月17日閲覧。 
  22. ^ “又吉直樹『火花』台湾で発売へ 初版は異例の2万部”. ORICON STYLE. (2016年5月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2072373/full/ 2016年5月27日閲覧。 
  23. ^ 又吉直樹『火花』文藝春秋2015年、57-59頁。
  24. ^ 喜味こいし戸田学編『いとしこいし漫才の世界』岩波書店2004年
  25. ^ 編集部「パクリかオマージュか? 『火花』が“拝借”した大物漫才師のネタ部分」『サイゾー』15巻10号、サイゾー、2015年10月1日、14頁。
  26. ^ a b c d 編集部「パクリかオマージュか? 『火花』が“拝借”した大物漫才師のネタ部分」『サイゾー』15巻10号、サイゾー、2015年10月1日、14頁。
  27. ^ DIMEトレンド大賞:2015年は「インバウンド」 外国人旅行客が経済効果”. 毎日新聞 (2015年11月11日). 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月21日閲覧。
  28. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  29. ^ “ピース又吉原作の「火花」に林遣都、波岡一喜、門脇麦が出演、配信は2016年春”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年10月19日). http://natalie.mu/eiga/news/163280 2015年10月19日閲覧。 
  30. ^ ネット発ドラマ「火花」、NHKが放送へ 異例の対応 朝日新聞 2017年1月17日発行、同日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 今田、千鳥、サルゴリラ、向井ら芸人多数登場、ドラマ「火花」追加キャスト”. お笑いナタリー (2016年3月1日). 2016年3月2日閲覧。
  32. ^ a b “「火花」徳永と神谷の相棒役 それぞれ現役芸人が演じる”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/22/kiji/K20151222011729290.html 2015年12月22日閲覧。 
  33. ^ a b c d “染谷将太「火花」に志願出演 さや姉は標準語での演技に奮闘”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/22/kiji/K20151222011729280.html 2015年12月22日閲覧。 
  34. ^ ドラマ『火花』クランクアップ 今田耕司ら追加キャスト発表”. ORICON STYLE (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  35. ^ “日本発Netflixドラマ「火花」がドイツで上映!果たして観客の反応は?”. 映画.com. (2016年5月31日). http://eiga.com/news/20160531/2/ 2016年6月1日閲覧。 
  36. ^ “又吉直樹原作「火花」ドラマ主題歌をOKAMOTO'Sが書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/music/news/182466 2016年4月6日閲覧。 
  37. ^ “スパチョコが西内まりや、YU-Aと火花コラボ新曲”. 日刊スポーツ. (2016年4月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1633969.html 2016年4月19日閲覧。 
  38. ^ “ピース又吉が芥川賞を獲得した「火花」はいかにして映像化されたのか......廣木総監督が語る/<視線の先>インタビュー”. トレンドニュース. (2016年6月2日). https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/443247/ 2017年3月17日閲覧。 
  39. ^ “又吉の「火花」が映画化 菅田&桐谷W主演 11月に公開”. 東京中日スポーツ. (2017年2月14日). オリジナル2017年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170215021056/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017021402000145.html 2017年3月17日閲覧。 
  40. ^ itao_itsujiのツイート (840980127123087360)
  41. ^ “又吉直樹『火花』が漫画化 『鈴木先生』武富健治氏が担当”. ORICON NEWS. (2016年11月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2081698/full/ 2017年2月15日閲覧。 
  42. ^ 堤真一が朗読で『火花』CD化 又吉「いい声ですね」”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]