オンライン書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オンライン書店とは、インターネット上にある書店である。ネット書店とも呼ばれる。

概要[編集]

本を買うにはタイトル・著者・ISBN等で検索をしてから買いたいものを選び、買うこと本を確定させてから住所電話番号メールアドレスを入力して最後に決済をすることが多い。メールによって出荷・到着日時を知らせてくれることがある。書店にアクセスするとおすすめを表示されている場合がある。利用には会員登録を必要とする事が多い。

メリットは利用者からすると本を沢山買っても玄関まで運んでくれるので重たい本を家まで運ばなくて済む、クレジットカードを使える場合には決済が短時間で済む、近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる点が上げられる。

書店(事業者)からすれば実際の店舗が無くても良いので対面での接客をしなくて良い・通信と輸送手段があればどこでも開業できる(実際の店舗を設けるとなれば人通りの少ないところでは難がある)・窃盗の心配がない、在庫を大量に抱えなくても出版社や卸から取り寄せればよいと言った点を上げられる。

実際には店舗を持ちつつオンラインでの注文も受けることもある。この場合にはネット利用者(検索機能を利用することからニッチなニーズであることも)を取り込める・在庫になっている本を買ってもらえると行った点がメリットになる。

日本国内の主なオンライン書店[編集]

電子書籍ストア併業型[編集]

古書店[編集]

かつて存在した日本国内のオンライン書店[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]