出雲 (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンライズ出雲
伯備線を走行する「サンライズ出雲」(備中川面駅 - 方谷駅間 2009年5月3日)
伯備線を走行する「サンライズ出雲」
備中川面駅 - 方谷駅間 2009年5月3日)
運行事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
東海旅客鉄道(JR東海)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 寝台特別急行列車
運行区間 東京駅 - 岡山駅 - 出雲市駅
経由線区 東海道本線山陽本線伯備線山陰本線
使用車両
(所属区所)
285系電車(JR西日本後藤総合車両所出雲支所・JR東海大垣車両区
運行開始日 1998年平成10年)7月10日

サンライズ出雲(サンライズいずも)は、東京駅 - 出雲市駅間を、東海道本線山陽本線伯備線山陰本線を経由して運行している寝台特別急行列車である。

本項では「サンライズ出雲」の母体となった列車で、主に東京駅 - 出雲市駅・浜田駅間を東海道本線・山陰本線経由で運行していた寝台特急「出雲」(いずも)、および首都圏山陰地方を結んでいた優等列車についても記述する。

概要[編集]

「サンライズ出雲」は、1998年7月にそれまで14系客車(いわゆるブルートレイン)によって運転されていた寝台特急「出雲」2・3号を、新たに製造した285系電車に置き換える形で運転を開始した。「出雲」2・3号時代は全区間単独運転であったが、東京駅 - 岡山駅間は同じく寝台特急「瀬戸」から置き換えられた「サンライズ瀬戸」とともに併結運転されるようになった。

「サンライズ瀬戸」運転開始後も2006年3月17日(始発駅発車日)までは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両で運行する「出雲」(旧1・4号。鳥取駅経由)がもう1系統として継続して運転されていたが、利用客が低迷し車両の老朽化も進んだため、同日をもって廃止された。鳥取県は廃止に対し、県庁所在地である鳥取駅から東京駅へ直通する列車の消滅を理由に最後まで反対した(ウィキニュースの記事も参照)。現在、鳥取県内で寝台列車が停車するのは、唯一「サンライズ出雲」の米子駅のみとなっている。

2009年3月14日のダイヤ改正により東京駅発着の客車寝台特急(ブルートレイン)が全廃されたため、「サンライズ瀬戸」とあわせて唯一の東京駅発着、大阪駅以西を運転する寝台列車(寝台特急)となっている。

2013年現在、JR在来線の定期旅客列車としては「北斗星」に次いで運行距離が長く、東京駅発着列車の中では最長である。

列車名の由来[編集]

愛称は、島根県東部の旧国名である「出雲国」に由来する。2往復のうち1往復を285系電車で置き換えた際、イメージの刷新に加え、客車列車のまま存置されたもう1往復との区別の意味も含め、置き換えた列車に同形式の愛称である「サンライズエクスプレス」の一部を冠することとなった。

運行概況[編集]

東海道本線を走行する「サンライズ瀬戸・出雲」

伯備線を介して首都圏と岡山県鳥取県西部・島根県東部を結ぶ役割を担っており、東京駅 - 出雲市駅間で約12時間をかけ毎日1往復運転されている。東京駅 - 岡山駅間は「サンライズ瀬戸」と併結運転される。

列車番号は区間により異なり、東京駅 - 岡山駅間は併結相手の「サンライズ瀬戸」に合わせて下りが5031M、上りが5032Mであるが、岡山駅 - 出雲市駅間は下りが4031M、上りが4032Mとなっている。

停車駅[編集]

東京駅 - 横浜駅 - 熱海駅 - 沼津駅 - 富士駅 - 静岡駅 - (浜松駅) - 〔大阪駅〕 - 〔三ノ宮駅〕 - 姫路駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 新見駅 - 米子駅 - 安来駅 - 松江駅 - 宍道駅 - 出雲市駅

使用車両・編成[編集]

1998年7月10日からの編成図
PJRPJRNC
サンライズ瀬戸・サンライズ出雲
← 出雲市・高松
松山・東京 →
号車 1 2 3 4 5 6 7
座席
種類
BS   BS   A1   BS   BS
B1/2 B1C B1 L B2 BS B1/2 B1/2
下り サンライズ瀬戸
上り サンライズ出雲
8 9 10 11 12 13 14 号車
BS   BS   A1   BS   BS 座席
種類
B1/2 B1C B1 L B2 BS B1/2 B1/2
サンライズ出雲 下り
サンライズ瀬戸 上り
凡例
A1=1人用A個室寝台「シングルデラックス」
B1=1人用B個室寝台「ソロ」(一階式)
BS=1人用B個室寝台「シングル」(二階式・一部車端部)
B1/2=1 - 2人用B個室寝台「シングルツイン」(車端部)
B1C=1 - 2人用B個室寝台「シングルツイン」バリアフリー対応(車端部)
B2=2人用B個室寝台「サンライズツイン」
指=普通車座席指定席「ノビノビ座席」(簡易寝台・座席車扱い)
L=ミニロビーシャワー室・自動販売機付)

JR西日本の後藤総合車両所および、JR東海の大垣車両区所属の285系電車を使用している。7両編成で個室A寝台シングルデラックス」、個室B寝台「サンライズツイン」「シングルツイン」「シングル」「ソロ」、普通車指定席「ノビノビ座席」で組成されている。また、3号車と10号車にはミニサロンが設けられている。

東京駅 - 岡山駅間は「サンライズ出雲」と「サンライズ瀬戸」を併結して岡山駅で増解結を行うため、車両の運用は一巡するように組まれており、「サンライズ出雲」東京行→「サンライズ瀬戸」高松行→「サンライズ瀬戸」東京行→「サンライズ出雲」出雲市行の順に運用されている。この運用形態は1994年 - 1999年までの「さくら」、2005年 - 2009年までの「はやぶさ」「富士」で見られた。

シャワー室は、3号車・4号車・10号車・11号車にあり、シャワーカードにより6分間利用することができる。このうち、4号車・11号車は個室A寝台利用客専用となっている。個室A寝台利用客は車掌から配布されるシャワーカードで利用できるが、個室B寝台・ノビノビ座席利用客は、車掌から310円のシャワーカードを購入する必要がある。また、タオルと歯ブラシのアメニティセットも200円で車掌から購入することができる。

ノビノビ座席の様子


利用状況と競合交通機関[編集]

首都圏と山陰地方を往来する乗客が大半を占める。それ以外の利用として、同列車は岡山駅 - 出雲市駅間の特急「やくも」より下りは早く、上りは遅い時間に運行されるため、岡山駅や倉敷駅を発着地として「ノビノビ座席」を利用する乗客もいる。

下りは岡山駅で山陽新幹線みずほ」(鹿児島中央行き)に乗り継ぐことで福岡県佐賀県熊本県鹿児島県には午前中到着が可能であり、さらに小倉駅九州新幹線停車駅での乗り換えにより、大分県宮崎県長崎県にも早くて午前中に到着可能である。上りも夕方に九州方面から逆ルートで九州・山陽新幹線「さくら」を利用し岡山駅で乗り換えると、翌早朝には静岡駅 - 東京駅に到着でき利便性が高い。平均乗車率は2008年時点で69%となっており[1]、運行後期の乗車率が不振で廃止となった「銀河(2007年12月時点30 - 40%[2])」、「あさかぜ(後期20[3] - 30%程度[4])」、「はやぶさ富士(2007年度平均約20%[5])」と比べ安定した乗車率を維持している。特に金曜日の平均乗車率は高く、2003年には86%あったが、島根県の観光プロモーション等の影響により2012年には99%に達している[6]

また、上りは三ノ宮駅と大阪駅を午前0時台に発車することから、京阪神圏から東京方面への最終列車としての役割も担う。東海道新幹線の始発列車よりも約1時間早く東京駅へ到着できることもあり、「ノビノビ座席」を中心に両駅からの乗車客も一定数存在する。2008年3月15日のダイヤ改正で寝台急行「銀河」が廃止されたため、唯一大阪駅から乗車可能な東京行き夜行列車となった。

首都圏と山陰地方を結ぶ交通機関は、羽田空港鳥取米子出雲石見の各空港を結ぶ航空路線の他に、高速バスのキャメル号(東京 - 鳥取・倉吉・米子)、スサノオ号(東京 - 松江・出雲市)、いわみエクスプレス(東京 - 浜田・益田・津和野)が運転されている。

2006年に廃止された「出雲」に代わる首都圏と鳥取県東部を結ぶ役割を担う列車として、「サンライズ瀬戸・出雲」の停車駅に上郡駅を追加し、同駅で特急「スーパーいなば」91・92号(サンライズリレー号)との接続が考慮された[7]。東京駅 - 鳥取駅間の走行距離は「出雲」は743.9kmであったのに対し、「サンライズ瀬戸・出雲」と「スーパーいなば」91・92号(サンライズリレー号)との乗継ぎの場合は767.1kmと約20km長くなったが、「スーパーいなば」は高速運転が可能な智頭急行線を経由するため、逆に所要時間は約1時間短縮されている。なお、2010年3月からは岡山駅で「スーパーいなば」1・12号と接続するダイヤに変更されたため、上郡駅は通過するダイヤに戻された(いずれの接続でも特急券乗り継ぎ料金制度や乗車制度の特例はない、また、岡山駅乗り換えの場合は、上郡~岡山間が重複乗車となるため、岡山駅を境界駅として別々に乗車券を購入する必要がある)。

一方で、京都府北部地域や兵庫県北部地域では「出雲」の代替列車および、「サンライズ瀬戸・出雲」と接続する列車は設定されなかったため、同地域と首都圏との鉄道連絡は東海道新幹線との乗り換えを介した昼行特急網(「こうのとり」「はまかぜ」など)が担うことになった。

個室中心の編成のため、女性客でも安心して利用できる。近年出雲大社へ縁結びの祈願に行く若い女性の利用が多い。

首都圏対山陰地方優等列車概略[編集]

出雲[編集]

出雲
「出雲」1号(岡山駅 ※1993年~1995年の山陰本線高速化に伴う迂回運転のため)
「出雲」1号(岡山駅 ※1993年~1995年の山陰本線高速化に伴う迂回運転のため)
運行事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
東海旅客鉄道(JR東海)
列車種別 寝台特急列車
運行区間 東京駅 - 福知山駅 - 出雲市駅
経由線区 東海道本線山陰本線
使用車両
(所属区所)
DD51形EF65形電気機関車24系25形客車
運行開始日 1928年12月(大阪駅~大社駅間)・1972年3月(東京~出雲市)
運行終了日 2006年3月18日
「出雲」ヘッドマーク

「出雲」は、1928年12月に大阪駅 - 浜田駅米子駅間(福知山線・山陰本線経由)で運転していた準急列車(料金不要、戦後の快速列車に相当)がそのルーツで、1935年3月に急行列車に格上げして出雲今市駅(現在の出雲市駅)から大社線に直通し、大阪駅 - 大社駅間を運転していた。

1943年には太平洋戦争の激化に伴い廃止されたが、1947年に準急として復活、1951年には再び急行に格上げして「いずも」の列車名が与えられ、編成の一部が大阪駅から東京駅 - 宇野駅間を運転する急行「せと」に併結されて東京駅まで直通した。また、大阪駅から浜田駅発着編成の連結も行われるようになったが、出雲市駅 - 浜田駅間は快速列車として運転していた。

1956年には「いずも」から漢字の「出雲」に改称のうえ急行「せと」との併結を取りやめ、東京駅 - 大社駅間を単独運転するようになった。1961年10月から京都駅 - 福知山駅間を山陰本線経由に変更し、従来の京阪神山陰地方を結ぶ列車の役割を捨て、東京と山陰地方を結ぶ列車としての性格を強めはじめ、1972年3月には特急列車化され東京駅 - 浜田駅間を運転していた。

1975年3月には、急行「銀河」を格上げして運転系統を整理し、東京駅 - 米子駅間で特急「いなば」の運転を開始したが、3年後の1978年10月には出雲市駅発着に変更のうえ「出雲」に統合し、この時から「出雲」は2往復体制で運転するようになった。

1998年7月からは、1往復に285系を投入して電車化を行い「サンライズ出雲」として伯備線経由で運転開始。残りの1往復は引き続き山陰本線経由で運転していたが、2006年3月に車両の老朽化や利用客の減少などの理由により「出雲」が廃止された。

2006年3月廃止時点では、停車駅・車両性能・経由線区の違いから、東京駅先発の「出雲」が後発の「サンライズ出雲」より後に終点の出雲市駅に到着する、つまり「出雲」は途中で「サンライズ出雲」に追い越されるというもので、上り列車の場合は先発の「出雲」が後発の「サンライズ出雲」より30分近く先に東京駅に到着していた。列車番号は、下りが3列車、上りが4列車であった。ただし、3月17日の最終列車のみ臨時列車扱いとしたため、下りは9003列車、上りは9004列車であった。ダイヤが乱れた場合、下り列車は京都駅 - 福知山駅間は福知山線経由での迂回運転していたこともあった。この時は綾部駅を経由せず、福知山駅以西で大幅に遅れて到着した。

「出雲」の廃止により東京駅を発着する単独運転の寝台特急列車、定期列車から食堂車オシ24形の運用、EF65形電気機関車の寝台特急の牽引が消滅した。

停車駅[編集]

東京駅 - 横浜駅 - 沼津駅 - 静岡駅 - (浜松駅) - 京都駅 - 綾部駅 - 福知山駅 - 豊岡駅 - 城崎温泉駅 - 香住駅 - 浜坂駅 - 鳥取駅 - 倉吉駅 - 米子駅 - 安来駅 - 松江駅 - 宍道駅 - 出雲市駅


使用車両・編成[編集]

廃止直前の「出雲」
← 出雲市
東京 →
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
EGC A1 B B B D B B B B B B
  • 9 - 11号車は多客期のみ東京駅 - 米子駅間で連結。
凡例
A1=1人用個室A寝台「シングルデラックス」
B=開放式B寝台
D=フリースペース
EG/C=電源車

運転末期の客車は、JR東日本の尾久車両センター所属田町車両センター常駐の24系25形客車が使用され、電源車を含む9両編成で運転していた。なお、多客期は東京駅 - 米子駅間に3両を増結していた。客車は個室A寝台「シングルデラックス」(この車両のみ金帯化はされていない)・開放式B寝台・「フリースペース」で組成されており、「フリースペース」については営業休止となった食堂車が使用されていた。

牽引機関車は、東京駅 - 京都駅間をJR東日本の田端運転所所属のEF65形1000番台で、京都駅で機関車の付け替えを行い、京都駅 - 出雲市駅間はJR西日本の後藤総合車両所所属のDD51形であった。ただし、DD51形の車両基地が米子駅(後藤総合車両所)にあるため、下り列車は機関車付け替えを行わずに京都駅 - 出雲市駅間を連続してDD51形が牽引しており、上り列車の米子駅で機関車付け替えを行った。

使用車両の変遷[編集]

1972年3月に「出雲」が特急化された時は20系客車を使用し、東京駅 - 京都駅間がEF65形、京都駅 - 浜田駅間は当時山陰本線の主力機関車だったDD54形が牽引していたが、DD54形の故障が続発し問題となったため、1974年度中にDD51形に変更された。

1975年に24系客車が投入されたものの、翌年1976年には24系25形化された。このとき初めて1人用個室A寝台も同時に連結を行なった。当時の「出雲」は国鉄有数の寝台券の入手が困難な人気列車として知られており、B寝台車が3段式の24系から2段式の24系25形への変更による定員減でそれが更に強調される結果となった。1978年10月に「いなば」を米子駅 - 出雲市駅間延長により「出雲」2・3号に改称し、従来の「出雲」は「出雲」1・4号に変更された。

なお、1人用個室A寝台には1986年より「シングルデラックス(DX)」と命名され、JR分社化以降2・3号にも連結された。

編成の変遷
「出雲」2・3号
← 出雲市
東京 →
1984年時点
1 2 3 4 5 6 7 8
B A B B B B B B
  • B寝台は1984年2月1日の時点では3段式寝台であったが、1984年中に2段式に改造された。
凡例
A=開放式A寝台
B=開放式B寝台
1991年時点
1 2 3 4 5 6 7 8
B A1 B1/2 3B B B B B
凡例
A1=1人用個室A寝台「シングルデラックス」
B=2段式開放B寝台
B1/2=1人用B寝台個室「シングルツイン」・2人用B寝台個室「ツイン」合造車
3B=3段式開放B寝台

「出雲」2・3号には「いなば」の14系客車を引き続き使用した。国鉄分割民営化に際し、「出雲」2・3号用14系客車は品川運転所からJR西日本後藤車両所(現在の後藤総合車両所)に転出している。

その後、1991年3月に「出雲」2・3号にB寝台個室は1人用B寝台個室「シングルツイン」、2人用B寝台個室「ツイン」を連結し、A寝台は開放式から1人用A寝台個室「シングルDX」へ変更した。なお、「シングルDX」は従来より連結していた「出雲」1・4号とは異なり、同時期に連結を開始した「あさかぜ」2・3号および「瀬戸」に準じた室内を持つ車両とした。また、「シングルツイン」、「ツイン」は「トワイライトエクスプレス」に準じた室内を持ち、従前のB寝台個室「ソロ」・「デュエット」とは異なる料金を必要とした。

食堂車について[編集]

1935年に列車名のない急行列車として運転を開始した時には和食堂車を連結していたが、1978年1月に「あさかぜ」1・4号(いわゆる「博多あさかぜ」)の24系25形化に伴い、食堂車の運用を捻出するため、食堂車は浜田駅までの基本編成から出雲市駅までの付属編成へと変更された。この措置は共通運用の「富士」「はやぶさ」についても同様に行われた。

この当時、食堂車については増備を行わない方針であったため、運行時間が丸一日となる「富士」「はやぶさ」の食堂車を途中折り返しとすることで東京駅に戻る日を一日早めることができた。「出雲」は運行時間から言えば変更によるメリットはなかったが、「富士」「はやぶさ」との共通運用である側杖を被った格好であった。

また、「いなば」→「出雲」2・3号については、1975年の「いなば」運行当初より連結されていたものの、運行時間から営業を行っておらず、1984年の「紀伊」廃止に伴う「出雲」2・3号単独運転以降連結を廃止した。

運用上の例外[編集]

なお、山陰本線の電化工事により「出雲」1号が伯備線経由で迂回運転時はDD51形が岡山駅 → 米子駅間を重連で牽引しており、米子駅 → 岡山駅間DD51形を重連で回送されていた。この迂回運転は下り1号のみであり、「出雲」4号は通常通り山陰本線経由で京都駅まで牽引し、その牽引してきたDD51形を所属基地の米子駅まで回送するため、「出雲」3号も京都駅 → 米子駅間を重連で牽引していた。

また、1987年から翌1988年にかけての一時期、出雲市行きの「出雲」3号は、毎日運転の臨時普通列車として出雲市駅 → 知井宮駅(現在の西出雲駅)間で延長運転を行っていた。「出雲」3号の車両を回送する際の間合い運用であったが、寝台特急列車の末端区間を普通列車として運転するのは極めて珍しい事例であった。

いなば[編集]

「出雲」の混雑緩和のために1975年3月から1978年10月まで東京駅 - 米子駅間で運転されていた寝台特急列車である。「あさかぜ」の1往復削減で捻出された14系客車が使用された8両編成であった。同じ14系客車を使う「さくら」「みずほ」と共通運用を組む関係上、食堂車が編成に組み込まれていたが、食堂車は営業を休止していた。

東京駅 - 名古屋駅間では、特急「紀伊」と併結運転された。また、名古屋駅で「紀伊」と増解結を行うが下りが2時台(運転停車)、上りが0 - 1時台に作業を行うために作業中の連結器の衝撃音で目を覚ます乗客からの苦情が絶えなかった。

牽引機は東京駅 - 京都駅間がEF58形、京都駅 - 米子駅間がDD51形であった。

1978年10月に運転区間が東京駅 - 出雲市駅間に延長されたことにより、「出雲」2号・3号に改称した。

沿革[編集]

戦前・戦後の山陰夜行列車「いずも」から「出雲」へ[編集]

  • 1928年昭和3年)12月25日:大阪駅 - 米子駅 → 浜田駅間(福知山線・山陰本線経由)で準急407・408列車(料金不要、戦後では快速列車に相当する)が運転開始。
    • 山陰本線・福知山線にはそれまで優等列車が存在せず、これが両線で初めての速達列車となった。列車愛称はなかった。
  • 1934年(昭和9年)12月1日:準急407・408列車の運転区間が大阪駅 - 出雲今市駅(現在の出雲市駅)間に短縮される。
  • 1935年(昭和10年)3月15日:準急407・408列車が急行列車になり、401・402列車に変更され、運転区間は大阪駅 - 大社駅間に延長される。
    • 上り列車は同区間では最速となり8時間20分を要した。また、二等車との合造車ではあるが和食堂車が連結された。
  • 1943年(昭和18年)2月太平洋戦争の激化に伴い、急行401・402列車が廃止され、大阪駅 - 出雲今市駅間の普通列車になる。
  • 1947年(昭和22年)6月29日:大阪駅 - 大社駅間で準急列車が運転開始。この時点でもまだ列車名はなかった。
  • 1951年(昭和26年)
    • 11月25日:大阪駅 - 大社駅間の準急が、運転区間・列車種別を東京駅 - 大社駅間の急行に変更される(東京駅 - 大社駅間は3両で「せと」と併結運転、大阪駅 - 大社駅間は6両で、大阪駅で増解結)。
    • 12月2日:東京駅 - 大社駅間の急行列車に「いずも」の列車名が付与される。
  • 1954年(昭和31年)10月1日:「いずも」の運転区間が、東京駅 - 大社駅・浜田駅間に延長(東京駅 - 大社駅間は3両で「せと」と併結運転、大阪駅 - 大社駅間は6両で、大阪駅で増解結。出雲今市駅 - 浜田駅間は快速列車。)。
  • 1956年(昭和31年)11月19日:列車名が「いずも」から「出雲」に改称。急行「せと」との併結を取りやめ、単独運転になる。
  • 1961年(昭和36年)3月1日:全区間が急行列車になる。

東京対山陰直通夜行列車「出雲」の変遷[編集]

国鉄分割民営化後の展開[編集]

1998年3月(「出雲」2往復体制末期)時点の編成図
出雲
← 浜田・出雲市
東京 →
1・4号(JR東日本管轄)
編成 浜田駅発着編成 出雲市駅発着編成
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
座席 A1 B B B B B B B B B
2・3号(JR西日本管轄)
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
座席 B A1 B1/B2 B3 BC B B B B B
  • 1・4号の9 - 11号車は連結しない場合がある。
  • 1・4号の米子駅 - 浜田駅間、2号の出雲市駅→鳥取駅間、3号の香住駅→出雲市駅間では、開放式B寝台の一部車両で座席開放(いわゆる「ヒルネ」)を行う。
凡例
A1=1人用個室A寝台「シングルデラックス」
B1/B2=1人用個室B寝台「シングルツイン」・2人用個室B寝台「ツイン」合造車
BC=簡易4人用B寝台「Bコンパートメント」
B=開放式B寝台
B3=3段式寝台(開放式B寝台)
売=売店(旧食堂車)
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、「出雲」1・4号はJR東日本が、「出雲」2・3号はJR西日本が管轄する共同運行列車になる。
    • 6月1日:「出雲」1・4号の食堂車の担当を日本食堂本社(上野営業所)に移行。なお、人気が高い限定メニューの「大山おこわ定食」は1988年(昭和63年)6月30日まで続けられる。
  • 1989年(平成元年):「出雲」2・3号に3段式B寝台車が1両のみ復活。前年に現れた高速バスに価格対抗した「出雲B3きっぷ」が山陰側で発売されるのに合わせたもの。
  • 1991年平成3年)
    • 3月:「出雲」2・3号にB寝台個室は1人用B寝台個室「シングルツイン」、2人用B寝台個室「ツイン」を連結。なお、A寝台は開放式から1人用A寝台個室「シングルデラックス」へ変更。
    • 6月1日:「出雲」1・4号の食堂車が営業を休止して売店営業に差し替える。その理由は、朝食時間帯の食堂営業が下りは1時間30分と短いばかりか上りでは東京到着が7時台と営業としては成立できないことに加え、郷土メニュー廃止などで夕食時間帯の食堂利用者が減少した面もあった。
  • 1993年(平成5年)9月1日:山陰本線園部駅 - 福知山駅間電化・高速化工事に伴い、下り「出雲」1号のみ伯備線経由に変更[9]
  • 1994年(平成6年)12月3日:品川運転所の車両無配置化に伴い「出雲」1号・4号の受持ちが尾久客車区(現在の尾久車両センター)に変更。
  • 1995年(平成7年)
    • 1月17日 - 3月31日阪神・淡路大震災により「出雲」1・4号の運転を取りやめ。これによって使用されない機関車は「なは」「あかつき」の迂回運転用に捻出[10]
    • 4月1日 - 4月16日:「出雲」2号は「出雲」4号の時刻で運転。臨時列車「出雲」84号は「出雲」2号の時刻で運転される[10]
    • 12月1日:「出雲」1号が元の山陰本線経由に変更[11]

「サンライズ出雲」の登場と「出雲」の終焉[編集]

  • 1998年(平成10年)7月10日:285系電車の投入により、以下のように変更。
    1. 「出雲」2・3号は285系電車投入の上で、山陽本線・伯備線経由の「サンライズ出雲」に変更。東京駅 - 岡山駅間は「サンライズ瀬戸」と併結。
    2. 「出雲」1・4号は出雲市駅 - 浜田駅間の運行を終了の上で号数表記を廃止。列車番号を初めて東京対九州寝台特急群と同じ下り出発順に番号を改めた。
      • なお、この改正で、客車「出雲」のダイヤは旧3・4号の時間帯となり、特に下りは名古屋駅から山陰方面への直通利用ができなくなったため、名古屋の民放局で「サンライズの名古屋飛ばし」とニュース報道した局があった。また、日本レストランエンタプライズ(旧日本食堂)による食堂車を利用した売店営業は同年8月22日[要出典]から下りの営業時間が短い事などで中止され、連結されていた食堂車は「フリースペース」として使用された。ただし、その後も浜坂駅 → 鳥取駅では車内販売員が乗り込む形で弁当類を販売したほか、2006年(平成18年)3月1日 - 3月17日の最終運転までの間は弁当とグッズ中心の売店営業を出雲市 - 鳥取駅間で行った。
  • 2005年(平成17年)3月1日:「出雲」の東京駅 - 松江駅間で行われていたブルトレ便が廃止。
  • 2006年(平成18年)3月18日:ダイヤ改正により次のように変更[7]
    1. 「出雲」が廃止。
    2. 「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の停車駅に上郡駅を追加し、「スーパーいなば」91号・92号(サンライズリレー号)と上郡駅で接続(特急券の乗り継ぎ料金制度はない)。
    3. 鳥取駅 - 米子駅間については「出雲」の時間帯に「スーパーまつかぜ」が1往復増発[12]
  • 2009年(平成21年)9月30日:岡山駅 - 新見駅間で行われていた車内販売の営業を終了。
  • 2010年(平成22年)3月13日:上郡駅の停車を取り止め[13]
  • 2014年(平成26年)12月28日〜2015年1月4日:年末年始の臨時列車としてサンライズ出雲 91 号・92号が運転される。

登場する主な作品[編集]

小説[編集]

マンガ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「走る家」おはよう大山 サンライズ出雲 - 朝日新聞 2008年6月14日
  2. ^ 石鍋仁美 NET EYE プロの視点 寝台急行「銀河」、復活の日ウェブ魚拓)- 日本経済新聞 2008年3月19日
  3. ^ 東京駅発、消えゆくブルトレ「銀河」「富士」「はやぶさ」…利用客減、廃止の方向 - 朝日新聞 2007年11月26日
  4. ^ 『「あさかぜ」最終列車、1分半で完売 ツアーも人気』 - 朝日新聞 2005年1月27日
  5. ^ 東京発ブルートレイン「はやぶさ・富士」最終日 - Response. 2009年3月13日
  6. ^ 中田絢子 (2013年1月6日). “女子会特急 出雲行き”. 朝日新聞 (東京都: 朝日新聞社): p. 28 
  7. ^ a b 平成18年3月18日ダイヤ改正(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年1月30日
  8. ^ 実際にはダイヤ改正には遅れ10月2日より24系25形に置き換えられた。:ブルトレ興亡録、イカロス出版より
  9. ^ 『JR気動車客車編成表 '94年版』ジェー・アール・アール、1994年。ISBN 4-88283-115-5
  10. ^ a b 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』西日本旅客鉄道、1996年。
  11. ^ 『JR気動車客車編成表 '96年版』ジェー・アール・アール、1996年。ISBN 4-88283-117-1
  12. ^ 平成18年3月18日ダイヤ改正(米子エリア)(別紙詳細) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年1月30日
  13. ^ 平成22年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年12月18日

参考文献[編集]

  • 寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年。ISBN 4-88732-093-0
  • 今尾恵介・原武史『日本鉄道旅行歴史地図帳-全線・全駅・全優等列車- 4号・東京』新潮社、2010年。ISBN 978-4-10-790038-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]