安来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg
安来駅
駅舎
駅舎
やすぎ - Yasugi
米子 (8.8km)
(4.8km) 荒島
所在地 島根県安来市安来町2136
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 331.8km(京都起点)
電報略号 スキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
884人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1908年明治41年)4月5日
備考 直営駅
みどりの窓口

安来駅(やすぎえき)は、島根県安来市安来町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線。島根県内の駅では最も東にある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式・島式2面3線のホームを持つ地上駅。米子方面は複線伯耆大山駅まで)・松江方面は単線の行違い駅でもある。単式の1番のりばに面して駅舎があり、互いのホームは跨線橋による連絡。直営駅松江駅の被管理駅)でありみどりの窓口があるが、早朝と夜間以降は窓口休業となる。

安来駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 山陰本線 上り 米子鳥取新見方面 ただし待避列車は2番のりば
2・3 山陰本線 下り 松江出雲市浜田方面

上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりばであり、特急は全てこの2線を経由する。

2番のりばは上下共用の待避線(中線)である。上り列車は特急等の待避の時にしか2番のりばに入ることはないが、下りの快速・普通列車は待避や行違いの有無に関わらず中線である2番のりばに入ることがしばしばある(2番のりば発着と3番のりば発着が半々の割合)。理由は2番のりばへのポイントを定期的に動かすことで、錆付き等によっていざというときに動かなくなるのを防ぐため。

かつて米子駅との間に、清水寺信号所が存在したが、複線化により廃止された。

駅周辺[編集]

バス[編集]

一般
特定

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は884人である(2012年度)。2004年度は867人、1994年度は1,229人、1984年度は1,302人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 947
2000 904
2001 875
2002 852
2003 876
2004 867
2005 854
2006 848
2007 884
2008 887
2009 851
2010 872
2011 882
2012 884

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
快速「通勤ライナー」・快速「アクアライナー」・快速「とっとりライナー」・普通
米子駅 - 安来駅 - 荒島駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]