江戸時代の棋書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江戸時代の棋書(えどじだいのきしょ)では、江戸時代1603 - 1867年)に刊行された将棋についての書籍、あるいは同時代に筆写されたものの写本が残っているものについて述べる。

概要[編集]

内容は、将棋の定跡について述べたもの、対局の棋譜を集めたもの、詰将棋集などを含む。将棋の他には、中将棋大将棋などの将棋類についての記述が含まれているものもある。

主要な棋書の一覧[編集]

書籍名 刊行年 著者・編者 内容
和暦 西暦
象戯造物 慶長7 1602 大橋宗桂 (初代) 初代宗桂の詰将棋50番
現存する最古の詰将棋集
象戯馬法并作物 元和2 1616 大橋宗桂 (初代) 『象戯造物』の増補再刊、詰将棋80番
象戯図式
(将棋智実)
寛永13 1636 大橋宗古 (2代) 宗古の詰将棋100番
象戯作物
(将棋衆妙)
正保3 1646 大橋宗桂 (3代) 3代宗桂の詰将棋100番
献上図式として準備したが果たせず
象戯図式
(将棋駒競)
慶安2 1649 伊藤宗看 (初代) 初代宗看の詰将棋100番
仲古将棋記 承応2 1653 加藤盤齋 最古の実戦集
象戯鏡 寛文3 1663 加藤盤齋 実戦集、現存する最古の棋譜を収録
中象戯圖式 寛文3 1663 伊藤宗看 (初代) 中将棋の詰め物集
象戯図式
(将棋手鑑)
寛文9 1669 大橋宗桂 (5代) 5代宗桂の詰将棋100番
諸象戯図式 元禄7 1694 西沢貞陳 全4巻。1巻は各種将棋類の解説
2巻以降は詰将棋集(中将棋も含む)
近来象戯記大全 元禄8 1695 青木善兵衛 上中下3巻
『象戯鏡』に漏れた手合い集、詰将棋10番
作物象戯大矢数 元禄10 1697 无住僊良 詰将棋集
中象戯初心抄 元禄10 1697 中将棋の指し方、詰め物
将棋指覚大成 元禄11 1698 西沢貞陳
象戯図式
(将棋勇略)
元禄13 1700 伊藤宗印 (2代) 2代宗印の詰将棋100番
術知象戯カ草宗桂指南抄 元禄16 1703 大橋宗桂 (初代)
西沢貞陳
『象戯造物』の増補再刊、詰将棋100番
古今象戯評判 元禄16 1703 『象戯鏡』に評をつけたもの
中将棊指南抄 元禄16 1703 中将棋の指し方、詰め物
象戯洗濯作物集 宝永3 1706 洗濯周詠 詰将棋集
象戯綱目 宝永4 1707 赤懸敦庵 全5巻。定跡1巻、実戦2巻、詰将棋2巻
象戯亀鑑 正徳3 1713 山崎勾当 実戦集
象戯作物
(将棋養真図式)
享保元 1716 大橋宗与 (3代) 3代宗与の詰将棋100番
象戯図彙考鑑 享保2 1717 原喜右衛門 全6巻。序盤の駒組みの解説および実戦集
象戯勇士鑑 享保14 1729 宥鏡 詰将棋集
象戯作物
(将棋無双)
享保19 1734 伊藤宗看 (3代) 3代宗看の詰将棋100番
『将棋図巧』と並び詰将棋集の最高峰
観手象戯経 寛保3 1743 鈴木玄将
中将棊作物 延享3 1746 伊藤宗看 (3代) 中将棋の詰め物集
将棋妙案 宝暦年間 久留島喜内 詰将棋100番
橘仙貼璧 宝暦年間 久留島喜内 詰将棋集
象戯秘曲集 宝暦2 1752 添田宗太夫 詰将棋101番
象戯図式
(将棋図巧)
宝暦5 1755 伊藤看寿 看寿の詰将棋100番
『将棋無双』と並び詰将棋集の最高峰
将棋独稽古 宝暦8 1758 福島順喜 定跡書
象戯図式
(将棋大綱)
明和2 1765 大橋宗桂 (8代) 8代宗桂の詰将棋100番
広象棋譜 明和7 1770 荻生徂徠
中象戯補録集 安永7 1778 山形屋八郎右衛門 史上唯一の中将棋の実戦集
象棊攻格 天明5 1785 徳川家治 将軍家治の詰将棋100番
象戯図式
(将棋舞玉)
天明6 1786 大橋宗桂 (9代) 9代宗桂の詰将棋100番
最後の献上図式
将棋玉手箱 寛政2 1790 岡文器 定跡、および民間の棋士の実戦集
象戯指南車 寛政3 1791 永楽屋板 定跡書
象戯奇正図
(将棋玉図)
寛政4 1792 桑原君仲 詰将棋100番
唐山象棋譜 寛政8 1796 草加定環
将棋絹篩 文化元 1804 福島順喜 江戸三大定跡書の一つ
将棋歩式 文化7 1810 大橋宗英 (6代) 江戸三大定跡書の一つ
将棋奇戦 文化8 1811 大橋宗英 (6代) 実戦集
将棋粹金 文化9 1812 夢華道人 実戦集
将棋明玉 文化11 1814 大橋宗桂 (10代) 実戦集
平手相懸定跡集 文化13 1816 大橋宗英 (6代) 相掛かりの定跡書
中将棊絹篩 文政元 1818 鶴峰戊申 中将棋の指し方、詰め物
温故知新棊録 文政2 1819 服部因徹
将棋絶妙 文政6 1823 伊藤宗看 (6代) 実戦集
象戯童翫集 文政11 1828 和中氏 詰将棋集
将棋精妙 天保3 1832 生島英造
田中幸次郎
実戦集
将棋早指南 天保10 1839 大橋宗英 (6代)
大橋柳雪
大橋宗珉
宗英の遺稿を弟子がまとめた定跡書
将棋極妙 嘉永2 1849 桑原君仲 詰将棋集
将棋輝光 嘉永2 1849 大橋宗与 (7代) 実戦集
将棋精選 嘉永6 1853 天野宗歩 江戸三大定跡書の一つ
将棋精妙
(不成百番)
安政5 1858 伊藤宗印 (2代) 2代宗印の詰将棋100番
8代宗印による出版
将棋手鑑 明治10 1877 伊藤宗印 (8代) 天野宗歩の実戦集
象棋六種之図式 不明 不明 各種将棋類の解説
象戯図式 不明 不明 筆写本。各種将棋類の解説
大橋家家元秘傳記 大橋家秘伝の定跡書
大正期の大橋家断絶により公開
伊藤家将棋印可厳秘録 伊藤家秘伝の定跡書
大正期の伊藤家断絶により公開
平手相懸集奥義 大橋柳雪 大橋家秘伝の相掛かり定跡書

関連項目[編集]