野本虎次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 野本虎次 八段
名前 野本虎次
生年月日 (1945-04-13) 1945年4月13日
没年月日 (2021-10-07) 2021年10月7日(76歳没)
プロ入り年月日 1969年4月1日(23歳)
引退年月日 2003年3月31日(57歳)
棋士番号 103
出身地 長野県
師匠 花村元司九段
段位 八段
棋士DB 野本虎次
戦績
通算成績 240勝526敗(0.3133)
順位戦最高クラス B級2組(9期)
2021年10月14日現在
テンプレートを表示

野本 虎次(のもと とらつぐ、1945年4月13日 - 2021年10月7日)は、将棋棋士2003年引退。棋士番号103。長野県出身。花村元司九段門下。

経歴[編集]

1999年から2002年にかけて公式戦31連敗(不戦敗1つ含む)を喫した。これは日本将棋連盟所属の棋士で最多連敗記録となっている。

2021年10月7日に死去[1]

人物[編集]

  • 麻雀に関しても大変な強豪で、麻雀名人戦で最後の決勝の卓に残ったことがある。故・村山聖が関西在住時、東京に対局で訪れるたび、「強い人と打ちたい」と、毎回、野本と麻雀を打っていたという[2]

昇段履歴[編集]

  • 1962年 7級 = 奨励会入会
  • 1965年 初段
  • 1969年4月1日 四段 = プロ入り
  • 1973年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1976年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1986年4月1日 七段
  • 2003年3月31日 引退
  • 2006年4月1日 八段

主な成績[編集]

  • 通算成績:240勝526敗
  • 順位戦:自己最高 B級2組(第36〜44期)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報 野本虎次八段”. 日本将棋連盟 (2021年10月14日). 2021年10月14日閲覧。
  2. ^ 泉正樹「戦国順位戦」第5回(『将棋世界』2020年2月号 P.168)

外部リンク[編集]